被験体はマドカちゃん ~ その①

きっかけはささいなこと。

ある日曜日、酔っぱらいながらBeeTalkの使い方を試していた時の事。
(操作方法なんてネットにないから自分で色々試すしかない)

間違ってマドカちゃんとCEEさんを招待してグループを作ってしまう。

「やべっ!」と慌てて削除したつもりでいたけど削除されてなく、
火曜日にCEEさんが「これ何?」みたいな書き込みをしたら、
ヒマしていたマドカちゃんが応答。

朝方に気がついたので「廃墟にしておいて下さい」でこのグループは終了。

マドカちゃんには間違ってグループを作ったことと、
CEEさんは友達にであることを伝えると「ふーん」ぐらいの反応。

マドカちゃんはその日のうちにグループを退会。



これをきっかけとして、CEEさんがマドカちゃんのアカウントを知ったことにより、
Litchiのイタズラ心が騒ぎだす。

「CEEさんにお願いしてから、マドカちゃんをホテルに誘ってもらえば面白いんじゃね?」
「マドカちゃんがお客候補とどんなやり取りしているか俯瞰(ふかん)できるしなー」
「ついでにブログのネタ不足も解消されるし、何よりそんな内容のブログ見たことないな!」



Litchiは最低なゲス野郎ですw


ということである月曜日にCEEさんを口説きに入る。

色々と趣旨を説明するも当初は難色を示すCEEさん。
そりゃ面倒くさいだろうし、余計なトラブルになったらイヤだろうから当然の反応。

それなりに時間も使うし気を使っていただくので、
自分なりの報酬を提示してみる。

「成功した暁には、今度ディスコにご一緒する時、ボトル入れますから!」
(ただし一番安いヤツだけどな!)
「失敗してもビールぐらい奢りますよ!」
(ただしシャークのハッピーアワーかオブセッション限定だけどな!)


Licthiの表現が下手であまり趣旨が上手く伝わっていなかったけど、
報酬よりも必死なLicthiを憐れに思って協力いただけることに。

「とりあず明日から軽く動いてみます」


こうして馴染みの女の子と会う前だというのに、
その女の子を被験体にしたアホな試みが動き出した。



この話しは現在進行形です(・∀・)




ただ、明日からLitchiはタイなので現地で実況するだろうし、
その後は旅行記だから結末を書くのはそれが終わってからかなー。





Twitterも使ってマース

Twitter



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

被験体はマドカちゃん ~ その②

被験体はマドカちゃん ~ その①の続き。


「とりあず明日から軽く動いてみます」

最初は難色を示してもそこはCEEさん、動くとなれば行動は素早い。
あっちは遅いのにさすがっす!(あっちは知らんけどw)


火曜日の朝に改めて条件を提示してみる。

①パタヤに行く体(テイ)にしてホテルに来る約束を取り付ける
(チップの金額まで約束できればなおよし)
②会うのは時間的に無理なので空約束で可
③情報はほぼない状態で接触
④納期は○月○○日
⑤マドカちゃんへのネタバレ禁止(←ばれたらヤバスw)
⑥Litchiと会う日で約束を取る(後日追加で指定した条件)


「了解です。お昼休みから動きます」とクールなCEEさん。

さすがに面倒くさいことお願いしちゃったなー、
とちょっとぴりと、本当にちょっぴりだけ反省したw


ただこの実験の懸念事項はマドカちゃんはCEEさんのことを、
Litchiの友達と認識しているかどうかというところ。

少しだけ二人はグループトークをしたので、普通に覚えている可能性はある。

Litchiの友達からメッセージが来たらマドカちゃんからこちらに知らせてくるかな?
と思っていたので、それならその時点で実験は終了のつもり。



CEEさんからはある程度進んでから進捗知らせてくれるのかな?とか思っていたら、
その日の15時ぐらいに一枚のスクショが送信されてくる。

なんじゃらほい?と見ると、CEEさんのチャットのトップ画面で、
縦三列に女の子が「Fine」と返しているのが並んでいるw

「トリプルFine、みんな元気で何よりですww」


クールな反応と違ってノリノリですやんw


最初は難色を示してもやるとなったら楽しむこの姿勢、
やっぱCEEさんにお願いして良かったと思えたw

おまけに相手はタイ、ミャンマー、ベトナムと国際色豊か、
どんだけ引き出し持ってんだとww


初日は特にこれ以外の動きはなく終了。

その日の夜にLINEをやり取りしている時に、マドカちゃんの反応が鈍いとあったので
「Fineだけだと厳しいですねぇ」と聞いてみると、

「いや、もう少しありましたよ」
「パタヤに行ったら会えるって送ると、いつ来るのみたいな内容ですよ」



もうこれだけで疑似寝取られ感がキュンキュンきましたわw


疑似恋愛に続く疑似寝取られがこんなに楽しいものだとわw

( ゚∀゚)o彡゚ スクショ!! スクショ!!と思うも、ドSなCEEさんはそのままLitchiを放置w

こうしてミッション初日は終了。


この時点でもマドカちゃんがCEEさんのことを、
Litchiの友達と認識しているかどうかは不明。

必要のないことだからグループトークのことは忘れてしまったか、
カスタマーの友達だろうが別におかまいなしなのかのどちらかだと思っていた。




Twitterも使ってマース

Twitter



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

被験体はマドカちゃん ~ その③

二日目の水曜日の朝、この企画の意図をCEEさんに軽くお伝えしてから、
ミッション2日目がスタート!


もうね、仕事中も楽しくて仕方なかったですわw

被験体(マドカちゃん)より何かメッセージが来るよりも、
CEEさんの進捗連絡を心待ちにするという本末転倒ぶりw

その日の夜にLitchiより追加のオーダーを発注。
「自分が会う予定の日を希望日に指定してもらえますか?」
「そこまでいかないです」
「全然返信がきませんねー」



ありゃ、あんまり既読スルーはしない嬢だけど、
やっぱ会ったことがない相手は厳しいのかな?

というかそもそもCEEさんのことを、Litchiの友達だとやはり認識しているのか?

「会話が出来てないので分からないですね」と淡々としたCEEさん。


ここでCEEさんよりトーク画面のスクショが送信される。
一気にテンションが上がったw

そこには「パタヤに行ったら会える?」に対して「いつ」とか、
「いつが休みなの?」に対して「仕事しているから休みがない」のやり取り。


あらー、ナンパだと思っているな。

「お手当を払うこと伝えると食いつきますよ」に対するCEEさんは男前だった。

「それをしたら本末転倒です」
「マネーの力はあくまでも最後の手段です!」



何、この弱小サッカークラブがビッククラブとカップ戦で対戦するような、
負けて当然だけど、精一杯戦ってジャイアントキリングを狙う姿勢!

ゴゴ嬢相手に金銭介在させないことを狙うとか無謀過ぎるw

とりあえず追撃はしてみると、自分とやり取りしながら追加メッセージで爆撃するCEEさん。
即既読にはなっているので、これで返事がなければ厳しいと冷静な言葉。

既読スルーが続いて心が折れそうとぼやくCEEさん。
「明日の朝までに返事がなかったらアウトと思って下さい」とどこまでも冷静。

マネーが介在しないと返信期待できないよなー、と思っていたら追撃を続けていた様子で、
「返信きた!」の実況でLitchiのテンションもMAXにw

「Thank」とかの短い内容だったけど、既読スルーが続いてもめげずに頑張った結果!


この後はLitchiと会う日付にパタヤに行くとか、色々と被せてメッセージを送ってみるも、
以降は被験体に反応なし。

お互い徐々にテンションも下がって、こうしてミッション2日目は終了する。





Twitterも使ってマース

Twitter


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

被験体はマドカちゃん ~ その④

月曜に依頼、火曜と水曜に協力者(CEEさん)には動いていただいたが、
被験体(マドカちゃん)の反応が鈍いことと、
協力者も色々と忙しいので1週間ほど間が空く。

まさか、忙しいCEEさんに対してこんなバカなミッションへ協力していただいているのに、
「まだですかー?!」と急かすわけにもいかないしw


依頼した翌週の木曜日、LitchiからCEEさんへFacebookで見つけた女の子と、
怪しいけど一応ディスコに行く約束を取り付けたことを、
メッセージのやりとりのスクショとともに送った時のこと。

尻切れトンボで終わるのもどうかと思ったので、
恐る恐る「被験体はマドカちゃんを完成させたいのですが・・・」
と切り出してみる。


「連絡がないので正直萎え萎えです」


あー、やっぱこんなお願いするんじゃなかったかなぁー、
と思っていたら「既読にはなるんですが返信がないんですよねー」
と不毛な作業にも関わらずメッセージは発射していてくれていた。


さすがにマネーを見せずに呼ぶことは難しいので、
マネーをちらつかせようにも反応がないことには何ともかんとも。


「会う約束は20日の20時で3000バーツです」
「それを上回る金額を提示してみて下さいw」




Litchiは最低のゲス野郎です(・∀・)



好条件のオファーがきたら彼女はどうするのか?

日程か時間を調整してから両方とブッキングにチャレンジするのか、
それともこちらのブッキングを破棄するのであろうと予想している。

まあ後者であっても協力者のブッキングは偽だから、
そんなに心配する必要がない安心もあったのは事実。


そんな中、何とか以下の返信を勝ち取るCEEさん。
既読スルー連発でも心折れず、いや本当すごいですよ。


「何の仕事しているの」
「Bar」
「バーに行ったらあなたに会えるの?」



たったこんな短いやり取りでも、本当どれだけ大変なことか。

この後は再び既読スルーとなるのでLitchiの出番。


そんなに頻繁ではないけど彼女とやり取りしているから、
どの程度の英語なら理解するかぐらいは分かるし、
どんな言葉なら反応があるかも少しは経験している。

「これ送ってみて下さい」と以下の文章を提示。


I know you don't have holiday. If you can meet me i pay for you.



さすがに協力者の文面はさらせないので自分の言葉をw


これに対する彼女の反応は・・・


すいません、旅行記を書く時間稼ぎにもうちょっと引っ張りますw





Twitterも使ってマース

Twitter




テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

被験体はマドカちゃん ~ その⑤

ブログランキングに参加してみました!
1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Litchiの低レベル英語を送った彼女の反応は。

「I know you don't have holiday. If you can meet me i pay for you.」
「Thank」



すぐに既読になって反応あり。

「Thankと返事ありましたよ」の言葉にテンションが上がるw

そしてサービスでスクショが送られてきて以下のやりとりが載っていた。


「どっか行きたい所ある?どこでもいいよ」
「何であなたは私に会いたいの?」
「可愛いからだよ」
「ありがとう」
「一人でパタヤに来るの?」

「そうだよ、一人でパタヤに行くよ」
「友達と一緒じゃないの?」
「友達は仕事だからタイには来れないよ」
「ふーん」
「何で?」
「別に。パタヤは他にも可愛い女の子一杯いるよ」



休み前で閑職の自分でもそれなりに忙しかったけど、
これがきっかけで仕事はほったらかして帰ったったw

CEEさんには「仕事して下さいw」と、たしなめられましたけど(・∀・)


ここまで食いついてきたのでゴールはもうすぐ!
後は何らかの会う口実を作るだけで、ミッションはコンプリート!

うはw
胸が痛いけど楽しいぉ(^ω^)



そして追加でスクショが来る。


「あなたがタイプだから会いたいんだけど」
「パタヤにはどれぐらいいるの?」
「二晩」
「パタヤ今は凄い雨だよ」
「問題ないよ。雨が凄いけど仕事なの?」
「仕事だよ」



ここまで順調だと思ったのに、ここから被験体は既読スルーに入ってしまう。

「また止まりました、パタヤに何で一人でくるのか」
「どうせ女だろうと怪しまれているのかもしれませんね」


こんな感じで常に冷静な分析を行うCEEさん。


パタヤに男一人だけど行っちゃうなんて・・・


それどこのLitchiですか(・∀・)



ゴールはもうすぐかと思いきや、この後は押しても何の反応も示さない。



「もう少しだと思ったんですがね・・・」

自分もそう思っていた。
比較的イージーなミッションだからと思って、ボトルを入れる気は満々だったし。

ただ、CEEさんも納得いかない部分があるのか、とりあえず送信はしてみるとのこと。

「タイではストーカー行為は立派な求愛行為ですよw」
「簡単にあきらめると情熱がないと思われますよ!」



適当なことを言って焚きつけておきました(・∀・)



一応、この後もCEEさんにはご協力いただき渡航直前まで粘っていただくも、
マドカちゃんは既読スルーのみなので割愛。


なんかよく分からない終わり方をしたなー。

せっかく触りを書いたのにこりゃボツだなと思っていたら・・・




Twitterも使ってマース

Twitter



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行