旅行の背景 ~ 2013年10月 ~

アホみたいに仕事が忙しくて現実逃避を図った旅行でした。

10/31(木)と11/1(金)を休めば11/4は祝日のため、
5連休にできてマカオには楽勝で行ける!

周囲への根回しは10/28(月)に行って、休暇を強行することにしました。

その日の夜に帰宅してからスカイスキャナーで航空券を探していると、
嫁が「マカオ行くの!?私も行くからっ!」と強制同行・・・orz

その日のうちに、スカイスキャナーでアイルランドの旅行代理店で決済。

往復とも台北経由香港行きで、キャセイパシフィック航空。
直前の予約でかつ祝日に日本戻りだったけど、二人で10万ぐらいのエア代。
ホテルはagodaで探すと、シェラトンコタイが4泊で72,276円。

こうして嫁が同行しないと数ヶ月前に言ったのでぽしゃった台湾旅行の替わりに、
直前でバタバタしながら急遽マカオに行く事になりましたとさ。







テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

1日目(2013年10月31日(木))その1

いつもの時間に自宅を出てから空港へ。
妻がオンラインチェックインを済ませていたため、空港ではバゲッジドロップをするのみ。

荷物を預け搭乗券を受け取るまで、ものの3分ちょっと。


今回の往路はCX0511で台北経由香港。


10時20分が搭乗時間だが、現在時刻は8時40ぐらいで時間を持て余す。

とりあえず本屋でSPAを買ってから保安検査を通過して出国。


妻はディオールのリップ、自分はメビスウを2,500円で購入。


280円と不当な値段のコーヒーを買って、一服していたら9時40分頃より搭乗開始。


搭乗する前の新聞サービスで、日経新聞や西日本新聞があるので日経を持って機内へ。


早い目に搭乗したが結局離陸は10時47分。


機材はエアバス340で新しい機材、シートピッチも十分にある。


雑誌と新聞で時間潰しをしていたら、あっという間に経由地の台北に着。
短い時間だけど機内食も出る。
2013.10マカオ福岡~台北機内食1



2013.10マカオ福岡~台北機内食2




現地時間で12時過ぎに着いたから、福岡―台湾間は2時間ちょっと。


機内に残るか一度降機するか選択できるので、息苦しいこともあり降機する。


ただ、12時40分にB-4ゲートに来る必要があるので持ち時間は20分間。


とりあえずトイレを済ませて、一服しようとすると妻がついて来る。


この旅行で最初にイラっときた瞬間。


タバコぐらい好きに吸わせろよ・・・・


一服しに行き辛くて、結局は1カートンを600台湾ドルで購入して、
マカオのSIMが台湾でもローミングすることを確認の上で機内に戻る。







テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

1日目(2013年10月31日(木))その2

機内でかなり待たされたため、フライト自体は13時30分ごろ。


離陸してすぐぐらいに、サンドイッチで供されるのでありがたくいただく。
2013.10マカオ台北~香港サンドイッチ開封前

2013.10マカオ台北~香港サンドイッチ開封後



遅れて離陸した割に、香港着は14時50分と定刻より10分遅れで優秀優秀♪
15時10分にはフェリーのチケット売り場に。

ただ、タイパ行きの16時15分発はバゲッジがあると伝えると売ってもらえず。

※確か香港空港でフェリーに乗る場合は、荷物があると出発まで1時間はないと売ってくれない。


よって、すぐ隣のターボジェットで17時発の外港行きチケットを購入。


その後はのんびりパシフィックコーヒーでお茶。

妻はヘーゼルナッツラテ($35)、自分はアメリカーノ($27)。


16:30前にスカイピアへ。


17:00発だが15分遅れて出港。
マカオ着は18:00頃。

どこで荷物をピックアップするか分からないのでその辺にいた人に聞くと、
「イミグレを通過してからピックアップだよ」とのこと。

初めて空港からマカオに来たけど、空港からなので外国人レーンは3つあるもどこも長蛇の列。

その中でも隣が香港居民のところに並び、少しでも早くマカオへ入国する。

※隣の香港居民はほとんど並ばないので、結果的に外国人レーンを早く通してくれます。
 他のレーンに並ぶよりも早く列が進む仕様。


イミグレ通過後に右手側に進んで荷物をピックアップ。

その後、連絡用のSIMカード$100を自販機で購入。


その足で金沙城中心行きの免費バスに乗って19時前にはホテルへ到着。


フロントでチェックイン、デポジット$4000はカードで済ませておく。

フロントの小姐はこちらが日本人と分かると、日本人従業員を呼んでくれる。


その方に部屋まで案内してもらい、「何かお手伝いしましょうか?」の言葉に甘えて、
翌日のスパを予約をお願いする。

90分を予約、一人$1080だかだったかな?


荷物もほどかずにそのままフードコートへ。

妻はビビンバ($88)、自分はステーキもどきを$98で注文。
2013.10ステーキもどき

2013.10ビビンバ

喉が渇いたので真ん中の店へ水を買いに行くと$12もして閉口する。


量が足りなかったので、$48小籠包を追加で注文してようやく落ち着く。
2013.10小籠包


カジノで一服してから部屋に戻ったら22時過ぎ。

シャワーを浴びて日付が変わる前にお休み。





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2日目(2013年11月1日(金))その1

7時30分過ぎに目覚める。
うとうとしていたら、妻の目覚ましで起こされ着替えた後にバフェへ。

多分だけどキャンペーンで宿泊客にタダ券をばら撒いているらしく、
バフェはそれなりに盛況。

※Litchiも昨日のチェックイン時に、4日通しで使用できるチケットをもらいました。


味はまあこんなもんかなって感じでした。


普通に払ったら$160ほどだから、これが4泊分無料だからありがたい。


食後、10過ぎに部屋に戻り妻はカジノへ。


寝たのか寝てないのか分からない状態で12時前に起床。


妻は昼寝、自分はカジノへ行って軽くスロット。

プラス$300ほど。


妻より電話があり一度部屋に戻ってフードコート。

点心二つで$38と、自分の雲呑麺は$40なり。
2013.10マカオ雲呑麺


2013.10マカオ点心


スパの時間まで1時間ほどあるので、部屋に戻ってからまたスパへ。


宿泊しているタワーからは直接スパに行けないので、
一度4階に行ってエレベーターで3階へ。
2013.10マカオSPA


漂亮な小姐に受付してもらい案内される。

施術は妻はタイ人、自分はフィリピン人。
90分間、揉み解してもらって終了後に$100づつチップ。


スパ代を払う時にチップはカードでもいけたことに気が付く。
まあ、カードで払うより現金の方が喜ばれるかと思うしいっか。

なおスパ代は部屋付けにしておく。


部屋には一度16:30前に戻る。

うだうだした後にカジノへ。

スロットで$1000をあっという間に負けてしまう。


嫌気がさしてバスに乗って食事を取りにマカオ半島へ。


市バス($4.2)に乗ってリスボア前。


MGMかグランドリスボアのバフェのどちらかにするつもりで、
検討の結果ロブスター食べ放題があるMGMへ。

歩いてMGMに向かい、値段を見ると金曜日はハマチ食べ放題とかで、
普段より$30値段が高い。
2013.10マカオMGMバフェ看板


ハマチのために$30払うのも何なので、歩いて今度はグランドリスボアへ。

せっかく半島側に来たので両替。

愛用していた両替屋は10000円が757香港ドルで、他の両替屋は760香港ドル。

前回から使い出した両替屋で両替。

10000JPY ⇒ 782MOP(マカオパタカが12.78円)
10000JPY ⇒ 595RMB(1中国元が16.8円)


そのままグランドリスボアのバフェに行って食事。

一人$300でサービス料金が10%のって$330、
これにどうもドリンクを頼まないといけない様子。
2013.10マカオ新リスボアバフェ伝票



このバフェの会計方法は変わっていて、先払いではなくて、
ドリンクを頼んだ後に店員が伝票を持って来るスタイル。

ドリンクはオレンジジュースを頼んだけど、種が入っているので生絞り!
2013.10マカオ新リスボアバフェOJ


なかなか生絞りオレンジなんで飲めないので、行かれる方はお勧めです。


支払いをテーブルで済まそうと、JCBカードを提示する。
が、ICチップ入りかードのため、結局レジに呼ばれてPINコードを押す羽目になる('A`)


ところでこのバフェ、300種類の料理が楽しめるが売りの通りで、
かなり満足できるかと思う。
もう食べれないというぐらい腹をパンパンにして退店。
2013.10マカオ新リスボアバフェ1

2013.10マカオ新リスボアバフェ2

2013.10マカオ新リスボアバフェ3


リスボア前より適当なタイパ行きのバスに乗るが、
これが官也街までしか行かないバスだったらしく、
しょうがないので官也街で降りてそこからは歩いて銀河酒店へ。

銀河酒店からシャトルバスで金沙城中心に戻り部屋へ。


異常に眠たかったので、シャワーも浴びずに23時過ぎに就寝。






テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

3日目(2013年11月2日(土))その1

前日早かったため、起床は5:30過ぎとジジイ時間。

寝ている妻を尻目にカジノに行ってスロットを回すけど結果トントン。


部屋に戻ってまどろんでいると妻の目覚ましで起床。


9時にバフェに行くと一杯らしくて店員に、
「彼に着いて行け」4Fに連れていかれる。

ボールドルームを臨時のバフェ会場にしているので、
本日の朝食会場はこんな感じ。
2013.10マカオ2日目朝食会場

麺が(゚Д゚)ウマー
2013.10マカオ2回目バフェの麺


朝食後はカジノでキャッシャーで香港ドルを仕入れる。

10000JPY ⇒ 765HKD(1香港ドルが13.07円)


腹八分目に済ませておいて妻はお昼寝、自分はコーヒーショップへ。

馬鹿の一つで覚えでアメリカーノ。


しかしこうやって午前中に2時間ぐらい1人になる時間はできるけど、
時間帯も回遊魚ぐらいだし、2時間だと何もできないのが悩ましい。

12時過ぎに部屋に戻って妻を起こして、シティオブドリームスへ。
何の用事かというとフードコートで食事をするため。
ぶっちゃけフードコートなんてどこでも一緒だけど、
ここに来たいと妻の要望により来た次第。

しかしフードコートは閉まっている・・・
2013.10マカオCODフードコートは閉店中


仕方ないのでいったん部屋に戻り、免費バスでタイパフェリーターミナルに行って、
帰国日のフェリーチケットを買っておく。

案の定10:30発の便しか売ってくれないので、止むを得ずそれで手を打っておく。


金沙城中心まで免費バスで戻ってフードコート。

妻はステーキで自分はよく分からないドンブリ料理。
2013.10マカオフードコートのどんぶり料理


食後は市バスでパンダ公園に行ってパンダ見学。

16時からの回を見たけど滞在時間は20分程度。
パンダ公園の滞在時間はみんなそんなもんだよね?

パンダの写真も芸がないでしょうから、金沙城中心のパンダでも。
2013.10マカオぱんだ?



市バスでホテルまで戻って2時間ほどお昼寝。


19時過ぎに今度はドックレース見学。
市バスでのんびり国境方面に向かって、屋台でおでんと餃子を買い込み入場。
2013.10マカオドッグレース近くの餃子

2013.10マカオドッグレース近くのおでん

2013.10マカオドッグレースでおでんと餃子


餃子は三個で$12、写真上の鉄鍋が無難かと。


20時過ぎだけどまだ第7レースぐらい。

食事をした後は1レースだけ$20を購入。
妻の複勝が的中するけど、オッズは1.3倍と寒いもの。

4レースほど滞在の後、市バスで国境へ向かってそこからは免費バスでホテルへ。

22時30分すぎより寝ようと試みるも、寝れないので妻が遊んでいるカジノへ向かう。


日付が変わって11/3、カジノ内のカフェでインスタントラーメン。
カードを見せたら割引になるメニューよりチョイス。
自分はコーヒー、妻はティーを選択。

このカフェは時間が深夜2時までになったらしくて、途中で清算を求められるので、
JCBで決済しておく。

お腹が一杯になったら眠くなるので部屋に戻り就寝する。




テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行