5月25日(木)その2 ~ 記憶にないぐらいの大外れ(前編)

17時30分ぐらいから寝落ちして起きたのは20時とかでまたしても出遅れw


慌てて外出、20時30分過ぎにソンテウで北上してからバービア群へ。
向かった先はシーシャもできて、まったりできるドリンキングストリート。

※ここはあちこちで書かれている通り今でもシーシャ可(500バーツだけどw)


ぐるーっとバービアを見て回ってから、好みとはちょっと違うけど、
なかなかの美形がいるバービアに腰を落ち着ける。
2017年5月パタヤバービアの看板


本日のプランとしてはバービア狙い。

昨日、BeeTalkでつながった嬢のところに行くもよし、
また腐るほどバービアはあるので他をあたるもよし。


そう思いながらシーシャをオーダーしてからビール。
最初は美形嬢以外からゲームやらないとか言われたけどお断り。

ポリポリとつまみを食べながらシーシャやってゆるーく飲酒。
2017年5月パタヤバービアのつまみ

【シーシャ(水タバコ)について】
わたしゃ住んでいるわけでもないから詳細は不明ですが、
2017年5月の時点、シーラチャ県でシーシャの提供は法的にアウトらしい。

過去はGOGOバーとかディスコでもシーシャはできましたが、
パタヤで現在もおおっぴらに提供しているのはここぐらい。

警察とのコネクションが強いとか何とか聞くけどその分お値段は日本並で、
フレーバーも3種類ぐらいしか選べなかったような記憶があり。

シーシャをしたい場合はバービア嬢に言えば、それ専門の業者がデリバリーするイメージ。
(代金もシーシャをセットするアンちゃんに渡す)


閑話休題。


やがて雨が降り出したので美形嬢の側に移動してからお話し。

年齢は30歳といっているがパタヤ自体は半年ほど(だったかな?)

まあ、それ以前も体売る商売だったとは思われるけど、
そこまで深くは聞いていないので不明。

名前はきっちりと忘れたw

美形な部類だけど体はちょっと太目な感じ。
それでもこの顔立ちならそれなりに客がつくのかな?


ただ、この嬢は今考えるとかなりの塩な接客。

・Litchiがドリンクを出してもドリンクが出ない客のところに行って話し込む
・ガウリーが来たらそちらと一緒にビリヤード
・友達を待っているとか何とか言ってペイバー出来るかもあやふや


さっさと放流して次に行けばいいのに、自分の短所(何かにこだわり実行する)が出てしまう。

この美形をヒイヒイ言わせたい(死語w)の思いでドリンクを追加。


友達が来るとか言っていたけど来ないので本格的にペイバー交渉。

ディスコ経由のロングで2,500バーツ。
ペイバー代金は400バーツ。

明確に拒否はされないし、話しもそれなりに付き合うから大丈夫かなと約定。

チェックすると会計はレディースドリンク3杯込みの960バーツなので、
1,000バーツで支払い残りはチップ。


このペイバーだけど、この時の自分を鈍器で殴ってやりたいぐらいの失敗でしたわww











ツイッターもやってます。
Twitterボタン


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

5月25日(木)その1 ~ パタヤ昼間の過ごし方

パタヤ滞在2日目。

寝たのは6時ぐらいだと思うけど起きたのは9時過ぎ。
もちろんお目覚めの一発にはお付き合いをいただく。

普通に上にのっかってからバック、騎乗位と体位交換。
1回目から時間は3時間ぐらいしか経過していないけど、B嬢に上になってもらって無事放出。

ここで連絡先を交換するところだけど、明るいところで見たら何か違うって思ったのと、
体にイマイチ締りがなかったので特に連絡先の交換はなし。

後は4,000バーツってところがネック。
継続するならこの価格はちょっとしんどいので。

ついでにキスも軽いのでだけで、ブロウジョブもなしってのは先が思いやられる。


でもトンビ嬢は最初は4,000バーツだったけど、昼間呼ぶなら2,000バーツになったし、
昼にサクっと抜きたい時に来てもらえる可能性を放棄したのは失敗。


自分は手持ち嬢が少ないのに何をやっているんだか。


帰り際にどこで仕事しているのか聞いたら「ハリウッド」の答えなのは笑った。
まあ、あながち間違いではないw


一緒に外まで行ってから嬢をモタサイに乗せてから自分は食事。

といってもセントラルロードにある安いカフェ。
2017年5月パタヤ最安値ブレックファースト


これで75バーツ、量が少ないけどまあそれはこの値段なのでやむなし。


そういやセントラルロードでこんなの見かけた。
2017年5月パタヤウエスタンユニオン

移動式のウエスタンユニオン。
日本だど法的に無理なんだろうけど、タイではこういったのオッケーなのか?

昨日もここにあったような気がするから移動式ではないか。

そういやウエスタンユニオンで海外送金とかしたことないから、
自分で日本から自分宛に送金しようと思ったけど、
大してネタにもならないので断念したのを思い出したw

ウエスタンユニオンとか一生利用する機会はなさそう。


食事の後はブッカオまで移動してからマッサージ。
軽い二日酔いなのでウトウトしながら受けていた。

足が軽くなったところでサンドイッチとか買ってから部屋に戻ってまたウトウト。

15時前にceeさんより連絡があるので軽く食事。
向かった先は有名らしいレンキーレストラン。
2017年5月パタヤレンキーレストラン看板


このブログはLitchiが食い物について大して興味がないので、
タイの食べ物屋さん情報は半分以上ceeさんからだったりするw

自分はビールを注文し、ceeさんが頼んだものを適当にいただく。
2017年5月パタヤレンキーレストラン

ゴチになりました(・∀・)

一緒にホテルに戻って一休みしてから、野暮用があるceeさんとはいったんお別れ。
お互いに行きたいところに行く楽な関係性です。


ビールでホロ酔いな感じで、17時30分ぐらいから寝落ちする。








ツイッターもやってます。
Twitterボタン



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

5月24日(水)その4 ~ 初めての声かけ運動@ハリウッド

ちょうど起きた時ぐらいにceeさんから間もなくパタヤの連絡。

ホテルに到着するぐらいを見計らって下で待機。


1年ぶりの再会を祝してハグをしようとしたら全力で回避されたww


とりあえず本日のプランを確認。

食事をした後にウォーキングストリートでGOGO鑑賞。
その後はハリウッドでフリーランサー狙い。


出かけるまでにちょっと時間があったので、
BeeTalkで一人バービア嬢と友達になっておく。

LINEに移行してからやり取りしていたら今日のお客が欲しい様子だが、
生憎と本日はフリーランサーに狙いを定めているのでお断り。


今日はペイバーしないので、余裕をかまして20時過ぎからここで食事。
2017年5月パタヤいつものパスタ屋
※2016年7月撮影


パタヤのナイトライフ関連のブログ読んでいる方からしたら、
またここかよの飽き飽きしているであろう店w

まあ、それだけ安定の味なので。

ピザとか頼んでシェア。
2017年5月パタヤいつものパスタ屋ピザ

カルボナーラも美味しいらしいけど、自分はボンゴレ派。
2017年5月パタヤいつものパスタ屋ボンゴレ


ここで軽く1時間以上はあーだこーだと話していたので、
ソンテウで移動してウォーキングストリート到着は22時過ぎ。
2017年5月パタヤ初日のWS

なかなか閑散としていますw


そしてこの日に行ったのはバカラとパレス。

バカラは見るだけ、パレスでは二人で話していたらほぼ空気扱いw
久しぶりのGOGOの空気を吸いにいっただけだった。


ハリウッドは日付が変わる前後でいいかなと思っていたので、
入店する時間は23時50分ぐらいだった。
(写真のタイムスタンプで確認)
2017年5月パタヤハリウッド



すると店内はかなりの人で余裕のある感じではない。

インソムニアの感覚で、日付が変わるまではイマイチと勝手に決めつけていたけど、
どうやらハリウッドはもっと早い時間から客足が伸びる様子。

ハリウッドはこれまで何回か来た事あるけど、
声かけ運動に励むのは今回が初めて。

ボトル(もちジョニ赤w)を入れてから隅っこにテーブルを確保。

適当に店内を徘徊しながら、客待ちの女の子にあたりをつけていく。
大体、壁際に複数名でたむろっているのがそうだろうと思い、
イヤらしい目つきで舐め回しながらチェック。

視線が合って笑顔をくれる女の子はこちらの好みでない。
そしていいなと思う女の子からは視線をそらされイマイチ上手くいかない。

テーブルで飲む、少ししてから徘徊を何度もループw
まあ、カスタマーと来ているとか、カスタマー待ちとかもあるかもだから、
酔っていてもそういった嬢には声をかけないように注意。


アタリをつけたのはステージから離れたテーブルの、
嬢5人組ぐらいのグループ。

本当は一番美人な白シャツの嬢が良かったけど、
ちょっとリアクションが薄いのでターゲットを速攻で変更。

同じ組のチェックのシャツを着た女の子をロックオン。

やかましい中で名前を年齢を確認してみる。
Bから始まる名前で年齢は確か24歳。

笑顔で接してくれるので今夜のお相手に決定。

ということで嬢の手を引いて自分のテーブルへ拉致w
今まで声かけ運動はソロだったけど、こういう時に複数名なのはいいねー。
(大体テーブルに混ぜってもらって、自分一人で相手3~6人ってパターンが多かった)


というとこで飲んで踊って適当に密着してと楽しむ。

いい加減に酔ったところで、性行料金を確認すると4,000バーツ!
うーむ、パタヤGOGOのロング料金か。

いかんせんハリウッドは初めてなので相場が分からないのと、
このやかましい中で交渉するのもキツイのでそれで約定。

フリーランサー全体の価格が高騰しているのか、
それともハリウッド自体が元々こんなもんなのか不明。

ちなみに私見だけどハリウッドの方が東洋人受けするルックスの嬢が多い。
インソムニアはファランやトルコ人が多かったのでそっち向け。


脱線ついでにチップは嬢によって様々。

2,000バーツで朝までいてから2回ってのがこれまで一番コスパ良かった。

これは一番コスパが良かった例。

過去の乏しい経験からだと声をかけた嬢が現役ゴゴ嬢とかだと、
2,000か2,500で一発やったら帰宅することが多かった。


話しを戻すとボトルが残り指2本ぐらいを切った時点でお開きに。
その後はムーカタに行ったらしいが自分は嬢の膝上で爆睡w

なので退店のくだりは記憶が曖昧、後でceeさんに教えてもらった次第。

お相手してくれたB嬢は、ムーカタ中は油が寝ている自分に跳ねないようにと、
なんかでガードしてくれたりの性格がいい嬢だったらしい。

フィーリングがイマイチ合わなかったとはいえ、
連絡先を交換しなかったのは失敗だなー。


ホテルまでは300バーツでソンテウ移動。
モタサイでもばらけて乗れば、多分それぐらいはかかるはず。

部屋に迎え入れてから、B嬢から先にシャワーを促す。

クソ酔っぱらいながらもB嬢の後に交代でシャワー。
部屋に戻るとこうでしたわw
2017年5月パタヤB嬢寝姿


どうも彼女もそれなりに酔っていた様子。

ということでこの体勢から戦闘開始。


うつぶせのままホイを酔っぱらい特有のしつこさで、これでもか!といたぶる。

相手はノーリアクション、なので仰向けにしてからもホイを舐めたり触ったり。
唾液以外のもので湿ってきたのを確認してからイン!


ここでうっかりゴム無しでインしてしまいすぐに引き抜く。

Licthiはナマで打ち込んでこようとする嬢がいても、
必ずオカモトさんは装着する派。

セックスワーカーとナマでとかはさすがにちょっと・・・

買春自体性病リスクがあるけど、ナマで打ち込むのはさすがにハイリスクなので回避。


改めてゴムを装着してからインサート。



スパン!スパン!


スパン!スパン!


スパン!スパン!




相手ノーリアクション('A`)




まるでダッチワイフを相手にしているかのよう。
(ダッチワイフ買ったことないけどw)


それでも途中から目覚めて艶っぽい声を出してくれるので、
こちらもスイッチが入って無事にフィニッシュ。

そのまま倒れこむように就寝する。







ツイッターもやってます。
Twitterボタン




テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

5月24日(水)その3 ~ パタヤで初ハンドジョブ

バスの中では普通に小説を読んでいたかスマホを触っていたと思う。

8時に出発してパタヤ着は9時40分ぐらい。
ホテルに着いたのは10時ぐらいだったけど、ラッキーなことにチェックイン可能と。

今回の宿泊ホテルはいつものごとくマーチホテル。
2017年5月パタヤホテル部屋


ブッカオのホテルと迷ったけど、部屋のキレイさを選択してこちらにした次第。

到着時はこのように快晴。
2017年5月パタヤ到着時の快晴

やっぱ空が広いのはいいっすなー。
バンコクも楽しいんだろうけど、パタヤのこういったところが好きだったり。

あっ、もちろんエロがあるからだけどww


荷ほどきをしてまず向かったのはマッサージ。


移動の疲れを癒すのと、この時間で可能なエロ選択肢が限られているため。

某ブロガーさんがマッサージ屋でいい思いをしているのを読んでいたので、
この時はちょっと自分も試してみようかの気持ち。


そうと決まれば近所のコンビニでソーセージとかぱくついた後、
まずはセカンドロードを北上してから左手に数軒固まっているあたり。

うーむ、午前中だからかなのかイマイチな感じ。

スルーしてからソイ3だかその辺りを左折してからビーチロードへ。


南へ向かうも何もないので、意味もなくソイ6経由してセカンドロード。
2017年5月パタヤ初日のソイ6


セカンドロードをセントラルパタヤロードまで南下した後、
右折してビーチロード方面に向かう右手にある店で客引きにあう。

結構、強引だったので普段は無視するけど、手を引くのはまあまあ若い女性。
後で年齢を聞いたら確か21歳とか22歳とか言っていたような(うろ覚え)

「今日はお客さんが一人もいないの」にほだされて入店。

1時間のオイルマッサージをお願いする。

まあ、手コキの誘いはくるだろうけど、今日はその先までいければなと。


奥のカーテンで仕切られている場所へ誘導されてスッポンポンに。
まずはうつ伏せからスタート。

マッサージ自体はまあまあ上手かった。

そして仰向けになってから「し~っ」のジェスチャーから予想通りのお誘い。
こちらの貧相なチ○コを指差しながらの手コキの仕草。

手コキ代を確認すると全部コミコミで1,000バーツ。
オイル300、チップ100で計算すると手コキッシュは600バーツ。

うーむ、日本で手コイてもらってもあんまり変わらないような気がする。

とりあえず手コキをお願いするもこれが下手くそ。

なので服の上から乳とか触りながら、生乳へと移行しようとすると、
「生乳は追加200バーツna」のタケノコ剝ぎw

生乳タッチに200バーツの価値を見いだせずに、
そのまま服の上からタッチしながらのフィニッシュ。

賢者になって1,000バーツ支払いながら、
これならソイハニーでも良かったかなの思い。


でも、周囲を気にしながらいけないことをするっての楽しい(・∀・)

ある意味お約束でお店も気にしないかもしれないけど、
こういうのもたまには悪くないっすなー。


テクテクとホテルまで歩いて戻ってから夜に備えて仮眠。









ツイッターもやってます。
Twitterボタン



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

5月24日(水)その2 ~ 空港3時間待ち

2014年から頻繁にタイを訪問しており今回で21回目の入国。
さすがに休みもお金も言い訳も尽きてきましたw

今期から仕事の環境が変わったので、訪タイは年に3回ぐらいには減る予定。
タイリピーターから少しは卒業できそう(願望)

タイに到着してこの辺りに来るとテンション上がりますわなー。
2017年5月パタヤムヒョヒョ坂


ここを左に入るとイミグレに向かう道で、
ムヒョヒョ坂(©ジョー@pattayaloveさん)と呼ぶらしいw



税関を通過する前にAISのブースがあるとツイッターで見ていたので、
立ち寄ってみるも新規のSIM購入のみとのこと。
2017年5月パタヤ税関前AIS



なので税関を通過してからAISに立ち寄ってからトップアップ。


今回、パタヤまでの移動手段はベルトラベル。

複数名で移動するならタクシーなんだろうけど、大抵はボッチな自分はバス一択。


8時の出発まで2時間弱あるのでのんびりとすることに。

まずはATMに立ち寄ってからのキャッシング。
上限いっぱいの2万バーツを出金。
2017年5月パタヤATMレシート

手数料220バーツとあるけど日本の法律の関係とかで、
明細を確認すると216円しか請求はこない様子。
(なんか貸金業規制法がどうのこうのって読んだ記憶があり)



後は地下に行って両替レートを見たりしたので、空港内のレートと比較してみたり。

久々の定点観測。
2017年5月パタヤ定点観測

こちらは地下のレート。
2017年5月パタヤ空港地下レート

ちっちゃくて見辛いけど定点観測は1万円が2,849バーツ、
空港地下は1万円が3,070バーツで200バーツ差。

前は空港レートに+200して、街中のレートと思っていたけど、
空港地下に両替商が出店してからそんな手間もなくなった。

まあ、クセで写真を撮っているだけです(・∀・)



朝食はド定番のバス乗り場と同じフロアにあるマジックフードコート。
2017年5月パタヤマジックフードコート

しかし毎回同じものばっかり食べているなw


そうこうしているうちに7時45分になるので、レベル1の7番と8番ゲートの間で、
ベルトラベルの係員にピックアップしてもらう。


今回、ベルトラベルを選択したのは以下の理由から。

・パタヤに早く着いてもすることがない
・バスターミナルからの移動が面倒だった
(ベルトラならホテルまで車で送ってもらえる)
・客が少ないとちょいちょいと聞く、潰れたら選択肢が減ってイヤだから

まあ、一番の理由はパタヤに午前中に着いてもなーってのが大きかった。

ということで、空港で3時間も滞在とかをかましてからパタヤへと向かう。








ツイッターもやってます。
Twitterボタン



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行