2016年4月時点でのパタヤお勧めホテル

しつこいぐらい書いているけどLitchiは保守的な性格。
旅行に行く国や街、食事やおねーちゃん等々なんでもリピートタイプ。

なのでホテルも基本はリピートを繰り返すと。


自分の今の主戦場はパタヤに移動したので、パタヤでどこをのホテルを使っているかを書いてみた。

【事前のお断り】
当たり前ですけどその人の趣味嗜好や経済レベル、
また遊び方によっても好みのホテルって色々とあります。

あくまで自分の好みのホテルということで。



では自分好みのホテルをさくっとピックアップ。
一応、全部宿泊したことがあるホテルです。


取りあえず5項目を5点満点で評価してみたけど、こんなのは主観もいいとこだし、
対応(従業員の)なんてその日のシフトによって従業員も違うし、
そもそも価格に応じた評価なので本当に参考程度で。

どのホテルもジョイナーフィーは無料。

■エイプリルスイーツ
場所:★★★
価格:★★★★★
清潔:★★★★
設備:★★★★
対応:★★
2016年4月ホテル紹介エイプリル部屋      2016年4月ホテル紹介エイプリル浴室


ド定番ですな。

実際、今までで一番利用しているホテル。
でもなぜだかこのホテルに泊まると女の子と揉めるジンクスがあるので、
最近は意識的に避けているww

agodaで検索するとかなりの確率で最初のページに表示される。
なので日本が休みの時期には意外と早くに売り切れになることも。

後は結構なオーバーブッキングンをしているのか、
かなりの確率で近隣のマーチホテルへ振り替えを案内される。
「アップグレード」の言葉通り、マーチホテルの方が新しいので、
抵抗がない人はマーチホテルへの振り替えもありかと。
(マーチホテルならバスタブもあるし)


【場所】★★★
場所はセカンドロード沿いなのはいいにしても、セントラルロードより北に位置している。
なのでウォーキングストリートまで行くにはモタサイを使うか、
ソンテウに乗るならビーチロードまで移動する必要がある。

初めてのパタヤならビーチロード沿いで、かつウォーキングストリート近辺がいいと思う。

なのでパタヤ2回目以降でちょっと慣れた時がいいかも?
(実際、自分もパタヤ2回目で利用してから気に入った)


【価格】★★★★★
予約する時期や宿泊する時期、それから為替レートによって違うけど、
概ね3,000円台の後半から4,000円台の前半。
この部屋でこの価格なので★を5つにしてみた(・∀・)


【清潔】★★★★
2011年築だけどまだまだ清潔な部類だと思う。


【設備】★★★★
でっかいスーツケースを広げても余裕がある。
ホテルサイトによると28㎡だからこの価格でこの広さは十分。
毎日無料の水2本の補充有、ミニバーはないけど冷蔵庫はでっかいのがある。
ドライヤーもセイフティボックスもあるので必要なものは何でも揃っている。
バスタブはないけど自分はバスタブ不要派なので特に問題なし。

wifiは無料でサクサクとつながる方。


【対応】★★
前はどの従業員もフレンドリーで心地好く滞在できたけど、
直近ではタイとは思えないほど無愛想な従業員も増えた感覚。

まあ、中国に比べたらそれでもフレンドリーだけどねw

嬢を連れ込む際のIDチェック有り。


予約するならこちらからどうぞー(・∀・)








■247ホテル
場所:★★★★★
価格:★★★★
清潔:★★★★★
設備:★★★★
対応:★★★★
2016年4月ホテル紹介247ホテル部屋       2016年4月ホテル紹介247ホテル浴室


今年の1月に現地で予約して宿泊したら気に入ったホテル。
ハニーイン、Hブティックホテルと同じグループだけど、
グループの中ではLitchi的にはこのホテルが一押し。

まだ3泊しかしたことない。
今はパタヤを予約するなら真っ先にこのホテルの価格をチェックしている。

ここが空いてなければハニーインとHブティックをチェックする感じ。
(どちらも247ホテルより1000円ぐらい安い感覚)


【場所】★★★★★
結局、ある程度安くあげようと思うとソイブッカオ近辺に落ち着いてしまった。
そのブッカオ近くのソイハニーに位置しており、マッサージパーラーのハニーイン1の裏手。

LKメトロまでは徒歩5分弱。
ウォーキングストリートまではソンテウ利用で15分弱ぐらいかなー?
ブッカオ近辺なので何をするにも便利な場所。


【価格】★★★★
若干だけエイプリルスイーツより高い感覚。
4,000円を下回ることはなく5,000円に届かないぐらいかなー?


【清潔】★★★★★
ハニーグループ(?)の中では一番新しいホテルらしくて、
他のホテルでは見かけたゴキブリもここでは見かけなかった。


【設備】
広さは23㎡とのことでちょっと手狭だけどまあまあ。
鍵がカードタイプで鍵とは別にエレクトリックカードもあるので、
外出してから部屋に戻ってもエアコン効いてて快適。
無料の水は毎日2本補充や冷蔵庫、セーフティーボックス等一通り揃っている。
バスタブは当然のごとくないけど問題なしと。

wifiは無料でサクサクとつながった。


【対応】
タイ標準の対応イコール十分なホスピタリティ。
接した従業員はどの人も笑顔で丁寧だったので非常に満足。
最初、禁煙部屋だったけど喫煙を希望したらキチンと対応もしてくれた。

嬢を連れ込む際のIDチェックはあるけど、無視って部屋に行くことも可能。


予約するならこちらからどうぞー(・∀・)








■サイアムデザインホテル
場所:★★★
価格:★★★
清潔:★★★★★
設備:★★★★★
対応:★★★★★
2016年4月ホテル紹介サイアム部屋       2016年4月ホテル紹介サイアム浴室


予算的にオーバーするので、あんまり宿泊することはないけど、
ロイクラトンとかパタヤ最終日を〆る時に利用している。



【場所】★★★
ノースパタヤに位置するのでウォーキングストリート派には若干不便。
ソンテウ使っても軽く10分以上かかるし、夕方以降の渋滞にはまるともっと時間がかかる。
ドリンキングストリートは徒歩圏内だからそこは二重丸。
後は近辺にマッサージパーラーも複数有り。

ビッグCが向かいにあるから買い物や食事はそこで済ませられる。

ただ嬢を連れ込む宿泊客は少ないので目立つこと請け合いw


【価格】★★★
8,000円から10,000円ぐらいかな。
予約時期が遅ければ10,000円オーバーとなることもあり。


【清潔】★★★★★
2013年が築年なのでまだまだ清潔で快適。
本当、快適に過ごせた。


【設備】
部屋の広さは30㎡らしい。
こんだけ広ければ解放感もあってリゾート気分も満喫できる。
セーフティーボックスとかそんなのは、この価格ならあって当たり前なので割愛。

お勧めはルーフトップにあるプール。
パタヤ市内が一望できて、昼間も夜もここの景観はお勧め。
2016年4月ホテル紹介サイアム屋上昼間       2016年4月ホテル紹介サイアム屋上夜間


wifiは言及するまでもないけど、ここのwifiは部屋番号がIDで名字がパスワード。
ということで1月にはマドカちゃんに本名がバレてしまったw


【対応】
当然みなさん笑顔で素晴らしい。
接した従業員の英語もタイ語訛りが比較的少ない英語で聞き取りやすい。

嬢を連れ込む際のIDチェックはなし。


予約するならこちらからどうぞー(・∀・)





このポスト書くのに写真探したりで2時間はかかったよー。
なのであっちこっちクリックしてくれたら嬉しいです(・∀・)





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterボタン



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

パタヤのコンドミニアムを旅行で使ってみる

このポストは大分前に書いたけどお蔵入りにしたポストです。
2017年3月現在、ここのコンドミニアムは多分どのサイトでも予約できません。

せっかく書いたから気まぐれで公開するだけです。



現時点でポストにしたコンドの代替として以下のコンドを候補にしてますけど、
馴染みの女の子がいない状態なので泊まるかどうかは未定。


【候補】
Central Avenue Studio by Mypattayastay

ブッキングコムで検索するとでてきます。





ということで、以下からお蔵入りにした内容。





Litchiの定宿は以前ポストにした通り。

2016年4月時点でのパタヤお勧めホテル


くだらない旅行記や、どうでもいいクレジットカードのことばかり垂れ流しているけど、
まあたまには少しでも役立つ情報(?)でもポストにしてみようかと。


4月のソンクランに行った時に泊まったのはコンドミニアム。
これが思いのほか良かったので5月もそこにした次第。


このコンドミニアムは自力で見つけたわけじゃなくて、
パタヤ千夜一夜様のブログで読んだので偉そうには書けないw

まあ、実際に泊まったレポを簡単に。


セントリックシーパタヤ


agodaでも予約可能だけど自分はBooking.comで予約。

<2017年3月追記>
2016年7月はagodaで予約。
その際も鍵の受け渡しは電話で行う必要があった。


オーナーが違うのか二種類のタイプが出てくる。


■セントリック シー バイ マイ パタヤ ステイ(Centric Sea by My Pattaya Stay)
4月のソンクラン時に宿泊、何種類か部屋のタイプがあるけど4階だった。
2016年4月コンドのベットルーム


【予約】
クレジットカード払いで決済、キャンセルは直前まで可能。
メールが届いてチェックインの1時間前に電話が必要。

電話するとオーナーか、またはその部下(?)がレセプションに来て鍵の受け渡し。

6泊でデポジットが現金で5,000バーツ必要。
また電気代と水道代は別精算で、こちらは457バーツだった。

清掃料金としてチェックアウト時に別途800バーツ支払い。


チェックアウト時もチェックイン時と同様に1時間前までに電話。

チェックイン12時~19時、チェックアウト9時~11時。
(時間は相談に応じてもらえるかも?)


【設備】
wifi、セーフティーボックス、液晶テレビ、洗濯機、電子レンジ有り。
キッチン用品も揃っていて自炊も可能。
2016年4月コンドのキッチン



【予約時の事前注意文言】
客室料金に電気と水道の使用料金は含まれていません。チェックアウト時に宿泊施設で直接お支払いください。

客室料金に必須の清掃料は含まれていません。料金は1ベッドルームアパートメントが1000バーツ(THB)、2ベッドルームアパートメントが1700バーツです。

清掃は、チェックアウト時のみ行っています。滞在中の追加の清掃は客室料金に含まれていません。希望する場合は、追加料金を宿泊施設で直接お支払いください。

19:00以降にチェックイン予定の場合は、必ず宿泊施設へメールまたは電話でご連絡ください。
到着予定時刻をCentric Sea by MyPattayaStayに事前に連絡してください。
到着時に5000THBのデポジットの支払いが必要です。客室に破損等がないことを確認した上でこの金額はチェックアウト時に全て返金されます。




■セントリック シー パタヤ バイ パタヤ レッティングス(Centric Sea Pattaya by Pattaya Lettings)
5月に宿泊、こちらの方がステイより部屋の種類が多い、24階に宿泊。
2016年5月パタヤのコンドのベット

リビングの様子。
2016年5月パタヤのコンドのリビング


【予約】
キャンセルは宿泊日の一ヶ月前まで、クレジットカード払い不可。
支払いは銀行振り込みかペイパルのみだったので、自分はペイパルで支払い。

メールが届いてチェックインの1時間前に電話が必要。

電話するとオーナーがレセプションに来て鍵の受け渡し。

5泊でデポジットが現金で4,000バーツ必要。
電気代と水道代は部屋代に含まれている、

清掃料金も不要。

チェックアウト時もチェックイン時と同様に1時間前までに電話。

チェックイン14時~24時、チェックアウト7時~12時。
(時間は相談に応じてもらえるかも?)


【設備】
液晶テレビ、冷蔵庫有り。
電子レンジは壊れていて滞在中は使えなかった。

wifi、セーフティーボックスともなし。

オーナーいわく新しい部屋だからwifiが間に合わなかったとのこと。
2016年5月パタヤのコンドのキッチン




【予約時の事前注意文言】
到着予定時刻をCentric Sea Pattaya by Pattaya Lettingsに事前に連絡してください。
到着時に4000THBのデポジットの支払いが必要です。客室に破損等がないことを確認した上でこの金額はチェックアウト時に全て返金されます。
銀行振込による前払いが必要です。予約後に、宿泊施設より銀行振込の方法について連絡があります。




【総評】
どちらもチェックイン、チェックアウトの時に電話が必要なのでそれは煩わしい。

支払いはステイは現金払いっぽく見えるけどカードで決済された。

レッティングスは支払いが意外に面倒だった。
銀行振込は海外送金だし、ペイパルのアカウントとか持ってなかったので。

それと鍵の受け渡しの際に現金で4,000~5,000THBはデポジットで必要。


予約時はステイの方が安い傾向にあるけど、清掃料金や電気代が別途かかるので、
トータルの支払い金額はどっこいどっこいの感覚。


部屋の設備的にはステイだったけど、レッティングもぼちぼち充実させているかな?
でもキッチンはステイの方が充実していて、馴染みの女の子もそれは言っていた。


どちらも部屋の清掃とかないのでバタフライ派は気を使うのが難点かw


料理作ってくれたりしてもらえるし、部屋自体は新しいので非常に快適。
マドカちゃんもかなり気に入った様子で、ホテルよりこっちがいいの弁。

公式の写真を見れば分かるけど屋上のプールとかなかなかのもの。


1泊5,000円程度の時ならここはかなりコスパいいと思う。

3泊程度ならホテルの方がいいけど、1週間以上滞在するならこっちかなー?



ということで、珍しく情報発信とかしてみました(・∀・)











Twitterボタン






テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行