5日目と6日目

6月22日(水)
5日目からの続き。

まずはパリスでスロット。
25¢と$1とか自分でデノミを選べる機種。
ダブルダイヤモンドとかが好きなので適当にクォーターで。

一杯当たってダラーでやっていないことを後悔w

21時から22時まではスイッチBJをパリスで。
勝ち負けなしで撤退。

しかしこの種目、今はパリスに一台だけでminも25の時が多いけど、
意外に盛況でプレイできたのはこの時だけ。
アルバニア人と一緒にプレイしていた。

スイッチがはまれば気持ちいい。



腹気減ったのでいつものダイナーへ。
ストラスフィアのちょい北にあるダイナーで、ホワイトクロスのVickies dinerってとこ。
映画のLucky youとか花より男子の撮影にも使われたところ。

改装していてピンク基調だったけど、従業員はいつものおじいちゃん。
かなりの年齢だけどキビキビ働いていていい感じ。

リブアイとパンケーキとかで$30だから値段もまあまあ。


6月24日(木)6日目。
日付が変わったぐらいに部屋に戻って20分ほど落ちる。
その後はPHの気分だったのでPHへ移動。

移動したポーカールーム近くのペニースロットをイタズラ。
原点で撤退して今度は251minのミニバカラへ。

-200から+100を行ったり来たりしてこちらも原点で撤退。

正確にはハーフダラーがスロットとミニバカラで残ったので$1勝ちだww



その後はパリスでパイガオ。
とにかくメタメタ。

5のFour of a kindが入ってフォーチュンも10ベットしていて取っているのに、
小一時間で400を軽く溶かす。

とにかく負けること負けること。

ボーナスの時もトップの5のペアが負けて本線はプッシュだったし。


その後は朝方にしゃれたベーグル屋さんへ。
高級住宅街にある店でかなり美味かった。

10時に寝て14時30分に起床。


この滞在で一番いけてない日が本格的に始まる。


PHに移動してハイリミット前のダブルデックのBJ。

min25なので500バイイン。
コツコツと積み上げて200ぐらいまでは何とか。

目標はバイイン分の浮きだったので悪くはない。

途中で妻も混じってのプレイ。
ファーストベースに初老の白人も来るけどこの人がダメだった。

自分はサードベースだったけど、まあ人のプレイにケチをつけるつける。

出た結果を見て後出しでゴチャゴチャ言うことが多い。
こちらではあまり会うことがないタイプ。

人にケチつけるくせにスポットを増やしたり減らしたりBSも無視。

別にそれ自体はどうでもいいし、人がどんなプレイしようが文句はない。
ただ、人のプレイにケチつけるのはねー。

最初は無視っていたけど、あんまりにもウザイので席を交換。


5分でオケラになっていなくなりやがったww


自分は知らなかったけどディーラーもあきれて妻に色々言っていたみたい。

まあ、なんかここでオケラに自分もなったw



ちなみにここのダブルデックはDAS不可、配るのも半分ぐらいなのでイマイチ。
これならバリーズのダブルデックの方がいい。(バリーズは2/3ぐらい配る)

ツイートしているの見て思い出したけどラストハンド。

ソフト14でディーラーのアップカードは5、当然ダブルするので50追加してダブル。
どんなカードがきたか忘れたけど当然負けw

ラストベットでのスプリットとかダブルって本当勝率悪い(当然オカルト)


ペパーミルでハムステーキを食べる。
2016年6月ベガスハムステーキ


このハムステーキを食べるのもかなりの楽しみ。

この後はホテルに戻って仮眠。






Twitterボタン




最安値をリアルタイム提供!海外・国内ホテル格安予約は【アゴダ】





関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する