FC2ブログ

嬢を日本に召喚する時の注意点

たかだか1回、それも勢いで連れて帰っただけで偉そうだな、オイwww

自分でもそう思っているけど、せっかく経験したことだから、
意識高い系エロブロガーとしてはアウトプットしておこうかと。


ということでガっちゃんを日本へ連れて来て気がついたこと一覧。


■SIMはAISのSIM2Flyを空港で買わせる

大体どの嬢もスマホ大好きですよね。
快適なネット環境がないと絶対に不機嫌になること間違いない。

日本で買わせてもいいけど高いしイマイチの認識。

なので嬢には絶対、タイの空港でSIMを買っておけと口すっぱく言っておくべし!

大好きなFacebookとかできないぞと脅しておきましょう。



■入国カードと税関申告書の書き方をレクチャーしておく

きちんと英語が読める嬢なら不要だと思うけど、
そんな嬢は少数派でしょう。

事前にパスポートの写真を送らせておいてから、
こちらで記入例を作って送っておきましょう。

でないとマジで入国と税関でもたつくことでしょう。


後、若い女性1人で入国だと出稼ぎを疑われるかもなので、
電話かアプリで連絡がつくようにしておくとなお良しだと思う。



■電車は避けるのが吉

自分達が知り合うタイの女性って歩くの嫌いですよね?
なので電車の乗り継ぎとか歩かせるだけで不機嫌となります。

可能なら車を準備しておくのがいいかなー?
渋滞とかあっても不機嫌で仏頂面されるよりマシ。

そもそも日本で電車とかストレスだと思うし。

車がある人なら車を用意して、ないならレンタカーでも借りておきましょう。



■食事はよーく考えよう

日本に連れてくるぐらいなら懇意にしている嬢でしょう。
食べ物の好き嫌いは本当に大事。
事前に食べれるもの、食べれないもののリサーチ必須。

無難なのはタイにもあるケンタッキーとかがいいと思う。

後はチェーンでもいいから居酒屋とかで満足していた。
これはファミレスも同様。

メニューに写真があるところがベターかな?

間違っても野毛とかマニアックなところは止めておきましょうw



■何がツボなのかは分からない

こちらとしてはせっかくだからと日本っぽい所に行こうとしても、
相手からしたら別にどこでもいいのが実際のところ。

よっぽど日本が好きで下調べしている嬢なら別だけど。


何気ない街並みとかの方が受けが良かったかな?




何度も日本に出稼ぎに来ている嬢ならいずれも問題ないと思うけど、
初めて日本に来るとかそもそも外国にほとんど行ったことがないとかだと、
本当に色々と想定して気を遣っておくのがいいと思う。

可能ならタイから一緒にってのがベター。



一番なのは日本に呼ぶもんじゃないだけどwww



まあ一度は経験するものいいと思うので、
呼んでみたい方にこのポストが少しでも役立つことを祈ってます。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。



テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

ドンムアン空港からパタヤへの行き方をツイッターでアンケートを取ってみた

LCC全盛の昨今、ドンムアン空港を使う機会も増えてきたかと。

バンコクメインの方なら特に不便はないけど、
パタヤ派にとってはドンムアン空港はちょいと不便。

前からみんなどうやって移動しているのが気になっていたので、
ツイッターのアンケート機能を使った調査してみた(・∀・)




なおこのポストは情報発信をする気はさらさらないですw
(このポストもかww)

パタヤ千夜一夜さんのブログを読めば事足りるからねぇ。
ということでいつもように無断でリンクを貼っておきます。

■パタヤ千夜一夜さんのブログへのリンク
ドンムアン空港からバスを乗り継いでパタヤへ行く方法。バンコク市内への行き方も。

ドンムアン空港からローカルバスでスワンナプーム空港やモーチットへ行く方法。バスを乗り換えてパタヤへ。



では本題へ。

自分はコスパ重視な人。

移動は目的地に行ければいいの考えが強いので、
快適さとかは必要最低限しか求めないタイプ。

そりゃー毎回ビジネスとかがベストだけど、予算には限りがあるから、
移動には費用をかけずに他に回すようにしたい。

なので訪タイはエアアジアを始めとするLCCが多い。
よって移動もタクシーを使うことはほとんどない。

誰かと一緒ならタクシーでもいいけど、コミュ障ボッチ野郎だからw


ドンムアン空港からパタヤへの移動方法はざっくりと4つ。
なお金額は2019年のもので、リライトとかは絶対しないと思うw

①タクシー
ここ最近一度だけいつも使っているタクシースタンドで予約してみた。
費用は高速代も込みで1,500バーツ。

快適だし時間も一番かからないけど、ちょっと1人だと贅沢に感じてしまう。

TMさんとかはいっつもタクシーだけど、自分はほぼ使わない手段だなー。



②モーチットからバス
A1バス(30バーツ)に乗ってモーチットのバスステーションまで移動して、
そこからパタヤ行きのバス(120バーツぐらい?)で移動。

モーチットのバスステーションに慣れてないと戸惑うかも(※)しれないけど、
バスの中では比較的乗り継ぎが少なく移動できる。

(※)パタヤ行きの乗り場がちょっと分かり辛い

ただバスに乗っている時間が長くて自分はあまり使うことがない。



③エカマイからバス
A1バスに乗ってBTSモーチット駅で下車。
そこからはBTS経由でエカマイへ(44バーツ)向かう。

エカマイのバスステーションは小さいので慣れてないならこれが楽。

パタヤまでのバス代は119バーツ。
便数も多いので超繁忙期を除けばあまり待たずに乗れる。



④スワンナプーム空港からバス
自分はほとんど使うことがない手段。
理由は移動が面倒くさそうだったからw

でもパタヤ千夜一夜さんのブログを読み返したり、
ツイッターでリプいただいて考え直した。

554番か555番のバスで簡単に移動できるみたい。

ちょっと次回あたりに検討してみたいなと。



自分はエカマイ発を一番使っていた。
理由はバスに乗っている時間がちょっとでも少ない方がいいから。

モーチット発はバンコク市内を抜けるのに時間がかかるよなーっと。


そう思っていたら関西にお住まいの方々より、
「到着する時間にもよりますよ」とご指摘。

成田発だと午後に到着するか深夜に到着。

モーチット発は午後に到着だとちょうど渋滞にぶつかることが多いし、
深夜着だとそもそも便がないと思う。

関空発だと早朝到着便があるから、それだと渋滞する前にバンコクを通り抜けると。

なるへそー、到着する便によって使い分ける発想はなかったな。


しかしLCCで移動したらタクシーとか使わないと勝手に思い込んでいたけど、
アンケートによると50%以上がタクシーで使うという結果。

早くパタヤに行くなら確かにタクシーが一番。

短期旅行者にとっては少しでも早くパタヤに行くのは大事だよねー。
自分は「2時間程度の時間節約ならバスにするわ!」のケチだけどw

まあ誰が待っているわけでもないからバスで十分(強がり)


しかしタクシーか、誰かと一緒になればこれが一番だよな。

某氏1号のタクシーにまた押しかけて、
金払わずにパタヤまで移動を狙おう(・∀・)





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

2019年7月パタヤ ~ 旅行のまとめ

ということで訪タイ前には思いもしなかった延長戦ありの結果に。

これは本当に失敗したなー。
約束したら反故にするの嫌いなんですよね。

自分はタイ人とは性格的に合わないと思う。


初日あたりは楽しかったし、ま~べるさんとバビロン辺りまでは、
思っていた通りに行動できたとは思う。

ガっちゃんとPierに行った辺りまでも良かった。

マドカちゃんを呼んだのも別に問題なかった。


やっぱり延長戦が余分だったなの思い。

召喚費用は急遽の来日でエア代は高かったのでこんな内訳。

エア 85,684円
ホテル 22,934円
滞在費等 50,000円ぐらい


トータル158,618円


これ自体はしゃーないかなと。

残念だったのはガっちゃんよりちゃんとしたお礼とかなかったこと。


こっちとしては泣いて感謝しろとは言わないけど、
普通に感謝の一言があればねぇ。


今回どこまで書こうか悩んだ末に、かなり実態は端折って書いた。

理由は細かく描写してもろくなことがないから。


なので熱量もすごーく少ないし、自分でも書いててつまらなかった。


まあ、今はモチベーション低いけど気が変わればまたノリノリで書けるかなと。



後、全くの私事だけどちょいと色々と忙しいので、
しばらくブログは難しいかなーっと。

それでも週に1回ぐらいは更新したいので、
引き続きご愛読いただけれと思います。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

2019年7月パタヤ延長戦 ~ ガっちゃん日本に来るってよ!

まずは入国でつまずくガっちゃん。

外国人用の入国カードを機内で書いていたけど、
見せてもらうと無茶苦茶な内容。


なんで到着地に便名書いているんだwww


タイの夜嬢は耳で英語を覚えていることを実感。
英語を聞いて話せても読めないよねぇ。

スマホだと翻訳機能があるけど機内だと使えないし。

仕方がないから自分が全部書き直したw


そして税関申告書を見ると、こちらは最初から書くことを放置していたw
これも自分が全部書く。

しかしこれでよく外国に来ようとしたね・・・

入国はすんなりとまでいかなくても何とかクリア。


しかーし、税関では荷物を開けらていた。
助けようとしたけど職員の人にそれはダメだと。

まあ変なもの持っているわけでもないので通れたから結果はオッケー。


後は一緒にバス乗り場まで向かってから、
バスに乗ってから到着地までSINさんに迎えに来ていただく。

ガっちゃんと引き合わせて、明日のアテンドを改めてお願いすると、
突然の事にも関わらずご快諾いただける。

ついでにこの時、SINさんに3万円お金借りたw

だってガっちゃん、800バーツしか持ってないから。
1人で大丈夫とか言いながら、こっちに頼る気満々やん。


Litchiさんは旅行の時は日本円も、
キャッシュカードも持っていかない人。

なのでSINさんに借りるしかなかったんだよねぇ。

その3万円は当面のガっちゃんの日本滞在費。


そして3人で向かった先はサイゼリヤ。
帰国日なんて睡眠不足なので自分が早く帰りたかったからw


この時だったかサイザリヤに向かう車中で、
適当なビジネルホテルを予約しておく。

3泊で22,934円、まあこんなもんだよね。


3人で食事した後はホテルまでSINさんに送っていただき、
チェックインを手助けした後に部屋まで送って終了。


「ブンブンしなかったの?」


しないよwww


時刻は23時回っているし、翌日仕事なのでとっとと帰りたかった。


ということでいつもと違う帰国日はこれにて終了。




明けて帰国日の翌日。
自分は普通に仕事、ガっちゃんはSINさんが1日アテンドしてくれる。

あちこち連れて行っていただいて、
ガっちゃんもかなりご満足いただいた様子。


仕事終わりに合流しようかとも考えたけど、
ヘトヘトでそんな気もなくなった。


ガっちゃんはその日の夜に1人でブラブラと抜け出して、
ホテルまで帰れなくなった様子でLINEが夜中にきていたw

トイレに起きてから気がついたので、
今から行こうかと聞くと何とか1人で帰れたと。

それを聞いて安心できたので再び就寝。


帰国してから翌々日。

普段通り起きて仕事に向かう。
いつもと違うのはボスにメールを送信。

適当な理由をつけてズル休み。


意外に思われるかもだけど、仕事を人生初のズル休み。

自分は日本の文化で育ったから、皆勤賞を重視する価値観がしみ込んでいる。
後は性格的にズル休みとかしたら、何度もやるタイプだからw


ボスは快諾してくれるし、同じ職位の人間はかなり気遣ってくれるしで、
心が痛んだのでちょっとズル休みとか無理だなー。


ガっちゃんのホテルまで向かって、近所のコーヒーショップで待機。

何か意外に早起きしたみたいで9時過ぎには部屋へと向かう。


5時間ぐらいしか寝ていないとかでちょっと眠そう。

行きたいところは特にないとのことで浅草とかに行ってみることに。
ただすぐに出かけることもなくベットでゴロゴロ。

とりあえずブンブンはしておいた。


部屋でウダウダしていたらルームメイクが来るので、
それをきっかけに外出することに。

時間は11時ぐらいだったかな?


ジョークが食べたいとか言われたので「浅草 お粥」で検索。

中華料理屋が出てきたのでそこに行くことに。


これは失敗。

最寄り駅で検索して向かうのが正解だった。


何故なら電車乗って歩いたことで不機嫌になったからw
おまけにお粥は口に合わなかったらしくほとんど残すし。

浅草まで来たから浅草寺に行ってみることに。

「あんまり歩かなくて済むから」
「5分ぐらいで着くよ」




何でこっちがここまで気を遣わなければいけないのかw


それでも浅草寺ではおみくじ引いたり、
軽く参拝したりでご機嫌になってくる。


この後はスカイツリーに行ったり秋葉原に行ったり。


正直イマイチなアテンドだったと思う。

この日はかなり蒸し暑くて、電車で移動とかきつかった様子。

でも仕事をオフィシャルに休んだわけじゃないから、
車を出して案内とか無理だったしなー。

というかいきなり日本に行きたいとか言われても無理だなと。


18時ぐらいにホテルに戻って後は食事をして終了。

メンバーはLitchi、ガっちゃん、SINさん、某氏1号の4人の予定。



ところが部屋で待機している間に大喧嘩をやらかしてしまう。

かなり気まずい空気になったので食事会は流すことにしようかなと。
その旨を某氏1号に連絡するも「それおもろいから見に行きたい」と。

空気悪いから来ない方がいいですよと何度か念押し。

それでもいいっすよとのことで合流したのは19時過ぎ。


全く口をきかない自分とガっちゃん。

日本人2人とタイ嬢とかだと日本語でベラベラ話すのは遠慮するけど、
今回ばかりは遠慮せずに某氏1号とだけ話していた。


食事の時もひどかったし、仕事終わりでSINさんが合流してから加速。

というか自分かなり酒癖悪いことを自覚。


ガっちゃんはSINさんに送っていただき、自分はベロベロに酔って帰宅。


明けて4日目の朝。

この日はガっちゃんがタイへ帰国する日。

昨日のケンカで放置しようかとも思ったけど、
彼女が1人で成田空港まで行けるわけもなく。

なのでこの日も仕事を午前中だけ休んで迎えに行った。


成田空港行きのバスに放り込んでも多分ターミナルとか間違えそう。
なので一緒にバスに乗り込み最後まで送った。

エアアジアのチェックインカウンター前でお別れ。


最後はろくに口をきかずに終了。

ガっちゃんは帰国してからこっちをブロック。



まあ延長戦とかするもんじゃないねwww


ということで散々な延長戦はこれにて終了。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月15日(月)その1 ~ いつもと違う帰国の風景

場所は変わってガっちゃんが勤務するバー。

既にガっちゃんは出来上がっていて絡むこと絡むことw
そして今日もスマホチェック。

あっちゃこっちゃに勝手にビデオコールとか始めるw

タイ人男性が1人応答してから、何やらビデオコールでやり取りしていたな。


自分もガンガン飲まされてベロンベロンになる。
ガっちゃんはそれ以上にベロンベロン。

やがてガっちゃん、泣きながら色々とワーワーと言ってくる。

そして彼女はLitchiさんに一つの要求を突きつける。
酔っている自分はその要求に対して迂闊にも了解を出す。

この時は深夜2時ぐらいだったかな?


じゃあ部屋に戻るかとなって、ガっちゃんの自宅経由でホテルへと戻る。


部屋ではそのまま爆睡。



4時に部屋の電話で叩き起こされる。
ガっちゃんを見ると既に身支度を整えている。

酒臭い息を吐きながらシャワーを浴びてから、
手伝ってもらいながらパッキンを済ませる。


チェックアウトしてタクシーへと一緒に乗り込む。

タクシーの中では爆睡していたような・・・


ん?何でガっちゃんが一緒かって?

これまで経験したこがない空港見送り?


ドンムアン空港に着いてからはまずは自分のチェックイン。
そしてここで再度ガっちゃんに意思確認を実施。

「日本では普通に仕事があるから」
「あなたのケアーとか出来ないよ!」

「それでも日本に来るの?」
「うん、分かっている」



ええ、空港見送りを通り越しましたわwww


ということでエアアジアのカウンターに行ってから、
ガっちゃんの本日のフライトとタイへの帰国便のフライトを購入。

お値段は24,030バーツ。
日本円にすると85,684円。

LCCにまさかこの金額を払うことになるとは・・・


自分は約束は守る人なんですよ。
例え酔っていてもそれは一緒。

「日本にあなたと一緒に行きたい」とか言われて、
まさか来ないだろうと思ってオッケーしちゃった。

いやー、その時の自分を鈍器で殴ってやりたいw


ただガっちゃんにはしつこいぐらい、
日本で面倒みれないと念押ししておいた。

休みならいいけど仕事があるからねぇ。


ただ彼女を1人で放置するわけにもいかなくて、
SINさんには連絡しておいた。

そして自分とガっちゃんが日本に帰国した翌日は、
本当にたまたま休みだったので厚かましいお願い。

SINさん、本当にスイマセン。

会ったこともない嬢相手のアテンドとかw


タイ語も堪能で嬢の性質ををよく知っているSINさんに助けられました。


話しを戻すと一緒に食事をしたり、日本で何するかとか話していた。
2109年7月パタヤ帰国時の食事


後はAISのカウンターに寄ってからSIM買ったり。


いい時間になったので一緒にイミグレに向かって自分は外国人レーン、
彼女はタイ人レーンへと並ぶと当然向こうの方が早いよね。

待ってもらってから一緒にゲートへ。


席は別々だったので機内ではビールを飲んでウトウトしていた。


そして日本へ到着。


いつもならここで旅行記は終わりだけど今回は延長戦あり。


先に結論だけ述べると、嬢を日本へ呼ぶとか自分はもうないw

ということでもうちょっと続きます。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月14日(日)その2 ~ 高級コールガールその名はマドカ

コンビニでビール買って、部屋で飲みながらふっと思い出した。

昼過ぎに散髪で外出する時に、マーチの近くにあるモタサイ乗り場で、
マドカちゃんらしき人物の後ろ姿を見たよなと。

何となくメッセージを送ってみた。

「今日マーチに来ていた?」
「何で?」
「いや、見かけたような気がして」
「Up to you」

意味分からんw



やり取りするのは去年の11月以来。
久しぶりだからと思ったら「up to you」の連発。

とりあえず会えるかどうか聞くと客を探していると。

じゃあ会おうかともちかけると私は今は高いよの返事。
ロングとショートの値段を聞くと「3000-6000」と。

一軍ゴゴ嬢レベルの値段で確かに高い。

ショートで会っておくかとやり取りしていたら眠くなってきた。
なのでいったん寝ると返信をしておいてからウトウト仮眠。


21時前に起きたのでやり取り再開。

何時に来るか聞くと22時。
ではサクっとマドカで一本抜いてから飲みに行くことにする。

「部屋番号」
「〇〇〇」

お互い以前と違ったビジネスライクなやり取り。

こちらも下まで迎えに行くこともなく、
先方もそんなことは求めてない様子。


ちなみに自分は部屋に嬢を呼ぶときは下で待っている派。
モタサイ代を払うためにw


待っていると電話がかかってきて応答。

「マーチ?メイ?」
「マーチ」
「OK」


いやー、マドカちゃんも手慣れたもんです。

やがて部屋をノックするので迎え入れる。


服装が変わったなが第一印象。

以前はラフな格好が多かったけどヒラヒラしたドレスで、
印象として高級コールガールだなと。


あれ?それからちょっと顔をいじった?

マドカちゃんは前からメイク上手で、後はメイクすると映える顔。

大昔にクローズな場所で彼女のメイクアップを実況したことあるけど、
見ていた人いわく、かなりの化粧上手だと。

それ以外にちょっと鼻をいじったのかかなり可愛くなっていた。
これだと確かにショート3,000、ロング6,000でも客はつくわね。

ただ前のように色々なことを話す感じではなかった。

自分がマドカちゃんをリピートするのは、
くだらない話しができるってのがある。


今回もその流れになりそうだけど、向こうが思い直して拒否する感じ。

「今は韓国人の彼氏できたから」
(あんたコリアはもう駄目だと散々言ってたやんww)
「おー、そうなんだ」
「やっぱりハンサムなんだよね」

「ハンサムじゃないよ!」


以前ならここから色々と話しが続いたけど、
思い直したように「シャワー浴びてくる」と。


そして灯りを消すことにかなりこだわっていた。

盗撮とかを警戒している様子www


ということでブンブンスタート。

いつもの流れでやっていたけど、ここでエレクトしない愚息。

いやー、これはかなりショックだった。
どうも以前よりも妖艶さが増したマドカ嬢相手に緊張した様子w


マドカ嬢とのことをブログに書かなかった時期があるけど、
その頃にエレクトしない時が数度あった。

それは単にマドカちゃんを相手にするのに飽きたからw

今回はそれとは違っているのは明白。
いやー、男の生理って思ったより複雑だなと実感。

とりあえず放出したいので「ちょっとしゃぶって」と依頼するも拒否。
何か私のスタイルじゃないとか何とか。

自分に対しては相変わらずの塩ブンブンなご様子で。


しゃーないから「10分待って」と持参していた薬を服用。
その間は特に会話もない気まずい空間w

使いものになることを確認してから再開するも、
結構な早撃ちマックでござった。


事後に3,000バーツを払ってお帰りいただく。

そういや最後はこんなやり取りだった。

「マドカちゃんまた会おうね」
「Litchi」
「私は今はマドカじゃない」


後は割愛。


チューレンを変えたこと以外も少し話したけど、
本当に前とは色々と変わったなーっと実感。


自分的にはマドカちゃんで遊ぼう(リンク有)」の続編を書きたいから、
もうちょっと継続するとは思う。

向こうはこちらのそんな思惑は知らないだろうけどw


ということで高級コールガールの話しは以上。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月14日(日)その1 ~ 旅行記らしく自分にしては珍しく写真をそれなりにアップしてみた

パタヤ3日目の朝。
いつものように自分の目覚めは8時とかだったような。

ガっちゃんは当然ガースカ寝ているので、部屋に放置して一人で外出。

【注釈】
マーチもメイも頼めばルームキーは2枚もらえる。
なので自分は2枚もらっておいて、1枚は部屋に差しっぱなしにしている。


まずはいつものYingコーヒーで45バーツのアイスアメリカーノ。
頑張ってスタンプは貯めるけど、来年まで間違いなくかかるなw
2019年7月パタヤ最終日のYingコーヒー


コーヒーを持ったままチャッキモンキーへ移動して朝食。
2019年7月パタヤチャッキーモンキー看板


こんな内容で119バーツだった。
2019年7月パタヤチャッキーモンキーABF



10時までに来れば安いメニューもあるから、
次からはもうちょっと早く来よう。
2019年7月パタヤチャッキーモンキー朝メニュー


もう起きているかな?と13時ぐらいに部屋に戻るも、
ガっちゃんは未だに夢の中w

じゃあ散髪行ってからチン毛カットしてもらうかと、
馴染みの店員さんにLINEを入れるとラオスに帰っていた(´・ω・`)

お土産はこの人のためだけに買っていったけど、
これにてお土産を買っていく人がいなくなった。


散髪だけでもするかと店に行くと、そこで意外な人が散髪しててワロタw


本当、パタヤって狭いのか色んな方に思わぬ場所で出会うなー。

散髪、髭剃りのセットで200バーツなり。


そこからいつものタクシースタンドへ行くといつもの人はいない。
ここで一つやらかしてしまう。

帰国便は11時発だけど、勘違いしてフライト時間を9時と伝える。
そうなるとタクシーの時間は4時30分とか。

本当は6時30分で間に合うのに失敗したなー。

後、微妙に値上げしていてパタヤからドンムアンまで1,500バーツ。

前はデポジットを入れてから、
残りの金額を運転手に渡すスタイルだったけど、
今回は全額をここで支払えと。

いつ払うかの違いだからいいかもだけど、
全額前払いだと何か不安があるような・・・


15時前に部屋に戻るとガっちゃんはようやく起きていた。
そしてセンタンで買い物したいと。

センタンで買い物、こっちはあんまりしたくないw

とりあえずどんな感じで買い物するかを探るために、
了解してから一緒に外出する。

1台のモタサイに2人で乗っかりセンタンへ。


そしてセンタンに着いてからスマホを部屋に忘れたことに気がつく。
2019年7月パタヤセンタン


なので「これで買い物しておけ!」と1,000バーツ渡してから、
自分は1人でホテルまでスマホを取りに戻る。

センタンからマーチホテルまではもちろん徒歩だw


部屋でスマホをピックアップしてから再び徒歩でセンタンへ。

どこにいるかと聞いたら靴屋で靴を選んでいた。
そして「これとこれだとどっちがいい?」の恐怖の質問w

本当、女性がこれを聞くのは万国共通だよねー。

こっちかなと適当に答えてからお買い上げ。

ガっちゃんが食事をしたいとのことで、向かった先は地下のこちら。
2019年7月パタヤ寺岡うどん


タイの人がうどんとか食べれるのかね?と思っていたら、
普通に美味しそうに食べていた。
2019年7月パタヤうどん


ラー油をドバドバ入れていたけどw


一度部屋に戻って着替えから出勤の彼女を、
モタサイ乗り場まで見送る。

そしたら外の屋台でデニムを選び出してそちらもお買い上げ。

300バーツぐらいの代物だから没問題。


自分はその間にワニを見ていた。
次に来た時は一度ぐらいは食べてみるかね。
2019年7月パタヤワニ


ガっちゃんを見送ってからその辺でコーヒータイム。
2019年7月パタヤtrueコーヒー


この時はどうしようかなと迷っていた。

バビロン嬢に会いに行こうと思ったけど、
場所が不便なので悩んだ末にパスすることに。

今日は最終日なので徹夜すること必至。

なら今から寝ておきたいよねー。


ということでコンビニでビールを買ってから、
部屋に戻って1人で飲んで仮眠をすることにする。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月13日(土)その3 ~ パタヤ夜中の過ごし方

18時ぐらいに寝て起きたのは21時ぐらい。


「3泊4日なのに余裕やね」


ジジイだから仮眠しないと夜中にダウンするんですわw


そしてさらに余裕ぶっこいて向かった先はマッサージ。

早い時間から活動するスタイルの方が多いんだろうけど、
自分はインソムニアがメインだから0時スタートなんだよねー。

19時から飲んでいたら体がもたんww


ビーチロードまで歩いてソンテウに乗ってから、
ベイウォークレジデンス前で降りてからセカンドロードへ。

その途中でガっちゃんより「今日は店に来ないの?」と営業。

マッサージを受けるので後で行くことを伝えておくが、
「何で今すぐ来ないんだ?」とちょいオコ。


そんなメッセージは軽く無視して店頭のマッサージ嬢を物色。


セカンドロードに入って左手にあるマッサージ屋の店頭に、
なかかなの好みがいたのでオイルマッサージ。

24歳でタイ人らしからぬ巨乳。


まずはうつ伏せから施術スタート。

なかなか力強くて極楽。
別にオプションなくてもいいかなと思うぐらい上手。

仰向けになる時もチ〇コ隠されるので、
オプションないかなと思いつつ巨乳を鑑賞。

間でちょこちょこと話していたけど、
パタヤには来て1年と半年とか何とか。

ウドンタニ出身で名前はVから始まる名前だったような。


すると終盤で「ここもマッサージする?」と貧相なライチ〇ポを指さし。
周囲に他のお客さんがいるシチュエーションなのでその気になってきたw

ということで手コキ代の交渉スタート。

提示は1,500なので当然拒否。
1,000まで下がるもオイル代は別とかなので拒否。

オイルマッサージの300バーツ込みで1,000バーツで交渉。
そのあたりが自分の中で適正価格でそれにて約定。

1,000の内訳はオイル300、手コキ600、チップ100の感覚。


ということでパイオツ眺めながらしごかれて無事フィニッシュ。

しかしメインとなる2泊目の22時に何やってんだろうねw


1,000バーツ払ってからマッサージ屋を後にする。

ガっちゃんのバーに向かうと、ガっちゃんは既にクソ酔っ払い。
こちらに断りも入れずにガンガンと自分のドリンクを持ってくる。

「昨日はどこに行った?」
「私には会わずに他の女と楽しんでいた」


等々、定番なセリをワーワーと言ってくる。


しかしこの人かなり酒癖悪いな・・・

そしてこちらも飲みながら適当に相手していたらイチャイチャモードへ突入。


やがてスマホを見せろ!今すぐに!と。

ん?と思いながらロックを解除すると、ハイパースピードでLINEとか、
Facebookのメッセンジャーのチェックされたw

嬢のやり取りとかほぼゼロだったけど、普通そこまでやるかね・・・


アラレちゃん以上の束縛キツイ嬢を引いた。

というかほのかに漂ってくるメンヘラ臭w


ここでは2時間ぐらい飲んでいたかな?
今日はペイバーしろ、これからPierへ行くぞと連行される。


ということで場面は変わって深夜1時ぐらいにPier。
最初は2階に行ったけど全然オーダーを取りに来ない。
2019年7月パタヤPier


なので1階へ移動してビールで乾杯。


そしてその内ガっちゃんの友達嬢とそのカスタマーとも合流。
シーシャも入れていい感じになってきた。

4時ぐらいまでいたような記憶がある。

お昼寝しておいて良かった。


ホテルに戻ってからは交代でシャワー浴びてブンブン。

まあ悪くないかなの内容だった。


そのまま泥のような眠りに落ちる。






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。


テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月13日(土)その2 ~ パタヤ午後の過ごし方

この後は食事に行きましょうということで普段行かない場所へ。
ま~べるさんのバイクに乗ってジョムディエンビーチ。

何年ぶりだろ?4年ぶりぐらいかな。


バイクあったら行動範囲広がるからいいよなー。

でもそのためだけに免許を取得するのは躊躇する。
何より嫁に言い訳が立たんわw


海沿いを気持ち良くツーリングしてから、
ここまで連れて行っていただく。
2019年7月パタヤプーペン

みんなこんな所まで来ているんだね、自分食事のためここまでとか無理w


Uターンしてからこちらでま~べるさん行きつけ(?)の場所で食事。

ジュースとか飲んでいた。
2019年7月パタヤテンモーパン

私はいつもの偏食飯。
2019年7月パタヤカイダオ

ま~べるさんはガパオ食べていた。
2019年7月パタヤガパオ


しばし歓談の後、ちょっと行ってみましょうかと向かったのは、
ソイボンコットに新しくできたバビロンってジェントルマンクラブ。


後で分かったけど外は店内の監視カメラで見張っているんだね。

この写真とか撮っているところもかw
2019年7月パタヤバビロン


ま~べるさんは一度ホテルへチェックインするため自分だけ入店。

嬢は8人ぐらい?
感覚的なもんだけどsoi6と同じレベル。

営業時間は15時から。
ハッピーアワーは15時~19時でビールが75バーツ。
レディースドリンクは130バーツ。

場所が不便だけど室内でビール飲めるから、
soi6よりこっちがいいかなー。


どうでもいいけどジェントルマンズクラブは守備範囲外。
なのでこうやって誘っていただけるのは非常にありがたい。

1人だと絶対に来ないからねぇ。


待っている間はビールをチビチビ飲みながらスマホをいじっていた。


人と一緒の時はスマホとか触らないタイプなので、
こういった時にまとめてツイッターとか見ている。

チェックインを終えて戻ってきたま~べるさん。
自分はビールでま~べるさんはコーラで乾杯。


早速、嬢をつけるま~べるさん。

「Litchiさんは誰か呼ばないんですか?」

うーん、あんまり好みがいない。
その旨を正直伝えてカウンターの中にいる女の子ならと話したり。

店のロゴが入っているTシャツ来ている女の子。
ミニマムな体型なのでロリコンクソ野郎のスケベ心を刺激する。

いわゆる嬢じゃないので一緒に飲むとか考えてなかったけど、
カウンターまで行ってその娘さんをま~べるさん召喚ww

「さあ、どうぞ(・∀・)」

みたいな感じで言われたw


年齢は22歳で体重はなんと38㎏だと。
ブンブン可能かどうかは不明。

キスとか軽く触ったりはしていたので、多分できたかもだけど、
この時はビール飲んでて眠かったので聞かなかった。

いい感じで酔っぱらってきたので、ま~べるさんにホテルまで送っていただき、
部屋でシャワーも浴びずにベットにダイブして就寝する。






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

7月13日(土)その1 ~ パタヤ午前中の過ごし方

パタヤ2日目の朝。

ジジイな自分はいつものように8時前に起床。
隣を見るとぶつかり稽古を終えたトドみたいな嬢。


やがてトドが目覚める。

化粧を落としていてかなりお年を召されている。
年齢は恐くて聞けなかったww

とりあえずフィニッシュしてないので朝のぶつかり稽古。

目をつぶってハニー嬢を思い浮かべて何とかフィニッシュ。


このまま帰るのかと思いきや、部屋にいてもいいか?
日本に帰るまでずっといてもいいぞと、それ誰得なオファーをいただく。



帰れ!(・∀・)



まあ紳士なLitchiさんはそんなことは言えないので、
後2時間で友達が来るからちょと無理、ごめんねー。

こんな感じでお引き取りいただいた。


約束のチップ2,000バーツを渡した後に、
「タクシー代も欲しいna」と言われたので進呈。

そのまま一緒に外出してから自分は歩いてブッカオまで。

どこでも良かったけど目についた店で朝食。
2019年7月パタヤ2日目の朝食看板


入ってからパタヤ千夜一夜さんのブログを確認。

おー、チャッキーモンキーのオーナーの店だ。


ということでプロモーションで頼めた朝食。
2019年7月パタヤ2日目の朝食メニュー


これで99バーツだからかなりお得でした(・∀・)
2019年7月パタヤ2日目の朝食


腹パンパンになった。

その後は食後のコーヒーを買いにいつものコーヒースタンドへ。
サービス券が残っていたので消費しておいた。
2019年7月パタヤyingコーヒースタンプ

時刻は10時30分頃。

ちょうどま~べるさんよりパタヤに着きましたとご連絡。
マーチホテルで待ち合わせることにして合流!


まずは手持ちがなかったので金行へ向かっていただく。
買った店が休みだか閉店で閉まっていたので隣の店へ。

店頭表示は写真を忘れたけどこんな感じだったような。

購入 20,600バーツ
売却 20,500バーツ

上記は重量1バーツの値段だと思っていた。

自分のネックレスは2バーツの重量。
なので41,000バーツになるかと思いきや提示は38,300バーツ。

ちょっと仕組みがよく分からないので今回はいいや。

そう思って今回はいいと伝えると、いくらなら売るのかと聞かれる。


ますます仕組みが分からないなー。

今度タイ語が堪能なお方にお付き合いいただいてみよう。


ということで金行の後に向かったのはこちら!
2019年7月パタヤ皇帝


多分、今さらだと思うw


自分はTJチャンネル(合ってる?)とか見ないけど、
ツイートとかで一時期ちょいちょいと見かけたお店。

その前にま~べるさんにお待ちいただき、
近所のコンビニ前のATMでキャッシング。

20,000バーツを仕入れて店に戻る。


店内は11時台だとまだガラガラ。

60分コースを選択して2階に上がるとそこもガラガラ。

※店内の写真は全て取り忘れるというブロガー失格な人w


まずは仰向けになって髭剃りからスタート。

かなりきっちりと剃ってもらってからキュウリパック。
そこから耳かきと爪切りがあったけど、自分は爪切りは断った。

かなりざっくり切られるだろうから好きじゃないんだよね。


マッサージを受けてからは下に行ってシャンプーだったかな?

ちなみにマッサージ中にチ〇コに手が触れるけど、
エロいサービスは一切ございません。

嬢は若くてカワユスだけど。


1時間サービスを受けてスッキリ。
お値段600バーツ、嬢には100バーツチップしておいた。

というかかなりの客入りになっていて、担当した嬢はすぐ次の客へ。
チップはキャッシャーで預けておいた。

日本人だらけだったので、日本の連休中に行くなら午前中かなー。


続きは諸事情により来週からとなります。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行