2月16日(月)その② ~ マドカちゃんキレる ~

ソンテウはちょっと距離があるからか200バーツからは安くならない。

仕方なしにそれで手を打ってからソイ10にあるホテルに戻る。

そういや水がないやと思ってなぜだかビアバーで水を購入。
コンビニで買えば2本で20バーツもしないのに、
こんなとこで買うから100バーツ近くしたw


ついでに屋台でマドカちゃんはよく分からないものを買っている。

自分はタイ料理がダメなのでソーセージとか買っておく。


部屋では食事をしながら適当にお話し。

酔っていた自分はしつこく彼女に抱きついたりしててかなりウザイw


「飲み過ぎだよ!早く寝なよ!」(※)と彼女もイラついてくる。

(※)実際の英語は「You so drunk. You sleep」とか。


ベットで横になっている時に、彼女が怒りだすトリガーとなる一言を言ってしまう。

「お店では何番つけてるの?」
「今度あなたが踊っているところを見に行くよ!」


ってな感じのこと。


このあたりでついに彼女は本格的にキレはじめる。

彼女はゴーゴーバーで働いている自分が嫌いなのに、
その話しをされるとそりゃー怒りますわな。

「早く寝なよって言ってるのにずっとなんで喋るの?」
「酔っぱらい過ぎだよ!」



なんかカチンときて色々と言い返すと、かなりの勢いで怒られる。

最後は

「私はあなたのお金なんていらない!もう家に帰る!」


凄まじい剣幕でまくしたて後にバッグを手に取る彼女を見て、
慌てて引き留めて何とか帰ることはなかったけど、
ちょっとでも話しかけると「寝ないと帰るよ!」と怒られる・・・orz


仕方ないのでLINEでメッセージとか送るけどガン無視。

大人しく一切手を出さずに就寝する。



朝、7時過ぎに起きた彼女は寝起きな上に、寝る前のことがあったのでかなり不機嫌。

前日のうちに色々と話したいことをまとめておいたので、
それを見せながらお話しすると機嫌も直ったので、
仲直りのブンブンをしておく。

ブンブンが終わった後も彼女は部屋にいるので11時前までゴロゴロしながらお話し。

さすがにチェックアウトの時間があるので、
「そろそろ帰って欲しいナー」と思った時ぐらいに帰り支度。


セカンドロードまで見送り、ソンテウ代として100バーツを渡してバイバイ。


早い目にバンコクに戻ってフロ屋でも行こうかと思ったけど、
そんなに気分も乗らないのでパタヤにいることに。

そうと決まればホテルをレイトチェックアウトにしようと思い、
マドカちゃんを見送った後にフロントに立ち寄ってみるも、
「今日は満室だから無理(・∀・)」との無情な答え。

「でも12時30分まではいいよ」との優しをいただき、
シャワー浴びたり荷物をパッキンして余裕を持ってチェックアウト。


ベルに荷物を預けてから、パタヤ散策に出かけてみる。




Twitterも使ってマース

Twitter





テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

2月16日(月)その① ~ LIAR GAME ~

センセーションズを後にしてから足早に待ち合わせ場所に向かう。

約束した時間は本日も日付が変る頃。

もうちょっと時間がかかると連絡があるので、
その間セブンイレブンでタイのSIMに100バーツほどチャージ。


ちょっと待ち合わせにに遅れてきたマドカちゃん。

今日はホットパンツに黒い長袖シャツ。

昨日までのいかにも夜の女性が好む服装も可愛かったけど、
今日の格好もなかなかカワユス。

ムチッとした足も美味しそうw

本人は太っていることをかなり気にしているけど、
鶏の骨みたいに肉がついていないより絶対いい!



昼間にあるメッセージを送ったことに対して、
「なんなのあれ~」みたいに言われるので、
「ゴメン、ゴメン」と軽く返しておく。


今日も一緒にinsomniaへ仲良く入店。

マドカちゃんはあんまりディスコ好きじゃないけど、
Litchiは今日が最終日なので付き合ってくれる。


シーシャ(水タバコ)が吸いたかったので1階のi-barへ。

ドリンクを注文してから彼女はおずおずと切り出してきた。

「明日の朝早くに、一緒に住んでいるママの子供を病院に連れて行かなければいけないの」
「なので今日は3時か4時には帰らなければいけない」



ハイハイ出ましたww


もうゴゴ嬢というか、夜の女性の言い訳ってパターン化しているね。

「ルームメイトがカギを持っていないから帰らなければいけない」
「寝ていてあなたのメッセージに気がつかなかった」
「体調が悪いから帰っていい?」



他にも一杯あるでしょうから、どなたか教えて下さいw

しかしをウソを受け入れているカスタマーの優しさをたまには理解して欲しいナー。


今日が最後だと言ったのに平気でこんなことを言ってくる彼女に対して、
「まあ、やっぱりこんなもんだよね」とそれほど腹は立たなかった。

別れた後、深夜というか明け方近くに女の子を探すのが面倒くせと思ったけどw


しばらくマドカちゃんはスマホをいじりながら、
どこかにテキストメッセージを送っている。

踊りながら軽く飲みつつ10分ほど経過すると、彼女はスマホ画面を見せながら話してくる。

「一緒に住んでいるシスターに変ってもらったよ^^」
「今日も朝まで一緒にいよーねぇ~」



画面を見せられてもタイ文字なのでいっちょも分からんですたいw


しかし、これは今でも分からない。

最初からそんな事実はなくて、客を喜ばせる演出だったのか、
それとも全て本当のことなのか。

1年前の自分なら素直に信じたけど、捻くれてしまった今の自分には無理w


それでも感謝を示すのが礼儀なので大げさに喜んでおく。

そこからはシーシャを彼女に頼んでもらって、その様子を写真と動画に撮ってもらったり、
またシーシャ嫌いにも関わらず結構長く一緒に付き合ってくれたり。

ほど良い時間になったので奥の階段から2階に行ってから、
彼女がいつもいるだろうあたりのテーブルで一緒に楽しむ。

ここではテキーラを少しとビールを4~5本だったかな?

マドカちゃんも少しは飲んでいたみたいだった。


2時間もいないうちにやはり今日も頭がイタイと言ってくるので、
一緒にinsomniaを後にしてからソンテウ乗り場に向かう。

その時に彼女は一軒の屋台で立ち止まる。

屋台ってのは洋服を売っている屋台で、夜の商売の女性向けの店。


色々と見ていて気に入った服があったらしくてねだってくる。

450バーツなのでタイにしては高いけど、まあ彼女が喜ぶならとお買い上げ。


そのままウォーキングストリート入口までのソンテウ乗り場に向かった時、
彼女は自分の店の前で顔を隠す仕草をしたりでカワユス。

ソンテウに乗る前にもなぜか昼間のメッセージのことをチラっと言ってきた。

「メンゴ、メンゴ」と軽く流してからソンテウに乗ってホテルに戻る。




Twitterも使ってマース

Twitter




テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

マドカちゃんとのお話し ~ 営業はやらない主義です!

2月の旅行記の途中ですが、自分用に他の話しを先に完成させるのを優先させてます。

でもやっぱりこのブログに愛着はあるんですよねー。

なので放置するのは忸怩(じくじ)たる思い。

この土日に一応8本ぐらいのポストを書きました。
その中でみなさんに笑ってもらえそうなのをチョイス。

途中からはバッサリ切った内容ですが、お暇な方はどうぞ!




ここからは日本に帰国してからのお話し。

その前にタイから帰国する時に、マドカちゃんにLINEを入れた時のこと。

大体遊んだ女の子で連絡先を交換した場合は、向こうから「また会おうねー」とか、
こっちから「楽しかったよー、タイに来る時連絡するね!」とかが定番。


空港からマドカちゃんに複数回に分けてメッセージを送信。

一応、考えながら文章を5つぐらい送っていたら、全部既読になったと思った瞬間、
彼女はスタンプ一個を送ってくるだけ。

間違いなくこっちの文章は一ミリも読んでいないw


今までにいないタイプでちょっとびっくり。



どこかの誰かの文章で読んだことがある。
用事がない限りお客とやり取りをしない嬢がいると。


マドカちゃんはそのタイプでした・・・orz



「何してるの~?」とか「I miss you」とか自撮り写真とか気持ちいいぐらいなし。


最初にきたのは帰国した翌日に、
LINEの着せ替えのドナルドダックのスクショを送ってきて、


「これが欲しいな♪ダーリン♪」



いきなりLINEの着せ替えのおねだりですよ!

それも滞在中にあるキャラクターが好きだと言うから、そのキャラの着せ替えプレゼントしたのにw


あんまり甘やかしたらいけないと思って、残りコインが150しかないスクショを送って、
「このステッカー送ったらコイン無くなるから!」
「しばらくプレゼントできないよ!いいね?」


これに対する彼女の回答がふるってた。


「ステッカーじゃないよ!ドナルドだよ!」



おんなじやボケww




単に着せ替えのことを英語で何て言うか知らないからステッカーってしただけで、
そんな些末(さまつ)なことにツッコミが入るとはw

この時の脱力感はよく覚えている。


しばらくステッカーとかプレゼントしないことを伝えてプレゼントしても、
彼女からは「Thank」の一言だけ。


で、その後数日してからきたのは、

「お金がないのダーリン♪」
「カスタマーとホテルに行きたくないの(ノω・、)クスン…」
「私にはあなたしかいないの(つд・ ) チラ」




・・・・(・∀・)




あのねぇ、毎日連絡を取って「ウフフ、キャハハ」ってしているならまだしも、
君は帰国してからのボキに対して「着せ替えが欲しい」って要求しただけですよね?

チョット、イヤカナリ図々シクナイデスカ?


まあ、彼女達からしたら送金依頼はやるのが礼儀というか、
「これで金を送ってくればラッキー♪」ぐらいの感覚。

「I miss you」「元気~?」と同義語なのと似たようなもん。

なのでこちらも真摯そうにみせて適当にあしらえばいい。

「Oh... I want to help you. But i have no money」
「I am no good man. I am sorry」



あとはゴメンネのステッカーの一つでも送れば終了。

実際、マドカちゃんも軽い気持ちだったので、

「OK、分かったー」
「仕事に行ってくるね!」


これにて終了。


と思ったら違っていた。


【お断り】
この続きで同じぐらいのボリュームの文章を書いたのですが、
大した内容じゃないので切っておきます。


~ ~ こ こ か ら 再 開 ~ ~

その後、「来週パタヤ行くけど会えるかなー?」のやり取りからは正常に戻る。

彼女も「いつ来るの~?」「20日は友達の結婚式だからダメだけど」とかの返信。
「Yes」「OK」だけのやり取りはこういう時はしないがはっきりと分かった。

この一連の流れでマドカちゃんは無駄なやり取りはしないって分かったので、
そういう方面では期待しないことにした。


ちなみに今の時点(3月22日)の話し。

バンコクで他の女の子とヘベレケになるまで飲んだことはいまだ許してもらえず、
「OK」「Up to you」しか返信してくれないという罰を受けています・・・orz




Twitterも使ってマース

Twitter




テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

2月15日(日)その③ ~ GOGOバー巡り ~

待ち合わせを0時としたので、のんびりとウォーキングストリートに行ってみる。

いつものようにビーチロードでソンテウに乗ってから、
例の看板が見えてくるぐらいで降りる。

まずはコーヒー屋でカフェイン補給。
2015年2月パタヤWSのコーヒー屋

コーヒーは50バーツ。


コーヒーを飲みながら通りを眺めるも、日曜だからか人通りは昨日より少ない。

しばし一服しながらぼけた後にまずはアルカトラスからスタート!

うーん、ネットでちょこちょこ見かけるから来てみたけど、
嬢の数はいるけど好みはいない。

とりあえずハッピーアワーなのに間違えて頼んだビアシンを飲みながら鑑賞。

特にしつこいペイバーやドリンクの督促はなかったけど、
トイレに行った時にオッサンが待ち構えているのがうざかった。

特筆すべきこともなく、155バーツに25バーツをチップしてから退出。


その後、バンブーさんと行ったカオマンガイ屋さんに行こうと思うも、
見事に店の場所を覚えていないw

しょうがないのでその辺の屋台で焼き鳥とライス。
2015年2月パタヤの最終日屋台飯


その後は可愛いノッポの全裸嬢がいたライトハウスへ。

残念ながらお目当ての嬢は不在。

せっかく来たからと思って80バーツのドラフトビアをチビチビと飲みながら観察。
全く覚えていないので可もなく不可もなくだったのかな?

でもこの店はノリもいいし、トイレでチップをねだられることもないんでお気に入り。


いい気分になったところで80バーツに20バーツをチップしてから次へ。


お次は評判をよく聞くセンセーションズへ。
2015年2月パタヤのセンセーションズ看板

この店は日本人好みの可愛い系は少ないけど、店はデカイし嬢の数も揃っている。

音も重低音が心地いいし気に入った。


あんまり飲み過ぎるなと注意されていたのでここではコーラ。

嬢たちの元気なダンスを見ていたら隣に嬢が勝手に着席。


あんまり断る理由もないしちょこちょことお話し。

名前はエルちゃん、「どこから来たのー」とか定番のお話し。


感じのいい嬢だったのでテキーラをゴチ。

自分も飲みたかったけどガマン。


そうこうしているうちにマドカちゃんからLINEが届きだす。
(時間は23時30分頃)


「どこにいるのー?」みたいな内容。


エルちゃんは勝手にLINEの画面を覗きこんで内容を見ると、
自分の服の店名のところを突き出しながら写真を撮って送れと。


出来るかハゲw



無難にウォーキングストリートにいることだけ伝えてしばらくやり取り。
着信がなければエルちゃんは両手でスマホを入力する真似をしながら、
「返信早くしないとー」みたいなジェスチャー。

顔はもう忘れちゃったけど、なかなか楽しい嬢です。


「もうすぐ行くよ~」の返信があったので慌てて会計。

2杯ゴチしたので410バーツに30バーツをチップ。


退店する時にエルちゃんの胸に100バーツ札を突っ込んでキスとかして退店。


早足で待ち合わせ場所へ向かってみる。




Twitterも使ってマース

Twitter





テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

最近のこのブログについて

本日も飲みながら書いているので多分、誤字脱字だらけで脈絡がないと思う。

最近のこのブログって、ぶっちゃけつまんないですよね?

自分でも分かるんですよねー。
書きたいことの半分も書いていないですから。


そもそも書いている一番の目的は「自分の旅行を追体験する」が一番のメイン。

なので行動したことだけでなくて、その時に思ったことや気づいたこと、
また旅行前に行く高揚感を文章に残しておいてから、
後で自分で見直して旅行を追体験するのが結構な目的。

そのついでとはいってはなんですが、色々な人に見ていただいて、
こんな文章でも少しでも時間潰しになったりすればなと。

もちろん書いている内容が内容なだけに、人にバカにされるのは覚悟の上。


でも基本、個人のブログで「アホやな」と思っても、普通はそのままスルーするだろうから、
別段それほど気にせずに自分の書きたい様に書いてきたつもり。


それが去年の8月から変わって、そんなに思ったことを書かなくなった。

もちろん金池サウナのこととか、アホなことを書いて自分でも楽しみ、
かつ読むほうもそれなりに楽しめる時もあったとは思う。

でも基本はセーブして書いているので、正直自分でもつまらない。


話しは変わって非公開で10本近く書いた時があったけど、
それはキツイけどある意味楽しかった。

好きなように自分が感じたことを文章に残せるのはやっぱ楽しい。


このブログは基本週末に書き溜めている。

正直、平日はブログ書くような余裕もそんなにないし、
書くにしても今みたいに雑感的なことしか書けない。

まあ仕事は忙しいけど、それは世間では大勢いる話しなので、
あんまり関係ないと思っている。

バックグラウンドを少しでもネットに出すのは好きじゃないけど、
今の労働時間は1日12~13時間程度。

デスマに突っ込まれた時に比べれば少ないし、これぐらいなら大丈夫だけど、
別件でかなりイライラが溜っていたので、急遽旅行に行った次第。


まあ、そんなどうでもいいことはここまでにして、
週末に書き溜めている件だけど結構義務的な部分もある。

知っている人もいるでしょうが、本当にあった出来事は無論、
その時の自分の感情も記録に残そうと、
別のブログを立ち上げてたまーに書いていたりする。
(もちろん全部旅行絡み)

でも、それはパス付で自分用。

パタヤちゃんとのことを全部書いたのもそこに引っ越しさせたし、
マドカちゃんと話した内容もゆっくりだけど書いていたりする。

そっちを書く時はまあ楽しいけど、ブログ二本も進めるほど器用じゃないし、
このブログでも一本の旅行記にそれなりの時間がかかるわけで。


多分だけどパタヤちゃんとのことを好きに書いていた時は、
それなりに読むほうも今のブログよりはマシに感じていたと思う。

どんな駄文でも感情がのっている方が、スカした文章よりマシかと。


ツイッターではその時のことを結構そのまま書いていたけど、
最近はそれも難しいかなーと思ったりしている。

やっぱリアルな知り合いが見ている中で書くのって難しいなー。


特にこうしたいとか、どう思いますかじゃなくて、
飲みながらなんとなーく書いたポストでした。




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

2015年3月バンコク最終日でやらかし

本日帰国しました。

Twitterではツイートしてたのですが、ブログでは全く現地実況してませんでしたね・・・
スマホでは書き辛いのとラップトップをほぼ使わなかった結果。

まあ、パタヤでは特筆することもなかったんですよねぇ。

マドカちゃんと一緒にマッサージ行ったり、ムーカタ食べに行ったりの話しだけなので、
需要も興味もないでしょうから旅行記を書く機会がある時にでもふれる程度にします。


全部パタヤにせずに最終日をバンコクにした理由は、
ちょっとでも帰国できないなんてリスクを減らすため。

例えば予約したタクシーが来なかったり、思わぬことで空港に到着が遅れたり。

絶対に仕事に穴を開けれない状況だったもので。


なのでバンコクではナナプラザでタイガーボード片手にレインボー系列を見学し、
最後にオブセッションにもで行って気が向けばペイバー。

の予定だったけどNKさんより「付き合いますよ」の連絡。

月曜なので連絡は遠慮していたけど、問題ないとのことで21時頃合流。


とある事情でレインボー1を除いたレインボー各店を巡ってみる。

■レインボー3

普通にペイりたい嬢が結構いるのでガン見。
184番とかピカイチの可愛さで、その他にも心動く嬢が多数。

後でまた立ち寄って召還してから、様子を見てペイバーもありだな!

まあ、ソイカウボーイへ行ったらそんなことはすっかり忘れてたけどw


■レインボー2

旬が過ぎたとはいえ、やっぱキャピ軍団と呼ばれる一軍嬢を見てみたい!

なにこのラインアップ('A`)


電波の入りは悪いしビールはぬるいし、全然可愛い嬢は見当たらないし。
不思議ちゃんはいたけど・・・

ぐるっとステージの周りを歩く行為が出来ないので、10分そこそこで退店。


■レインボー1

74と77が並んで踊っている貴重な光景を見れて満足。
確かに77は美少女で可愛いけど暗い感じで食指は動かず。

それなら73とかニコニコしている51とかに興味引かれる。

51はオデブちゃんだけど。



ナナはこれにて終了してからソイカへタクシーで移動。

「この時間ならシャークは嬢が多いですよ!」のNKさんの言葉で入るも、
10人もいない状態なので席にもつかずに退店。

他の店を巡ってみるも同様。

バカラは興味ないのでこうなるとクレイジーハウス一択。


さすがのクレイジーハウス。

月曜だけど嬢も客もうじゃうじゃいる。


NKさんとはここでお別れしてから一人で飲むことに。

そこで呼んだのは全裸隊の49番(多分、47だったかも?)

名前はsaiちゃん、お歳は19歳。
強気な顔立ちで体も美しい。

笑顔でやってくるので「テキーラいーよ」というと、テキーラ&コーラのセット。

これがデフォルトなんすかね?


なんか気に食わないので「テキーラ5杯ね、コーラなしで」と伝えて持ってこさせる。

その5杯の下に500バーツ札を敷いて「これ1分で飲んだら500バーツね!」


さすが金が欲しいからsaiちゃん頑張って飲みましたw

そして当然ベロベロに。

その後は自分もテキーラ入れながらガンガン飲みまくって、
かなりやばい状態になってからペイバー。

ちなみにsaiちゃんはロング不可。

なのでショートで手を打ってろくに交渉しなかったら前払いで4000バーツ・・・orz


スイマセン、面倒くさくて払っちゃいました。

こういうことを飲むから日本人が舐められるのに申し訳なし。


その後に勘定がきたけど6800バーツw

さすがにそんなに飲んだわけではないので、電卓で計算すると2800バーツぐらい。
(でもこれも間違いで本当は4000バーツぐらいだと思う)

さすがにブチ切れてFから始まる四文字言葉を連呼して猛抗議。

するとどういう計算か2800バーツになるw
ペイバー代とチップ代を払ったのが伝わってなかったのかな?

3000バーツで払ってチップはビタ1バーツもおかずに、
プリプリ怒りながら店を後にする。

そういや黒マダムが間に入ったけど、saiちゃん受け取ってたのは2000バーツだけ。
(ちらっと見えた)

仕方がないとはいえ搾取がヒドイね。


ソイカのどっかのゴーゴーバーに入ってここでもテキーラ。

嬢のために頼んだけど自分で4~5杯は片づけたw

近所のヤリ部屋で380バーツ払ってブンブン。

ぶっちゃけ全く覚えていない。

覚えているのは飲み過ぎでイカナイので「長い!」って怒って帰ったことだけw


これで大人しくホテルに戻ればいいものを、知っているバーに入って、
知っている女性と飲みだしたあたりから記憶が飛んでる('A`)

覚えているのは財布に2000バーツもなかったのでキャッシングしたことと、
ふざけてこの女性と軽いキスとかして騒いでいたこと。

そんなことをする間柄でもなかったけど、なんか勢いでついつい。


そしてその写真をLitchiの携帯で撮っていた。
それだけならいいけど、Litchiの携帯を使ってFacebookにアップされていた・・・orz

一つはベロンベロンに酔ったところと、もう一つは軽いキスをしている写真を一枚。

軽いキス写真には「I miss you really」の言葉が('A`)


朝、その事実に気がついて慌てて削除したけど時すでに遅し。

マドカちゃんはそれを見てかなりお怒り。

まあ、自分に流れるお金が他に流れるのはGOGO嬢は嫌がるからなー。


で、記憶は全くないけどその後どこかのクラブに行った様子。

左手の甲にスタンプがあったので間違いない。
(写真はTwitter参照)


そしてもっと最悪なのが朝起きてから。

どうやって帰ったかも覚えてなくて、目覚めたのは7時40分。


フライトは9時50分wwww



10分で仕度をしてチェックアウトしてからタクシーに飛び乗る。

その時に財布を見ると1600バーツしかない・・・orz


20000バーツをキャッシングして一晩で使うってアホの極みw


まあ、なんとか空港には8時40分頃に到着してから無事に帰国はできたけど。


本当、お酒はほどほどにしないともっとひどい目に合いそう。



と、お酒を飲みながらこれを書いていますwww





Twitterも使ってマース

Twitter






テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

パソコン使わず

全然ブログ書かなかったですね・・・

今は4日目の3月16日(月)の11時30分ぐらい。

とりあえずチェックアウトまで書けるだけ書いてみます。


2日目:3月15日(土)

パタヤに着いたのは16時ぐらいで、そこから各方面に別れてホテルまで送ってもらう。
ベルトラベルなら楽っちゃ楽ですね。

16時30分ぐらいにチェックイン。

ちょっと落ち着いてからどうしようかと考えている時、
うっかりBeetalk(タイの出会い系アプリみたいなもん)をログイン。

速攻でマドカちゃんに見つかって会う約束となる。

20時で待ち合わせにしてから、ホテルの名前を伝えるも「知らない」の答え。

ベイウォークレジデンスだからそこそこメジャーだと思ったけど・・・


外に迎えに行くことを伝えるも、近くに目印はないかとのこと。

外に出てからあたりを見渡すとロイヤルガーデンプレイスってあるので、
それを伝えるとそこなら知っている。

待ち合わせてから1ヶ月ぶりの再会。

日本にいる時にちょっとだけゴタゴタしたけど、
普通に笑顔でふざけてるく。

デニムのホットパンツに長袖シャツ。

お洒落な帽子とか被っていてカワユス。


とりあえず部屋まで行ってから色々とお話し。

食事に行く話しになるので「ムーカタ食べたい」と伝えると、
モタサイにサンケツで来たの方に向かう。

ムーカタ屋っぽいのが何軒もあるところ。

そこでムーカタと何かの肉と


ここまで書いたらフロントよりチェックアウトの督促。

続きはバンコクで。



テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

ツイッターのお知らせ

ブログ書かずにツイッターばっか使ってます。

ちょいと思ったように時間が取れない。


というわけでインソムニアなうだけど、マドカちゃんのテンションが低すぎるので、
あともうちょっとしたら撤退かな?



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

ようやく到着

サワディーカァッープ!

ようやく目的地のタイに到着。
しかしこれから2時間かけてパタヤへ。

遠いよ・・・


13時過ぎにスワンナプーム空港には着いて、
ファストパスで速攻で入国するも、
次のパタヤ行きのバスは15時30分発の無情な表示。

それでもカウンターに行ってみると、
何故だか14時発のチケットが買えてラッキー。


ベルトラベルのバスでホテルまで送ってくれて、
250バーツだから全然納得できる。

というわけで現在、バスに乗車してから出発待ち。



テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

10年ぶりぐらい?

アニョハセヨー!

韓国は仁川空港にいるニダ!


韓国来るのは10年ぶりぐらいだなー。
前はカジノ目当てで来たけど、なんかピンとこなくてそれっきり。

今回も乗り継ぎで来ただけなので、空港で過ごしていますw

韓国アガシと対戦も考えたけど、食指が動かないので空港野宿。


厳密には空港の地下1階にあったスパで仮眠してました。

こんなとこで20,000ウォン、けっこう有名なんですかね?
2015年ソウル仁川のスパ玄関


個室があれば幸せだったけど、あいにく満室だったので入場料だけ払って入ってみる。

スーツケースはフロントで預けてクツはシューボックへ。

後は腕輪のカギでロッカールームに行って着替えて入浴。
マカオのサウナでの経験がちょっと活かせれたw


あと、浴場入ってすぐにトイレがあったのが謎。
2015年3月ソウル仁川空港スパの不思議

他国のことを悪しざまに書くブログではないので、文化の違いということにしておきますw


0時過ぎから3時30分頃まで雑魚寝ルームで寝れたけど、
それ以降は目が覚めて寝れなかったので外へ。
(スパ内は禁煙、食事不可、飲み物もスナックコーナーが終了して水だけ)


セブンイレブンがあったので、そこでハンバーガーとコーヒーで朝食は済ませました。


さて、6時か・・・

出発まであと3時間以上あってヒマだなー。


ということで今回の旅行の背景を軽く。

前回、2月にパタヤから戻って以降は期末近くなので忙しくなる。
まあ、それは毎年だし忙しいだけなら別に文句もない。

けど、他のことでストレスがたまりまくりで「あーっ!!!!!」となっているところに、
年間の残業時間がヤバイから休まなければいけないことに。

最初は2日間休もうと思ったら相方から「2日も休むんですか!?」と言われ、
1日だけ休む前提でチケットを探すもいい時間帯のは見つけれず。

そうこうしていたら休日出勤が発生する羽目になって、
これにて休みは2日取得できることに(・∀・)

速攻でチケットを探して3月7日(土)には予約。
翌日にはホテルもほぼ探し終えてみる。

仕事は遅いがこういうことは早いw


3月13日(金)に仕事を終えて韓国で1泊。
3月17日(火)に帰国するスケジュールざんす。


嫁?

まあ普段の帰宅時間と自分の様子を見ていたら、
何にも文句は言われませんでした。

というわけで空港探索にでも向かうかな?






Twitterも使ってマース

Twitter





テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報