FC2ブログ

2018年11月 ~ 旅行の背景

この旅行は全く予定していなくて、本当に急遽決めた旅行だった。
背景にあったのは9月最終日に会ったマッサージ屋の嬢。

20歳と若くてかなり可愛い。

普通に健全なオイルマッサージを1時間ほど受けて終了したけど、
連れ出しができる店のはず(予想)だから、何とか連れ出したい。

2019年の1月まで待っても良かったけど、
いついなくなるか分からないからなー。


ということで9月の下旬に早速画策。

11月の勤労感謝の日近辺でチケットを探すも、
エアアジアで9万円ぐらいと高騰している。

最初はその前の週にしようと思ったけど、それだといつもの3泊になる。

ない頭を絞って取った手段はたまにやる国外経由。

ふるさと納税でピーチポイントを取得してから、
海外まではピーチで飛んでそこからを別予約。

早速、韓国経由と台湾経由で調べてみた(値段は現地からタイの金額)


■韓国経由
エアアジアで35,000円ほど。

■台湾経由
タイ航空で32,000円ほど。


こうなると台湾一択ですわね。


そうと決まれば速攻でふるさと納税からのエア予約。


後は家族へは事前にこんな感じで言っておいた。

「CEEさんっているじゃん」
「彼が一緒に台湾か韓国に行かないってうるさくて」
「ちょっと行って来るね」



ちなみにCEEさんに対するウチの嫁の心証は最悪ですw



ちょいちょい言い訳に使わせてもらっているから、
会ったこともないのに、既婚者を旅行に誘う常識知らずになっているw



ホテルも同時に探していたけど、ハイシーズンに入る時期だし、
あんまりいいところがそれなりの値段でなかったので、
途中で面倒くさくなってきていつものホテルに決定。


旅程としてはこうなった。


■エア
11月21日(水)
MM859 05:50羽田~08:55台北
TG633 13:55台北~16:50バンコク

11月25日(日)
TG632 08:15バンコク~12:45台北
MM860 21:00台北~00:55羽田


ピーチ 40,680円(5,960円)  
TG   31,255円

合計 37,215円


ふるさと納税を活用してピーチのエア代を()内に抑えれたのが大きかった。

往路はともかく復路の乗り継ぎ時間が長いのは嫌だったけど、
これ以外に乗り継ぎがいい便がなかったのでやむを得ずの選択。


■ホテル
マーチホテル(4泊)

自分的にド定番のホテル。

ほぼここに滞在することが多いので楽だけど、
その分マンネリ感は否めず。

まあLitchiさんはホテルもバタフライしないということでw


4泊14,032円だったけど、ここもアゴダのポイント利用で5,000円弱を浮かせ、
最終的な負担金額は9,163円とこの時期にしては納得の価格を実現。




これ以外に悩んだのは羽田空港への往復をどうしようかと。
出発時も帰国時も公共交通機関が動いていない時間帯。

正確にはバスがあるけど、そもそもそのバス発着地まで行くのに苦労する。


最初は空港野宿も考えたけど、40歳越えたオッサンにとって、
ベンチで寝るとか苦行以外の何物でもないw

ホテルもたかだか6時間滞在にそれなりの金額出すのもなー。


帰国時は嫁に迎えに来させることで話しをつけて、
出発時は平和島温泉を活用することにした。

その名の通り京急線の平和島駅近くにある温泉施設で、
深夜3:00に羽田空港行きのバスを運行している。

お値段は3,500円とまあ許容できる範囲内。

ただ結局は往路も嫁が空港まで送ってくれることになって、
調べるだけ調べて結局使わなかった。


嬢関係のやり取りは後日に譲ることにして、
次はいつもの登場人物紹介といきまーす。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

2018年11月パタヤ ~ 登場人物紹介

この登場人物って毎回何で書いているの?と思われるかもですけど、
こんなブログでも極少数だけど初めて読む方がいるでしょうから、
その方々に向けてのものになります(・∀・)

ということでマンネリな書き方の言い訳をしたところで、
今回お会いした方々と嬢を簡単にご紹介。


【女性編】

■ヒラメ
このブログの常連さん。

とあるお方に「Litchiさんのブログにマドカとヒラメは欠かせません!」
と言われるぐらいほぼ毎回会っているな。

今年も短い日数とはいえ、訪タイ6回のうち5回は会っている。

一応の本職は健全を装ったマッサージ屋勤務だけど、
フリーランス的な感じで売春も行っている。

自分は去年(2017年)の7月に、ディスコで声をかけて知り合った。

年齢は三十路を越えたBBAだけど、そうは見えない容貌と、
かなりのエロさによってリピートを止められない嬢。

後は声がかなり可愛くて何かを断る時の「ノォォ~~」って言うところは、
録音してアップしたいぐらいだw

代わりに性格がキツクて泡沫カスタマーに対しては、
頻繁なブッキング破棄を繰り返すタイプ。



■ホッパーちゃん
このお嬢さんが今回の訪タイを決めたきっかけ。

微妙なマッサージを1時間受けただけの相手のために、
お前よく訪タイ決めるよなって?

Litchiさんはそういう人ですw

年齢は20歳そこそこで、特筆すべきは顔面偏差値の高さ。
いや、自分の中では過去1位か2位を争うレベルなんですわ。


あだ名の由来は日本での嬢とのやり取りのポストででも。



■マドカちゃん
説明不要なこのブログの元2代目ヒロイン。
年齢は28歳とそろそろ夜嬢としてはやばい領域に突入。

でも自分が知っている限りでは、今が一番稼げている様子。

体を売ることから1年以上遠ざかっていて、
本格復帰は今年の3月ぐらいから。

最初は試行錯誤していた様子だけどターゲットを中国人と、
日本人(駐在さん)メインにすることで安定した様子。

見てくれはカワイイ部類だから、ようやく花開いた感じ。

性格は塩とかそういうのを通り越している。
人としておかしい言動を何度も繰り返してくれましたわw


それでも今回、連絡を取った理由は以下をしたかったから。

「マドカちゃんとロイをクラトンなう」ってツイートw


そんな遊び心を出すもんじゃないと、今回も思い知らされた(´・ω・`)




【男性編】

■Litchi(ライチ)
1時間、ほぼ健全なオイルマッサージをしてくれた嬢に再度会うため、
訪タイ決めてしまうような頭のネジがちょっと緩い人。

加齢臭漂う、人の目を見て話しが出来ないコミュ障気味のオッサンです。

過去は一穴主義が長かったけど、今年からはバタフライ傾向。
といっても毎回違う嬢ではなくて、複数の嬢と長く継続を願うタイプ。

大体、色々なズッコケがあってそれは叶わないけどww



■TMさん
今年入って初めてお会いしたブロガーさん。

有料化以前のブログをご覧いただいた方はご存知の通り、
もうはっちゃけ過ぎな内容でとても真似できないw

立ち振る舞いは、油ギッシュな買春ジジイな自分とは正反対に位置する。


ブロガーさんとお会いして何が楽しいって、
一緒に遊んだ出来事をブログにした時。

古くはマカオでブロガー3人で遊んだ時や、
CEEさんがブログ書いていた時とか。

「へー、こんな風に書くんだ」ってニヤニヤしながら読むのも楽しい。


そしていつも私から勝手に押しかけて、酒だけ飲んでトンズラしているw

そのうちまとめて請求して下さいな(・∀・)



■Waenさん
ツイッターつながりだと思っていたら、このブログの読者さんだった。
いや、ツイッターはフォローしていてもブログは読まない方が多数。

だって面識ある方でも、かなりの数の人がブログとか読んでないもんw

実はタイでお会いするのは2回目だけど、
Waenさんは覚えていなかった。

まあ前回はちょろっと挨拶しただけだからねぇ。

タイに行くと刑務官の元で監獄生活を送るという、
普通の旅行者がやらないことをやっているお方。

なので今回は刑務作業の様子を、2日ほど観察しに行ってみた(・∀・)






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

2018年11月パタヤ ~ 日本でのやり取り

普段は日本でのブッキングのやり取りとかは、旅行記本文に紛れ込ますか、
旅行の背景とか人物紹介で済ませているけど、
今回は旅行の目的が直前で崩壊したのでポストにしてみた。

しかし旅行記に入るまでに3つもポストを挟むとか、
相変わらずとんだウンコブログですなwww


■ホッパーちゃん
一応は健全を装ったマッサージ屋で見つけた嬢。
とにかくそのルックスを一発で気に入った。

軽く玉裏タッチとかあったのに、なぜかオプションのお誘いはなし。

帰国してからFacebookを見ていたら、こりゃ客取ってるなと推測できた。
なら金銭前提のブンブンは問題なくいけるだろうと。

後はどうやって現地で交渉するかとかをイメトレw


日本では特にやり取りをせず。

だって1時間オイルマッサージを受けた客から、
頻繁に連絡されても困るだろうとw

訪タイの1週間前ぐらいからの連絡でいいかなと。


で、訪タイを伝えて前と同じ店で働いているのか聞いた時のこと。

「パタヤ着いたら教えて」
「新しい仕事を始めていると思うから」

「何の仕事なの?」
「来たら教えてあげるよ」
「えー、教えてよ」
「ボディマッサージだよ」


訪タイ直前で、まさかのマッサージパーラーへ転職ですわw



マッサージ屋でチンコ握られながらの交渉を楽しみにしていたのに、
この転職を聞いたらぶっちゃけテンションだだ下がり。

自分はタイではブンブンもそりゃあ大事だけど、
その前後のシチュエーションも楽しみたいタイプ。

行って部屋に入って、やるだけになるのかと考えたら萎え萎えですわ!


それでも気を取り直して顔面レベルが高いことと、
パタヤで初めてのマッサージパーラーを楽しむことにした。

ついでにこのブログではショブホッパーから、
ホッパーちゃんにすることにした(・∀・)




■ヒラメ
もうここ数回は、まともに訪タイ日程を伝えていないw
行って適当に連絡して相手の都合がつくと部屋に来る感じ。

どうせブッキングしても破棄されるからねぇ。

4月のようにタイミングが合わなくて会えないこともあるけど、
それはそれで仕方がないかなと。

というか日本でもこんなやり取りだったし。

「来週パタヤ行くよ」
「OK」
「ロイクラントは時間ある?」
「OK」
「大丈夫なら会いたいけどいい?」
「OK」

適当に答えているだけだろwww



なのでいつものように現地でいいかなと。



■マドカちゃん
いつものようにお互いにブロックして数ヶ月経過。

彼女の電話番号は知っているから登録していたけど、
その関係でWe chatの友達検索機能で浮上してきた。

その事実を知ったのは10月ぐらい。

そしてですね、11月はマドカちゃんの誕生月なわけですよ。

なんだかんだ言っても馴染み嬢筆頭だったから、
ちょっとした誕生日プレゼントぐらいはいいかなと。

それとロイクラトン当日に一緒にいるには最適な嬢。

ロイクラトンと後もう1回ちょっと会えればいいなと思っていた。
前と違ってずっとべったりは、こちらも求めてないし。


誕生月とロイクラトンがあるので、We chat経由で連絡してみた。


最初はケンカに近い状態だったけど、
そこは長年の付き合いでやがて普通の会話に。
(初めて会ったのは2015年2月)

ただ、その後は特に会話も発展することがないので、
今回は会うのは止めておいた方がいいかなと感じた。

具体的にいうと家賃ガジって逃げた4月と同じように、
今回はやばいぞセンサーがギンギンに反応していたw

本気で会うつもりなら日時をきちんとブッキングして、
相手の要求を確認して約定するのが一番。

ただそこまでするほどじゃないので、日本では特に約束せず。



■もう一人のマッサージ嬢
9月に抑えておいたもう一人のマッサージ嬢。
スタイル抜群でゴゴでも十分通用するレベル。

ただ雰囲気的には連れ出せそうな雰囲気は皆無。

実証しないと分からないし、とりあえずチャレンジするかと連絡。

「来週からパタヤに行くけど」
「前と同じ店で働いている?」

「Me in Phuket」


(´°ω°)チーン 終了



こんな感じで直前に色々と事態が変わりながら臨んだ訪タイだった。






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

11月21日(水)その1 ~ 台北経由曼谷行

フライトは5時50分とかだから、4時には空港に行っておきたい。
そうなると起きたのは2時とか2時30分とか。

当然、前日は21時ぐらいから飲み始めて、
いつ寝たのかも覚えてないぐらいだった。

酒臭い息を吐きながらチェックインカウンターへ。
2018年11月パタヤピーチ看板


出国してからは免税タバコを購入。

その後はクレジットカードで入れるラウンジにしけこんで、
無料のアイスコーヒーをがぶ飲みして意識を覚醒させる。
2018年11月パタヤラウンジ看板


多分だけど本とか読んでいたような・・・


搭乗時刻が迫ってきたのでゲートに移動。

今回も座席指定をしていなかったけど、
座席は窓際のA列だったのでまだましかな。


定刻通りに離陸して台湾は桃園空港に到着したのはこの時間。
2018年11月パタヤ桃園空港到着時刻


イミグレはかなり混雑していて通り抜けるのに1時間近くかかった。

乗り継ぎ時間に余裕があったから良かったようなものの、
2時間乗り継ぎとかだったらきつかっただろうなー。


入国時にホテル欄をトランスファーって書いておいたら、
出国するチケットを見せろとのご指摘。

スマホのメールからタイ航空の旅程を見せると、
便名とかを書き込んでいたなー。

後、入国の時には両手の人差し指の指紋をスキャナで読み取り。
台湾に来るの2年ぶりだけど、入国審査は変わっていた。

当初から往路は空港から移動するつもりはなかった。
荷物持って移動するのもだるかったし。

なので地下に行って海外で食べるラーメンを味わったり、
2018年11月パタヤ桃園空港ラーメン


無駄に出発階に行って可愛いスタバの小姐を眺めながら、
コーヒー飲んだりしていた。
2018年11月パタヤ桃園空港スタバ


後、弱ったのが空港のwifiがお話しにならないレベルだったこと。
ろくすっぽネットが使えずに苦労しましたわ!


ちなみに地下鉄の駅のそばまで行ってから、
そこのフリーwifiにつなぐのが一番だと知ったのは、
帰国する時の搭乗4時間前のことだったw


まあケチってこんな予定を組んだのは自分だし仕方なし。


いい時間になったので出発階に移動してから、
保安検査を通過してからイミグレへ。

出国時は外国人も無人の自動ゲートになっていて、
パスポートと両手の人差し指をスキャンするタイプ。

世の中、こうやって自動化が進んでいくんだねぇ。


桃園空港の自分的に困るところは、制限エリア内の喫煙所。
1ヶ所しかないからその近くに張り付いていましたw

不当に高いコーヒーを飲みながらやがて搭乗時刻。


機内は当然だけどほぼ台湾人。
後はちょこっとタイ人がいたぐらいかな?

機材はB787で快適快適♪

機材エンターティメントは当たり前だけど字幕が中国語なのでパス。
ひたすら読書をして時間を潰していた。

台北-バンコク線の機内食、普通に食べれた。
2018年11月パタヤ往路機内食


タッチダウンは16時35分と15分の早着。
イミグレも混雑なくほぼ並ぶことなく突破。

預けていた荷物もないので速攻でパタヤへゴー!
とはならなかったのが今回の旅行。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

11月21日(水)その2 ~ 使者として(パクリ)

入国後、一服してから向かった先は地下の両替屋。

一番手前の左に人が多くてレートは2910。
手前右のバリュープラスが2915で、その隣のカシコン銀行が2916。

とりあえずカシコンで40,000円ほど両替。
2018年11月パタヤ両替レシート


その足でARL(エアポートレイルリンク)に乗車。
普段はパタヤに直行だから何年ぶりか分からないぐらい。

アソークにあるターミナル21にて所用があったけど、
所用の先がナナプラザ近くにいるとのことで、
BTSにてナナプラザ近くに行ったのは19時過ぎ。

無事に使者としての役目は終了。


しょうもない買春旅行だけど、少しは他人(ヒト)様のお役に立てて満足。


後はBTSまでエカマイ駅に移動してから、
コンビニで軽食と水を買い込みバスチケット購入。
2018年11月パタヤ往路バス看板


速攻で軽食をやっつけてから、20時20分発のバスにて今度こそパタヤへゴー!
2018年11月パタヤ往路バス出発


バス代は108バーツとしれたものなので、2席買っても216バーツ。

隣に人が来ないようにするならこの手を取るってのを知ったけど、
まあ普段は大丈夫だからいいかと今回も1席だけ購入。

これが凶と出た。

隣に来たのはインド人。


自分がされたら嫌だから人種的偏見は持たないように心がけているけど、
今回でかなりインド人が嫌いになった。

まずはこちらのスペースを侵略してくるので、
空間を確保するためにひたすら鍔迫り合い。

後はゴメンだけど体臭。

いや、Litchiさんかなり鼻が悪いんですわ。
だから少々の匂いは大丈夫なんだけど、その自分が耐えられない匂い。
これもまあそのうち慣れたからまだ許容。

一番勘弁して欲しかったのはスマホ2台を駆使して、
あっちこっちに延々と電話を横でされること。

文化とマナーが違うとはいえ限度ってものが・・・


次から絶対2席購入することを自分に課して、
カレーを呪いながらやがてパタヤに到着する。


パタヤ到着は22時40分と想定より20分ほど遅かった。
着いたのはお馴染みのノースバスターミナル。
2018年11月パタヤ往路バス到着



隣で延々と電話をされ寝れなくて退屈だったので、
ホッパーちゃんに何となくバスの中で連絡を入れていた。

ところが彼女の英語の書き言葉はかなり難しい。


「今日は仕事なの?」
「何で?」
「もし仕事しているなら店に行こうかと」
「明日」
「Youcan go wish me(原文ママ)」


タイに旅行に来始めた当初は理解に苦しんだけど、
さすがにこれぐらいは推測できるようになったw

会えるよって意味だろうと。

次からが困りだした。

「I don work」

普通に考えればdon'tがdonだろうけど、
いかんせん彼女とのやり取りの経験値が少ないので判断不能。

とにかくぼーっとした頭でやり取りを少ししたけど、
ちょっと意味が分からなくなってきたので、
「明日会おうね」で打ち切った。


いや、この時はMPで会う発想しかなかったもので。


そしたらパタヤに着いた直後に「どこにいるの?」と連絡。
ターミナルの写真を送ると「どこに行くの?」ときたもんだ。

ダメもとで今日はクラブ行くことを伝えて、
一緒に行けるか聞くといいよとの答え。

ひゃっはっー!!


そうと決まればちんたらソンテウで移動とかせずに、
贅沢にもモタサイ乗ってばびゅーんと移動ですわ!


どうでもいいけど、ポストのタイトルはある著名な本の、
とある章のパクリですw

いいタイトルが思いつかなかった。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行