Yahoo!ウォレットにした理由と最近のハピタス

で、そんなこんなで色々と調べているとこんなのを発見した。

2017年5月yahooカード広告



カード作るだけでTポイントが5,000ポイント、作ったカードを1回でも利用するとさらに5,000ポイント!

こりゃ美味しいねと確認していたら、もらえるTポイントは期間固定ってやつらしい。


期間固定Tポイント
期間固定Tポイントについては、現金および他のポイントへの交換ができず、
Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。


・・・・(・∀・)



いらねーww


と、最初は思ったけどよくよく調べると以下の二つにも使える様子。

①Yahooショッピングで金券(商品券)の購入が可能
②Yahooふるさと納税にて期間固定Tポイントで納税可能


①なら1,000円額面の商品券を1,040円で購入可能。
送料が190円なので10,000円の商品券を10,590円で入手。
それを97%で売却できれば9,700円となる。

②だと10,000ポイントをピーチポイントに交換、5,000円分のピーチポイントとなる。
もちろん自分は後で家計に請求するので10,000円のキャッシュも手に入るw
(Litchi家はふるさと納税分は家計に請求している)


こりゃありだねと、ついでにハピタスでも確認。

ハピタスを登録するならこちらからどうぞー(・∀・)
ここから登録できます

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

※Litchiには誰が登録したとか分かりません、分かるのは登録していただけた人数だけです。


Yahoo! JAPANカードは1,750ハピタスポイントと渋いけど、
まあ何もないよりましなのでハピタス経由で申し込みしてみた。

その審査結果はを受け取った時間は、ツイートもしたけど申し込みしてから2分ww


さっそく期間固定Tポイントが付与されたことはYahooウォレットで確認。
(申し込みをしただけでも付与されるという太っ腹ぶり)


単純にポイント目当てでクレジットカード作ったので、LINEpayとYahoo!ウォレットなら、
Yahoo!ウォレットを選択した次第(・∀・)

まあ、大してこだわりがあるわけでもないサービス選ぶ時はこんなもんですw


というかハピタスとかポイント系サイト経由でクレジットカード作成、
ここ最近はまったく旨みがなくなりましたなー。

以前なら10,000ハピタスポイントもらえていたカードも、
今は精々その半分程度のポイント付与。

まあ、ポイント目当てで申し込みした場合、年会費無料なら大体死蔵、
年会費発生するなら1年目とかで解約されるだろうしねー。


一応、サプライス!でチケット買う時や、レンタカーを借りる時はハピタス経由にしているけど、
大きくポイント稼ぐならカードかFX絡みじゃないと稼げない。

それがここ半年ぐらいは付与ポイントが美味しいカードはほぼなし。
(自分が知らないだけかもだけど)


まあ、これまでそれなりに稼がせてもらったから文句を言ったらバチが当たる。


ということで、Yahoo!ウォレットを作成して携帯電話を登録。
SMSで認証番号を受け取り、ついでに銀行口座を連携させて、
本人確認も済ませたところ。

使うことはなさそうだけどw








ツイッターもやってます。
Twitterボタン



テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

キャッシュレスが難しそうなもの

昨日のポストで主に個人間で決済するアプリにちょこっと触れたけど、
日本ではどうなんだろうなーと色々と調べているところ。

Litchiが現在、ほぼキャッシュレスな生活を送っているのはちょっと前に書いた通り。

キャッシュレスな生活


実際、ほとんど現金を使う場面はなくて、一ヶ月で現金を使用するのは5回ぐらい。
ここ最近だと記憶の限りではパチンコ屋と1000円カットの散髪屋で現金を使った程度。
(パチンコ屋には4回は行ったということらしいw)


これが飲みに行けばこうはいかない。

割り勘であればその場か後日に現金で払うことになる。
これが会社の同僚なら後日でもいいけど、友人や遊び仲間ならそうはいかない。

銀行口座知っている間柄なら、後日に振込みで払ったりできるけど、
普通は口座番号まで知らないし、教える方も抵抗があったりするかと。

余談だけどLitchiは住信SBI銀行と新生銀行で口座を開設しているので、
振込み自体はスマホから結構お手軽に送金。
振込み手数料も月間数回までは無料なので重宝している。


話しを戻して口座も知らないならその場で精算が大原則。

ただ人数が5~6名以上になると、みんな意外と細かい持ち合わせがなくて、
全員が右往左往するケールもあるかと。


自分でまとめて払う場合はカードで決済して現金を徴収するけど、
これはこれで意外と煩わしいことがあったりもする。

友人関係だとその場で精算するからいいけど、会社関係だと意外と後日にってのが多い。

社内メールとか送って個別に徴収するけど、忘れる人もたまにいて請求も何かやり辛い。


これが中国なら「アリペイ(支付宝)」とか「ウィーチャットウォレット(微信支付)」、
アメリカなら「Venmo(ベンモ)」で決済するんだろうなーっと思ったり。


もちろん日本にも類似するアプリはあるけど、自分の周囲では普及してない。

クレジットカードとか電子マネーに親しんでいる人もそれほど多くないのに、
フィンテック的なサービスの普及率はもっと少ない。


日本だと自分が知っている範囲内で、個人間の決済で使えるアプリやサービスはこんな感じ。

・LINEpay
・Yahooマネー

後は最近登場した割り勘アプリとして「paymo(ペイモ)」と「Kyash(キャッシュ)」があるけど、
どちらも資金決済法の絡みで使い勝手はどうかなーといった感じ。

解説文を書こうと思ったけど自分の乏しい文章力よりも、
こちらを見た方が分かりやすい興味のある方はご参照下さい(・∀・)

個人間無料送金アプリ「Kyash」リリース - LINE Pay、paymoとの違いは?


要約すると本人確認が済まないと個人間の資金移動はかなり制限されるので、
収納代行業とか前払式手段発行業の体裁になったらしい。

マネーロンダリング対策もあるから仕方ないけどねぇ。

後はクレジットカードでチャージ(または決済)するってのも、
周囲を見る限りはまだハードルが高い様子だし。


これ以外では「Any Pay(エニーペイ)」も使えそうな感じだったけど、
アプリのインストールとかハードルが高い。

それとクレジットカードで決済だと、いずれその手数料は誰かが負担することになるかと。


それでもどれか一つは使ってみようと登録してみた。


普及率を考えたらLINEpayかなーと思ったけど、
同じように普及しているYahooマネーにしてみた。

なんでYahooマネーにしたかは明日に続くということで。


蛇足だけど、どの決済方法も個人間ではあんまり使われそうにないかな?

日本で生活する限りは現金が強いからねぇ。










ツイッターもやってます。
Twitterボタン



テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

スワップとかフィンテックとか何が言いたいのかよく分からなくなったポスト

今回ははやりのフィンテック(金融とITの融合)の話しがメイン。
エロくもなく、セコくもない話しなので興味のない人以外はスルー推奨。

スワップ(交換する)といっても、パートナーを交換して、
生殖行為に励むあれでもないですw




聞きかじりだけど、金融におけるスワップの一つとしてこんなのがある。


Aさん
ニューヨークに在住してニューヨークで勤務。

Bさん
過去、アメリカに居住していたけど現在は日本在住。


Aさんは日本に住んでいる家族にニューヨークから「円建て」で送金したい。
Bさんはアメリカ在住時に開設した自分の銀行口座へ「ドル建て」で入金したい。

Aさんは家族へ送るドルをBさんの銀行口座へ入金、
Bさんは振込みする予定だった円をAさんの家族へ渡す。

これで金融機関へ余分な手数料を支払うことなく資金移動が完結。
(ついでに当事者以外、この資金移動の事実は分からない)

もちろんお互いの信頼関係が大前提だし、金額もマッチしないとこれは無理な話し。
でも通貨を両替する手数料や、銀行に支払う手数料がほぼ不要なのは魅力的。


昔たまに摘発されていた地下銀行なんて大げさな名前も仕組みはこれと一緒。


ちなみにこの例え話は橘玲氏の「マネーロンダリング入門」に載っていた話し。
そこで氏がこんなことを書いていた。


~引用ここから~

インターネットの普及によって、恋人探しなどさまざまなマッチングが簡単に行えるようになった。
いずれ通過スワップのマッチングビジネスが登場し、銀行システムを経由しない格安の
海外送金サービスを提供するようになるかもしれない。

~引用ここまで~



この前、そのサービスが始まっていたのを知った。

TransferWis(トランスファーワイズ)


仕組み的には上記のマッチングを行って格安で送金できるらしい。


海外へ送金したことある人なら、銀行への手数料の高さに閉口した経験があるかと。

もちろん銀行を経由しないで海外へ送金する仕組みは昔からあった。
PayPal、NETELLERあたりは、特定の趣味がある人にはかなり昔から馴染みがあると思うw
あとはヨーロッパ系なので馴染みが薄いけど、Moneybookers(現在はSkill)もあったりする。

いずれも数万から数十万の送金(決済)に向いているサービス。


Litchiも去年パタヤでコンドミニアムに宿泊する際に、
オーナーに前払いで支払う必要があったので、
銀行送金を嫌ってPayPalを使ってオーナーに送金したりした。


ただ、トランスファーワイズを知っていたらこっちにしたかな?
PayPalだと意外と手数料が高いらしく、オーナーに現地で追加料金を払ったから。

ちょっと記録を見返してみるとこんな感じ。

6,300バーツが部屋代で現地で289バーツを追加支払い。
20,000円ちょっとの送金で1,000円が手数料だから、銀行よりも圧倒的に良かった。

換算されたレートは以下の通り。

6,300THB=20,228JPY(1バーツは3.210円)
当時のクレジットカードの明細を見ると1バーツが3.153円だから、
両替レートはクレジットカードには劣る。

話しがどんどん細かい数字の話しになってきたので軌道修正。


海外への資金移動とか、国内での資金移動に関して最近ちょっと凝って調べているところ。

きっかけは中国の電子マネーの普及率の高さを知ってから。
アメリカでもVenmo(ベンモ)とかすごいみたいなので。

フィンテックと言われてもピンとこなかったけど、個人の少額決済に対して、
どんどん新しいサービス提供されているのは凄いなーっと。




で、今回のポストの趣旨。


海外へ何らかの事情で送金する必要がある人はいらっしゃるでしょう。


家族の病院代が必要、弟がバイクで事故った、部屋代が払えないから助けてとかww


ゴールデンウィークも明けて懇意にした嬢からそんなメッセージを受け取った方。

銀行でもウエスタンユニオンでもいいんですけど、
トランスファーワイズもあるよって紹介でした(・∀・)


おっとタイに住んでいる日本人の友人がいる方は、
最初に例であげたスワップの原理を上手く使って下さいw







ツイッターもやってます。
Twitterボタン




テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

換金できる資産

最近、ブログも更新しないしツイートも減っているけど、
以前はそこに費やしていた時間どうしているの?

別に何もしてませんw


強いて言えば楽天マガジンを毎月購入しているので、雑誌を読む時間が増えた程度。

~ 楽天マガジンとは? ~
月額410円(税込)払ったら、約200誌が読み放題になるサービス。
専用アプリでの閲覧、エロい記事は削除されている等の制約が有り。


立ち読み感覚で色々と見れるので、結構な時間を費やすようになっている。


その中でも何故か東芝関連の記事はかなり追いかけて見ている。
記事を読みながら思ったのが「東芝って換金できる資産(事業)が一杯あるなー」

半導体事業を分社化の話しもまあ凄いけど過去の話しを見て思った。

不正会計疑惑の時に医療系やら白物家電を売っぱらったりして、
その時に不動産もかなり処分していた。

東芝ぐらいの企業だと換金できる資産(事業)も凄いなと。



で、そんな中twitterで相互フォローしているアカウントの、
「おいちゃん(訪パ中は満州軒雲国斎)」からこんなツイートが流れてきた。

※「おいちゃんさん」ってのは違和感があるので、親しみを込めて「おいちゃん」でいきます。
 
2017年4月おいちゃんさんのツイート


記憶が確かなら、前も何かを売っぱらって資金を作るかってツイートを見かけた記憶がある。


「換金できるブツがらある東芝とおいちゃんは凄いな(←無理やりw」



では我が身を振り返って換金できるブツはあるのだろうかと。

おっと、今回はポストの趣旨的に金融資産は一切考慮しない。
まあ、大した金融資産は持っていないので無視できるw


■趣味の車やバイク
⇒移動用の家族の車が1台あるだけ、処分したら殺される。

■趣味の楽器やレコード
⇒音痴で音楽的才能はない、レコードを集める趣味もない。

■貴金属
⇒金属を身に付けるとかゆくなるので、結婚指輪以外持ってない。

■デバイス系
⇒4年前に買った台湾製のラップトップ、一番安いkindle、5年前に買ったデスクトップ等、
 値段がつくようなデバイスは持っていない。

■腕時計
⇒ベガスのアウトレットで勝った激安TIMEXを使ってますが何か?

■本
⇒何百冊とあるけど、100年前とかの古書じゃないと二束三文なのはご存知の通り。

■金券類
⇒唯一換金可能。

クレジットカードの「入会後2ヶ月で5万円利用すると2千円の商品券をプレゼント」
とかを利用したり、出張時に「商品券付きビジネスパック」をこっそり使ってコツコツ貯めたw

7,000円ぐらいあるかな?

■ポイント類
⇒これも現金か商品券に交換可能。

エポスカードのポイントが15,000ほど、最近好んで使っていたMUFJカードが1,000(1ポイント5円)、
それからハピタスのポイントが30,000弱はあるな。


ハピタスを登録するならこちらからどうぞー(・∀・)
ここから登録できます

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

※Litchiには誰が登録したとか分かりません、分かるのは登録していただけた人数だけです。



ポイントを商品券に交換した上で金券が27,000円、ハピタスで30,000円ほどか・・・


まあ、普通のリーマンだからこんなもんか。



ということで、小銭を握りしめて今月はパタヤへ買春に行ってきますww









ツイッターもやってます。
Twitterボタン



テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記