1月12日(火)その2 ~ サロンまでお出迎え

車内ではバスだっちゅうのにマドカちゃんからビデオコールとかきて、
隣のファランにニヤニヤされたりしていたw

まあ、ファランもパタヤに行くことで察していることでしょう!

ビデオコールは通信状態が悪いのでテキストでやり取り。


「19時頃にパタヤ来るよね」
「ヘアーメイクしながら待ってたいけどいい?」
「前と同じサロンだよ~」

「チェックイン終わったら連絡するよ」
「700~800バーツかかるけどいい?」
「ハハハ、いいよー」
「髪の毛のカラー変えたいんだー」


そして17時30分頃にメッセージ着。
たまには原文そのままを。

「1000」
「You ok」



恐ろしいほどあっさりw


これは英語が苦手だから仕方ないこと。

あんまりホイホイとオーケーしたら図に乗るので、
ちょっと渋った後に了解しておく。

16時40分に出発したバスだったが渋滞にハマってパタヤ着は19時30分過ぎ。

マドカちゃんには19時と伝えていたので遅刻状態。


取りあえずバスターミナルにいるソンテウに声をかけ、
ソイブッカオのソイハニーに行きたいと伝えると50バーツ。

乗り込んでから50バーツ払って乗客が揃うのを待つ。


ビーチロード⇒セントラルロード⇒ソイブッカオとソンテウで移動して、
ソイハニーの入口で降りたのは20時前。

日本で予約していたのはHブティックホテルで今日から2泊。
2016年1月パタヤHブティック外観

1月14日(木)からの3泊は予約してないので明日にでも確保しないといけない。


とりあえずチェックインを完了。
2016年1月パタヤHブティックホテル部屋

ちょうどマドカちゃんよりもメッセージがくるので、
モタサイを捕まえて連絡すると返しておく。


ちなみにこのホテル、安くて立地もいいけど部屋では普通にゴキブリとかに遭遇。
まあ、マカオの安宿と比較すれば全然マシなので自分は平気。

テレビも一応まともだし。
2016年1月パタヤHブティックホテルテレビ



ホテルの外へ出てからモタサイに声をかけてから、
マドカちゃんへ電話。

サロンの場所を説明してもらってから移動する。


サロンへ移動するとちょうどドライヤーをあててもらっているところ。
2016年1月パタヤサロンにて


なんか他の予約客がいたので待っていたとかなんとか。
そしてどこに泊まっているのか聞かれたので、
ブッカオに宿泊していると伝えると何故だか「ブッカオ!?」と言われる。

サロンの女性ともブッカオなんちゃらかんちゃって話していた。


ブッカオ近辺はLKメトロもあるし、バービアにエロマッサージ、
それからマッサージパーラーもあるから夜遊び専門みたいなところ。

それを言っていたのかと思っていたけど、後で聞いてみたら違っていた。

ブッカオと言えばマーケットらしくてそのことを話していたとのこと。
「ブッカオにも泊まるところあるんだねー」みたいな感じだった。

旅行者と住んでいる嬢の感覚は違うと実感。


髪型と髪の毛の色を変えて結構ご機嫌なマドカちゃん。

しきりに「どう?どう?」と聞いてくるのは万国共通。
似合っているよー、キレイだよーと答えるのも万国共通w


マドカちゃんのコンドに荷物を預けているので、
ホテルに移動する前に取りに行くことに。

サロンからモタサイに乗り込み彼女のコンドへと向かう。





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Twitterも使ってマース

Twitter


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する