2014年5月 ~ 旅行のまとめ ~

タイに4泊(うち1泊は到着初日で深夜3時だけど)したわりに、
ブンブンした回数はなんと3回。

これに手コキ1回だから、夜遊び目的にしては少ない方かと。
通常夜遊び目的でタイに来た男性は1泊で平均2回は放出しています。
(もちろんLitchi調べで超適当ですw)

でもGOGOで一杯お酒飲めて楽しかったです。


ということで費用のまとめ。

【エア】
中国東方航空 57,300円

【ホテル】
マーメイド 14,536円
キーバンコク 2,838円(agodaポイント$25使用)
Motel168(上海) 2,769円

エアとホテルで77,443円


自分は記録魔なところがあるので、BTSの運賃も1バーツ単位で記録してますw
なのでその気になれば誤差数十バーツの出納簿を作れますが、
全くその気にならないのでざくっとした計算でお送りします。


【訪問前(前回の残金)】
3,620THB(タイバーツ) 
912RMB(人民元)

【訪問中】
10,000THBキャッシング
20,000THBキャッシング

【訪問後(残金)】
11,650THB
808RMB


タイで使用した金額は

【エロ代】
ワイルドちゃん
3,400THB(PB代金込み)

メリーのジェップさん
2,100THB

手コキ
800THB

パタヤちゃん
3,200THB

計9,500THB



【それ以外】
マッサージや食事、交通費全部で2,500THBぐらい?

3620(訪問前)+30000(キャッシング)-9500(エロ)-2500(その他)-11650(訪問後)=9970


飲み代(と思われる)9,970THB



飲みすぎですねw
というかドリングごちし過ぎですね・・・

次回はここぞ!というところでゴチするようにします。

目指せファラン様の経済観念!


タイで使用したのは21,970THB、中国は104RMB。

カード明細を参考に、1THB=3.2JPY、1RMB=16.7JPYで計算すると

タイは70,304円、中国は1,736円ですな。


エアとホテルを合算すると

149,483円(適当計算)


ゴールデンウィークにしてはそれなりに抑えれました。

次回7月において、お金の遣い方はファラン様になりますw



【補足】
ATMキャッシング結果。

旅行中両替屋は一番よくて、10,000JPY=3,040THBぐらいでした。
(きちんと調べてないので適当ですが)

1THB=3.28JPY


10,000THBと20,000THBキャッシングしましたがレートは同一。

10,000THB=31,697JPY

1THB=3.16JYP


で、帰国して10日ぐらいしてから思い出して繰上げ返済。

10,000THBに対して32,306JPYを振り込み。

1THB=3.23JPY


利息を含めてもちょっぴりだけですが海外キャッシングの方がマシでした。
(もちろん住信SBIネット銀行とか新生銀行から振り込むので手数料は無料)

でもATMだと1,000バーツ札ででてくるので、崩すのが大変なんですよねぇ。


7月は現金持参するか、海外キャッシングするか・・・

まあ多額の両替しないから、どっちゃでもいいんですがねw





テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

5月6日(火)その① ~帰国~

6:00過ぎに起床。

適当にパソコンでネットを見ながら時間潰し。
そういやホテルのWifiはIDが部屋番号で、パスワードがパスポートの下4桁とかのタイプだった。

8:30過ぎに向かいのホテルにあるマクドで朝食。
2014年5月バンコク上海で朝マック

20.50RMBなので日本と大して変わらない値段です。


早い目にチェックアウトして少しぐらい観光しようかと思ったけど、
面倒くさくなってきたので部屋で10:30までダラダラ。

チェックアウトしてからは地下鉄で空港へ、4RMBでした。
2014年5月バンコク上海ホテル近くの地下鉄駅

2014年5月バンコク上海ホテルから空港



11:30には空港、11:50には荷物も預けて身軽になるが、
搭乗は13:45からなので中途半端に時間が余る。

そのまま出国手続きをするも、保安検査の時にライターを没収。
いつもの方法は乗り継ぎの時しか通用しない様子w


出国後は職場への義理土産を購入してひたすら待機。

そういやこん時、空港のWifi使おうと思ってマカオの携帯電話で認証させようとしたら認識せず。
(電話番号を打ち込んで、SMSでパスワードを受け取る)

帰国してから4通、認証したとのSMSが届いていましたw

意味ないやん・・・


3.4RMBのクソ甘いコーヒーをコンビニで買ってひたすら待機するも、
13:45になっても搭乗は開始されず14:30の定刻前にアナウンス。

ゲートチェンジでおまけに時間は未定だとw

29番ゲートから105番ゲートに移動してからひたすら待っていると、
15:49よりいきなり搭乗開始。

まあ中国東方航空らしいっちゃらしいな。

機材はB737-800。
2014年5月バンコク上海⇒福岡の機材

空港で食事もせずにあてにしていた機内食w
2014年5月バンコク上海⇒福岡の機内食



上海~福岡間は乗ればあっという間に到着。

18:50には到着して21:00過ぎには自宅へ帰宅。


これにてゴールデンウィーク旅行は終了!





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

5月5日(月)その① ~お邪魔します上海~

パスポートコントロールは外国人レーンが少なくて一瞬混むけど、
中国人の入国が終わるとそこに割り振ってくれるのですぐに入国。

荷物をピックアップしてから税関へ向かうも、税関は超絶にやる気なしw

そういや入国前にも荷物検査があって、そっちの方がきちんとしてる感じだった。


外に出て一服した後に、一応地下鉄に向かってみるも当然最終が出た後。
22時過ぎたら地下鉄ないってどういう理由か知らないけど普通に不便じゃね?

全然人気のないところをさ迷いながらタクシー乗り場へ。
2014年5月バンコク浦東空港のがらーん

2014年5月バンコク浦東空港タクシー乗り場



普通語の発音には全く自信がないので、
タクシー乗り場にいた係員へホテルバウチャーを提示。

運転手にもバウチャー見せた後は無言で高速へ。

無茶苦茶すっ飛ばして向かった先のホテルはこれ。
2014年5月バンコク上海のホテル外観


場所は説明し辛いけど、浦東空港からタクシーで20分ほどで到着。

タクシー代は47RMBとしれてる金額。


チェックインは英語で済ませて時刻は23:00過ぎ。

食事をと思って外に出るも、ホテル向かいのマクドの看板がちょうど消える。


どこにも食事できるところがなさそうだけど、とりあえず地下鉄の駅方面に5分ほど歩くと、
24時間営業っぽいチェーン店を発見。
2014年5月バンコク上海の食堂外観


カウンターで注文するタイプだけど、メニューに番号をふってないので指差し注文。

若い小姐だったけど外国人の自分に笑顔で接してくれた。

中国人は中国語喋れないのになんで中国来るんだ?って思うタイプが多い。
このあたりはアメリカ人と一緒ですな。
(どっちの国も容赦ない早口で喋られますよねw)

味はまあ普通、これで17RMBだから300円弱の感覚。
2014年5月バンコク上海の食堂で頼んだもの

お店の名前。
2014年5月バンコク上海の食堂の名前

店内は工員服を着た20歳台の2人組の男性、一つの麺を分けて食べてるカップル、
オタクっぽい男性が一人で、工員服の男性はビールを飲みながら食事。

Lithchiが食事していたら、新しく大学生っぽいカップルが入店。

男女とも垢抜けたイケメン&美人で店内ではイチャイチャ。
工員服の男性2人は死んだ魚の目でカップルを見ていたのが印象的だった。

中国は男余りで大変だもんなぁ・・・


その後は変なコンビニで水とコーラーとプリッツ、全部で10.6RMB。


ホテルに戻りシャワーを浴びて1:00過ぎには就寝。

中国は疲れる・・・


宿泊したホテルはMOTEL168ってホテルで、中国では東横インみたいなポジションのホテル。
2500円程度だから、また乗り継ぎで1泊するなら使おうかな。
2014年5月バンコク上海のホテル部屋

2014年5月バンコク上海のホテルテレビ

2014年5月バンコク上海のホテルアメニティ

2014年5月バンコク上海のホテルバスルーム






テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

5月5日(月)その① ~さよならバンコク~

パタヤちゃんがタクシーに乗るのを見届けた後はプロンポン方面へ歩いて行く。
バカの一つ覚えでオムレツご飯とコーヒーを買いに。

ところがどちらも開いていないので、コーヒーはサブウェイで、
オムレツご飯はどっかのソイに入って適当に購入。
2014年バンコク違う店のオムごはん

サブウェイの求人広告。
2014年バンコクサブウェイの求人

パートなら時給40B~50B、フルタイムで月給10,000B~15,000Bって意味かな?
こういうの見ると夜の商売は本当実入りいいんでしょうね。

オムレツご飯が25B、アイスコーヒーが40Bだもんなぁ。
2014年バンコクホテルで違う店のオムごはん


ホテルに戻って朝食の後は、ブログのコメントへ返信した後、
ひたすらブログを書いて過ごす。

時間があればエロ按摩でも行こうかと思ったけど、
朝のパタヤちゃんとのブンブンで満足したのでパス。

12:00ギリギリにチェックアウトしてからも、
カフェで80Bのコーヒーを頼んでひたすらブログを書く。

で、ようやく「お帰りパタヤちゃん(笑)~ 前 編 ~」を公開。

その後は後編を書いてたけど、とてもタイにいる間には書ききれずに、
13:30にはスクンビットからMRTでペチャブリーへ移動。
ペチャブリーからマッカサンへ歩いて行って空港行きを乗車。

ここ最近2月、3月と続けて飛行機に乗り遅れそうになったので、
時間が読める移動手段を選択しました。

空港へは予想通り14:30頃に到着。


チェックインして荷物預け、その後の保安検査ではクツまで脱がされた。

アメリカ以外でクツまで脱いだのは初めてなのでちょいとビックリ。


出国後は適当な店に入り食事。

230Bのクラブフライドライスと120Bコーヒー、税金のっかり計385B也。
2014年バンコク空港でカニチャーハン


味は正直イマイマ、屋台で食べる物の方が美味い。


食事の後もブログの下書きしたけど間に合わないので、
残りは上海に着いてから書くことにする。

16:00、タバコを2カートン買って搭乗ゲートに向かう。
1カートン630Bだったかな?


16:50の定刻発のMU542便、機材はナローボディのA320。
2014年バンコクMU便


機内食はチキンかポークを選択、チキンにするとこんな感じでまあまあ。
2014年バンコクのバンコク⇒上海機内食


中国人だらけの割には機内は比較的静か。

文庫本を読んでいたら22:00には上海は浦東空港に到着。


地下鉄動いてらいいなぁ、と思いつつパスポートコントロールへ向かう。





テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

5月4日(日)その② ~パタヤちゃん~

パタヤちゃんと初めて会ったのは、今年2月にマカオからバンコクに舞い戻った時。

Litchiは2012年の2月に初めてタイに行った時からイマイチGOGOバーが苦手。
そして2013年の1月にローカル向けのスティサンのGOGOで、
同行者の「お前ペイバーしないの?」みたいな空気を感じて初ペイバー。
(空気を読むところはもろ日本人w)

その相手が激スレ嬢だったので、GOGOネーチャン嫌いに。

そのくだりはここに書いています。

アクセス数50ぐらいの頃だから、ほとんどの方はご存じでないかと。


で、2月に旅行準備している段階でもここに書いた通り


■ゴーゴーバー

飲むだけだと思う。
リンクさせていただいているブログはもちろん、色々なブログを見てるけど、
ペイバーしての遊びは自分には向いてない気がする。


これが自分の認識で、現地からも何度か「自分にとってのGOGOは飲むところ」と、
しつこいぐらいに書いていました。

それが酔ってなんとなーく初めて彼女をペイバーしてから、
その日以降3日連続で彼女に会って遊んだりして、
見事にLitchiのGOGOネーチャン嫌いは克服される。

ちなみにパタヤちゃんですが、全くLitchi好みの顔立ちではありませんw


紆余曲折あったけど日本からも、一応LINEでメッセージだけやり取りは継続。

まあその事実だけみても単なるカスタマーなのは承知の上。
(電話とかは一切してません、されても困るしw)

でもタイに来れば1日ぐらい時間を取ってくれるかと思いきや甘かった。
タイに来ていることを伝えても、会ってくれる素振りはなし。

こりゃダメだと思い前日(というかこの日の3:00過ぎ)、
酔った勢いで彼女へ英語で罵詈雑言を送り付けたのは、
現地実況で書いた通り。

その時に機械翻訳のタイ語で「もう二度と会えない?」って送ってました。

マッサージからホテルに戻ってきた時に彼女から返信に気がつく。
(12時間後に返信があるあたりで、Litchiの立ち位置はご理解下さいw)
日本語で一言「用事」、そして「But i miss you Litchi」なのは現地から書いた通り。

これも書いてませんでしたがそれを受けて英文送ってました。
低レベル英語なので書きたかないのですが、原則としてブログには真実を書いているので晒しますw

「Tomorrow i go to back japan. Do you have a time?」


その2時間後に彼女から返事がきて、その後の展開は以下を参照。

この時は誰かに吐き出したかったのでブログに書いた次第でした。


さよならパタヤちゃん


おかえりパタヤちゃん(笑) ~ 前 編 ~ (2014年5月バンコク)


おかえりパタヤちゃん(笑) ~ 後 編 ~ (2014年5月バンコク)




しかしこのポストですが、リンク貼りまくってるから手抜きのポストに見えますなw

でも現地で書いた文章以上のものを書けそうにないので、
手抜きのポストでご容赦いただくということで。


それと現地で書いた時に、色々とコメントをいただき感謝しております。

リアルでお会いした方からのコメントを見た瞬間に現実に戻り、
無茶苦茶恥ずかしかったですがw






テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

5月4日(日)その① ~昼間から賢者出現~

寝たのは3:30頃だと思うけど目が覚めたのは6:00過ぎ。
さすがに酒が残っていて意識が覚醒するのを待つと7:00過ぎ。

頭が少し痛い・・・

体もダルイのでチェックアウトまではほとんど部屋で過ごす。

途中、コンビニまでレッドブルを買いに行った程度。
昨日パン屋で買ったアンパンとレッドブルで朝食は済ませる。

マーメイドホテル、ジョイナーフィー無料なので宿泊したけど、
結局女の子を連れ込むことがなかったなぁ。

部屋でダラダラとネットなぞ見ながら回復するのを待ってから、
最後にシャワーを浴びてチェックアウト。


本日は無駄なホテル移動日、マーメイドからキーバンコクへ。

11:20にチェックアウト、フロントは昼間も夜も感じがいい。
キーバンコクが高い時はマーメイドにまたお世話になるかね。

キーバンコクまではキャリーケースを転がしながらデコボコの歩道を歩く。

11:40には到着、しかし暑い中20分も歩くと疲れる。


いつものフロントの女性にチェックイン手続きをお願い。
喫煙室をリクエストしていたけど、禁煙室しかないとのこと。

マジカヨ・・・

確かキーバンコクでチェックインするのは4回目だけど、
喫煙室になったのは1回だけ。

他の2回は禁煙室だったけど、いい部屋にあたっていたが今回は・・・
2014年5月バンコクキーバンコク部屋

2014年5月バンコクキーバンコクキッチン

2014年5月バンコクキーバンコクバスルーム

窓がない上にベットも普通の大きさのダブル。

まあゴールデンウィークだしagodaブッキングだしね。
(agodaでブッキングすると嘘か本当か、いい部屋はあてがわれないとの噂)

午前中にチェックインできただけでもラッキーとしよう。


うし、とりあえずナタリーでも行きますか!
と思うも時刻はまだ12:00と早すぎる。

とりあえず食事を取りにNKさんに教えていただいた店へ。
2014年5月バンコクいつもの店

偶数側のソイにある紫の看板、店名は知らんw

注文したのは50Bのチャーハンと10Bの水。
2014年5月バンコクチャーハン

なかなか美味でございました。

食後はホテル近くのマッサージ屋へ。
2014年5月バンコクロータスマッサージ


二軒並びのマッサージ屋の右、ロータスマッサージへ。

オバチャンが相手かと思いとりあえず1時間のフットマッサージをお願いすると、
実際にサービスしてくれるのは20歳台の黒髪の愛想のない娘。

化粧っ気がないけどなかなか整った顔立ち。

同僚と何か話しをしている時に笑顔が見れたけど笑うと愛嬌がある。
というか女の子の笑顔で愛嬌を感じないってこともあまりないかw

店はLitchiと他の2人の客だけだったけど、あっという間にローカルのお客が3人、
日本人の男性客が5人入ってきて忙しくなる。

うーん、この娘カワイイし怪しい展開を期待してオイルマッサージ1時間を追加。

ニコっとしながら3階へ案内される。
2014年5月バンコクまっさ屋


うんうん、ちょっとしたサービス期待できそう!


全裸になってバスタオルをかけられてオイルマッサージ開始。

マッサージを受けながら名前と年齢を確認。

ナツって言っていたかな?年齢は思ったより高くて26歳。
簡単な英語でやり取りしたけど英語は苦手な様子。

うつぶせでマッサージを受けて仰向けになって下半身から上半身。

残り時間10分ほどでやっと来ました!

Litchiの貧相なポンチを指差して、

「You want massage?」


「Yes of course!」


ダメもとで「ブンブンしたいお(´・ω・`)」と言うも笑って断られる。

まあいっかと思って値段を聞くと1000Bってたけーよw

ディスカウント交渉するも800Bだと。


高いのか安いのかよく分からなかったけどOKすると、
前払いとのことでその場で800Bをお支払い。

支払い後に彼女はローション垂らしてきて手コキ開始。

しごかれている間は尻やら乳やらもみしだきながら無事にフィニッシュ。


シャワーを浴びてから1階で会計、正規のマッサージ料金は700B。

しかし手コキで800Bはやっぱ高い気がする。

適正価格は1B=10円の法則(※)からすると400Bぐらいかな?

(※)勝手にLitchiがモノの価格を図る時に参考にしている法則。
   実際の為替は1THB=3JPYだけど、現地の感覚では1THB=10JPYぐらいの価値。
   なので2時間のマッサージで7,000円は適正どころかちょっと安いし、
   手コキで8,000円は高いだろう。
   GOGOのショート2,000バーツは為替では6,000円ちょっとだけど、
   現地では20,000円ぐらいの価値を持つと考えています。


一本抜いてすっきりしたところでホテルに戻る。


ナタリー?

賢者モードになったらダルイので当然パスw


そしてこの後、部屋で恥ずかしいポストを書き始めるw





テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

5月3日(土)その④ ~ペイバー不発2連発!~

メリーから戻って、最初は22時ぐらいからナナプラザへと思ったけど、
シャークのハッピーアワーに行きたくなって部屋を出る。

本日回った順番は

シャーク⇒Crazy House(チラ見)⇒R2⇒マンダリン2⇒R1
⇒オブセッション(チラ見)⇒Crazy House


シャークのハッピアワーに間に合うべく、モタサイに声をかけると40B。
時間がぎりかと思い了承すると、奇数側のソイがある歩道を走ってくれるw


【シャーク】
何とかハッピーアワーに間に合ってビアシンをオーダー。

ケチンボLitchiとしては2杯飲んで元を取り戻そうかと思ったけど、
無理に飲むのもあれなのでビアシン一杯で20時30分過ぎまで粘る。

昨日と違い店内はけっこうな客入り。

33番と77番あたりに目を引かれ、超細身の93番の娘は不在。
時間も早いのでいったんホテルへ戻る。


【Crazy House】
戻る途中でCrazy Houseを覗くとそれなりの客入り。
店内を一周してみるとワイルドちゃんは不在。

黒マダムに捕獲されそうになるけど、笑って誤魔化して店外へ。


ホテルでシャワーを浴びて着替えてからはナナプラザへ。

もちろんOne day passがあるのでBTSで移動だw


【レインボー2】
まずはR2から。

完璧、日本人市場をターゲットにしているダンサーばかり。


ゴールデンウィーク中なのでがんがんペイバーされている。

あまり興味のない店になぜ来たかというと、バンコクGOGO界(?)で有名な、
キャピ軍団を見るために。

でも分かったのは35番のヤンママナーラックぐらい。
キャピ軍団と呼ばれる華のあるGOGO嬢を見たかったけど、
ゴールデンウィークは大繁盛で難しそう。

他は16番と17番が可愛く見えたけど、まあGOGO店内では3割増しよく見えるもんだし。

155Bのビアシンをチビチビと舐めながら30分ほどで退店。
チップ込で180B払っておく。


【マンダリン2】
その後は21時50分からマンダリン2(左の階段の方)へ。

狭い店内で客入りは7割ぐらい?
ダンサーは赤衣装8人、青衣装8人。

青衣装の娘が売り込みにきたけど、飲むだけど思ってスルー。


でも、踊っている姿を見たらやっぱ呼びたくなって声をかける。


テキーラごちして話しを聞くと、バンコク出身の19歳。
番号札をつけてなかったので確認すると95番だったかな?


笑顔が可愛くて気に入ったので、さらにドリンクごちして、
ママさんを味方につけるべくママさんにもゴチ。

全員に言えることだけど、ダンスは弾けて踊っているし、
休憩の間にもダンサーはガンガンウィスキー飲んでるしかなり楽しい。

飲ませまくったら酔ってきたのでお互いにキスしまくり、舌を絡めまくりで盛り上がる。
よし、今夜はこの娘だ!とペイバー交渉に移るとなんとペイバー不可!

後で調べてはっきり分かったけど、コヨーテもいるGOGOだった。


「赤い衣装の娘から選べるよ♪」

イヤイヤ、あなたがいいんですが・・・


今さら赤衣装呼ぶのも何なのでチェック、多分1200バーツぐらい?


この店はママさんもガツガツしていなくて、なかなかあたりの店でした。


【レインボー1】
マンダリンあたりからNKさんへLINEで連絡入れながら実況。

有名GOGO巡りを再開してお次はR1へ。

ここではビアシンとコーラーをオーダー、コーラーが135バーツで、
ビアシンより20バーツ安かったことだけメモってたw

コーラーをはさんで休憩するつもりが、このあたりから記憶が怪しい。
GOGOネーチャンも特に覚えていないけど、普通にペイバーしたい娘もいたような・・・

300バーツ払って(チップ込)、これからどうしようかと思案にくれる。


【オブセッション】
ソイカに戻ろうと思ったけど、YOYOちゃんに顔でも見せておこうとオブセッションに行くと、
なんと満席で立ち見客がいるぐらい大盛況!

自分が2月に来た時は、すっかすかの店内だったのに・・・

一周回るもYOYOちゃんは多分不在、チラ見で店を後にする。


しかし会える馴染みが男の娘だけとは寂しい限り。


【Crazy House】
歩きながら途中でモタサイ拾ってソイカへ。
ソイカに戻った目的はCrazy House。

この店はドリンク攻撃が激しいし、勘定も怪しい時があるので、
あんまり酔ってはダメだけど今までほぼ全部ベロベロに酔ってますw


実はマンダリンにいる時にワイルドちゃんより、
「仕事してるから店に来いや」みたいなメッセージ。

軽い気持ちで「他のバーで飲んでるよん♪」と返すと、
「You have have lady」と一言。

いや結果としてペイバーしてないし・・・

「飲んでるだけだよ♪」と返すも音沙汰なし。



21:00前に行った時は不在だったので、ショートで連れ出されてた?

で、この時間(1:00)に行くも不在。


ワイルドちゃんが戻って来ないので、ロングで連れ出されたのかな?

基本ロング不可っぽい娘だけど、太客になれば別なんでしょう。



ワイルドちゃんには、大した思い入れもないので他の女の子を探す。

ワイルドちゃん以外で気になっていた12番は残念ながら不在。

ちなみにこの12番も激しくスレ臭がするw


最初はとりあえずビアシンを飲みつつ、なぜか隣のファランとお話し。
何喋ったかよく覚えていないけど、とりあえず電話番号を交換しておいたw
男の電話番号とか激しくイラネェ・・・

しかしこの時間に残っている全裸隊は、ほぼ誰かにキープされている。

5番の娘も気になったけどキープされているっぽいので、若そうな15番にターゲットを絞る。


あんまりアピールしてくれない、でも踊りはしっかり踊っているので、
ダンスへのチップとしてダンス中に100バーツチップする。

ワイとかしてくれてカワユス。


着衣組とダンス交代の後で隣に来るのでお話し。

年齢は18歳でイサーン出身。

胸は貧乳で自分好み。


さあ、やったるでー!と思いがんがんデキーラタイム!

2杯ぐらいでギブアップされて「コーラーでいい?」

カワユスな女の娘なのでコーラーで勘弁してあげる。


また踊っている時は自分に向けて踊ってくれるので追加で100Bチップ。
またまたワイで受け取り笑顔も見せてくれてイイヨイイヨー!

戻ってきてからはキスとかしながらさあペイバー!と思うとまさかの拒否!


マジカヨ・・・・


明日も来てくれたらどうのこうの、ペイバー大丈夫と言っていたような。
(爆音と相手の英語がもろタイ人で正確に分からなかった)


ペイバー拒否される自分の容姿のキモさに嫌気がさしてきた。

860Bと正当な金額だったので今回は上乗せなかったかな?
チップ込で900B支払い退店。


後で思ったけど、15番って昨日ワイルドちゃんとガンガン飲んでる時にいたような。

ペイバー拒否の原因はこれ以外に心当たりはないんだよなぁー。
あっ、キモイ容姿は別にしてw

そりゃキモい上にバタフライ野郎はペイバー拒否されるわw


時刻は3:00、いい加減飲みすぎたし、この時間から女探すのもダルイので、
ホテルまで千鳥足で歩いてシャワーも浴びずに就寝する。





テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

5月3日(土)その③ ~メリーでヤッテみたお(´・ω・`)~

嬢に案内されてプレイルームへ。

プレイルームはそれなりの年季を感じさせる部屋。

すぐにドリンクの注文を取りに来るので自分はコーラー、
嬢はなんかクソ甘い紅茶みたいなものを頼んでいる。

両方で100Bだったかな?

ドリンクねーちゃんはエライ若い女の子、正直この娘と遊びたいぐらいw

ドリンク持ってきた時に、日本のお菓子をあげておきました。


嬢がお湯をためている間はお話し。

名前はジェップ(?)、ほうれい線が目立つのである程度の年齢と推測。
案の定、年齢を聞くと笑って逆に「何歳に見える?」ときたので、
礼儀として「20歳代後半かなー?」と答えておく。

ジェップさん、前はコージーにいたとかで日本語はけっこうなレベル。

自分がこれまで遊んだ女の子の中で一番上手、
なので基本は日本語で通じない時は英語でコミュニケーション。

バンコクに来て14年とかなので、まあ30歳の半ばぐらいかな?
体はちょっとそそるものがあるし、顔立ちもそんなに悪くない。
2014年5月バンコク


とりあえず湯が貯まったので一緒に入浴。

体の隅々まで洗ってもらって、入店するまでの汗と汚れを洗い流す。


ベットに移動してから聞かれたのが「あなたハヤイ?」

ハイ、体調的に多分今日はハヤイと思いますw

じゃあ頑張って長持ちさせてね♪みたいなことを言われスタート。


キスしたっけ?後はビーチク舐められて生で尺られてのパターン。

あっ、尺というか竿だけ舐められた記憶がある。


こっちからのオフェンスはゼロでマグロになっておく。

で、ゴム付けてインサートの段階でジェップさんが選択したのは背面騎乗位。


いや、この体位選択するってめっちゃプロですやんw

予想通りインサートの後には玉袋をを刺激しながらグラインドという高度な業を繰り出され、
体位による締め付けとプラスされてあっという間に撃沈される。

記録レベルの2分ぐらいw

もう1回する?って聞かれたけどもうお腹いっぱいです。


時間まではテレビを見ながらコミュニケーション。

何を話したかあんまり覚えていないけど、お店は日本人多いのか聞くと、
「うーん、25%ぐらいかな。あとはタイの人だよ。」とのこと。

時間が来たところで退店、MP嬢にはチップを渡すものだと思っているので、
いつものように200Bをチップしておく。


帰りは道端で携帯をいじっていたモタサイのアンチャンに声をかけ、
ペチャブリーまでをお願いする。

なぜペチャブリーか?
単にMRT内での駅案内での発音が耳に残っているからw

キレイな発音(?)だったらしく一発で通じる。


うーん、やっぱモタサイの後ろは気持ちイイ(・∀・)!!
2014年5月バンコクモタサイの後ろで


ペチャブリーまでで金額を聞くと40B、いくらが正しい金額か分からないので大人しく払っておく。

ペチャブリーからMRTでスクンビットへ移動し、部屋に戻ると18:30。
14:00過ぎに部屋を出たからいい具合に時間がつぶれた。

そういや地下鉄ではLINEのクッキーランの広告。
2014年5月バンコクMRTの広告

LitchiのLINEにはタイのおねーちゃんのアカウントが何故だか5人登録あるけど、
1人を除いてみんなこのゲームやってますね。


しかし今回のメリー行きは、モタサイと背面騎乗位を初体験できたので満足。


この後はパタヤちゃんに変わる新しいGOGOネーチャンを探しにGOGO巡りに出かける。




テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

5月3日(土)その② ~メリーに行って来たお(´・ω・`)~

タクシー以外でメリーに行くならMRTに乗ってペチャブリーからモタサイ(バイタク)か、
BTSでトンローまで行ってからモタサイかのどちらかと、
コメント欄にてスケベヤロウさんに教えていただく。

BTSのOne day passがあるので、
MRTのスクンビット⇒ペチャブリーの代金16Bをケチってもちろんトンローだw

モタサイ童貞なので歩いて行けたらと思ったけど、
地図を見たらこの暑さで歩くのはキ○ガイ行為な距離なので、
とりあえずモタサイにチャレンジ!


トンロー駅まで行ってモタサイがある乗り場に人が並んでいる。

その列に並ぶとガンガンとモタサイが来てあっという間に自分の番。

アンチャンに「メリー、メーリー、マッサージパーラー」とか言うも通じない(´・ω・`)


アンチャンは乗せたくなさそうな空気になってきたので、
やむなく万国共通の左手の人差指と親指でワッカを作って、
右手の人差指をそのワッカに突っ込むジェスチャーをしようと思ったら、
「ヌードバー?」と聞いて来る。

そうそう、そこですよ!

バイクのケツに乗ってからメリーへGO!


熱気の中の空気を切って走るのは気持ちいい。

5分ほど走って橋を越えてすぐのどんつきの信号で止まり、
「ここでいいか?」みたいなジェスチャーされるので「OK」と伝えて降りる。

金額を聞くと25Bとのこと。
そこは英語なのねんw

※モタサイですが運転手はメットを被ってますが客は被ってません。
(言えばヘルメットはあるらしいですが)
なのでこけたらエライことになるし、その後の続く車に轢かれたら・・・
人の命が安い国ですからリスクがあることは認識して乗りました。

どのあたりかイマイチぴんとこないので、とりあえず左手に向かって歩く。
21014年5月バンコクMPリビエラ

リビエラがある辺りって違うような気がする。


21014年5月バンコクMPコージー

潰れたコージーを見て完璧に間違った気がするw
ネットで調べると見事に行きたい場所と逆方向w

来た道を引き返してコンビニでレッドブルなぞ買いつつ歩いて、
これが見えるとゴールはもうすぐ。
21014年5月バンコクMPメリーまで


ようやく到着。
21014年5月バンコクMPメリー外観

21014年5月バンコクMPメリー


ちなみにメリーにした理由は2chの該当スレを見て何となく。


入店すると入ってすぐ左が金魚鉢。

時刻は16時ぐらい、コンシアが寄って来るので説明を受ける。

1600Bが10人ぐらいで1900Bが20人弱、2200Bが一番前にいて2人。

2200Bは可愛い感じを受けるが遠目なので顔はよく分からない。
それになんとなーく地雷臭もしたので他の嬢を選ぶ。

ロリコンな自分はコンシアに「若い女の子いる?」と聞いてみると、
指を指しながら「あの娘とあの娘は1○歳」とのこと。

うん、児童ボルノ法にひっかかるねw

それにタイって満年齢じゃなくて数え年じゃないの?
ということは満年齢だと17歳になるので18歳申告でもアウト?

このあたりはグレーなので気にしないでおく。


レベル的にはまあ何とか選べれるレベルだし、何人かの嬢は笑顔もくれる

悩みに悩んだ結果をコンシアに伝える。


Litchi「ひな壇一番上の右から3番目ね」
コンシア「OK!」

ひな壇上から二段目の右から3番目が立ち上がったお(´・ω・`)


遠目から見ても指名が入って嬉しそうにしているので違うと言えませんでした・・・orz


キャッシャーみたいなところで1900B払って嬢と一緒に部屋に向かう。





テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

5月3日(土)その① ~これも観光?~

6:00過ぎに起床。
9:00過ぎに一度朝食を買いに行ってから、部屋でダラダラと過ごす。
2014年5月バンコクオム飯

これで30B、ほぼ毎朝食べていますw
奇数側のソイがある道を、アソークからプロンポンへ向かって歩くと日曜以外営業している屋台。
2014年5月バンコクオム飯屋の値段表


本日はスケベヤロウさんにコメント欄でメリーへの行き方を教えていただいたので、
午後はメリーに行くことにし、それまではBTSの1DAY PASSでうろつくことにする。

そうと決まれば11:00過ぎに部屋を出てアソークへ。

窓口で130Bの1DAY PASSを購入。

ドンムアン空港に行く際に、モーチットからバスで行けると何かで読んだので、
まあ知識として知っておこうとモーチット駅へ。

アソーク⇔モーチット間は20分ぐらいだったかな?

雨が降り出したので人の流れについて行くと、そこには大量の屋台とショップ!
意図せずウィークエンドマーケットに迷い込みました。
2014年5月バンコクウィークエンドマーケット


適当に店を冷かしてみるも特に欲しいものはない。
カフェインを40Bで補充するのみ。
2014年5月バンコクウィークエンドマーケットコーヒー屋


ドンムアン空港行きのバス乗り場だけ確認し、今度はチットロムへ移動。
2014年5月バンコクドンムアン空港行きバス乗り場@モーチット駅


チットロムでピンクのカマンガイの店に行くつもりだったけど、
ろくに調べずに来たのでいつものように迷ってしまうw

とっとと諦めてその辺の屋台で焼き鳥を4本とライスで昼食は済ませる。
2014年5月バンコク屋台の焼き鳥

45Bだったからライスだけ5Bなのかな?

というかタイで嬉しいのは言葉が分からないからといって、
屋台とかで通常より高い値段を言ってこないところ。
(価格交渉する屋台でなく食べ物屋さんの屋台)

中国なら平気でぼってきますw
実際に中国では何度かぼられた経験あり。

ぼられた金額よりその行為を受けることで、非常にイヤな気持ちになるので、
ちょっとしたことだけど中国よりタイで楽な部分。


チットロムでとりあえず20,000Bキャッシング。

昨日10,000キャッシングしたけど、Crazy Houseで思ったより散財したので、
夜遊びに備えて追加で弾丸補充。


チットロムからはプロンポンへ移動して、ソイ33/1のマッサージ屋でマッサージ。
2014年5月バンコクソイ33/1のマッサージ屋


1時間のフットマッサージ中にパタヤちゃんより、
「What are you doing now」とくるので、
その場でマッサージ中の写真を撮って返しておく。

すぐに返信あるもスタンプが1個のみ。
特に会おうとかそういったメッセージはゼロ。

タイに来れば簡単に会えると思っていたけど、
ゴールデンウィークを甘く見ていた。

事前にブッキングしておかないと無理な様子。

パタヤちゃんはいい加減あきらめて、今晩のGOGO巡りに賭けることにする。

マッサージ代は1時間250B、担当には100Bチップしておく。


マッサージの後は近所のパン屋でメンチカツサンドとアンパンなど買って、
BTSに乗ってアソークまで戻る。
2014年5月バンコクソイ33/1のパン屋


しかしここのパン屋は何故かクセになってしまう。
と思ったら有名なパン屋さんだった様子で。


一度部屋に戻ってから、夜に備えて下半身の毒を抜きにメリーへGO!



テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報