マカオの魅力

マカオの魅力は色々とあります。

【カジノ】
日本から5時間でカジノが楽しめます。
ここ数年は米国資本のカジノの進出により、きらびやかなカジノが増加しました。

ただラスベガスとは違った雰囲気です。

中国人が95%以上を占めるので鉄火場状態。
(本当の鉄火場は知りませんがw)


後はカジノがあるので、バンコクと違って周囲への言い訳が容易なのは、かなりのメリットです。



【観光名所】
世界遺産の街なのでぶらぶら歩くだけでも楽しい街です。
西洋と東洋が混在している街並みは、自分にとって大きな魅力。



【物価】
ここ数年は物価上昇が著しいとはいえ、ホテル代を除きまだまだ物価は安いです。

350mlのコーラが30円、ビールもほぼ同じ値段。
(2012年現在)

1食500円も出せば、とりあえず腹は満たされます。



【風俗】
見た目のレベルはかなり高いです。
金額も値上がりしているとはいえ、2万円ほどでソープレベルのサービスが受けられます。

なんといっても目の前で見て選べるので、日本でありがちなパネルマジックはゼロ。

中国本土から選りすぐりの美人が集まるので、どんなに好みがうるさくても満足出来ます。

ただし小姐は日本語はもとより、英語もほぼ通じません。
数字すら英語が通じないことはしょっちゅうです。

また基本ビジネスライクで、サービス地雷を踏むことも多々あります。

それでもコストパフォーマンスがいいというのが、自分の実感かなぁ?

ブログ開設

管理人はどこにでもいるサラリーマン。
そんな偏差値50のサラリーマンが、2009年からマカオにはまりました。

既婚のリーマンが年に4回、悪戦苦闘しながらマカオ詣出を行っている記録です。