7月28日(金)その3 ~ 久々のコスプレ

部屋では日本から買ってきたお土産を進呈。

本当はお土産とか買ってくる必要はないけど、
とにかく話しの接ぎ穂になるならと工夫した結果。

本当にびっくりするぐらい英語を理解しないんですわ。


テレビをつけてから通じない中、必死で色々とコミュニケーション。


疲れる('A`)


1時間ぐらいしてから交代でシャワー。
時間は10時30分ぐらいとちょっと早いけどそろそろイタすことに。

そこで昼間に買っておいたぱっつんコスを投入です(・∀・)

「おーっ!」みたいなリアクションで悪くない。

早速試着させてみた。
2017年7月パタヤぱっつん


うーん、ちょっと大きいサイズを買ったためにパッツンが不足。
それでもなかなか悪くなくて勃起してきたw

顔はいたって普通だけど、田舎臭くて逆にそそる。

「ティーチャーとスチューデントだね」とノリも良い。


ただ単位が足りない女子大生を教授が云々みたいなプレイにはならない。
まあ言葉が通じないからそこまで高度なプレイは無理だよねぇ。

ということで普通にいたすことに。

アスカちゃんはベロチューOKのできた女の子。

しばらくキスを楽しんだ後にこちらの乳首を舐めてくる。

この前は酔っていてあまり分からなかったけど、
とろけそうな舌使いで思わず声が出そうw

優しく貧相なチ〇コを触りつつ、やがて顔を下半身に埋めてくる。

フェラーリは普通よりちょっとうまいぐらいだけど、
愛おしそうにペロペロとされて極楽。

攻守交替してからこちらのターン。

キスを再度しつつの胸を愛撫。
反応も良好で19歳とは思えないぐらい男心を分かっていらっしゃる。

ホイをしつこく「これでもか!」と舐めたおした後、
再度こちらを愛撫してくるアスカちゃん。

二度目のフェラーリとか乳首責めを受ける。

乳首舐めからの手コキとか気持ち良すぎるんですけどw


惜しいのは手コキは順手のみ。
これを逆手でも手コキだしたら完璧だけど、そこはおいおい覚えていってもらおう(・∀・)

タイの女の子を相手にしては、かなり長い間の前戯をしてからインサート。


もちろん制服は脱がしていませんww


正上位でスタートしたけどいい声を出すので気分も盛り上がる。
色々なパターンの正上位を試した後は、上になってもらってからのフィニッシュ。

優しくゴムとかも外してくれるし、
どこでここまでのホスピタリティを身に付けたか不思議。

後でFacebookを交換したけど、地元にいる時の写真に風俗臭は一切なし。
(ゴーゴーで勤務している写真は普通にアップしていた)

うーん、天性のものなのかねぇ。


事後にマッサージでも行くか聞いてみるも行かないとのこと。


することもなくなったので、パタヤにいるのにもったいないけどそのまま就寝する。










ツイッターもやってます。
Twitterボタン


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月28日(金)その2 ~ 300バーツの賄賂(?)

猫さんとお別れしたのは14時ぐらい。
ホテルに立ち寄って荷物をピックアップしてからBTSでエカマイへ。
2017年7月パタヤ往路のバス


いよいよパタヤ!

108バーツを支払ってチケット購入。
14時40分発なのでコンビニで適当にソーセージや水を買ってから、
その辺でぱくついてから一服するとバスに乗り込む。

車内で若菜ちゃん体験レポートを書くつもりが、
日本とのやり取りとかクソなことが発生したので断念。

今回は海外と言ってなかったので、日本にいることにして対応したw


パタヤに着いたのは想定よりちょっと遅くて17時10分過ぎ。
2017年7月パタヤ到着時


そこから50バーツのソンテウでホテルまで移動。

ホテルに落ち着いたのは18時を越えており、
アスカちゃんとの約束まではあまり時間がなかった。


日本にいる時に一晩一緒にいることが決まったのはいいけど、
アスカちゃんの英語はかなり怪しいので間が持たない。

なのでムーカタを友達と食べに行こうと誘うと、
シスターを連れて行っていいかとのこと。

快諾すると3人連れてくるとか言うのでそれは勘弁してもらったw


後は自分も友人に声をかけておき、結局は2対2で食べに行くことに決定。


落ち着いてからホテルの看板を写真で送るも知らないとの答え。
LINEの位置情報を送ると、それで分かった様子なので着いたら連絡してと返しておく。

やがて「着いたよー」と連絡があるので外に行ってみるもいない。

位置情報が正確じゃなかった様子で、違うホテルの前で待ってましたw


シスターのバイクで移動してきた様子でシスターともご挨拶。


シスターのバイクに3人で乗り込みムーカタへ。
「どこの店がいい?」とは聞かれたけど店が全然分からない(´・ω・`)

あちこちのムーカタ屋に行ったことはあるけど、
女の子に連れて行ってもらっていただけだからなー。

なのでお任せすると行った先は無難なNINJA。


席を決めてから自分はビール、アスカちゃんとシスターは水。

前にペイバーした時はアホみたいにテキーラ飲んでいたけど、
太るから飲みたくないとのこと。


具材を取りに行ってもらう間に友人とやり取り。

戻ってきてから焼けるまでの間、シスターを介してちょこっとだけやり取り。
シスターはホテルのレセプション勤務とかで比較的英語ができる方。
2017年7月パタヤムーカタ


やがて友人が登場するのでお互いに自己紹介。


タイ語ができる友人を介して色々と話しをしていれば、
2時間ぐらいはあっという間に経過する。

アスカちゃんは肉はあんまり食べない。
けれども色々と焼いたり、料理を取ってきてくれたりと世話を焼いてくれる。
2017年7月パタヤムーカタの魚


その流れで友人にエビか何かを渡したときの事。

友人「俺に興味あるの?」
アスカ嬢「あー、全くない(・∀・)」



ブログに書いておいてと言われたのでとりあえず書いておいたw

会計は4人で2,000バーツほど。


友人とはここでお別れして、自分達はシスターの運転でホテルまで送ってもらう。


実はムーカタ中にシスターの年齢を話題にした時に、
いきなりふっと思い出した。

今回宿泊したザ・シーナリーシティホテルは未成年を連れ込む際、
フロントで何百バーツか請求されるって話しを。

でもこの話しを聞いたのは去年2016年1月の話しだしなー。

ひょっとしたら今はもう変わっているかも?
との願望を抱きつつフロントへ。

本当はフロントとか立ち寄らず部屋に直行したかったけど、
アスカ嬢はきちんとフロントに立ち寄りIDを提示。

するとフロントの男性より「英語話せる?」と聞かれる。

「少しなら」と答えるとこんな感じのことを言ってきた。

「ルールで20歳未満はホテルに部屋に連れ込めない」
「警察が何たらかんたら(聞き取れなかった)セーフティ」
「連れ込むなら300バーツ」



払う覚悟はしていたのでそのままお支払い。
くそー、これ覚えていたら今回ここを予約することもなかったのに。


そういや明日、会う予定の嬢も19歳やがなw


今まで20歳未満を相手にすることは少なかったのに、
今回に限って連発とは('A`)

安価でロケーションもいいし部屋はこの通りすっきりしている。
2017年7月パタヤ未成年不可の部屋


全然悪くないホテルで快適に滞在できたけど、
馴染みの女の子が20歳未満の方はご注意下さい。








ツイッターもやってます。
Twitterボタン


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月28日(金)その1 ~ ミッションクリア!

昨日は結構酔っていたので、一緒にいた嬢もちょっとひくぐらいだったらしい。

そんな状態だから気がついたらホテルのベットの上。

まずは真っ先に猫さんに確認。

かなりの醜態を晒した様子で本当にスイマセン・・・


なんかオデコに謎の傷と左腕が痛い。
でもお薬のおかげか二日酔いの不快感はない感じ。

昨日の薬(カーボン)の効果を猫さんのツイートより。


被験者①
結局マオマオになりましたが、翌日の気持ち悪さ、二日酔い無し。

被験者②
記憶無くし、死亡されましたが、二日酔いじゃない模様。

【結論】
飲んでも酔っ払いになるが、二日酔いになりにくい。
ウコン買うより、これ買って飲んだ方が安上がり。

オススメできます。



ということで人体実験の結果は猫さんのツイート通り。
個人差があるとは思うけど、毎回クソ酔っぱらう方は一度試すのもありかと。



大量に水を飲みつつ今日のプランを確認。

時間に余裕があれば若菜ちゃんをまた指名でも良かったけど、
あいにく本日19時にアスカ嬢とムーカタの約束。

若菜ちゃんの勤務時間は16時以降だからどう考えても無理。


14時ぐらいにバンコクを出る感じかね?

じゃあそれまではMBKにでも行ってパッツンコスでも買うことに。
そうと決まればシャワーを浴びてからチェックアウト。

荷物を預けておいてから、近所のホーリーズカフェで一服。

ちょうどそこで猫さんからご連絡いただき、コス探索に付き合っていただけるとのこと。
バンコクに詳しい方が合流してくれるので心強い。


カフェで合流してからBTSでナショナルスタジアムで下車。

一人だと、どこに何があるかよく分かっていないので、
「あるならこの辺りかな?」の猫さん従って3階の服屋が多いあたりへ。

少しうろついてからこんな店を発見!
2017年7月バンコクぱっつん屋


物欲しげに見ていたらお店のおばちゃんに、
「男物はあっちだよ!」と言われるw

猫さんより「友達に買ってあげるんだよ」と助け舟を出していただける。

よしよし、その調子で全部済ませておくれと思っていたら、
猫さんのサポートはここまでで後はスマホとかいじって知らんぷり。


ちっ、自分で話すのか・・・


下手糞な英語で友達に買って上げることを伝えると「サイズは?」と聞かれる。

全く分からないのでスモールサイズが欲しいと言ってみるも、
32が何たら34がどうのこうので何を指しているか分からんw

とりあえずミドルサイズのスカートとブラウスをお買い上げ。

スカートは300バーツ、ブラウスは150バーツで高いのか安いのか不明。


今回の旅行のけるある意味最大のミッションはこれでクリア!

この後は二人でトゥクトゥクに乗って移動とかしてみる。
2017年7月バンコクトゥクトゥク

生涯2回目なので乗るだけで楽しい!


向かった先はプラトゥーナム市場で普通にブラブラと店を冷かして歩いて回る。
2017年7月バンコク看板


もちろんこんなエロコス屋も見逃さないコス好きなLitchiさん(・∀・)
2017年7月バンコクエロコス屋



夜遊びする場所以外に行けるのは猫さんがいたからできたこと。
一人なら分からないから本当にありがたい限り。

帰りはLitchiのワガママでこんなの乗ったり。
2017年7月バンコク水上タクシー



船着き場からはモタサイに乗ってソイの入口まで移動。

パクソイ(ソイの入口の意味らしい)とか簡単な単語だけでも覚えないとなぁ。
数字も1、2、3と20ぐらいしか知らないままだし。


猫さんとはホテル前でお別れ。

ディスコは記憶がないので何とも言えないけど、
この昼間の観光は楽しゅうございました。

また機会があったら遊んで下さいなっと。









ツイッターもやってます。
Twitterボタン


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月27日(木)その3 ~ 久々に記憶を失くした夜

俺の26を後にしてから屋台でソーセージとかパクつく。
BTSでアソークまで戻ってからスマホの充電がてら部屋でしばし休息。


猫さんとは20時を越えからナナプラザ待ち合わせだったので、
スマホの充電が終わってから向かったのは20時過ぎ。

とくに行きたいバーとかないし、どうしよかとしばし逡巡。

3階の閉店したバーの前でタバコ吸っていた。
2017年7月バンコクナナプラ


予想していなかった2回放出のため、ショートでペイってやり部屋もない。
楽しく飲むのは猫さんと合流してからだしなー。

結局、なんとなくの気分でレインボー4へ。


誰かが養老院とかディスっていたけど、確かにかなりお年を召された嬢もいるw
もちろん若い嬢もいるので目の保養になるねー。

ガツガツ営業にも来ないのでまったり飲んで鑑賞モード。

パタヤで見かけるトコロテン方式でダンサーが移動すればなお良し!
とか思いつつ適当なところでチェク。


次に向かったのは気分でロリポップ。

初めて入ったけど結構な小箱なんだね。
嬢質は今日はちょっと厳しいかな。

それでも好みの嬢はいるもので、ガン見していたら相手も笑顔をくれる。

ペイバーする気はないけど、客も少ないしドリンクぐらいいいかな。
何てことを思っていたらピンポイントで他の客が速攻ペイバーw

呼んだら彼女のペイバー獲得を邪魔するところだった。

そしてなぜかディックにドリンクを2杯ほどゴチ。
いや、なんかドリンクとか取れそうにないディックだったのでつい。


頃合いを見計らって猫さんとの待ち合わせ場所に向かう。

再会を祝してすぐにいただいたのがこの薬。
2017年7月バンコクのカーボン


なんかコンビニで売っている下痢止めらしく、これを飲んだら二日酔いがひどくないから、
ちょっと人体実験してみましょうとのことw


この後のことだけど、ここで飲んだテキーラがまずかった様子。

出来上がった状態で猫さんと自分、複数名の嬢とRCAでタクシーで向かう。
ここまではなんとなく覚えているし、2階席に向かったのも覚えている。

この後ウィスキーで乾杯してから、ソファーで寝てしまったのも覚えている。

そしてここからの記憶がほとんどない・・・orz



後で猫さんに教えてもらったらこんな感じだったらしい。

・ソファーで爆睡していてパスポートが危険だったので嬢に預かってもらった。
・むくりと起きるとポテトを咥えて、猫さんの連れている女の子にポッキーゲームを強要。
(これは最低過ぎるww)
・客がソファーに入るからその邪魔なヤツをのかせろとスタッフに言われる。
・引きずっていってタクシーに乗せてからホテルまで送った。

ここから原文そのまま転載。

「フロントで部屋番号聞いて部屋にぶちこむ」
「テーメー前でLB捕まえてきて一緒にぶちこもうと思いました」


猫さん邪悪過ぎるwww


日本での成田前泊で5時間ぐらい寝ていないとか、
色々な要因があるにしてもあの量で記憶なくすとは。

猫さんにもあとで「Litchiさんお酒弱くなった?」って聞かれたけど、
確かに弱くなったのかねぇ。


タイで記憶失くしたのはこれで何回目になることやら・・・

今日みたいに誰かと一緒なら介抱してもらえたり、送ってもらったりできるけど、
たまーに一人の時にやらかすから本当にほどほどにしよう。









ツイッターもやってます。
Twitterボタン


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月27日(木)その2 ~ 「俺の26」若菜ちゃん体験レポート

アソークからプロンポンへ移動してからお店へ向かう。
そしてお店の場所をよく覚えてなくて、ソイの入り口を通過するというw

Googleマップで確認してから引き返して、ようやくお店の入口へ到着。
2017年7月パタヤ俺の26看板


嬢達が看板と一緒によく写真を撮っているので、看板を見ると不思議な感覚を覚える。


ドアを開けると店長さんと複数の女の子達。

この日は出勤数が少なかったので、この時間で3人ぐらいだったかな?
モリトモちゃんがいたのは覚えている。

そして若菜ちゃんともご対面。
ネットの中で何度も写真を見た若菜ちゃんとかモリトモちゃんがいるのを見ると、
当然だけど看板を見た時以上に不思議な感覚を覚える。

店長さんに遅れたこと(この時で16時40分前)を詫びて料金のお支払い。


45分2,000バーツ
65分2,400バーツ
90分2,600バーツ


後は店外デートコースが3時間で5,000バーツとか、
時間差の3P(45分X2人)が3,800バーツとか。

※料金はいずれも平成29年7月時点

店長さんのブログによると、時間差3Pは一人目(30分)→3P(15分)→2人目(30分)らしい。

3Pはできる女の子、できない女の子がいるのでそこはお店で確認要。


自分がチョイスしたのは90分コース。
300バーツのオプションでチン毛も整えてくれるのがあったので、
若菜ちゃんができないかと確認するとそれは不可。

若菜ちゃんはオプション全て不可なのね。


早速、若菜ちゃんに案内されて3階のマッサージルームへ。
階段を登る時に嬢のケツを眺めるのは、エロマッサの醍醐味ですなw


部屋に入って改めて若菜ちゃんとご挨拶。
日本にいる時に写真で何度も見た女の子が目の前にいるのは変な感覚。

自己紹介してから仕事で住んでいるのとか、
どれぐらいタイにいるのとか定番のお話し。

ここで話しながら爪でも切ろうと思って爪切りを出すと、
若菜ちゃんが切ってあげると爪切りに手を伸ばす。

タイの女の子に爪を切ってもらうと、ざっくり切るからちょっと嫌だったけど、
相手の好意を断るのもあれだったのでお願いする。


ざっくり切られて深爪状態になりました( ^ω^)


爪に違和感を感じながら一緒にシャワー。
彼女のキレイな裸を見るだけでフル勃起しましたw

普通に体を洗ってもらって先に体を拭いてからベットへ。


ここからプレイ内容書くけど相手は若い女の子。
当然、その日の気分や体調、お客との相性もあるだろうから、
いつもこの対応とは限らないと思う。




ベットでも少し話しながらプレイ開始。

キスから始めるもハグの方が好きとかで軽いキスだけ。
それもちょっと拒否る感じ。

胸を舐めるも途中から「チャカチー」と少しブロック。
すごく拒否る感じではないけど。

ホイ舐めは大丈夫だったのでバター犬よろしくペロペロと。

こんな可愛い顔した女の子がこんなイヤらしい具を備えているとは、
と思いながら奉仕していると脳のどっかがひどく興奮してくる。

この脳が興奮するのは自分的にまずいパターン。

間をおこうとちょっと休憩とか入れるも、一度興奮した脳ミソは治まらず。


もういいやと思いながら若菜ちゃんが持っていたゴムを装着してもらうと・・・



うっ('A`)



ゴムを装着してもらうだけで発射とか中学生かwww



若菜ちゃんも驚きながら「何でフィニッシュ近いなら言わないの?」

そうは言われてもねぇ。


日本でしばらく放出してなかったので、結構な量が出たゴムを外してもらいながらしばしお喋り。
話した内容は他愛もないので割愛。

タイ人英語なので何度も聞きなおしながらなので、それなりに時間が経過。

若菜ちゃんはバスタオル1枚羽織った姿なので、
露出している肌の部分が妙にそそられる。


時間は17時40分過ぎで1時間ほど経過。

彼女的にはこのまま終わりにしたかったのでシャワーを促すが、
相手が好みのルックスだと言うこときかないチ〇コも復活!


ということで若菜ちゃんはゴム1個しか持ってなかったので、
持参していたゴムを取り出してもう一度チャレンジ!


チャカチーブロックがあるのは分かったので、前戯もそこそこにいざ挿入。


あえぎ声は控え目だけど、締め付けは悪くない。
正上位でゆっくりと緩急をつけながら、好みの顔立ちを見ながらのブンブンはいいねー。

ピストンが止まったところで若菜ちゃんよりバックのお誘い。
ドギースタイルでかつ鏡を見ながら腰をパンパンと打ち付ける。
彼女も鏡を見たりするので淫靡な光景でこれもいいねー。

最後は若菜ちゃんに上になってもらって、イヤらしい腰使いを堪能した後にフィニッシュ。

90分、ドーピングもなしで2回も発射できたのは若菜ちゃんだからこそ。
2時間程度で2回も出したのが東莞以来だから2013年が最後?

いやー、気持ちよかったです(・∀・)


時間も残り10分ぐらいだったので急いで一緒にシャワー。

後はみんな渡しているかどうかよく知らないけど、
頑張ってくれたので300バーツほどご飯でも食べなよと伝えて進呈。


下まで一緒に降りると店長さんよりコーヒーを振舞われるので、
一服しながらご馳走になる。


ここで
「ブログに全部書いてもいいですか?」
「本当に包み隠さず書きますよ?」

と何度か確認。

店長さんはどうぞどうぞ、いいところも悪いところもあるでしょうから、
それも含めて全部書いて下さいと。

なので思うままに書かせてもらいました。
まずければ速攻で修正するなり非公開にしますのでお知らせ下さい。


若菜ちゃんは見た目が好みだとありですな。

ただ自分が受けたプレイ内容はいわゆる素人チックなので、
プロの業を求める人には合わないかも?

でも次の日も指名とかすればまた違った対応はあると思う。

しつこいようだけど女の子はその日の気分や体調もあるし、
Litchiは清潔感がないヒヒ爺なのでそこも考慮必要w


ちなみに自分はまたバンコクに行くなら若菜ちゃんは指名すると思う。
性格が悪いわけでもないし、ルックスは好みなので。



でも3Pとかも楽しそうなんだよなぁ。


まあ、その時になってから考えますわ。

ということで、「俺の26」若菜ちゃん体験レポートは以上!








ツイッターもやってます。
Twitterボタン


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行