FC2ブログ

工藤さんと遊ぼう③

シャワーを浴びる前に工藤さんはLitchiア○ルを指差しながら、
何やら普通語で話しかけてくる。

ここへのサービスはいるかってニュアンスだと思ったので、
答えはもちろん「イエス」ですがな( ̄ー ̄)

シャワーではチ○コとア○ルを重点的に洗われる。

そして目の前には工藤さんのツボにはまるロリ体型。


もうこれだけでフル勃起もんですw


シャワールームにイスがあるので、ここでサービスかと思いきや、
追い出されて一人で寂しく体を拭いてからベットで待機。

まもなく工藤さんも来るのでしばしコミュニケーションの続き。

年齢を聞いていなかったので聞いてみると22歳。

何度聞いても分からなかった名前を紙に書いてもらってようやく分かる。
小姐の名前(愛称)は8割方「S」で始まるけど、工藤さんは違ってました。

あっ、ピイインでは「S」じゃなくて「X」か。


会話(というか筆談とスマホ駆使)もそこそこに、ベットに四つん這いになれと指示あり。

大人しく従うも横には鏡があって、自分が四つん這いになっている情けない姿が!!
かなり古いAAだけど体勢も気分もまさに↓w


il||li;○| ̄|_il||li;



絶対人には見せたくない情けない姿だww


そしておもむろにLitchiア○ルへ攻撃開始する工藤さん。

前回8月の時と違ってめっちゃ上手なんですけどw


舐めながら竿をしごきつつの、蟻の戸渡りを責めてみたり、
袋舐めを繰り出したり技のデパートの様相。

しばらく責められていたら、今度は仰向けになって袋をペロペロ再開。

そして悪戯っぽい顔をしながら優しく尺ってくる。
また尺りながら自分で鏡を見たりしている。

なんちゅうエロイ顔つきなんだ・・・


サービスに期待していなかっただけに、予想外の良サービスがちょいと嬉しい。


やがて「做愛」と言ってくるのでゴム被せてもらう。

そのままインサートでも良かったけど、ダメもとで軽くキスするとなんかいけそう。


小ぶりな形のいい胸を軽くキスすると、普通に目を閉じて受け入れてくれる。

そのまま胸を責めつつ徐々に下半身に移行。


最初はちょっと拒否の空気も有ったけど、気にせず彼女の小妹妹へ。

こっちからのオフェンスがダメな小姐かと思ったけどラッキー♪


幼い顔に似合わず結構毛深い工藤さん。

突起を探し当てて舌で優しくなぶっていると、目を閉じたまま可愛い喘ぎ声。


そしてLitchiの唾液でない液体でヌルヌルに湿ってくる。


結構な時間を使って舌と指先で愛撫を繰り返してから、
正上位でゆっくりとインサート。

十分に濡れているけどかなりの締め付け。


正上位で繰り出せる様々なバリエーションで責めていると、
前回と同じように演技を感じさせない艶っぽい声で喘いでくれる。


工藤さんの何がいいって、この演技だろうけどそれを感じさせない喘ぎ声。

演技くさい喘ぎ声が多い小姐はこの上手さを見習って欲しい!!


後背位とか騎乗位とかに移行せずに腰を振っていると、
工藤さんは手を伸ばしてきておもむろにこちらの玉袋をさわさわ。

タイではパタヤちゃんに後背位の時にされたけど、
世界の風俗業界ではピストン中に玉袋触るのが流行ってるのかw


ちなみに2~3年前のマカオでは、騎乗位で男の乳首を舐める小姐が多かったりしたw


とりあえずあまり長い間ピストンするのもあれなので、
気分を高めスピードを早めてそのまま放出。


ふー、気持ち良かった。


ちょっと時間が余ったので横になって工藤さんとスキンシップ。

内線でどこかに電話をしているので「?」ってなっていると、
やがてドアがノックされて服務員が来るのでなんぞやと思うと、
タバコ2本と灰皿とライター。

彼女が吸いたかっただけなのかサービスなのか不明だけど、
二人でタバコを吸いながらしばし来月の話し。

タイに行くことは決まっているからそれを伝えると、
もうひたすら「人妖!」を連呼されるw


Litchi自身はオカマじゃないけど、オカマは嫌いじゃないから否定はしないwww


しばらくマッタリした後にシャワーを浴びて、排房間まで一緒に行くことないままバイバイ。


いやー、久しぶりに大陸小姐と満足できる一戦でした。
(同じ金池サウナの工号611は越南小姐)


マジメに出来るだけ詳細に書いてみたのですが、俺タコのスパンスパン王子さんみたいな、
すごっく上手なエロ描写って難しいことを実感。


Litchiにエロ描写は無理ってことが分かったのがこのポストの収穫(・∀・)



Twitterも使ってマース。

@Litchimacau




テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

工藤さんと遊ぼう②

ちょうどビンゴゲームが始まるので、工藤さんはビンゴの用紙を持ってボードの前に。

前はビンゴで当たってもゲームする権利が得れるだけだったけど、
工藤さんは真剣に取り組んでいたので小姐と遊べる安く遊べる権利とか取れるのかな?


ビンゴはかすりもしなかったので、ソファーに座りLitchiにべったりとくっつく工藤さん。


とりあえず

「我很高兴再见你(あなたにまた会えて嬉しい)」
「我回来澳門看到你(あたなに会いにマカオに戻ったよ)」

とか超適当な普通語で会いに来ましたよと伝えてみる。


でも工藤さんが発した言葉は「人妖!(オカマ野郎!)」


やっぱそれですかw


ベタベタしつつ「Let's Go」とズッポシ部屋へ誘う工藤さん。


指名する気はあるけど、もうちょっと後にしたかったので、
曖昧に笑って誤魔化していると他のお客の元へ営業へ向かう。

後で指名するね!って普通語で何て言うんだろ?(´・ω・`)


まいっかとスマホをなぶっていると営業が上手くいかなかったらしく、
再度ソファーに座ってソフトなボディタッチを繰り返されていると、
ようやくその気になってきたので経理を呼んで指名。


工藤さんは一度席を離れた後に戻って来て、
Litchiのロッカーキーの腕輪にアルミのフックをひっかける。

後で分かったけど、小姐と遊ぶとこのフックを引っかけられて、
マッサージなどの小物が半額になるサービス。
(スタンダードな小物は128HKDなので64HKDで提供される)


その後は腕を組んで食堂を通り抜けてズッポシ部屋へGO!


部屋に入るなり軽くキス。

「你不喜欢我(*´∀`)」

とか言われるので、

「我喜欢你」
「我喜欢你的笑容」
「我在想你」


とか日本語ではとても言えないこっぱずかしいことを言ってみるw

何の恥じらいもなく言えるから、異国の言葉はこういう時は便利だねぇ。


じゃれながらも、時間は60分なので服を脱がせてもらってから、
すっぽんぽんになった工藤さんと一緒にシャワールームへ向かう。



スイマセン、次はエロ描写を入れるので一回切ります。


昨日は出来るだけ次で終わらせると言いつつこの始末w

悪気はないのでお許しを!




Twitterも使ってマース。

@Litchimacau




テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

工藤さんと遊ぼう①

2014年9月の旅行記は観光とメシばっかなので、なしにしておきます。

代わりに気がついたことと、行ったサウナのネタでも。


9月14日(日)に向かったサウナは金池サウナ。

サナドが閉店した今となっては、金池サウナは密着系のショータイムもあるし、
金額もまだリーズナブルなので贔屓にしている次第。

先月8月に遊んだ工藤さん(仮称)と遊べたらなったと。


入店時刻は23時過ぎ。

ちょっと遅くなったなぁ、と思いつつもシャワー浴びたりサウナ入ったり、
ヒゲを剃ったりとセコクありものの設備を使い倒す。


最近は服を着せる洗体小姐のチップ要求がウザイので、
体を拭いてから向かうと見向きもされないw

店員のオニーチャンに服を着せてもらってから排房間へ。

日曜のこの23時過ぎなのに空いているソファーは2~3つと大盛況。


席を確保してからコーラーなんぞ頼んでいると、早速小姐が営業をかけに来る。

台式の100番でまあまあ可愛い。


最初は「按摩はいるか?」と聞かれるので、足マッサージをオーダーすると、
マッサージ技師を呼んできてくれる。

それから「按摩が終わったら私と一緒に行こうか?」と言われるので、
とりあえず曖昧に笑って断っておく。

「工藤さん不在ならこの小姐もありだなぁ」と思っていると、
いつの間にか近くのイス席に座った工藤さんが怪訝そうにこちらを見ているw


とりあえずワイ(タイの合掌する挨拶)をすると、「おー(゚∀゚)」みたいな顔になって、
すぐにこちらのことを思い出してくれる。


そしてお約束でワイを返してくれるw


とりあえず足マッサージを受けているので工藤さんはこちらに来ないし、
ショータイムが始まるので100番ちゃんも引っ込んでしまう。

ずっとネットが見れない状態だったのでマッサージを受けながら、
ここぞとばかりにメールチェックや、ツイッター、巡回しているブログ等を手早く確認。


まもなくショータイムが始まり、いったんマッサージを中断してもらってから、
ショータイムで4つのサービスを受けてみる。

内容は以前と同じで、

・腕を揉む
・胸を顔にあてるかあてないか
・内腿を舌でペロペロ
・背面騎乗位で腰をグリグリ


今年の3月は生釈とかあったけど、今はどーなんでしょうねぇ。

金池は初めて来た3年前からショータイムがけっこう過激だったけど、
最近はマイルド路線に変更になったのかな?

どなたかご存知でしょうか。



ショータイム終了後、足マッサージ中にもちろん工藤さんが営業をかけに来る!



スイマセン、出し惜しみしているワケではないのですが、
体調不良につき今日はここまででご容赦下さい。

後、無駄に長いので一回切りますね。

出来るだけ次で終わらせます。




Twitterも使ってマース。

@Litchimacau




テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2014年9月マカオ旅行から帰国しました

自宅にたどり着いたのは22:30でした・・・

2泊3日で経由便なんてもう絶対やらん。


初日に自宅出たのが7:30前でマカオ着は7:00。
12時間かかって移動w

帰国は8:00前にホテル出たから、13時間かかって帰国ですよ。

※いずれも1時間の時差は考慮済み。


初日と3日目は移動しただけみたいなw


それから今日はなぜだかアクセス数多いっすね。

金池パーティー書いた時に近いぐらいあります。


今回は1人だったのでパーティーはないのですがw



それでも工藤さんと遊んだので、そこは書いておきます。

他の箇所は観光とメシ食っただけなので、今回は旅行記は書かないと思います。


多分、書いてて自分でもツマラナイと予想できるので・・・


いや、いつもは「この話しをこう組み立てて」とか考えてるんですよ。
(とてもそんなブログに見えないでしょうけどw)

それが今回は全く思いつかず。

かろうじて金池サウナで遊んだことぐらいは書けそうなのでその話しと、
後はマカオフェリーターミナルの工事の具合や、
ホテルのインプレッションぐらいを書こうかなぁ。

明日から仕事なので更新する自信は全くないのですけど・・・



Twitterも使ってマース。

@Litchimacau




テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

2014年9月マカオでの工藤さん

なんとか自由時間を捻出して金池サウナへ。

先月遊んだ工藤さんがいたので、裏を返しておきました。

今回は前回と違ってキスOK、こちらからのオフェンスOKの良サービスでした。


お前の友達は来てないのか聞かれたので、
『来月マカオに来るよん』と伝えたら、
お前はやっぱり来ないのかとご質問いただく。

『来月はタイなんだよねー』と話すと、
予想どおり人妖(オカマ野郎)を連呼されましたw


明るくて元気な小姐が一番ですな。


しょっちゅう客席へ営業にまわってるので、
金池に行けば会える小姐なので行かれたら遭遇できるかもー?





市バスの勧め@マカオ

さてさてマカオ内を移動する時はみなさんどうされてますでしょうか?

タクシー、徒歩、免費バス、市バスが普通の移動手段ですね。


マカオは狭いし料金もしれているから、タクシー移動で事足りるぜ!
って方には縁のないポストなのでそっとタブを閉じて下さい。


Litchiはタクシーに乗るのが嫌いなタイプ。

ぼってきたりするのと運転手と二人の空間が嫌いなもんで、
必要に迫られないとタクシーは乗らないほうです。


そんな自分の移動手段は徒歩か免費バス、そして路線バス。(以下、市バスと表記)


市バスは色んなルートがあって敬遠されがちですが、
覚えたらタクシーが断る距離とかの移動時に便利。

例えば北京街から金龍酒店へ移動とかは、たまに断られますよね?
そういう時はバスに飛び乗り、ものの数分で移動してます。

歩いても15分ほどですが、早くサウナに行きたい時に便利ですw


乗り方は調べれば分かりますが、簡単に概要だけを記載。

・前乗り後ろ降り。
・乗車時に運賃は支払い。
・料金は定額制、マカオ半島内の移動なら3.2パタカ。(2014年9月現在)
・お釣りは出ないし車内で両替は不可。
・運転はかなり荒い、何かに捕まっておかないとエライ目にあう。
・でっかいスーツケースは持ち込みを断られるらしい。
 (空港行きは別)


こんな感じかなぁ。

料金は3.2パタカと中途半端ですが、細かいのはなくても4パタカなり、
はたまた5パタカ硬貨を投入すればOK。

もちろん香港ドルでも可。

市バスは小銭を処分する時に非常に役立ちます。


抑えておく路線は

マカオ外港 ⇔ 国境
国境 ⇔ 媽閣廟(マーコウミュウ)

この2つを最低限覚えておけば何とかなります。


手抜きですけど路線バスの番号は公式サイトをご参照下さい。

http://www.dsat.gov.mo/bus/en/bus_service.aspx

※リンクうまく貼れないのでコピペでお願いします。



1と3、それから10あたりがメジャー路線で、後は乗ってたら自然に覚えれます。

国境とかマカオ外港、空港とかなら免費バスがあればそれで事足りますけど、
セナド広場とかポンテ十六の内港近辺、黒沙海岸へ行く時とかは市バスが便利です。

ちなみにマカオ半島から黒沙海岸行きは6.4パタカとかです。

料金はタイパ行きとかで若干違いますので、
リンク先のBus information内のBus fareをご参照下さい。


知らない番号に乗って知らない場所に行くのもなかなか楽しくて、
カジノでオケラになって時間がある時にはお勧めですw


マカオパスがあればもっと便利ですけど、
年に複数回行ってバスを乗り倒さない限りは不要なので、
それはまた機会があればということで。




Twitterも使ってマース。

@Litchimacau




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

サウナ小姐との店外デート考察

アクセス解析でどんな言葉が検索されてこのブログにたどり着いたか確認すると、
「サウナ 小姐 持ち帰り」といった、店外で会うワードが意外に多かったので、
いつものように勝手にツラツラと書いてみます。


あっ、最初に断りますが「あくまで個人の感想です」ってやつですよw

私なんかより経験豊富で、小姐とのコミュニケーションがきちんと出来る方は一杯いらっしゃるでしょうから。


それと事前のお断りですが、東方グループサウナで持ち帰りできるかどうかは不明。

どうも小姐の管理に厳しいイメージがあるので、どなたか挑戦して成功した方は、
是非成功体験を共有して欲しいと思います。



まずは店外デートするにあたってですが、小姐から誘ってくる場合もあるし、
こちらから誘うケースもあるかと思います。

サウナ小姐(大陸のね)は基本、中国語(普通語)しか喋れません。

なので中国語を分からないと誘われないのでは?と思うかもしれませんが、
Litchiは中国語を喋れない時に誘われました。
(今も幼児以下のレベルでしか喋れませんがw)

20歳そこそこの小姐が、なんで言葉も通じない外国のオッサンを誘うのか?

これはみなさん簡単に分かる通りお金ですね。



お金が欲しいにしても知らない男のホテルに行くわけだから、
小姐もそれなりに警戒はしているのでは?

指名したのが2回目だったから、向こうもある程度安心して誘ってきました。



ということで優しいお客で清潔感があって小姐の印象が良くて、
かつ2回目とかなら小姐が営業かけてくるかもしれません。
(金が目的だから、あんまり顔の良し悪しは関係ない)

こっちから誘えないシャイなあんちくしょうとか、
断られて傷つくのがイヤなガラスの10代にはこの方法かな?


ただ、ホテルの部屋に来てもらってブンブンするだけならともかく、
一緒に食事に行ったり買い物に行ってから「うふふふ、きゃはは(*´∀`)」とかしたい方は、
頑張って普通語を勉強するか、英語を理解する小姐を探してください。
(英語を理解する小姐は10人に1人ぐらいはいます)


今は翻訳アプリとかありますけど、やっぱアプリと指さし会話帳だけだとキツイのが自分の感想。

ホテルの部屋でやることやるだけなら、言葉は分からなくてもなんとかなりますけど、
食事の間の沈黙とかはマジ気まずいですよん。



では逆にこちらが誘う時ですが、普通に「仕事終わったら部屋に来ない?」って誘います。

発音がまずくて喋って通じない時は紙に書くなり、
スマホに表示なりして理解してもらいました。

当然、免費(タダ)で来るわけないので小費(チップ)は提示します。



なんにせよ部屋番号を教えるだけじゃなく、
電話番号なり微信の交換はしておくのが無難でしょうネ!
(Lithiは微信はしてませんけど、最新情報では微信は必須ぽいっすね)


ちなみに微信はLINEみたいなもん。

あなたと小姐の「うふふふ、きゃはは(*´∀`)」なやり取りが、
中華人民共和国政府に筒抜けになる優れものアプリですw

まあそれは冗談にしても、中華アプリなので用心するに越したことはないでしょう。



では気になる小費ですが、こればっかりは小姐とあなたとの間次第。

4年前ぐらいなら仕事終わりに来て、朝までいたら1500HKDが一つの相場でしたが、
今はインフレも進んでいるので2000HKDぐらいが標準なのかな?

仕事が休みの日に丸一日付き合ってくれても2000HKDで済む場合もあるし、
その倍請求されることがあるかもしれません。

こればっかは交渉して妥協点を探って下さい。

お金の交渉は面倒くさいのでウヤムヤにしがちですが、
面倒くさいからこそ最初にしておくのが楽かと。

タイガールみたいに「Up to you」で、こちらの誠意(?)みたいなもんを探ることもないので、
きちんと最初に妥決しておくのが、最後にお互いイヤな思いをせずに済むとコツかと思います。

サウナ小姐を誘うより、マッサ嬢や洗体嬢を誘う方が楽しいかもですが、
わたしゃそんな語学力もバイタリティもないので未経験です。


そこまで必死こいてなんかいいことあるの?と思われるでしょう。

コスプレさせたりできますw



ということで経験が少ない中、頑張って勝手にツラツラと書いてみました。

ちょっとでも参考になったら「拍手」とか押してもらえたら幸せです。







Twitterも使ってマース。

@Litchimacau




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

2014年9月にアクセス解析を眺めて思ったこと

超久し振りにアクセス解析を眺めていたら、このブログに検索でたどりつく方は、
マカオ関連のエロイワードがほとんど。


ちなみにタイ関連のワードで稀にたどり着く方は全体の2~3%。

自分で試してみたら、他のタイに特化されているブログがヒットして、
このブログはかなりページを繰らないと出現しないのを確認。

ちなみにタイ関連ってどんなワードかというと


その8割レディーボイ関連w



男の娘が人気あるなんてさすが日本、衆道(※)の文化があっただけあるなー。

(※)戦国時代の男色文化のこと



中国とか文化的背景から、ゲイの人はしんどそうだもんなぁ。


あっ、何度も書いてますがわたしゃガチ男は無理ですよw

見た目おんにゃの娘じゃないと絶対無理。


来年タイに行ったら男の娘を開拓したいなー。



それでアクセス解析のワードですが、ブログ名で検索してくれる方もいらっしゃるんですね。

あとは「Litchi ブログ」とかもあってなんか嬉しい。


「マカオ サウナ」とかでも最初のページに表示されるようになったし、
それもこれもアクセスしていただいてる方のおかげです。



ただ諸刃の剣で、女性が男性を疑って調べたりした時もこのブログがヒットします。


例えば十八サウナのクレジットカードに記載される会社名とか、
当該記事から会社名削除したのに未だにヒットするし・・・



「タイ マカオ 男性が通う理由 香港」で検索されるとトップだしw



このワードなんて明らかに奥さんか彼女が検索したやつでしょ。



それから


「マカオ カジノ 元旦 彼氏と」



サーセン、彼氏と楽しい年越しを調べている素敵女子に、こんな買春ブログを目に入れさせて。




昔の旅行記でも書こうと思ったら、写真がどっかいったのでネタ探しでアクセス解析見て、
ツラツラと思ったことを書いた雑記でした。

本当に書きたかったネタは明日にもで。


明日のネタは「サウナ小姐との店外デート考察」だよ(・∀・)




Twitterも使ってマース。

@Litchimacau




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

ギャンブルについてほんの少しマジメに考えてみた③

「大数の法則」ってよく書いているけど、じゃあきちんと説明しろよ!
って言われると地頭がいいわけでもないし、筆力も乏しいので非常に厳しいのですが、
検索せずにまずは書いてみようかと。

大数の法則って要は試行回数が多ければ多いほど、確率通りに収束するってことですよね?

ということでちょっと検索して合っているかどうかを確認。


~ wikipediaより抜粋して引用 ~

ある試行において事象が起きる確率(数学的確率、理論的確率などともいう)が p であり、その試行は、繰り返し行ったとしてもある回の試行が他の回の試行に影響を及ぼすことがない(独立試行)ものとする。このような前提条件の下で、その事象が起きる比率が試行回数を増やすにつれて近づく値(統計的確率あるいは経験的確率)は p である。つまり、各回の試行において各事象の起こる確率というものが、試行回数を重ねることで、各事象の出現回数によって捉えられるというのが大数の法則の主張するところである。

~ 引用ここまで ~


おお、概ね合ってた。


単純にルーレットの赤黒を例にとると、赤か黒が出る確率を1/2とする。
(話しの都合で0と00は無視してみる)

当然、赤と黒が交互に出るわけでもなく、ばらついて出現。

赤が連続で20回でたりの可能性はあるけど、
1万回とか2万回試行すればほぼイーブンになるでしょう。


で、赤が20回連続した時にそのサイドに乗っかれれば、
人は「今日はツイぞ!」となるでしょうし、反対サイドにばっかベットすれば、
「今日は何てツイてないんだ・・・orz」となるでしょう。

このバラツキが出現した瞬間に乗っかれれば勝てるし、
逆目にいけばご愁傷様ってなります。


ちょっと話しが本筋からずれているな、まいっか。


でこんなのに乗っかれるのは運だから、これは乗っかれればラッキー♪


じゃあこれ以外の勝ちパターンというと、やはり厚くベットした時を勝利して、
薄くベットした時は負けるのが理想。

10戦10勝を狙うのではなくて、3勝7敗でもいいから3勝の時に厚く張る。


これが出来る人は強い人だと思うし、自分も理想と思っています。


ただ3勝のタイミングなんて誰にも分からないし、厚く張る根拠なんて所詮オカルト(苦笑)

よって結局この張り方も運否天賦。
でも後日に気が向いたら書きますけど、勝利するには有効な方法だと思います。


もちろん10戦10勝が続けばいいけど、長い間ゲームをやって全勝なんて数学的に有りえない。


参加したゲームに全部勝利するのは無理なら、ベットコントロールがキモになると考えます。



「勝負の機微はコマの上げ下げ」



正しい表現じゃないですけどこんなニュアンスで書かれた、
故阿佐田哲也氏の言葉でいったん〆ておきます。



ここからは余談ですけど、阿佐田氏はこの世界(←どんな世界だよw)の巨人だと思うし、
本当に強いギャンブラーだったと思います。

そんな氏でも生涯戦績は恐らくマイナス。
執筆活動での収入があったからこそ、生涯ギャンブルできたのでは?と推測。

でもその執筆活動のおかげで、最高のエンターテイメント小説を多数残してくれました。
(本名でも立派な賞をお取りになってますけど、読んだことないんですよね・・・)

また、氏の書籍内容は自分の考えと相反する箇所も多々あります。

でも残された内容は参考になる箇所も多くて、氏の残した文章にはひたすら感謝です。




Twitterも使ってマース。

@Litchimacau




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

ギャンブルについてほんの少しマジメに考えてみた②

いつもの戯言で話し半分、眉につばでもつけながらお読み下さい。


一応、職場ではギャンブル狂いの「フリ」をしているLitchiがよく言われるのが、
「カジノってイカサマがあるから勝てないんでしょ?」ってセリフがあります。


ハイリミットで一手が1000万円以上は知りませんけど、
一般人がプレイする平場ではあり得ないでしょう。

カジノは確率的にハウス(胴元)が勝つようになっているので、
ハウスがイカサマなんてする必要ないんですよねー。

ぶっちゃけ100万円ぐらいのベットでハウスがイカサマするなんて意味ない。

もしイカサマが露見すればライセンスは剥奪なり一時停止、
そして風評で客が寄り付かなくなりますから。


もちろん自分の勝負ベットで続けて負けると、
「ちくしょう!なんで確率的に有りえないことが、イカサマに違いない!」
と思っちゃう気持ちはよく分かるのでその気持ちは否定はしません。


後、発展途上国の怪しいカジノとか、日本の裏カジノとかは知らないです。

でもメジャーな観光地のカジノでイカサマなんて冷静に考えればないでしょう。


それからルーレットでディーラーは好きな目に落とせる、
だからそれを先読みしてベットするのが楽しみ方!
なんてのもありますけど、自分は全然違うと思ってます。


そもそも実際にルーレット見れば、狙った出目を出すなんて無理かと思います。

もちろん世界は広いから、狙った出目を出せるディーラーが存在しているかもしれません。

悪魔の証明なので、狙った出目を出せるディーラーが存在しないことは証明できないけど、
じゃあ仮にそんなディーラーが存在してて、そのディーラーにメリットはあるか?


全くないでしょうw


ディーラーがディールしながら何を考えているかというと、
今晩の晩飯のことや休憩時間まであと何分とか、
飼い猫の具合とか出がけにケンカした妻との仲直りの方法とか。

ようはツマらないんですよね、ゲームのディールって。

決められた手順でディールして、配当を間違えずにつけるだけですから。


目の前の客が勝とうが負けようがディーラーにとってはどうでもいい、
シフトで決まった時間だけを労働力として提供してるだけと考えます。

客が負けたからといって給料変わりませんもんね。


チップ収入が大切なアメリカのディーラーは、むしろ客が勝たないと困りますし。



イカサマは存在しているのはハウスからゲストではなく、
ゲストからハウスとディーラーからハウスだけ。

ゲストからハウスであるのは勝った瞬間にディーラーの目を盗んで、
ベットしたチップを増やしてみたり、クラップスでサイコロすり替えとか。

ディーラーからハウスへは客と組んで配当を多くつけたり、
直接チップを盗んでみたり。


なのでカジノにはスカイアイ(天井からの監視カメラ)があるし、
ディーラーがよく手をヒラヒラさせているのはチップを盗んでないことを、
スカイアイに見せているわけなんですね。
(他にも死ぬほど細かい作法があると思うけど割愛)


さっきのルーレットで好きな出目を出せるディーラーがもしいたら、
カジノは絶対に雇わないでしょう。

客と組んでバカスカ当てられたら困りますから。


カジノがディーラーに求めるのは、正確なディール、正しい配当をつける能力、
ゲーム数をこなせる生産性でしょう。

正確なディールや正しい配当をつけれないのは、ゲストとトラブルになるだけなので必須。

そしてハウスは時間あたりのゲーム数を重視してます。
ゲーム数をこなせばこなすだけ、ハウスの期待収益は増えますもんね。

よって極端にゲーム数が少ないディーラーは、それだけでクビになったりするらしい。


アメリカならこれに楽しいトークが出来る能力が求められます。



もちろん、そんなことはない!ハウスはイカサマで成り立っている!
って意見を否定するつもりはありませんよ。

ただ、ギャンブルについてツラツラと書くにあたって、
ハウスは大数の法則によって期待収益を計算していることが、
自分の考え方の大前提なのであえて書いてみました。


それからわたしゃ業界の人でもないし数学に強いわけでもない、
単なる素人だから突っ込みは優しくお願いしますね♪




Twitterも使ってマース。

@Litchimacau




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記