旅行の背景 ~2014年3月 ~

1月に遊び仲間の陳さんより「久し振りにマカオ一緒に行かネ?」とオファーをいただく。

生来の遊び好きなため、金と時間がなくても都合をつけるのがLitchiスタイル。


「いいっすよ」と二つ返事で了解し、先にエアを押さえる。

福岡から最安値で香港行くなら中国東方航空一択。


その後は陳さんともあまり連絡取れずにLitchiは2月の旅行へ。

エアを押さえたかどうかも聞かないまま。


バンコクでパタヤちゃんより「来月は私の誕生日ナー」と言われて、
「来月、香港までは行く。じゃあ陳さんがエアを押さえてないなら、バンコク行こうかね」
と妄想しつつ陳さんに連絡取ると「ん?エアは予約しているよ。ホテルどこにする?」

正直に「バンコクに1泊したいので、マカオ2泊でもいいですかね?」と聞くと、
大人な陳さんは「しょーがねーヤツだなw」と了解いただく。

そうと決まればマカオもしくは香港からのエアを検索。

といっても値段からいけばエアアジア一択。
なので組み合わせを検討するだけ。

この時に予約間違いをやらかして、2万円ドブに捨てたのはここに書きましたw


その後、マカオのホテルどこにしますか?と聞きつつ、
いくつかホテルをピックアップして値段を提示する。

陳さん「タイパ泊まったことないしタイパいいなぁ、Litchiそれでいい?」

いいも悪いも自分も金沙城中心なら望むところ。

シェラトンを押さえて、その後にバンコクの宿を押さえる。

バンコクはいつものキーバンコク。


こうしてどう考えても常識ある人はやんない、
バンコク滞在12時間弾丸ツアーが完成w


まとめはこんな感じ。


【エア】
3/20(木)
MU532 FUK09:50-PVG10:30
MU509 PVG14:55-HKG17:35

3/22(土)
FD2543 MFM14:15-DMK16:10

3/23(日)
FD2508 DMK06:45-HKG10:15
MU502 HKG12:30-PVG14:45
MU531 PVG18:05-FUK20:50


ご覧の通り3/23(日)はむちゃくちゃ危険。
バンコクからのエアアジアがちょっとでもディレイすればアウト!


【ホテル】
3/20(木)シェラトン@マカオ
3/21(金)シェラトン@マカオ
3/22(土)キーバンコク@バンコク



そういやブログには書いてませんでしたけど、誕生日プレゼントはネックレスにしました。

Amazonで誕生石のネックレスを購入。

というのも、NKさんが馴染みの女の子にネックレスを買って持って行ったら、
いつも身に着けてくれているし周りに自慢したりを聞いてコレダ!!


自宅に届いたら困るのでコンビニ受け取りにしたら、
出発する前日に届いて危なかったですw


後はドンキ行った時にキットカットとかコンビニで適当にお菓子を取り揃える。



こうして非常識な旅程で出発を向かえましたとさ。





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

1日目(2014年3月20日(木))その1

この日は有給休暇で休みだけど普段通りに起床。

8:20には福岡空港の国際線ターミナルでチェックイン完了。

3泊なので荷物は機内持ち込みのため、行列をしり目にさっさとチェックイン。


ちなみに中国東方航空のチェックインカウンターはJALが受託、
ちょっとキレイでアダルトな方が担当で久々に日本で胸がときめきましたw


搭乗開始時刻は9:50からなので、時間にはかなり余裕がある。
2014年3月上海行きの表示


なのでとっとと出国してから、280円のコーヒーなぞ飲みながら一服。


今回は時間通りに出発。

機材はいつものごとくA320、福岡―上海線は日本人客が多いためか静かなもの。
2014年3月往路上海A320


機内食はこんな感じ、微妙な味のパンでした。
2014年3月往路上海機内食


11:00、ちょいと遅れて上海は浦東空港へ到着。


トランスファーカウンターでパスポートとボーディングパスを提示し、
乗り継ぎ客用の保安検査へ。

ライターはいつもの方法で持ち込み、免税店でメビウスを2カートン。
1カートン110人民元なのでまあまあお得。

購入時のレート:1人民元=16.801円。
2カートンで3,696円となります。


その後はゲートまで行って一服してから、wifiつなごうとするも、
携帯の番号を登録してからSMSでパスワードを受け取るファックな方法になっている。


中国だし何となく気持ち悪いのでwifiは諦めて、
行ったことない方角をうろうろ探索する。

印鑑屋とか意味もなく冷やかしたり。
2014年3月上海浦東空港印鑑屋


ファミマを発見したので2元の水と2.8元のおにぎり。
2014年3月上海浦東空港ファミマ

2014年3月上海浦東空港水とおにぎり


バックパッカーレベルの貧しさですw


今来た道を歩いて戻りゲートにたどり着くと、ゲート変更&時間変更有り。

時間は14:10⇒14:50、ゲートは今来た道をまた戻るファックな内容。


変更後のゲートは25番ゲートで一番隅っこ。

こん時、すっごくコーヒーが飲みたくてその辺の店に見に行くと、
48元とありえないボッタ価格なので諦める。

13:10よりゲート付近でひたすら待機。

まあ、実際にはブログの下書きとかしていたらあっという間でした。


14:50と離陸は定刻より40分遅れだったけど、香港着は17:40と優秀なもの。

香港行きでの機内食。
2014年3月往路香港機内食

機内食マニア(?)Litchiの感想はまあまあ。



イミグレを通過する入国前に一服。
混雑しているパスポートコントロールを横目にE道で入国。

バス乗り場に向かいながら陳さんへ連絡。

「あれ?もう着いたの?夜じゃなかったっけ?」


ソレハDeltaノヨルビンデモウナンネンモマエノハナシデス



「すまんすまんw」と笑いながら信徳中心で待ち合わせ。

なぜか$40から値上がりしないバスに運賃を支払って乗車し、
18:00のバスに乗れたので18:40には信徳中心。
さっそく待ち合わせポイントに行くも陳さんはまだ到着していない。

しばらく待ってから連絡すると、もうちょっとかかるとのことでしばし待機。



そこで待っていると

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ


みたいな感じで昨日より香港に来ている陳さん登場。

お会いするのは一昨年の11月に国外某所でお会いして以来。


※陳さんって書いてますけど純日本人ですw



とりあえずマカオに向かいますか!ということで、
タイパのチケット売り場に行くと「プレイヤーズカード持っているか?」

???となりつつ提示。

JCBで決済しようとするとなぜか出来ないのでVISAで決済。

この時間は一人$192とけっこうな金額。


20:00発とちょっと時間があるので下のコンビニへ行き、
ジュースを買って二人で一服。


香港出国してマカオへは1時間程度で到着。


金沙白中心行きのシャトルバスに乗って21:30にはホテルへ。

チェックイン時に喫煙室をリクエストするも空いてない。

二人とも喫煙者なので、明日部屋を変更できなかい聞くも「sorry」


あきらめて部屋へ。
2014年3月マカオシェラトンの部屋



その後はカジノカフェで適当に食事。

1:00頃、シャワーを浴びて就寝する。






テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2日目(2014年3月21日(金))その1

寝ている間に何度か目覚めながら7:00前に起床。

カジノで一服してから部屋に戻ると陳さんも起きている。


カジノで一服終わった後、wifiつないでブログを確認すると、
コメント欄にてせばたさんより食事のお誘い。

自分一人でないので陳さんに「夕方から食事とかどうですか?」と確認すると、
「いーぜ、行こーよ」との回答。



うっし、じゃあまず朝メシにしますか!ということで、飲茶を食べにマカオ半島へ。

タクシーでリオホテルまで$70ぐらい。

向かった先はこの店、リオホテル前をマカオ外港方面に歩くと右手にすぐ見えてくる。
2014年3月マカオ飲茶の店構え



2階に案内されて怪しげなものを外しながらオーダー。
2014年3月マカオ飲茶①

2014年3月マカオ飲茶②



やっぱここは美味しゅうございました。

6品頼んで$197、カードで決済しようとするもなぜだか出来ないのでキャッシュで支払い。


時間もあるしどうしますか!ということで、まずはリスボア回遊魚を見学。

朝番は人数も少なく特には心も動かない。


Litchi的には世界遺産と同じ扱いの回遊魚を見た後、
コーヒーを飲みに歩いて水尾抗街あたりのマクドへ。

でもマクドは禁煙なので結局セドナ広場まで歩いて行って、
その辺でタバコ吸いながらウダウダとおしゃべり。

1時間ほどくっちゃべった後、マッサージを受けに金龍酒店近くへ。


金龍酒店の本館と別館の間にある皇族按摩。
2014年3月皇族按摩のメニュー


陳さんは$103のフット、自分は$138のヘッドマッサージ。
2014年3月皇族按摩の看板



ほぼ全身を1時間じっくりマッサージ。


終わった後はそろって「オイルマッサージ?」と聞かれるが、
怪しいサービスを求める気分でなかったのでパス。

会計時、カードで支払おうとするもダメ。

LitchiのJCB、VISAばかりか陳さんのVISAも無理。


朝の飲茶も無理だったので、多分だけど回線障害か何か?
もしそうならあんまり現金持たずにサウナに行く時あるから危険だな・・・

あきらめキャッシュで支払い、外港まで歩いてウィン行きのシャトルバスへ。


ウィンをぶらつき、その後にスターワールドへ。
2014年3月星際酒店のショー


陳さんはブラックジャックをプレイするとのことで、
その間自分はその辺をブラブラしたりロビーでネット。

様子を見に行くとちょうど$1,000ばかりだけど浮いているので、
いったん終了するとのこと。


サウナ行ってみる?と陳さんより提案あり。

15時ぐらいなので、この時間ならここかなと思い、
ホリディスパ(旧ウィンソーサウナ)へ案内するも、
店構えを見た瞬間に入店拒否されるw
(スイマセン、写真は撮り忘れました)

設備はボロイかもしれないけど、値段もこの時間なら$1,000ぐらいだし、
小姐の数もそれなりに揃っているのでお勧めなんだけどなぁ。


再度リスボアに行き回遊魚を見ながらワンタン麺。

朝番より人数が若干増えている。
小柄で目のぱっちりした小姐に心奪われたけど、
遊べば後悔するので回遊魚とは遊ばない。


シントラ前よりシャトルバスに乗って新濠天地、そこから歩いて金沙城中心。

陳さんはカジノ、自分はフードコートで食事。
2014年3月金沙城中心フードコート


15:30ぐらいから17:00までは仮眠。

途中ルームクリーニングで起こされるのでタオル交換のみしてもらう。


17:15、コメント欄へコメントいただいたせばたさんより連絡。

17:30にマクド近くで待ち合わせする。


その後はせばたさんのご提案でメンバーオンリー(?)のクラブへ。

商務中心と同じ階で確かシェラトンクラブだったかな?


高い部屋に泊まったりしないと入れないところだと思う。

もちろん自分は全く縁がない場所だw

中はバイキングになっており、なかなかハイソな雰囲気。

一人$208だったかな?


メンバーは、

せばたさん
孤高の賭人さん
yosukechaさん
陳さん
Litchi


しかし思ったのは皆さんオシャンティーな身なりで、
こういった場にも相応しい雰囲気。

一人ほろ汚い格好の自分はちょっと浮いてましたw


ここでの会話はすっげぇー楽しかったので記録したいのですが、
まあ無難に記録するのは控えておきます。


楽しく過ごした後、陳さんと自分はマカオ半島のいいところ(?)へ向かう。







テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2日目(2014年3月21日(金))その2

タクシーに乗って北京街まで、向かう先はサナドなき今、
貴重な密着系ショータイムがある金池サウナ。


金池サウナ、週末なのでそれなりの客入り。

小姐もまあまあ揃っていて選べるラインアップ。


ソファーを何とか確保して、ショータイム前まではパタヤちゃんとLINEでやり取り。

「明日は友達と一緒に踊りに行きたいけどいい?」
「いいけど、ちょっとは二人の時間が欲しいかな」
「OK、じゃあふたりだけでも会おうね」

で、後は時間の調整。
一応19時頃にと話しをつけておく。


ショータイムは久しぶりの金池スタイル!
内容は行けば分かるので割愛しますw

どうしよっかなー?と思っていたら、工号611をはっけーん。

光の速さで経理を呼んで指名を告げる。


何か経理が喋りながら、普段より$200余分にかかるけどいい?みたない内容。

よく聞き取れなかったけど、酔ってたこともあり没問題と告げておく。


で、プレイ内容ですが2月と同じで手抜きなし!

というかリピートしたのを覚えていてくれて、
サービスが半端なかったです。

Litchiのア○ルがふやけちゃいましたw

相変わらずこちらにはオフェンスさせてくれないけど、
ここまでサービスされたら文句ありません。

いい時間なのでゴム付けてインサート。

正上位⇒騎乗位⇒後背位でフィニッシュ!


大満足の一戦を終えてテーブル席について、
上海式のマッサージを受けていた陳さんと合流。

この時に向かいには中国人。

メシ食ってたら話しかけられたので、
発音無茶苦茶な普通語と筆談、グーグル翻訳を使ってコミュニケーション。

というか福建人の普通語はほとんど聞き取れなかった・・・


色々とコミュニケーション取ってたら、なんか変に盛り上がってくる。
そしたら福建のにーちゃんより、「これから女ナンパしに行こーぜ!」と誘われるw

陳さん、英語はかなり使える人だけど中国語はさっぱりダメ。

どうしますか?と相談すると、まあいい時間だし帰るか!となり、
福建人には「一発済ませたからゴメンネ」と告げて退店。

今考えたら、どこでナンパするんだろ?と思うし、
ノリのいいアンチャンだったので一緒に行けば良かったかな?

会計$1,594、サウナでは基本JCB不可だけど金池はJCBオッケーだった。

※日本円の請求は20,771円、1マカオパタカ=13.031円。
 Litchi的にはサウナに払う金額はこのあたりが限度。
 ほんの2年前までは十八サウナでもこれぐらいの金額だったのですがねぇ。


あとはホテルまでタクシーで移動。


行きと違って$45、まあ本来はこんなもんだよね。


1:30頃より久しぶりにカジノ、といっても$100ミニマムのしょぼいバカラ。


バンクロールなんて存在しないぐらい懐中が細くなったので、
バイインは$2,000と慎ましいもの。

ペアとかタイの控除率は良くないけど、自分の調子を確かめるためたまにベット。


たまたまそのペアを取れて、あとは$500を取ったりで30分程度でバイインの2倍。


もっと遊んでもいいけど、というかもっと遊びたいけどガマン。
浮いた分をパタヤちゃんに使うことにし終了。


2:30過ぎ、部屋のハイネケンを飲んで就寝。






テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

3日目(2014年3月22日(土))その1

9:00前後に起床。
下まで行って一服した後、部屋でシャワー。

10:30過ぎ、陳さんとカジノカフェへ行くも閉まっているので、
カジノ内にある別のレストランで飲茶。

お粥も頼んでおいたが、最初のオーダーが通ってなくてけっこう待たされる。
2014年3月マカオ金沙城の飲茶


朝食が完了したのは結局11:30頃。

12:00前にチェックアウト、ハイネンケンの$46はキャッシュで支払い。


陳さんと再会を誓って自分はマカオ空港、陳さんはタイパフェリーターミナルへ。


空港まではシャトルバスで移動。
保安検査の手前でオンラインチェックイン時の搭乗券を見せるも、
航空会社から発行された搭乗券でないとダメだと言われる。

仕方ないのでエアアジアのカウンターへ行って、
改めて搭乗券を受け取る。


13:00過ぎ、タバコを1カートン購入。

ここでこの旅行最初のやらかし。


なんとキャッシャーに財布と搭乗券を忘れて2階にあるコーヒー屋へのん気に向かう。

会計時に気がついて真っ青になって免税店に戻ると、
財布も搭乗券もそのままあって本当ラッキー。


久し振りにやらかすところだった。


改めて2Fのコーヒー屋で$32のアメリカーノ。

パタヤちゃんに「これからマカオからバンコク向かうよー」と連絡。
適当に時間が経過してから搭乗。
2014年3月バンコクエアアジアゲート


機材はいつものA320。
2014年3月バンコクエアアジアA320


16:00には1ヶ月振りのドンムアン空港。

イミグレ通過は16:30、外で一服の後にタクシーに乗って、
定宿になりつつあるキーバンコクホテルへ。

タクシー代は155Bでエアポートフィー(?)が50B、
高速代は110Bだったので〆て315Bで移動した計算。


17:00過ぎにはチェックイン。

喫煙室をリクエストしていたが今回は禁煙室しかないとのこと。

でも代わりに大きい部屋だからと案内されたのは1Fの部屋。

フロントからすぐそこだけど、従業員が荷物を運んでくれるので20Bチップ。


フロントで言われた通り確かに大きい部屋。
2014年3月バンコクキーバンコク部屋①


風呂のでかさにビビッて、そしてここでのプレイに思いを馳せるw
2014年3月バンコクキーバンコク部屋②

2014年3月バンコクキーバンコク部屋③



手持ちのバーツがないので、今回は浮いた香港ドルを両替。

再両替なんてケチンボなLitchiはしないけど、
今回はカジノでちょい浮き分だから没問題!


花屋にも行きたかったのでプロンポン方面に歩いて行き、
最初にあった両替屋に行くと香港ドルは断られる。

先進国の通貨なのになぜ拒否されたか不明。


そのまま歩いて行ってから、ソイカ入口前の両替屋。

ここでは引き受けてくれた。

レートは$2,000⇒8,100THBのざっくりしたもの。


記憶通り屋台の花屋はプロンポン方面に歩いてたらハッケーン。

700Bで適当に見繕ってくれるように依頼。


「どんなのがいい?」と聞かれるが花なんて買うの初めてw

分からないから「Up to you」でお願いしておくw


手際よく花を選んでくれて「これでいい?」って聞かれるけど、
絶望的に色彩センスがないので「OK」としか言いようがない。

ちゃっちゃと花束を作っていただき、出来上がりは立派なもの。
2014年3月バンコク花束


この花束を持ってホテルに戻るという羞恥プレイを自分に課して、
早足でキーバンコクホテルへ戻る。

花束を仕入れたくて、バンコク着いてもあえて連絡していなかったので、
18:44過ぎにLINEでメッセージを入れてみるもしばらく無反応。

18:50頃から、なぜだかタカリちゃんからメッセージが入るw
19:24からはパタヤちゃんから。

多分、二人一緒にいるんだろうけど、同時に送るのは止めて欲しいw

以降はややこしいことに二人とメッセージをやり取り。


タカリちゃんは「踊りに行って飲みに行こう!」と送ってくるので、
「いいけどパタヤちゃんと二人の時間が少し欲しいな」とお返し。

「じゃあダンスの後で私は家に帰るから、それからパタヤと楽しんだら」
「何時ごろ踊りに行く?」
「いつでもいいよー」

その後はよく分からない内容だけど

「とりあえず合流して踊りに行ってから、それから二人はホテルに戻ったら?」

いやいや、何か朝までコースっぽいからヤバイ気がして

「いいけど、明日のフライト6:00なんだけど」

「じゃあ、先にあなたとパタヤは戻ったら」

実はこの時、自分はパタヤちゃんと先に会ってからクラブへ、
タカリちゃんは踊った後に二人で先に帰れば?って意味でかみ合ってなかった。


ようやく修正がきいて、

「3時間ぐらい二人でいたいかから、それから踊りに行かない?」

意味が通じた時に20:20。

23:00の約束を23:30にしてもらう。


ここでこんなやり取りした後、いきなり部屋の電気が消える。

タカリちゃんに「さいあくぅー、こんなことあったよ><;」と送りつつ、
ホテルスタッフを呼ぶとエンジニアが来るまで1時間ほど待ってと言われる。

どんどん二人で会える時間が削られるw

ところが思ったよりエンジニアは早く来て、灯りが戻ったのが20:50。

「パタヤは今出たよ」とあったのが21:15、その後もきっちりと
「Have a good time wiht my friebd na」と茶化されるw

その後に「やっぱメイクサロンに行きたいから00:30ね」と入って、
こちらとしては文句なしのでOKと返しておく。




で、同時にやり取りしていたパタヤちゃんとですが


どこにいるの?とか何時に来れる?と入れるもいまいち要領を得ない。

結局、21:10過ぎにあと30分ぐらいと連絡。

そこからもう「近くだよ」が21:53。


一度、外に出て「外で待ってるよ」と送ったのが21:54。

22:12、来ないので部屋に戻る。


ようやく会えたのは22:19頃。


この会うまで自分はコンビニに行って、ダイエットコークやピーナッツ、
サンドイッチなどの軽食で腹ごしらえ。

3~4回ほど出たり入ったりでキモイことこのうえなかったw








テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報