2015年11月(パタヤ・ポイペト) ~ 旅行の背景

ここ数年、勤労感謝の日あたりは北米の街へ行っていたけど、
ちょいとした事情はあってしばらく行くことがなくなった。

ブラックフライデー(※)目当てで数年通ったけど、さすがに欲しいもの無くなってきたし。

(※)サンクスギビングデーが終わると同時に夜中からセール。
  アメリカでのクリスマス商戦開始の日でアウトレットは信じられないぐらい安くなる。
  何軒ものショッピングモールをレンタカーでハシゴするのが楽しい。


となれば行き先はタイとなるわけで、6月あたりから色々と調べていた。

職場は早い段階で根回し完了、仕事は遅いがこういうことはそつがないw


エア自体は7月には確定。
色々と悩んだけど最終的には以下の通りとなった。
(復路はもっと早い時間だったけど、航空会社の都合で変更になった)

【往路】
11月21日(土)
MU5088 FUK18:15 - PVG19:00
MU547 PVG21:40 - BKK00:55

中国東方航空で上海経由のバンコク行き。
イヤだけど時間がいいのがこれしかなかった。


【復路】
11月29日(日)
CI834 BKK11:10 - TPI15:40
CI110 TPI16:35 - FUK19:45

帰りは中華航空で台北経由。
深夜便は苦手なので夜遅くに帰宅でもこちらの方がありがたい。


家族には言ったつもりだったけど伝わってなかって、
10月中ごろあたりに「そういや来月の云々」って言ったら「(゚Д゚)ハァ?」ってリアクション。


うーむ、これはよろしくない。

どうせでさえ最近はタイ行きにいい顔をしなくなってきたので、
ここで一計を講じることにする。

Litchi家はカジノ旅行だと基本は文句を言われない。

以前、コメント欄でお勧めいただいたポイペトに行くことにする。

「いやー、タイとカンボジアの国境にカジノがあってさー」
「安くていいみたいだしちょっくら行ってくるわ」


元々、9月初旬辺りからポイペトへは行こうと思っていたのでスラスラと言えたw


ただカンボジアはビザが必要。
アライバルビザも考えたけど、固く日本で取得していくことにする。

11月初旬には無事ビザもゲット。


10月ぐらいから宿泊手配を行いつつ、マドカちゃんともブッキング。
アリバイ(?)作りでカンボジアにも行くため以下の旅程となった。


11月21日(土)福岡発上海経由で深夜にバンコク泊
11月22日(日)バンコクからポイペトへ移動してポイペト泊
11月23日(月)ポイペト泊
11月24日(火)ポイペトからパタヤへ移動しパタヤ泊
11月25日(水)パタヤ泊(ロイクラトン)
11月26日(木)パタヤ泊
11月27日(金)パタヤ泊
11月28日(土)パタヤ泊
11月29日(日)パタヤからバンコクへ行き帰国

8泊9日でバンコク1泊、ポイペト2泊、パタヤ5泊のスケジュール。
11月24日(火)はバンコクステイの可能性があったので、
こことポイペトはホテルを予約せず。

初日のバンコクはSkyy Hotelって聞いたこともない四つ星ホテル。
4,000円で泊まれた星付きにしては激安のホテル。

パタヤはサイアムデザインホテル2泊のエイプリルスイーツ2泊。

マドカちゃんの誕生月でかつロイクラトンだから、珍しくいいホテルを2泊予約したw



【登場人物】
前回の旅行記から書き出したので調子に乗って書いてみる。
といっても今回は管理人を入れても三人だけだけどw


■Litchi
このブログの管理人。
かなりのチビでかなりのデブ、ハゲで加齢臭がヒドイ。

性格は陰湿で根暗、猜疑心も嫉妬心も強い。

これぐらいでいいですかっ?!


■マドカちゃん
このブログの二代目ヒロイン、11月で25歳になった。
とあるGOGOバーのGOGO嬢。

「GOGO嬢でヒロインって頭大丈夫ww」と思われるでしょうけど、
このブログはそういうテイスト漂うブログですからw

今年2月に初代ヒロインに訪タイ直前でLINEブロックされて凹んでいる時に、
パタヤのディスコで声をかけてホテルに来てもらったのがきっかけ。
(当たり前だけど金銭を介在させてる)

写真を見た人によると顔は可愛い部類らしい。
(実際に会っているハルさんの感想を聞きそびれているや)

穏やかそうな外見とは裏腹に切れたら本当に怖い。
メンヘラ入っている系なので普通の人はややこしいと避ける女の子w

英語苦手。


■ハルさん
アジアの街でひとりごとの管理人様。
タイ在住の方でタイ語もペラペラ。

7月にTwitter絡みでご連絡をいただき、当時険悪な仲だったマドカちゃんと3人で食事に行った際、
色々と通訳とかをしていただいて助けていただいた。

9月はゲロ酔っぱらってスマホをタクシーに忘れた時(これ今年2回目w)、
電話していただきわざわざ取り戻していただいた恩人。

大体、私がいつもご迷惑をおかけしています。

Litchi被害者の会のメンバーらしいw



ということで11月の旅行記、現地実況で訳の分からないことを書いたけど、
そこまでたどり着くのに3週間ぐらいかかると思うw

ごゆるりとお付き合いいただければと幸いです。





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter






テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

11月21日(土)その1 ~ 上海経由はマジで嫌い

いよいよ2ヶ月近く待ち焦がれていた旅行当日。

ちょっと早いけど自宅を出たのは13時30分過ぎ。
空港には15時前に到着、チェックインは2時間前からにつき、
16時15分からでないと出来ない。

ちょうどいいやと「マドカちゃんを攻略せよ!」の続きを三話ほど書いておく。


チェックインは驚くぐらいガラガラで、空港自体も三連休初日とは思えない。

保安検査、出国を済ませて免税タバコを買った時点で1時間以上あるので、
適当にネットを徘徊したりブログを書いたり。

搭乗口付近で待機していた。
2015年11月上海行きのゲート



17時45分頃より搭乗開始。

ほとんどが中国人で日本人は十人もいないんじゃないかと思うぐらい。


機材は定番のA320、チェックイン時に気を利かせてくれて、
三列シートで一人が座るように配置をしてくれた。
2015年11月上海行き機材


機内ではすることもないので適当に読書。


ほどなくてし機内食が供されるので、移動時間が長いのでなかなか食事がする機会がないことを考え、
極力全部食べておく。
2015年11月上海行き機内食


やがて上海に到着するも、今回はいつも以上に長かった。
まずは駐機場に行くまで軽く10分以上、そしてバスに乗ってからも10分以上かかった。

やれやれ着いた着いたと思いつつ、トイレで小用を足してから、
のんびりと歯を磨いてからトランスファーカウンターへと向かうと、
そこには今まで経験したことがない長蛇の列・・・orz

今までここで並んだことなんてなかったのに、今回は30分弱もかかってしまった。


この時、Litchiの後ろに並んでいた若い日本人女性二人が、
「ここでいいのかなー?」「先に行ったらダメなの?」
とか色々と話していたけど、当然放置しておきました(・∀・)

不安な思いをするのも旅の醍醐味でしょう!


ようやく手続きを完了してからお次は保安検査。


いつもここではスマホとスマホの間にライターを挟むというテクで、
ライターを空港内に持ち込んでいるけど今回は発見されてしまった。

まあ仕方ないと喫煙室に向かって一服しようと思うも、
備え付けのライターは全部壊れているかガス漏れw

中華クォリティとはいえ、ライター没収するならこういうのはキチンとして欲しい。


吸っている人の火種を分けてもらい、自分も後から来る人に火種を分ける。


その後は免税店でタバコを購入。

それから再びゲートに戻ってスマホを充電しながらぼーっと待つ。
今回は人民元を持参しなかったので、喉が渇いても水の一本も買えない。
(タバコはクレジットカードで買った)


ネットをしようにもWifiをつなぐには携帯でPINを受け取る必要があり、
この時は中国で使える番号を持っていなかった。

21時過ぎぐらいからゲートに乗客が並び始めたので、
自分も並ぼうとした時にパスポートが尻ポケットにないことに気がつく。

その場でカバンを開けるも搭乗券もパスポートもない。



ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ



楽しみにしていた旅行がいきなり往路の乗り継ぎ空港で終了とかシャレにならん。

パスポートを取り出したのは免税店と、その近くのソファーでのこと。

心臓をバクバクさせながら免税店にダッシュで戻るも、
そこにもパスポートの忘れ物はないとのこと。

タバコを買った後、荷物を整理した場所に行くも同様。


今回はズッコケなしと言いつつ、始まったばかりの旅行がここで終了のピンチ!


もう一度カバンをひっくり返すと普通に搭乗券もパスポートもあったw
焦ってよく探していなかっただけという。

搭乗口まで早足で戻って列に並んで搭乗開始。
2015年11月浦東空港でのゲート


機材はB777で内装はかなり新しくて快適。
2015年11月バンコク行きの機材


機内エンターテインメントも画面が大きく見やすい。
2015年11月バンコク行きの機内




ほぼ定刻通りに出発してから、やがて機内食が供される。
2015年11月バンコク行きの機内食


機材が新しくなってもこの便の機内食はこれなのねw
(この時間帯の上海⇒バンコクはお菓子が提供される)

味はあちこちで書かれているけど、中華テイストなので日本人の口にはイマイチ合わない。

微妙な味の中華お菓子も混じっているけどここで食べておかないと、
ホテルにチェックインするまでは食べれないので完食しておく。


機内では「御園ユニバース」を観賞しても時間が余るので、
「ソロモンの偽証」の後編を途中まで見てから時間潰し。
2015年11月バンコク行きの機内映画

ちなみに日系エアライン以外で邦画を見るのが好きだったりする。

日本語がどんな風に英語に訳されているのか見て、
覚えれる限り言い回しを増やす努力をしてる。

まあ、今さら大して語彙とか増えないけどw


しかし福岡発上海経由、ジェットスターの直行便が就航する前は、
好んで使っていたけど今後は極力避けようかな。

浦東空港で理不尽にライター没収されたり、空港職員が中華標準だったり、
無機質な空港で何でも高い(日本よりも!)のはガマンしていたけど、
今回トランスファーカウンターの混雑具合は一抹の不安。

乗り継ぎ時間に余裕がない場合でも融通がきない空気だから、
ちょっとディレイしたら乗り遅れそうな不安がある。

まあ、選択肢がない時は使わざるを得ないけど。


定刻よりちょいと遅れてスワンナプーム空港に到着。

イミグレに着いたのは1時20分ぐらい。
9時間かけてようやくこの旅行の第一歩が本格的に動き出した。





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

11月22日(日)その1 ~ 深夜着でポイペト行きは無謀だった

足早にイミグレに向かうも中国人がイナゴの集団のように大量にいる・・・orz
2015年11月スワンナプーム空港到着時イミグレ


過去最高の混み具合だったけど、これが並べば意外とスイスイ進んで無事入国。

そういやこの時、入国カードにホテルの電話番号とか書かされるとか聞くけど、
今回も自分は特に何にも言われることはなかった。


とりあえず定点観測。
2015年11月スワンナプーム空港定点観測


市中で両替するとこれにプラス200バーツの感覚だから、
若干バーツ高が進んだ様子。

その足でAISのカウンターに行ってから、SIMへ100バーツチャージしようとするも、
なんとシステムダウンで出来ないとのこと。

度数が0になってしまったのでネットから隔絶されてしまった。


あきらめてタクシーレーンへ。


ホテル名を告げて走り出すと「高速代込みで450バーツでどう?」と言われる。
前回9月は通り抜けしたラジャホテルの駐車場代も込みで490バーツほど。
なのでまあいっかとそれで了承する。


今回は寝るだけのつもりで、かつ荷物を預かってくれそうな星付きのホテルにしたので、
スクンビット界隈から少し離れたところにあるSkyy Hotel。


こんなホテル聞いたことないよね?


運転手も同様らしくて迷いまくってたw


最初、スカイホテルスイートって所で降ろされる。

「あれ?こんなとこだっけ?」と思いつつ、
荷物を降ろして支払う時に450バーツが400バーツになっていた。

どうも自分が言った金額を忘れていた様子w
ちょっと得したラッキー♪

ホテルのフロントに行くも「ここじゃないよ、もうちょっとソイの先」と言われる。

自分で歩いて探そうかと思ったら、運転手がこちらに気がつくので、
「違うホテルだったよー」と伝えると、じゃあ乗ってとなる。

この後10分ほど近辺をうろうろするも見つからず。
ホテルに電話するも出ないしでお手上げ状態。


ところが運転手がその辺のタクシーに聞くと、すぐそこだよと言われたw

ちょっと分かり辛いホテルだったのでこりゃ仕方ない。


入口の警備員に二階までアテンドしてもらってからチェックイン。
パスポート提示のみで特にデポジットとか必要なかった。

荷物を警備員に運んでもらったので20バーツチップ。

部屋はなかなか豪勢、これで4,000円程度だから満足。
2015年11月スカイホテルのベットを別角度で


全館禁煙じゃなければなお良しだけどまあそこは仕方なし。
シャワールームもブラインドを降ろさないと丸見えだしw


ソファーとかあるので、その手のプレイがお好きな人にはお勧めw
2015年11月スカイホテルのベット


空腹なので外に行くも屋台とかは近所に見当たらず。
セブンイレブンでサンドイッチとピーナッツ、水とコーラを買ってそれで済ませる。

ついでにこの時にタイのSIMへ100バーツチャージ。

なんかAISの回線が不安定でロクにネットが使えないので、
特に夜更かしすることもなく就寝することに。

ホテルのwifiも使い物にならなかった。


シャワーは明日に回して目覚ましを9時にセット。

本当は7時に起きたかったけど、4時とかだったのでちょっとでも長く寝たかったため。


カジノバスは午前中ぐらいならあるだろう、とタカをくくってそのまま就寝する。





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

11月22日(日)その2 ~ 買春旅行者のちょっとした冒険の開始

8時40分頃、目覚ましにも頼らず起床。
シャワーを浴びてからノロノロと朝食を取りに外へ。

屋台が出ていて美味そうな匂いがするのでそこでお買い上げ。
2015年11月バンコクスカイホテル近くの朝食

タイ料理は分からないけどシーフードとガパオ(?)なのかな?

作っていた料理を指差して「これと一緒のもの」のいつもの注文の仕方。
普通に美味かったので今後はコレは食べれると判定。


ついでにコンビニでバスの中でポリポリかじるためのピーナッツを買い、
後はポイペトはタイ・カンボジア国境なのでスマホも使えるだろうと思い、
どうせ使うならと追加で100バーツをチャージしておく。

部屋に戻ってカンボジアに持って行く用の荷物と、
預かってもらうようの荷物に仕分けする。


10時ぐらいにチェックアウト。

このホテルはagodaでは四ツ星ホテル。
当初の目論見はここで荷物の大半を預かってもらって、
明後日にもう一度取りに戻る予定だった。

フロントに荷物を明後日まで預かって欲しいことを伝えると、
無情にも今日だけしか預かれないとの返答。

重たいスーツケースを持って移動することにうんざりしながら、
ホテルの外のATMでキャッシングしようにも、
引き出せる金額の上限は10,000バーツの表示。

40,000バーツキャッシングするつもりだったので、
手数料を4回払うのがもったいないのでここでは出金せず。

近所のコンビニで試すとここは上限20,000バーツ。


前はパタヤで上限金額が40,000バーツとかあったと思ったけど、
どこのATMか覚えていないのでここで出金。

手数料は180バーツから200バーツに値上がりしてやがる・・・orz

キャッシング派の自分には辛いけどやむなし。


実弾も手にして準備が完了したのでルンピニー公園に向かって移動開始。

荷物が少ないならBTSかMRTで行くけど、スーツケースがあるのでタクシーで。
最初の一台目はルンピニー公園と聞くと乗車拒否w

二台目は乗れたけどメーターで走り出したと思うと「200バーツ」と言いやがる。

バンコクの土地勘がない自分でも、それは不当に高いと分かるので拒否。
降ろしてくれと言うと「オーケー、オーケー」と言うのでそのまま乗車。

また途中で今度は「100バーツ」と言ってきて、もう面倒なのでそれでいいと伝える。


ものの10分も走らずルンピニー公園着。

どこからカジノバスが出ているか知らないけど、HSBCが向かいにあると事前に教えてもらっていた。

うん、はるか遠くにそのビルが見えるねw

※ここに写真を入れるつもりだった、そしていつものように撮影忘れw


歩くこと10分少々、ようやくそれらしき場所に着いたのは10時40分ぐらい。
バス待ちの人は明らかに庶民だけで、これからカジノに行く感じの乗客はゼロ。


はい、カジノバスの出発は終わった様子です(・∀・)



そもそも深夜1時過ぎの到着便で、カジノバスに乗るのは少し無理があった様子。
なんやかんやで寝るのは4時ぐらいだろうから早朝に起きるのはキツイw


この時はどれにしようか一服しながら考えていた。

①バンコクに1泊、宿はシーロム界隈にする。ついでに荷物は空港へ預けておく。
②もうポイペト行くこと自体を中止してからパタヤへ。
③どんな手段を使っても本日中にポイペトへ向かう。


最初は①にするつつもりで実際にシーロムに向かって歩いたけど、
バンコクにもう1泊するとポイペトは1泊となる。
(11月25日にはパタヤにいたかった、何とでも言ってくださいw)

初めて行く街なのに1泊なんてもったいなさ過ぎる。
2泊にすることもできるけど、それだと25日にポイペトからパタヤ移動の強行軍になる。

②はせっかくビザを取得したので却下。

ということで③にすることにする。


こうしてバンコクとパタヤのナイトスポットを少し知っている程度、
タイ国内の地理もよく分かっていない旅行者の無謀な移動が開始される。




1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

11月22日(日)その3 ~ バスに乗るまでは簡単

知らない国や街に行くことに慣れている人や、
タイ国内旅行の経験が豊富な人、
はまたまバックパッカー経験がある人ならなんてない。

Litchiみたいに同じ街ばっか行っている人間にとって、
ほぼ予備知識がない状態での移動は思ったよりストレス。


それでも現在はインターネットという強い武器がある。

バスで向かうので最初はエカマイのバスターミナルに行こうと思ったけど、
ネットで調べるとエカマイからならサケオってとこで乗り継ぎになるらしい。

モーチットまで行けばタイ側の国境の街、アラヤンプラテートまで行ける様子。

所要時間は4時間ぐらいっぽいのでそれにすることに。


そうと決まればタクシーでモーチットのバスターミナルへ移動。
2105年11月モーチットバスターミナル


ルンピニー公園からは高速代50バーツ込で165バーツ。


どこでチケット買うのか分からないのでキョロキョロしていると、
係員の男性に聞かれるので「ポイペト!ポイペト!」と、
キ○ガイのように連呼してみるw

「中の○○番(番号失念)に行きな」とのことで、
中の○○番で同じように「ポイペト!ポイペト!」とキ○(以下略
2105年11月モーチットバスターミナル最初の窓口


ここは予約するブースらしくて、「今乗りたいなら30番窓口だよ」とのこと。


30番では真面目に「アラヤンプラテートまで行きたいんだけど」と伝えて、
無事に12時発のチケットを209バーツでお買い上げ。
2105年11月モーチットバスターミナル購入窓口

チケットはこんな感じ。
2105年11月アランヤプラテート行きチケット


外に出て右に進んだ119番乗り場と教えてもらったので、
バスの中で食べるためにサンドイッチとコーラを購入。

この時11時45分、出発は12時なのでちゃんとしたものを食べる時間がなかった。

いくらケチでも長距離移動の時ぐらいはまともなものを食べるw


乗り場に行ってバスに乗り込む前にまずは一服。

バスは待機しており乗客も乗り込んでいるけど、
その数は10人にも満たないぐらい。
2105年11月アランヤプラテート行きのバス


座席番号とかないので適当に座って出発まで座っておく。
2015年11月アランヤプラテート行きバス車内


バス自体は路線バスなので快適には程遠い仕様。
まあ、舐めた態度でポイペト行きへ備えた自分への罰だと甘んじて受け入れる。

ポイペト行くとブログに書いたら、カジノブログを書いているkuniさんから、
ポイペトのことをまとめた内容をメールでいただきました。

【kuniさんのブログ】
人生楽しんだモン勝ち

そのメール(A4用紙2枚)を印刷しただけがポイペト行きの準備というw


バスに乗り込み、ローカルだらけの乗客の中、大人しく座って出発を待ってみる。




1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行