素晴らしき中国東方航空

旅行に行く時のエアラインの選び方ってこんな感じですかね?

■どこかのエアライン(アライアンス)に忠誠を誓っている
マイルの関係でこういった方は多いでしょう。
タイ旅行ならJALかTG、はたまたANAかといったところでしょうか?

選択肢は限られるけど、選ぶのは日程だけなのでこれもありですよねぇ。


■日程と価格を組み合わせて決めていく
忠誠を誓うメリットを感じられないならこっちですよね。
以前と違ってエアアジアもスクートも飛んでいるから選択肢は豊富。


自分は後者だけど地方空港発なので非常に選択肢が少ない。
直行便で行くならTG一択と。

首都圏か関西圏なら選択肢も色々とあるから羨ましい。


価格を優先させると、どうしても海外の経由便となるのが宿命。

ヴェトナム航空、イースタージェット、ケニア航空とか、
あまり馴染みのない会社でバンコクに行くことしばし。
(タイスマイルとか大韓航空とかでも行ってる)

そんな中、圧倒的に海外乗り継ぎで使う会社は中国東方航空。
中国東方航空ロゴ


ネットでは色々と見かける会社だけど、どんな会社か自分の感覚をつらつらと。


■機内食
日本発の場合は比較的だけど口に合う。
まあ、日本のケータリング会社が供給しているから当然っちゃ当然。

しかしこれが海外発だと・・・
2015年11月バンコク行きの機内食
※2015年11月撮影


お菓子ですww


これはある意味ありっちゃありだけど最初はびっくらこいた。


まあ機内食なんて気に入らなければ必要ないかもだけど、
浦東空港は物価が高いので機内食をあてにするわけですわ。

腹を空かして乗り込むとお菓子が出てきてこけたw



■機内エンターテインメント
何もなし、潔いぐらい何もない。
一応外国のジョーク番組を遠く離れた画面でやっている程度。

結構、何度も乗ったけど液晶モニターがあったのは一度だけかな?

機内で寝れなければすることがない。
体力回復(または温存)を気遣ってくれるいい会社です(・∀・)



■CAを含む職員の対応
中華標準の一言で理解できるかと。
ツンツンした小姐に対応されるのが好きだとご褒美ですw

あっ、思い出した。

上海乗り継ぎの時にバンコクで上手くチェックインが出来ていなかった時のこと。
乗り継ぎカウンターで確認するからちょっと待てと言われて1時間以上放置。

さすがにイラついて「いつまで待つんだよ?!」と聞いたら、
「そんなの知らないわよ!」と逆ギレで返されたw

中国人にそういうのを一切期待してはいけない。


■ディレイと欠航
これは日本発の場合は問題ないし、二度ほど南京で乗り継いだ時も問題なかった。
問題なのは上海の浦東空港。

混雑している空港だからか、まあ遅れること遅れること。
定時運行に命を懸けているJALの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい。

と言いたいところだけど、空港がそもそも大混雑しているからやむを得ないかなー。


しかし欠航はダメだろうと。

今年(2016年)の5月のことだけど、ゲートまで行って搭乗時刻になっても何もなし。
オカシイなと思っていたら、いきなりキャンセルの表示で周囲はパニクってましたわw

ディレイはまだしも、これがあってからちょっとさすがに選択するのに躊躇しだした。


いくら窓際でも仕事に穴を空けるのはキツイ。



■欠航時の対応
不幸にもその憂き目にあっても安心して下さい。
非常に慣れているので、ちゃっちゃと航空会社が抑えている宿まで運ばれます。

色んな便の乗客が運ばれてきていて手慣れた感じでサービス抜群!

もちろん補償とかは一切なし!
ごねたらあるかもしれなけど、そんなことに労力を使いたくない。

航空会社的には遅れようが目的地まで乗客を運べばいいでしょうから。



■機内モードも許容しない
機内モードでもスマホは使ったら怒られます。

まあ、それは航空会社によって違うらしいからまだいいにしても、
スマホをモバイルバッテリーで充電していても怒られますw

安全のしおりにも一応その表記は記載有り。
2016年10月バンコク復路の安全のしおり


でも、タブレットを機内モードでいじる分には何も言われません。

スマホがダメでタブレットはオッケーなのか理由はよく分からないw




まあ、色々と書いたけどLitchiはこれからもこの会社を使いますよ。

スカイスキャナーで上位に表示される限りだけど(・∀・)








ツイッターもやってます。
Twitterボタン



テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

免税タバコ各地での価格比較(2017年版?)

喫煙者以外には全く需要がない各地での免税タバコ価格です。
2017年度版は無理があるけど、2017年は渡航頻度激減のため先取りということでw

過去ポストは以下の通り。


免税タバコ各地での価格比較(2015年版)

免税タバコ各地での価格比較(2014年11月シンガポール追加)



比較するのに使用する銘柄はメビウスライト。
2017年3月時点で日本国内では1カートン税込み4,400円。


■日本国内免税(2016年12月)
2016年日本免税タバコ


2,800円

ベ○スに渡航する前に成田で購入、カードの明細を確認したらこの時で2,800円。
恐らく2017年3月時点でも変更はないはず。

写真はいつ買ったか忘れたけど限定バージョンのパッケージ。

Litchiは「限定」とか「今だけ」の言葉に弱いw


この値段より高いか安いかが目安の一つになるかと。



■タイ(2017年1月)
2016年6月タイ免税タバコ1

2016年6月タイ免税タバコ2


700タイバーツ(2,345円)

みんな大好きタイランドでの免税タバコ。
日本円の表記は2017年1月に行った時のレートで、以降他国も同様にしておきます。

1THB=3.35JPY
(明細確認しながら書いてます)

よっぽどの円安にならない限りは国内免税よりお得ですな。
まあ円安になっても渡航を抑える人はそんなにいないかもだけどw

パッケージのグロさは相変わらずなかなかのもの。

【注意】
Twitterで720バーツってのも見かけたので最新情報ではないです。


■中国(2017年1月)
2016年10月中国免税タバコ

2016年中国免税タバコ


120元(2,077円)


写真は110元になってますが撮影したのは2016年10月のこと。
今年の年始、南京で乗り継いで帰国した際に買った時は120元でした。

1CNY=17.3JPY



■台湾(2016年11月)
2016年11月台湾免税タバコ1

2016年11月台湾免税タバコ2


710ニュー台湾ドル(2,551円)


タイよりちょっと高かった。
1TWD=3.59円なのでタイバーツより0.2円高い感覚。

パッケージはマカオと同じパッケージだったと記憶している。

どうでもいいけど免税店の愛想の良さはかなりのものだった。



■マカオ(2016年10月)
2016年マカオ免税タバコ


175マカオパタカ(2,318円)


2016年10月、弾丸で行った時にマカオ経由で往復した際に購入。

1MOP=13.24JPY


タイで同じぐらいの感覚ですかね?



■香港(2016年12月)
2016年12月香港免税タバコ


205香港ドル(3,159円)


LAXより帰国する際にディレイをかまされ、香港経由で帰国した際に購入。

1HKD=15.4JPY


日本国内の免税より高い(;´・ω・`)



ほんの数年前までは確実に国内で買うよりお得だったのにねぇ。

というかマカオと比べても何でこんなに高いか不明。
まあ物価に関しては香港は先進国なので仕方ないか。



■アメリカ(2016年12月)
2016年アメリカ免税タバコ


31ドル(3,732円)


さすがアメリカ様です、国内で税込みで買うより600円しか違いません。
この時は円安気味だったのでレートは以下の通り。

1USD=120.38JPY


まあそれを差し引いても高いっすわね。
仮に1ドルが100円で計算しても3,100円だもんなー。

デフレが10年以上進行している日本が変わってるだけなのを織り込んでも、
この値段はさすがアメリカだなぁっと。



■韓国(2016年5月)

※写真は紛失


26,150韓国ウォン(2,482円)

釜山に行った時に購入。

1KRW=0.094913JPY

タイよりちょっと高い程度。
まあ、乗り継ぎとか誰かと一緒じゃないと韓国には行かないと思うけど、
行ったら取りあえずは買うかな?

ハングル表記なので韓国人に擬態する時に便利(・∀・)
(そんな人がいるかどうかは知らないけどw)




ということで値段だけを見ると中国で乗り継いだ時に買うのが一番と、
前回と同じ結果となりました。

次はまた2年後ぐらいに同じ内容に書けたらいいかな。


それまでブログ書いているのか知らないけどw











Twitterボタン





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

数字の世界

このブログを最初から全部読んでいる奇特な人は少ないだろうから、
ちょいちょいと書いているけどわたしゃセコイ性格ですw

マイルやポイントをコツコツと貯めるのが生活サイクルに組み込まれている。


こういうのは興味がない人は全く興味がないのは当然のこと。

「使った金額の1%って1,000円で10円、10,000円で100円だろ?」
「そんな金額のために意識して生活するのって馬鹿らしい」


おっしゃる通りごもっとも。


Litchiも結婚する前の若かりし頃はそう思っていたし、
実際にそんな細かいことは気にした事はなかった。

基本、性格はかなり大雑把なところが多いし。


そんな自分は変わったのは一度貯まったマイルで旅行に行った時から。
10年前ぐらいのことかなー?

何気なく使っていたセゾンのクレジットカードのポイントが貯まっていたので、
JALのマイルに交換してから旅行に行ったら、マイルで旅行するってのが楽しかった。

そこからマイルを貯めることに熱心になってから、そのうち他のポイントも色々と貯めだした。

今だとマイル以外ではTポイントやPontaポイント、後は楽天ポイントやエポスのポイントも。
それからホテルを予約する時はagodaメインなのでagodaのポイントも。

国内でたまに旅行する際のホテルは東横インがメインなので、
会員になって宿泊ポイントを貯めたりもしている。


実際の数字で確認、昨日書いたドトールを例にするとこんな感じとなる。

10,000円で飲めるコーヒーの杯数。
ドトールのコーヒーは220円。

【現金】
10,000円 ÷ 220円 = 45.45454545・・・・
45杯のコーヒーが飲めて100円余る(45杯×220円は9,900円)

【ドトールバリューカード】
10,500円 ÷ 220円 = 47.7272723
47杯のコーヒーが飲めて160円カードの中にポイントが余る(47杯×220円は10,340円)

これとは別に100円で1ポイント付与される。
47杯×2の94ポイントが入るので、余った160円と合わせて254円分のポイントが入り、
結果として48杯のコーヒーが飲める計算となる。


その差は3杯、660円分。
ざっくりした還元率は6.6%なり。

チャージをクレジットカードでしていて、還元率0.5%のクレジットカードだと、
トータルの還元率は7.1%と悪くない。

たかだか7%と思われるかもだけど、こういうのは長期間の積み重ね。

自分は年間にコーヒー屋でコーヒーを飲むだけで、大体120,000円ほど使っている。
これが10年間だと1,200,000円だからこの7%は84,000円となかなかのもの。

無視できる人もいるでしょうけど、偏差値50のリーマンだからわたしゃ無視できません(・∀・)


特定の店に囲われることになるけど、元々囲われるのは苦にならないしw

というか日本の商習慣として新規客を優遇する習慣が多いけど、
こういったリピーターに特になる習慣はもっと増えて欲しいなー。


こんな風にいつも計算しているわけじゃないけど、色々と数字をなぶってみるのは嫌いじゃない。


これとは別に貯める系でも複利何パーセントを何年間でって計算とか、
ギャンブルの時の期待値計算とかも興味があるタイプ。

しかしセコイと言いつつ、ギャンブル好きとか自己矛盾もいいところだなw



本来はこういったことには全く興味がなかったけど、
人間変われば変わるものだねーって話しでした。












Twitterボタン





テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

サプライス2017年春のセール

去年もこの時期にやっていたので今年もかな?と思っていたらきましたねぇ。
サプライスの5,000円引きのセール。


サプライス


しかし、この割引でどうやって利益出しているのか不思議。
まあ、どんな仕組みでもこんなに美味しいセールはないので活用するつもり。


去年はちょうど釜山に行こうと思っていたので釜山行きの航空券を予約。
今年も是非ともどこかに行きたいので何とか調整して休みたいなー。

セール期間は3月22日(水)~4月3日(月)と長い期間。


試しに希望日程で検索したら、タイまで往復で22,000円!

もちろんフルサービスキャリアじゃないけど、この金額なら全然ありですもんねー。
最悪、捨ててもいいつもりで予約を入れようかと考え中。


うーん、取りあえずボスにそれとなく打診から始めよう。










Twitterも使ってまーす
Twitterボタン





キャッシュレスな生活

日常における自分の行動範囲は非常に狭い。

平日は自宅と会社の往復で寄り道はほぼしないし、
帰りにちょっと一杯とかの習慣もない。

休日は自宅でダラダラして家族の買い物に付き合う程度で、
後はマンガ喫茶にマンガを読みに行くぐらい。

数か月に一度、旅行に行く時以外は大して行動パターンは変わらない。


話しは変わって日本は決済時に現金の比率が先進国にしては高い国だと思う。
レジに並んでいる時とか観察していても現金払いの人が多い。

聞きかじりで恐縮だけど、北欧の国とかは現金の決済比率が20%以下って国もあるらしい。

自分に馴染みがある国でもアメリカ、中国、韓国とかは現金以外が多いと聞く。
もちろんその国ごとの事情があってそうなったんだろうとは思う。

治安が悪い、偽札が多い、国がクレジットカードを奨励した等々。


ブログのタイトルにしているタイとかマカオは現金の比率が高いかなー。


Litchiはセコセコとマイルやポイントを貯めるのが好きなタイプなので、
決済は極力現金以外を使用するタイプ。

クレジットカードがメインだけどWAONやEdyも好んで使っている。
(ポイントでもらったクオカードもかなり使っている)


日常生活ではこんな感じ。

昼食、タバコ等はコンビニ。
ちょっとした買い物はカードが使える店かAmazonとかで購入。
マンガ喫茶はクレジットカードか電子マネーで決済。


そんな中、唯一コーヒー屋だけは現金で払っていた。
平日は1日2回のコーヒータイムを設けていて、その時間は結構大事にしている。

1日2回、1杯200円のコーヒーで平日が20日としたら月に8,000円ぐらい。

支出の中で現金で支払う費目が極一部残っていて、この金額は無視できない金額。


まあ、こればっかりは仕方ないかとあきらめていたけど、
数か月前にドトールのプリペイドカードをキャンペーンでもらった。

正式名称は「ドトールバリューカード」

1回2,000円以上チャージすると、チャージした金額の5%~(※)のポイントが付与される。

(※)会員ランクによって付与率は変化
9月16日~9月15日を1年間として、20,000円以上で7%、50,000円以上で10%となる。

詳しくは以下の公式サイトで。

ドトールバリューカード


このプリペイドカードへチャージする方法は以下の二つ。

・店頭にて現金でチャージ
・ネットでクレジットカードでチャージ

速攻でクレジットカードにてチャージしましたw

現在、30,000円チャージしているから年間50,000円とか楽勝。
これで平成29年9月16日からチャージする金額の10%のポイントが付与される。

ざっくりした計算になるけど来年10月1日以降は1割引きでドトールを利用できる感覚。
(正確には100円ごとに1ポイント付与されるので11%弱)

多分、どこに行ってもこの習慣は変わらないのでこれはありがたい。


そして何よりクレジットカードでチャージすることで、マイルやポイントの獲得に寄与できる。


ほぼ現金を使わない生活サイクルを確立したかったので、
これにてキャッシュレスな生活を送れることとなった。

まあ、記念で書いてみたポストでございました。










Twitterボタン




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

パタヤのコンドミニアムを旅行で使ってみる

このポストは大分前に書いたけどお蔵入りにしたポストです。
2017年3月現在、ここのコンドミニアムは多分どのサイトでも予約できません。

せっかく書いたから気まぐれで公開するだけです。



現時点でポストにしたコンドの代替として以下のコンドを候補にしてますけど、
馴染みの女の子がいない状態なので泊まるかどうかは未定。


【候補】
Central Avenue Studio by Mypattayastay

ブッキングコムで検索するとでてきます。





ということで、以下からお蔵入りにした内容。





Litchiの定宿は以前ポストにした通り。

2016年4月時点でのパタヤお勧めホテル


くだらない旅行記や、どうでもいいクレジットカードのことばかり垂れ流しているけど、
まあたまには少しでも役立つ情報(?)でもポストにしてみようかと。


4月のソンクランに行った時に泊まったのはコンドミニアム。
これが思いのほか良かったので5月もそこにした次第。


このコンドミニアムは自力で見つけたわけじゃなくて、
パタヤ千夜一夜様のブログで読んだので偉そうには書けないw

まあ、実際に泊まったレポを簡単に。


セントリックシーパタヤ


agodaでも予約可能だけど自分はBooking.comで予約。

<2017年3月追記>
2016年7月はagodaで予約。
その際も鍵の受け渡しは電話で行う必要があった。


オーナーが違うのか二種類のタイプが出てくる。


■セントリック シー バイ マイ パタヤ ステイ(Centric Sea by My Pattaya Stay)
4月のソンクラン時に宿泊、何種類か部屋のタイプがあるけど4階だった。
2016年4月コンドのベットルーム


【予約】
クレジットカード払いで決済、キャンセルは直前まで可能。
メールが届いてチェックインの1時間前に電話が必要。

電話するとオーナーか、またはその部下(?)がレセプションに来て鍵の受け渡し。

6泊でデポジットが現金で5,000バーツ必要。
また電気代と水道代は別精算で、こちらは457バーツだった。

清掃料金としてチェックアウト時に別途800バーツ支払い。


チェックアウト時もチェックイン時と同様に1時間前までに電話。

チェックイン12時~19時、チェックアウト9時~11時。
(時間は相談に応じてもらえるかも?)


【設備】
wifi、セーフティーボックス、液晶テレビ、洗濯機、電子レンジ有り。
キッチン用品も揃っていて自炊も可能。
2016年4月コンドのキッチン



【予約時の事前注意文言】
客室料金に電気と水道の使用料金は含まれていません。チェックアウト時に宿泊施設で直接お支払いください。

客室料金に必須の清掃料は含まれていません。料金は1ベッドルームアパートメントが1000バーツ(THB)、2ベッドルームアパートメントが1700バーツです。

清掃は、チェックアウト時のみ行っています。滞在中の追加の清掃は客室料金に含まれていません。希望する場合は、追加料金を宿泊施設で直接お支払いください。

19:00以降にチェックイン予定の場合は、必ず宿泊施設へメールまたは電話でご連絡ください。
到着予定時刻をCentric Sea by MyPattayaStayに事前に連絡してください。
到着時に5000THBのデポジットの支払いが必要です。客室に破損等がないことを確認した上でこの金額はチェックアウト時に全て返金されます。




■セントリック シー パタヤ バイ パタヤ レッティングス(Centric Sea Pattaya by Pattaya Lettings)
5月に宿泊、こちらの方がステイより部屋の種類が多い、24階に宿泊。
2016年5月パタヤのコンドのベット

リビングの様子。
2016年5月パタヤのコンドのリビング


【予約】
キャンセルは宿泊日の一ヶ月前まで、クレジットカード払い不可。
支払いは銀行振り込みかペイパルのみだったので、自分はペイパルで支払い。

メールが届いてチェックインの1時間前に電話が必要。

電話するとオーナーがレセプションに来て鍵の受け渡し。

5泊でデポジットが現金で4,000バーツ必要。
電気代と水道代は部屋代に含まれている、

清掃料金も不要。

チェックアウト時もチェックイン時と同様に1時間前までに電話。

チェックイン14時~24時、チェックアウト7時~12時。
(時間は相談に応じてもらえるかも?)


【設備】
液晶テレビ、冷蔵庫有り。
電子レンジは壊れていて滞在中は使えなかった。

wifi、セーフティーボックスともなし。

オーナーいわく新しい部屋だからwifiが間に合わなかったとのこと。
2016年5月パタヤのコンドのキッチン




【予約時の事前注意文言】
到着予定時刻をCentric Sea Pattaya by Pattaya Lettingsに事前に連絡してください。
到着時に4000THBのデポジットの支払いが必要です。客室に破損等がないことを確認した上でこの金額はチェックアウト時に全て返金されます。
銀行振込による前払いが必要です。予約後に、宿泊施設より銀行振込の方法について連絡があります。




【総評】
どちらもチェックイン、チェックアウトの時に電話が必要なのでそれは煩わしい。

支払いはステイは現金払いっぽく見えるけどカードで決済された。

レッティングスは支払いが意外に面倒だった。
銀行振込は海外送金だし、ペイパルのアカウントとか持ってなかったので。

それと鍵の受け渡しの際に現金で4,000~5,000THBはデポジットで必要。


予約時はステイの方が安い傾向にあるけど、清掃料金や電気代が別途かかるので、
トータルの支払い金額はどっこいどっこいの感覚。


部屋の設備的にはステイだったけど、レッティングもぼちぼち充実させているかな?
でもキッチンはステイの方が充実していて、馴染みの女の子もそれは言っていた。


どちらも部屋の清掃とかないのでバタフライ派は気を使うのが難点かw


料理作ってくれたりしてもらえるし、部屋自体は新しいので非常に快適。
マドカちゃんもかなり気に入った様子で、ホテルよりこっちがいいの弁。

公式の写真を見れば分かるけど屋上のプールとかなかなかのもの。


1泊5,000円程度の時ならここはかなりコスパいいと思う。

3泊程度ならホテルの方がいいけど、1週間以上滞在するならこっちかなー?



ということで、珍しく情報発信とかしてみました(・∀・)











Twitterボタン






テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

映画評  - バンコクナイツ -

映画評ってタイトルにしてますが、単なる個人の感想文ですw

誰かと映画に行ったら帰り道に語りたい時がありますよね?
それをブログでツラツラと書いてみるだけという。


タイが舞台じゃなくてもちょこっと出てきたリする映画やドラマはちょいちょいと見かける。

「ハングオーバー2」とかはすぐに思い浮かぶけど、
それ以外でも邦画で「MW(ムウ)」とか「紙の月」すぐに思い出した。

最近だとテレビドラマで「嘘の戦争」とか。

でも、邦画だと大体はちらっと出てくる程度、
今回がっつりとタイが舞台の映画が公開。


『バンコクナイツ』(←公式サイト)

バンコクナイツパンフレット


良識あるタイ人が嫌がると聞くパターンの映画。
(何か外国人がタイを舞台に映画を撮ると、絶対娼婦を絡めるから嫌とか何とか)


一応、公式サイトから粗筋を引っ張て来るとこんな感じ。


以下、引用。


娼婦・楽園・植民地。タイ人娼婦と日本人客。桃源郷を取りもどすための旅がはじまる―。 こちらは、タイ、バンコク。日本人専門の歓楽街“タニヤ通り”。「カラオケ」と呼ばれる、昭和の匂い漂う日本式ホステスクラブがひしめく夜の町。ひな壇にズラリと並ぶタイ人の女たちは毎夜、流暢な日本語で迎えてくれる。ショート2500バーツ、ロング3500バーツ。すべては金次第。娼婦と客、女と男。“タニヤ嬢”ラックと元自衛隊員のオザワ。バンコクから東北地方イサーン、そしてラオスへと至る、ふたりの逃避行を描くロードムービーにして、それを取り巻くタニヤ嬢たちと、バンコクに蠢く怪しい日本人たちの欲望渦巻く群像劇!


引用ここまで。



ネタばれはする気はないけどまだ見てなくて、
見に行くつもりの方はここまでにしておいて下さい(・∀・)



まあ、タイで買春している旅行者なら楽しい映画だったかな。

ひな壇でお客が選ぶシーンとか普通の人からしたらなかなかエグイ、
自分の中では麻痺していたところが多々あるんだなーっと思ったり。

主人公の嬢はタニヤ嬢なのに日本人好みの顔立ちじゃないとか、
客のところから戻るのにトゥクトゥクで帰っているとか、
なぜか意味不明にパタヤが出てきたりもしたりとか。


後はイサーンが舞台のシーンで日本語字幕が酷くて笑えた。

「おまんは幽霊の話しをしたずら」とかw


ナイトライフの舞台はほぼほぼタニヤがメインなので、
そこもピンとこないところではあった。
(Litchiはタニヤ童貞)

GOGOバーは少しだけ、ディスコっぽいところも少しだけ。


映画自体は自主制作のノリ、役者は素人を起用する方針とかでセリフは棒読み。

でも面白かった。


タイに2~3ヶ月に一度行ける人ならいつでも見れる風景かもだけど、
年に2回か3回しか行けない自分にとってはタイへ渇望が深まった映画。

3時間と長丁場の映画なのがしんどかったけど、見に行って特に後悔とかもなかった。



この映画を製作している空族(クゾク)はDVD販売はしない人らしいので、
今は二館だけしか上映していないけど、そのうち全国で順次上映するだろうから、
タイの女の子が好きで映画に興味があって時間がある方はどうぞ。


観客はタニヤ系男子(©某氏)が多いかと思いきや、空族のファンらしき女子とかいるし、
観客層は自分が見た回は思ったより多彩だった。

まあ、それでも圧倒的に男ばっかりでチンコ臭かったけどw


所用で関東に来たなら映画とか行かずに風俗行けばいいのかもだけど、
映画とか行っちゃうのがLitchiクォリティということで。


以上、感想文でした。










Twitterも使ってまーす
Twitterボタン




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記