回遊魚考察

回遊魚考察と書いたものの、タイトルに偽りありです。
考察できるほど経験がありません。

回遊魚は大体毎回見に行っていますが、実際にお相手してもらったのは、
初めてマカオに行った時(2009年7月)のみ。

なので伝聞や知っている知識だけになります。


◆回遊魚とは?

リスボアホテルのGF(日本でいう1F)に生息している春を売る女性。
通路の一部、100メートルちょっとを行ったり来たりしています。

その数は時間帯と曜日によって違うものの、10名~40名ほど。
(昼間より夜の方が回遊している数は多い傾向有り)
24時間、どんな時間でも回遊しているので、
サウナに小姐がいない時間帯とかに重宝(?)するかと。



◆行けばすぐに分かる?

Litchiはすぐに分かりました。
ということはエロセンサーが発達している紳士にはすぐ分かりますw

免費バスが停車するWynn側の入口から入ると左手に向かいます。
すると本物の魚が泳いでいる水槽があるので、そのまま真っ直ぐ進めば分かるかと。



◆交渉は?

歩いていて視線を送れば向こうから下のように声をかけてきます。
「去吗?(無理にカタカナにするとチーマ)」

基本英語は通じませんが、まあ数字ぐらいなら大丈夫。


それか回遊魚を見れる店で食事をしながらガン見していると、
向こうから勝手にテーブルに寄って来る事もアリ。

値段を確認して「OK」とでもいえば、そのままエレベーターまで一緒に行き、
小姐が使っている部屋に案内されます。



◆小姐のレベルは?

レベルは高い!と過去は言い切れましたが、ここ数年は何とも言えません。
それでもサウナより回遊魚の方が美人だとLitchiの遊び仲間は言いますねぇ。

いわゆる中国的な美人が多い印象、残念な感じの小姐も回遊しています。



◆価格は?

ここ4年で800⇒1000⇒1500とインフレ以上に値上がりしています。

上記はショートの値段で、ロングは無理と思っておきましょう。
どうしてもロングが希望なら交渉可能ですが、とんでもない金額をふっかけてきます。

彼女たちは12時間ぐらい働いており、多い小姐は5人以上客がつくでしょうから、
その分ぐらいは要求されるでしょう。



◆サービスは?

ちょんの間です。
シャワーを浴びたらそのままベット、早ければ30分ぐらいのサービス。
基本ゴムフ○ラ、責めたりキスはNGと思っていたほうが無難かと。

そう、費用対効果は良くない。


しかーし、たまに当たりがいるらしい。


また自分好みの美人に突っ込めるので、その満足度が高いという人もいます。



◆何かノリが悪い文章ですね?

そんなことないっすよ。
あんまりお勧めはしませんが、話しのネタに一度ぐらいチャレンジするのもありです。

当たりを引くかもしれないし。

ただこのブログ的には費用対効果を重視しているので、
どうしても回遊魚は勧めづらくて・・・・



◆大した経験ないからでしょw

ハイ、その通りです。
なんせ同じ小姐に2回入った経験のみなもんで・・・・

人から聞いたりネットで見たり、自分で回遊魚から聞いた話しのマトメです。


注意点としては、

・香港ドルで払う。
⇒パタカで払うと軽く上乗せして請求されます。
 これについては経験済みだし、人からも聞く話しです。

・回遊している姿を撮影しない。
⇒当たり前ですが烈火のごとく怒られます。
 そもそも中国人は他人に撮影されるのを嫌がる傾向にありますんで。

・ディスカウントは期待しない。
⇒彼女たちは老板に管理されており、ディスカウントとかはないと思っておきましょう。

それでも過去は明け方(早朝6:00ぐらい)なら小姐と交渉すると、
ディスカウントに応じる小姐もいたとかいないとか。

でもそんな話しは最近ネットの書き込みとかでも見ないので、
今は全く期待できないと思います。



というわけで、最後は誰と話しているんだか分からない文章になりましたが、
Litchiが分かる範囲内はほぼ書きました。


しかし改めて見直すと、こりゃあんまり参考にならないな・・・



蛇足で昔は500だったらしいですね。

部屋でプレイをしようとすると偶然を装って同居している小姐が訪問。
そして追加300ぐらいで3Pのお誘いがあったとかなかったとか。

はぁ、その時代なら喜んで回遊魚も挑戦するのになぁ。





↓昔の話しをするのはオヤジだね!と思った方はぽちっとお願いします。

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

タバコ免税価格の比較

今回はちょっとだけうろうろしたので、各地の免税価格の比較です。
いずれも1カートンの値段で、銘柄はメビウス(マイルドセブン)の価格。

非喫煙者の方にはどうでもいい内容なのでスルー推奨です。

ちなみに国内では1カートン4100円します。


本当、喫煙は悪癖な上にムダですねぇ。
わかっちゃいるんですが・・・・



■日本の空港2500円
⇒うん、まあ安いのは安いですが飛びつくほどでは。


■マカオの外港210パタカ
⇒日本と大して変わらん、というか為替によっては日本より高くなる。


■香港空港185香港ドル
⇒12.7円で計算して日本の免税より200円安い程度か・・・


■上海空港113人民元
⇒16.9円で計算して1900円、まあお買い得かな?


■珠海の道端115人民元
⇒最近はマイセン置いてないんだよなぁ。
 前はベトナム製だったけど、今回は日本製だった。
 交渉したら5人民元ぐらい安くなるのかな?


■マカオ⇔珠海の免税店130香港ドル
⇒12.7円で1600円ちょっと、お買い得ですね!


ということでマカオに行く際は、珠海に遊びに行くついでに購入かな。

あっ、中国入国の際は2カートンまで免税ですが、
マカオ入国の際は5箱までが免税範囲です。

税関できちんと申告しないと多分ですが罰金です。


これ以上は書きませんが・・・



(・∀・)つ「自己責任」






テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

マカオの携帯電話

突然ですがサウナに行かれた方で、小姐から携帯の番号を教えてもらったりしますよね?

その時、みなさんならどうしていますか?


中国語が堪能な方なら電話でお話しできるのでしょうが、
電話で喋るのはかなりの語学力が必要かと思います。


そこであったら便利なのが現地のSIMをぶっさした携帯。
これがあれば小姐と気軽にSMSでやり取り可能です。

SIM自体はフェリーターミナルの自販機で買えばいいですし、
街中でもあっちこっちに売っています。


外港の自販機
2013.7外港SIM自販機
※2013年7月撮影

値段は確か100パタカとかだった記憶があります。
データ通信だけなら写真のSIMでもオッケーでしょう。
(多分通話はできないSIMだと思います)

SIMを買ったらSIMフリーの携帯に突っ込めば、
面倒なアクティベーションも不要です。

リチャージカードは自販機では$100から売っていますし、
番号維持が目的で$50のカードが欲しければ街中の店でも購入できます。

※アクティベーション、またリチャージ後は半年間番号が維持可能。


Litchiはいつもプレジデントホテル裏の洗衣店で買っています。
2013.7SIM販売洗衣店
※2013年7月撮影


その場限りで連絡を取らないにしても現地での連絡手段として、
安いSIMフリーのアンドロイドがあれば便利です。

また日本からもSMS送信可能なので、
お手軽に「いついつマカオ行くよぉ」なんてことも可能です。


で、何が書きたかったかというと、マカオで携帯電話会社は3つあります。

その中でCTMでないと日本からSMSは送信できませんでした。
(2年ぐらい前の話しで今は違うかもですが・・・)


マカオでSIMを買う時はCTMがいいっすよ(・∀・)


それ書きたかっただけです。


ちなみに香港のSIMとかもいいらしいですが、門外漢なので詳細は不明です。


Litchiは最初買ったSIMがマカオ3のSIMだったので、
リチャージも面倒だったし日本からSMS送れなかったので不便でした。

マカオでSIMを買う時は参考になればと思います。


蛇足で日本からもリチャージ可能です。


何年もマカオの番号を持っていれば、昔会った小姐からまた連絡くるかもぉ~~??






テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

マイルのお話し

プロジェクトも佳境に入って毎日ハードワークが続いています。

ということで(?)海外旅行には欠かせないマイルのお話し。


Litchiがマイルを貯める際の掟は下の二つぐらい。

※マイルを貯めるのに振り回されない。

目的:旅行に行く、手段:マイルを貯めるであって、
マイルを貯めるのに捕らわれない。


※極力、一点集中で貯める。

カードで貯める際は、一つに絞る。
ちなみにちょっと前まではANAを集中的に貯めて、今はデルタを貯めています。



Litchiはちょっと矛盾していますが日系はJAL、ANAとも貯めています。
米系はデルタしか知りません。

JALとANA両方なのは単純にJALは家族で、ANAは個人で使用するため。
というかJALも最初は自分用だったのに、5~6年前に嫁の横暴に屈しました・・



「日系エアラインでマイルを貯めるより、米系エアラインがお得」
と世間一般では喧伝されています。


確かに事実だと思います。


以下、個人的な感想。


■日系エアライン

【メリット】
・日本人乗務員がいるし、海外現地のカウンターでも日本語が通じるので、
 いざという時の安心感が違う。
・国内出張が多いなら、飛んで貯めることも可能。
・貯まりにくい分、特典で消費するマイルもそれほど多くならない。
・国内どこでも比較的マイルを使いやすい。
(福岡→関空→香港とかを予約できる)


【デメリット】
・マイルが貯まりにくい。
(安いチケットだと100%積算されない、キャンペーンが少ない等々)
・特典で予約する際に、サーチャージで別途料金がかかる。
・特典予約が入りにくい。
・マイルに期限がある。


■米系エアライン

【メリット】
・マイルが貯まりやすい。
・特典予約が日系と比較すると入りやすい。
・特典予約でサーチャージが発生しない。
・マイルに期限がない。


【デメリット】
・特典でのマイル消費が多い。
・国内で首都圏、近畿圏に居住でないと使い辛い。
・現地のカウンターは日本語が通じないことが多い。
(日本語が分かるスタッフがいたりいなかったり)




あくまで個人的な感想。


米系の方が期限もないし、貯まりやすい。
何といってもサーチャージがないのが大きなメリットかと思います。

でも九州に移住して思いましたがデルタ航空のマイル、使い道がありません。


電話で予約すれば中国東方航空とかの予約入れられるのですが、
はっきりいって面倒くさい。



まあ今はLCCがあるから福岡→成田をLCCで飛んで、
成田→香港はデルタ航空とかできますけど、
それじゃあ結局費用がかかりあまり美味しくないし。



一昨日、この時に書いたボーナスマイルが入ったので、ふっと思いついて書いたポストでした。

カード入会して3000マイル、25万決済するだけで7000マイルだから美味しかったです。



というわけで日曜ですが仕事の打ち合わせに行って来ます('A`)





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

マカオで一人飯するお店

マカオ一人旅では朝はポークチョップとかお粥、昼間は食堂とかフードコート、
夜はサウナ飯とか回遊魚見ながらチャーハンのLitchiです。

一人で行ける店は限られていますが、何度か行ったことあるお店のご紹介。


場所はグランドリスボアの裏手、質屋がある二股の道を左に入って、
少しあるくと右手にあるお店です。


地図はこんな感じ。(多分あっていると思います)
一人メシ




ピンボケだけど店の外観。
一人飯の看板


営業時間は昼前から朝まで。
一人飯の営業時間



一人客は少ないけど、一人で入っても特に問題ないお店です。


食事に困った時にどーぞ。







テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行