2012年2月旅行記 ~ 旅行の背景 ~

勤務先の「長い間奴隷労働ご苦労!」の休暇があったので、
どこかに行こうと2011年の夏頃より思っていた。

前年2011年に国外某所でバカラのお師匠さんと久し振りに再会する。
本当に偶然再会してから何か盛り上がって色々とお話し。
(旅行記を書いていない国での出来事です)

旅行に一人で行こうかと思っていることを話してみると、
「Litchiちゃん、じゃあタイでも行く?」お誘いされる。


マカオに行こうとは思っていたけど日程が10日間もあるので、
さすがにマカオだけで10日間は長すぎるし、
中国大陸で悪さもしていない時だったので渡りに船と了解。

師匠もわざわざ自分に日程を合わせてくれるとのこと。

それから師匠と連絡を取りつつ以下の旅程を決定。



2/09(木)日本 ⇒ マカオ(サウナ泊)
2/10(金)マカオ ⇒ バンコク
2/11(土)
2/12(日)
2/13(月)バンコク ⇒ マカオ
2/14(火)
2/15(水)
2/16(木)
2/17(金)サウナ泊
2/18(土)帰国日


9泊10日間のうち3泊をバンコク、6泊をマカオ(サウナ泊を2泊)。

マカオの到着日と帰国日前日はサウナのいつものパターンですな。


エアは香港まではデルタの特典。

マカオからタイへの移動手段はエアアジア使用と、
今ではポピュラーだけど当時はあまり聞かなかった手段。

バンコクのホテルは師匠にお任せすると、タニヤ・パッポン界隈がいいとなり、
Wall street inn hotelというホテルに決定。

マカオのホテルは定宿の帝濠酒店(エンペラーホテル)を予約。


こうしてこの年より恒例となった、年始に10日ほどのひとり旅を開始する。



しかし今なら絶対バンコクをもっと増やすし、ホテルもスクンビット界隈にするだろうなー。

2014年の1年間で、随分と自分のスタイルも様変わりしたもんだ。

後は当時、マカオはまだまだ色々なものが安かったし、
何より円高だったので旅行も非常に行きやすかった。

この時にしこたま外貨を仕入れておけば、今頃はもっと楽に旅行も出来ていた。
まあ、為替何てどう動くか誰にも予測できないから、しゃーないんですがねぇ。





Twitterも使ってマース。

@Litchimacau










テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2012年2月旅行記 ~ 1日目(2/9(木))①

2012年2月の旅行記です。
情報は全て当時のもので、金額も円高MAXの時代です。

金額表記は$は香港ドルかマカオパタカ、Bはタイバーツとします。

では、内容的に結構長い間に渡って書くと思う旅行記スタートです。



9:00過ぎに起床。

デルタの成田―香港線に乗る時は午前中は仕事しての半日休暇が習わしだったが、
休みに余裕があったので本日は丸一日休暇とした次第。

ただ油断し過ぎて全く準備をしていなかったので、慌てて準備を行う。


マカオは問題ないがタイは初めてなのでイマイチ気候が分からない。

ネットで調べると年間を通して暑い様子なので夏の服装を持参する。


14時15分、いつものルートで在来線を乗り継いで成田空港へ。


15時40分過ぎに成田空港に到着。

移動中にオンラインチェックインを済ませておいたので、荷物はドロップオフするだけ。
チェックインカウンターでの手続きはあっという間に終了する。


とっととイミグレを通過してから現金を出金するためにセブン銀行のATMに行くと、
そこには1回の出金金額は3万円までの無情な表示・・・orz

出国前に済ませておくべきところを面倒くさがったのが失敗。


どうしたかって?


5回に分けて15万円を出金しましたよw



17時からマッサージを予約しておいて、旅行中に消費する免税タバコを2800円で購入。

マクドに立ち寄りコーヒーとチキン何とかを買ってからその辺で食事。


17時からは予約していたマッサージを40分ほど受ける。

当時はタイでマッサージを受けるという発想がなく、べらぼうに高い日本で受けるというw



17時55分より搭乗開始とメモには書いているので、その時間から搭乗を開始したのだろう。

機材はA330で綺麗な機材。


機内食はビーフとエビから選べたのでエビをチョイス。
2012年2月往路デルタの機内食


エライ薄味だったのでたっぷり塩をふってから完食する。


22時35分には香港国際空港に着。

時計の針を1時間戻した後、バス乗り場へ直行。


23時15分発のA11バスで上環の信徳中心へ。

到着後にいつもの夜遊び王を$20で買ってから外で一服。


バス乗って風俗雑誌買ってと何回となく繰り返したパターンだけど、
ルーチンになっている作業をしないと何か落ち着かないのは自分だけ?


一服した後は東方旅行社で贔屓にしているサナドのクーポンを購入。

手数料がのっかって$1702は日本円では17,399円となるので、
一香港ドルは10.223円となる計算。

こりゃー、一香港ドルが10円切る日も近いな!

と、この旅行は円高MAXを十分に享受した旅行でした。



もらったフェリーチケットは0時30分発のフェリーで1時30分にはマカオに着。

タクシーにて到着時のサウナ泊でいつも使うビックボスサウナへ、
フェリーターミナルからサウナまでのタクシー代は$28といつもの値段。


サウナに入って免費メシを腹一杯食べてから4時過ぎに就寝する。






Twitterも使ってマース。

@Litchimacau









テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2012年2月旅行記 ~ 2日目(2/10(金))①

10時前に大富豪サウナの睡眠区で起床。
耳栓さえあればこのサウナでは快適に眠れる。

朝飯として免費の食事をガツガツ食べてから、シャワーを浴びて10時30分には退店。

メシ食って風呂入って軽く寝ての値段は$360なのでまあまあ。


本日はバンコクへの移動日。

初めての国に行くので高揚と不安が入り混じる。


フライトの時間は14時15分だが早い目に空港に行くべく、
自分にしては珍しくグランドリスボア前よりタクシーに乗車。

空港までは$60、まあこんなもんかな?


11時45分ぐらいからチェックイン開始まで時間があるので、
$26のコーヒーを買ってから外でしばし一服。

いい時間になったところでチェックインし、荷物を預けた後にイミグレを通過。


ゲートは7-A、この時はまさか毎年ここからタイに行くとは思ってなかったw
2012年2月マカオ空港往路


今回のキャリアはエアアジア、名前は聞いたことあったけど初めての搭乗。
2012年2月マカオ空港往路の機材


機材はA320-200で、機内は特に可もなく不可もなく。

マカオからバンコクへは意外とすぐなのをこの時に初めて知った。
14時15分の定刻通りに動き出してバンコク到着は16時10分頃。

時計の針をさらに1時間戻して現地時刻に合わせる。


初めてのタイ!

見慣れない文字を目にするだけで自然とテンションが上がってくる。
2012年2月スワンナの掲示板


スワンナプーム空港は当然初めてなので人の流れについて行くと、
途中で喫煙室を発見するのでまずは一服。
2012年2月スワンナの喫煙室

そしてこの一服が後でLitchiにダメージを与えることに・・・

※当時はエアアジアもドンムアン空港でなくスワンナプーム空港。



まともなガイドブックは買ってないけどエロガイドブックは一冊買っているw
そのエロガイドブックを見ながら入国カードを記入。

イミグレは20分ほどかかった。

思ったより時間がかかったなー、と思いつつ荷物をピックアップするべく、
電光掲示板に従ってターンテーブルに向かう。





Twitterも使ってマース。

@Litchimacau







テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2012年2月旅行記 ~ 2日目(2/10(金))②

ターンンテーブルに行くとほとんど人はいない。

タバコ吸ったりイミグレで時間がかかったので自分はかなり出遅れた様子。
急ぐ用事もないのでのんびりと自分の荷物を探すも見当たらない。

当時使っていたスーツケースは、ソフトタイプの黒いありふれたブツ。


「あれー、オカシイなぁ(・∀・)」


最初はノンキにかまえていたけど、ターンテーブルに乗っているバゲッジが、
残り3つだけになった時に理解した。


ロストバゲッジだ('A`)



その辺にいる空港職員にその旨を話しかけると、
無茶苦茶クセがある英語が返ってくる。

初めてタイ人の英語に接して、かなり聞き取り辛くてちょっと困った。

まあ自分喋る英語も大概ヒドイからお互い様だけどw


残り3つのバゲッジのうち、自分の使っていたスーツケースとそっくりなのが一つ。

どういったやり取りか正確には覚えていないけど、
他の乗客が間違えて持って行ってしまった様子というとこまでたどり着いた。

のんびりプクイチかましていたら裏目に出た・・・orz


エアアジアの職員がいるとこまで、空港職員に連れて行ってもらう。

取り残されていた荷物から調べてもらうと、自分のスーツケースを持って行ったのは、
王某とかいう姓名の中国人だったことは覚えている。

エアアジアのアンちゃんにレポートを作成してもらうので拙い英語で頑張る。

氏名、生年月日や連絡先、どんな形で色はとか、コロコロの数はいくつだとかを説明。

泊まっているホテルを伝えてようやく終了。


スーツケースには衣服やハブラシとか入っているだけではなく、
買ったばかりの電気シェーバーが入っていた。

確か4~5万円したからこのまま荷物が返ってこないとイタイ。


それとこれを一番上に入れていたので、王某さんに見られるのが恥ずかしい(/ω\)
2010年7月JKコス

コスプレ持参で旅行ですww

ちなみにこの時に買ったコスチュームで、使う機会もないまま毎回持参していたw


荷物がない身軽なまま空港をウロウロ。


とりあえず10,000円を両替してみると3,790バーツとなる。
これを書いている2014年11月は、空港で両替すると2,500バーツぐらい?

この時はタイへは安くあげるのを目的で行ったけど、もっと遊べば良かったと軽く後悔。


両替の後は199BのプリペイドSIMを買ってから、エアポートリンクに乗ってホテルへ向かう。


この後、ホテルにチェックインするまでも苦労した('A`)




Twitterも使ってマース。

@Litchimacau






テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2012年2月旅行記 ~ 2日目(2/10(金))③

空港で予定通り両替とSIMを購入したらもう用はないので、
早速ホテルまで移動することにする。

エアポートリンクに乗ってマッカサンで乗り換えてから、
MRTでシーロムまで行けばいいとこまでは調べていた。

まあ行けば何とかなるだろうと、ホテルの詳しい場所とかは1ミリも調べてません


エロガイドブックのちゃちな路線図あるし没問題!


というか電車の乗り方すら分からないので、切符の自販機の前で人が買うのを観察。

真似っこしてから買って、改札を通るのも人のやり方を見るまで通らない徹底ぶり。


マッカサンでMRTに乗り換える時も人の流れについて行ってから乗り換え。

まあシーロムまでは無事に行けますわね。


そっからが困った。

標識は全部タイ文字で全く分からんし、ホテルの地図はグーグルマップを印刷した適当な紙のみ。


パッポンがある側に行くのは分かったけど、肝心のパッポンが分からないというw


通りを挟んでパッポンがある反対側をうろつくこと数十分、何か違うことにようやく気がついて、
車が途切れるのを待ってからパッポンがある側へ。

クソ暑い中うろついて喉がカラカラだったのでコンビニへ。

コーラを買うと17B、まあ安いですね。


また泊まる予定のホテルは、ソイ(小路)を入ったドンツキにあるから簡単には見つからず。


ようやくホテルに到着したのはシーロムに到着してから1時間以上してから。
2012年2月バンコクウォールストリートインの外観

※到着の翌日撮影


疲れたよママン(´・ω・`)



バカラのお師匠さんが選んでくれたホテルで、ジョイナーフィー(連れ込み料)がかからない、
安いホテルというのが選んでくれた理由。


ホテルのフロントとか小さくて大丈夫かな?と思いつつチェックインすると、
すっごい笑顔でフレンドリーだったので安心した。

中国の無愛想でつっけんどんな対応とか、ガム食いながら適当に対応するアメリカとかと大違い。


部屋は年季が入っていたけど、まあ3泊だしいっかと納得。

2012年2月バンコクウォールストリートインのベット


2012年2月バンコクウォールストリートインのバスまわり

※確かリノベーションされて、2014年の今ではもうちょっとキレイだと思う。


ホテルで荷物をほどいた後、服も何にもないので当座必要なものを買いに出かける。





Twitterも使ってマース。

@Litchimacau





テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報