2011年6月 ~ 旅行の背景 ~

※2011年の旅行記のため情報は古いし、状況や価格等は変更になっているケースが多いです。
 極力、文中で注記は入れますが上記前提条件をご了解下さい。


2010年10月にマカオへ行ってから、期間がかなり空いての訪澳となりました。

理由は東日本大震災とプライベートな理由。

地震の後に自粛する必要もないかもだけど、ほら日本人だから周囲の目がね・・・


旅行期間以下の通り。

仕事が落ち着いたのでエアは2週間前、ホテルは1週間前に手配して急遽遊びに行った次第。


6/2(木)半休 サウナ泊
6/3(金)有休 ベストウエスタンサンサンホテル(タイパ)
6/4(土)公休 現地確保
6/5(日)公休 現地確保
6/6(月)有休 帝濠酒店
6/7(火)有休 帝濠酒店
6/8(水)有休


今更ながらよく休めたなぁと。
確かこの直前にけっこうデカイプロジェクトに携わっていて、
そのご褒美的な意味で休めたのかな?

そして6/5(日)はどこもホテルが高くて予約はせず、
「現地でいいや」っと思ったら、ちょうど端午節でホテル代高騰。

どうやってしのいだかは旅行記で触れていきます。


エアはHISで航空会社未定、ローシーズンでけっこう直前の予約だったので34,350円。

航空会社は予想通りデルタ、ちょうどデルタのマイルを貯めているのでシメシメ。


タイパのホテルは初めてagodaを利用、6,418円。
帝濠酒店はRates to goで14,024円。


帝濠酒店(エンペラー)平日2泊で14,000円なんて、今ではありえない価格だよなぁ。


目的は特になし。

半年以上ご無沙汰だったので、とりあえずマカオ行ってくるか!のノリ。

マカオ以外でブンブンしないので、久しぶりにブンブンしたかったしw


あと旅行の内容はぶっちゃけ全く覚えていませんw

当時のメモと写真を見ながら、ツラツラと書いていってみます。






テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2011年6月旅行記 ~ 1日目(2011/6/2(木))

仕事をいつものように適当にこなした後は、速攻で帰宅してから着替えて外出。

出発時の手持ちは

$360
940MOP
17.5RMB

と寂しい限り。

※ブログでは$(香港ドル)、MOP(マカオパタカ)、RMB(人民元)で極力書いています。
  $は厳密にはUSを意味するのでしょうが、HKDやMOPと書くのが面倒なので$表記。


14:45の電車に乗って在来線を乗り継ぎ16:30には成田空港。

17:10にはイミグレを通過。

18:50発の予定だったが出発は1時間遅れ。
よって香港空港到着も1時間遅れて23:25となる。


久々の香港空港、やっぱ旅行はいいねぇと実感する。
2011年6月マカオ香港空港着


それでもA11バスの最終0:30に間に合って$40で乗車。
2011年6月マカオA11バス看板


どうでもいいけど禁煙表示の下に灰皿って違和感がw
2011年6月マカオバス乗り場の灰皿


1:05には上環着。

コンビニで夜遊び王とコーラーを買って外で一服。

しかし夜遊び王はいつになっても$20、値上げしなくて大丈夫なのかね?

※2014年も$20で価格変わっていなかったと記憶。


東方旅行社でクーポンを買う気だったけど1:00過ぎのためか閉まっている・・・
やむなく成功旅行社で十八サウナのクーポンをお買い上げ。

現金なら$1,790だけどカード払いなので手数料乗っかって$1,826、
この本来は旅行社がカード会社に払う手数料のっけるのいつまで続くんだろ?

乗っかるのは2%だけど、2014年でクーポン価格は$2,000ぐらいだから、
$40乗っかってくる計算、無駄な費用だからキャッシュで支払いがいいかもー?


1:30のターボジェットでマカオへ、平常通りで2:30にはマカオ外港着。

さっさと入国してから宿泊サウナにしている大富豪サウナへ。

タクシーで「ビックボスサウナ」と伝えると、連れて行かれたのは回力娯楽場のダーリン1w

※2013年までダーリン1は外港近く、移転後は内港近くにあります。
 場所はこちらをご参照下さい。


サウナって言っても通じないのでリスボアへお願いする。

タクシー代は$25、トランク使ったので$28をお支払い。


リスボアから歩いて大富豪サウナに行って入浴、
食事を済ませてから4:30に睡眠区の二段ベットで就寝。





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2011年6月旅行記 ~ 2日目(2011/6/3(金))

サウナ泊にしては珍しくけっこう眠れて11:00過ぎに起床。

時間ぎりぎりまでサウナには滞在し、14:30過ぎにチェックアウト。
サウナのみなので$360、手持ちがないので支払いはカードで。

※2014年現在はサウナのみでも$400オーバー。
 当時は円高なので3,600円ほどだったけど、今は値上がり&円安で5,000円越えます。


リスボア前のバス広場まで歩いて行って、タイパまではせこくバス。
マカオパスで乗車すれば$2.5だしね・・・


15:10ベストウエスタンホテルが見えたところで降車。
官也街に近いのでどのバス乗っても一応来れる。

デポジット$500はカードでお願いして部屋へ。

まあ値段が安いから値段なりの部屋です。
2011年6月マカオベストウエスタンホテルの部屋


初めてのタイパ泊なので散策するため、15分ほど歩いて官也街へ。

タイパの官也街は観光地でもあるけど、一歩裏に入ればそれなり風情があります。
2011年6月マカオ官也街の風情ある通り


途中で水など買いつつ向かった先は有名店。
2010.10マカオタイパポークチョップ屋看板

ハイ、有名といってもB級グルメのポークチョップバーガー屋ですw

$20で一個買って店に持ち込んだ水を飲みながらその辺で食べる。
2011年6月マカオポークッチョプバーガー


Litchiは大好きですけど、一般的には普通の味なんでしょうな。


軽く食べた後は部屋に戻ってのんびりと小説など読んでから、
18:10過ぎにバスに乗ってリスボアへ向かう。

別にリスボアに用事があるわけではなく両替とブンブンしに来ただけ。

10,000JPY=$926表記あるので、2万円ばかし両替しておく。
$1=10.79円ともうすぐ$1を10円切りそうな勢い。

※これを書いてる2014年からすると夢のようなレートですw
 今は10,000JPY=$750ぐらい?


19:00前ぐらいよりリスボア回遊魚を見学しつつワンタン麺で食事。

ワンタン麺自体は$32だけどお茶代やらサービス料が乗っかって計$52となる。


回遊魚を見学していたらおっきしちゃったので、バスで向かった先は富城と富麗の賓館。
2009富麗賓館

2009富城賓館

回遊魚は$1,000、それなら似たようなサービスの賓館$400の方がマシかなと思い。
美人度だけ目をつむれば、後は突っ込んで腰動かすだけだしw

冒頭に手持ちを晒したとおり、こん時はかなり貧乏だった様子。

※賓館ですが富城も富麗も今は普通の宿になっています。
 小姐を期待するなら大来賓館とかになるのかな?

まずは富麗賓館に入るも小姐は3人、まったねーと伝えてさっさと移動。

富城賓館は8人程度いるのでじっくり吟味。

一人選んで一緒に部屋に。

一切メモを残していなかったので、名前も顔も年齢も全く思い出せませんw


ブロージョブはいらないことを伝え、シャワーを浴びて愛撫する間もなく、
小姐は自分の太ももの裏を手で持って「早く突っ込め」の姿勢。

なんせ昨年11月以来のブンブン、さっさと突っ込みさっさと果てましたw

$400払って賓館を後にする。


帰りはスーパーやセブンイレブンで適当にお買い物。

バスでタイパまで戻りセブンイレブンで買ったヌードルと、
スーパーで買ったサンドイッチで夕食。


小説を読みながら日付が変わった0:30頃就寝。






テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2011年6月旅行記 ~ 3日目(2011/6/4(土))

8:30過ぎに起床。
シャワーを浴びてからは徒歩10分ほどの官也街にあるマクドへ朝食。
2011年6月マカオマクドの外観


頼んだのはソーセージエッグマフィンのセットで$20。
2011年6月マカオマクドの朝食@タイパ


食事の後はコーヒーを別途$11で注文してホテルに戻る。

部屋でのんびりコーヒーなぞ飲みつつ、チェックアウトぎりぎりまで粘る。
なぜなら今日は部屋がない日。

中国は珠海で宿泊するつもりだが、早く行き過ぎるとチェックインできないため。

11:20チェックアウト。

デポジットした$500のレシートを返却してもらってから、バスでリスボアまで向かう。

どうも体がだるくて風邪気味なので薬局でカゼ薬を$32で購入。
2011年6月マカオ風邪薬

ついでに近所の両替屋で日本円を中国元に両替。
10,000JPY=765RMB、1RMB=13.07JPYの計算。

※2014年現在は10,000JPY=600RMBぐらいだったような記憶が・・・

用事を済ませた後は市バスに乗って国境へ。
小銭を処分したかったので、マカオパスを使わずに$3.2をコインで支払い。

マカオ側のイミグレを通過して、中国へ入国する前にある代理店でホテル予約。

ここは英語が通じるので楽チン。

予約したのは前回2010年10月と同じ南洋海景酒店。

平日なら330RMBだけど週末なので370RMB。
ここはカードが使えないので現金でお支払。

昨年2010年10月は320RMBの360RMBだったから10RMB値上がり。

中国へ入国後は歩いてホテルへ行ってからチェックイン。

デポジット300RMBはカードでお願いする。


現在の手持ちは・・・

$1,780、740MOP、412.5RMBといい大人が持つ金額じゃないw


手持ちの寂しさを確認した後は食事を取りに拱北の地下街へ。

頼んだのは又焼飯、これで15RMBでスープは3RMB。
2011年6月マカオ又焼飯


味は可もなく不可もなく。


帰り道で水とコーラーを買うが、両方合わせて7RMB。

どこで買ったかメモってないけど多分コンビニ。
この頃は中国では身構えていて、あまり商店とかで買い物をしなかったと思う。

16:00過ぎ、風邪気味で体調が悪いので薬を飲んで少し寝るつもりが、
がっつりと眠ってしまって起きたら21:00過ぎ。

この時間に開いている店も分からないので拱北近くにあるケンタッキーへ。

適当なセットを頼むと26RMB、味はなんかイマイチだった。
2011年6月マカオ珠海のケンタ


しかし味はイマイチでもファストフードは英語が通じるのがありがたい。


ホテルに戻りシャワーの後に薬を飲んで就寝。

珍しく23時と日付が変わる前。





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2011年6月旅行記 ~ 4日目(2011/6/5(日))

6:30過ぎに起床。
珠海は不案内につきどこで食事したらいいかよく分からないので、
逢花路にある安心と信頼のマクドナルドへ。

このセットが19RMB。
2011年6月マカオ珠海で朝マック


気のせいかハッシュドポテトがイマイチな味。

体調が相変わらず優れないので、チェックアウトぎりぎりまで部屋で小説を読む。

11:20過ぎにチェックアウトし歩いて拱北まで。

中国出国は30分ほどだったが、マカオ入国のイミグレが大混雑!
12:50に並んでマカオへ入国できたのは13:00過ぎと結構な時間。

このマカオ入国時に緑色のパスポート持った、
彼の国のアンポンタンに露骨な割り込みをされたことをよく覚えている。

以前からあまりいい感情は持っていなかったけど、
この時から緑色のパスポートの国が決定的に嫌いになった。


日曜日にも関わらず、今日はホテル代が土曜日レベルの日。
知っている安宿にと思い、バスに乗って内港近くへ。

向かった先は康々酒店。

フロントの小姐に部屋の値段を聞くと何と$800!

茫然とすると小姐が「Today is Chinese holiday」とのこと。
(後で調べたら端午節でホテル代が高騰する日だった)

このクラスの酒店にさすがに$800は払いたくない。

もう一度珠海に戻ることも考えたけど、またあの混雑しているイミグレを通って、
することがないので部屋で本を読むだけかと考えたらウンザリ('A`)

旅行中のサウナ泊は疲れるので好きじゃないけどこれにてサウナ泊が決定。

とりあえずタダで荷物を預けられる場所はサンズしか知らないので、
バスに乗ってサンズまで移動して入口右で荷物を預けて身軽になる。

時刻は15:00頃、サウナに入るなら滞在できる12時間を考慮して22時以降にしたい。

よってサンズでマシン相手のクラップスでチビチビ時間を潰す。

時間潰しが上手いこといき、$1000が$1800になったところで、
遅い昼食を取りに大砲飯店へ。
2011年6月マカオ大砲飯店看板


いつものハム卵飯も飽きてきたので、沙丹猪扒飯を頼んでみる。

味はよく覚えていないから美味くも不味くもなかったのだと思う。
これで$34なり。
2011年6月マカオ大砲飯店で食事


さあ、どうやって時間を潰そうか。

懐中が豊かならカジノだろうけど、手元不如意につきブラブラするしかない。

適当なバスに乗って適当な場所で降りてニューヤオハンへ。

フードコートで$24のコーヒーを買ってカフェイン補給。
2011年6月マカオニューヤオハンでコーヒー


18:40まで粘ってバスで向かった先はドックレース場。

サウナで食べるにしても小腹が空いたので屋台で$10のギョーザを買う。
2011年6月マカオドックレース場前の屋台ギョーザ


小姐ど遊ぶ気もないので、ガッツリとニンニクが効いたのを食べておく。


ドッグレース場で入場料$10を支払ってチビチビと遊んで$80使う。


しかしこの時の旅行、本当我ながらセコ過ぎるw

バックパッカーとまではいかないけど安いメシに安い宿を求めてw


いい時間になったのでバスで大富豪サウナに向かって入店。

当時は土曜の22時過ぎでもこのサウナは比較的まったり。

予定通り22:30過ぎに入店し、たらふく免費の食事で腹を満たしてから、
日付が変わった1:00過ぎに睡眠区で就寝する。





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行