4月21日(木)その1 ~ 波乱が起こる当日の昼間

起きたのは8時20分ぐらいでゴソゴソしていると、マドカちゃんも起きてくる。
ちょっと空気が気まずくて、朝の挨拶をしてからお互いに携帯をいじって無言。

ちょうどゆーたさんから連絡くるの朝飯でもとの話しになる。
マドカちゃんは寝起きは何も食べないタイプなのでお留守番。

出かけることを話したことがきっかけか、そこで色々とベットで話しをする。

なんかいい感じになってきたので「おっ!?このままブンブンか!」と、
期待に胸と股間を膨らませる(←アホウw)

しかしその時、無情にもゆーたさんからLINE電話で、
「今ちょうど下に着きましたよー」とご連絡。

もうちょっとで昼間セックスさせてくれないマドカちゃんと・・・
うん、迎えに来てくれるのをお願いしたから仕方ないね。

ゆーたさんを待たせてセックスという手段もあったと今は後悔しているw


ということで、ゆーたさんのバイクに乗り込んでブッカオのカフェへ。
ソイレンキー(多分)入ってから、すぐ右手にある白いloafって洒落たお店。

内装は清潔で非常に心地好い。
2016年4月パタヤLoaf店内

一番安いアメリカンブレックファーストでも160バーツ、スタンダードは195バーツ。
2016年4月パタヤLoafメニュー

当然、自分は一番安い160バーツだw
2016年4月パタヤLoafABF


この時にうっかりしていて、コーヒーをブラックで頼むのを忘れていた。
仕方ないのでもう一杯注文してから、甘いやつはゆーたさんに押し付けておくw

小一時間ほど飯を食ってコーヒーを飲みながらグダグダと。
タイでこうやって気の合う人と、朝からウダウダする時間は非常に大切。

コミュ障気味なのでボッチ旅行を好むけど、最近は人と一緒ってのに慣れてきた。


やがてマドカ刑務官(©ゆーたさん)より、パスタの写真とともに連絡が。


「これを買って早く戻って来い!」



11時ぐらいに部屋にコンド近くまで送っていただき、近所のセブンイレブンで指定のブツを購入。

部屋に戻るとご機嫌で色々と話しをしてくる。
ここでタイの厄年(?)の話しをされる。

なんか女性は5のつく年齢は厄年みたいな話し。


「従姉妹に前はそう言われたけど信じてなかったんだよねー」
「でも、25歳になってすぐ病気になって」
「それにカスタマーも悪いカスタマーに当たることが多くなったんだよ」
「なので今は信じているよ、ブッダにお祈りとかしないとねー」

(ブッダのくだりは身振り手振りだった)


この時に自分が日本に帰ってからの生活の話しとかを始めた。

GOGOバーで働く気だけどそれは来月から。
それまでお金はあんまりないけど「Litchiがくれるお金で大丈夫だと思う」とのこと。


紙の裏に書いてから説明を受ける。

「1日に1800バーツくれるでしょ」
「後3日だから」


と、スマホの電卓で計算w
暗算は苦手な様子。

5400バーツあればシスターに2000バーツ渡しても何とかなるとかそんな話し。
シスターも働きだしたばかりでお金がないからそれぐらい渡すって感じだった。

まあ、他にも話したと思うけどさすがに4ヶ月も前の事だからもう覚えてないw

多分、今日からシスターが働きだすから一緒に店へ行こうみたいな話しだった。



いい感じになったのでベットに誘うと「ちょっと待ってね」と言われてマドカちゃんはシャワーへ。

下半身だけシャワーでキレイにしてから先にベットに行ってから、
「おいでLitchi」と言われてベットに潜り込む。


ケンカをした後だからか、この時のブンブンは結構ノリが良かった。
といっても他人からみたらかなりの塩ブンブンだけどw

ブロージョブなし、ディープキスなしとかだから。

本当、自分でも何でこんな塩なセックスしか提供しない嬢と継続するのか不思議で仕方ないw


ブンブンの後はビッグCへ食材の買い出しへ向かう。



食材やお弁当を買い込んでから、モタサイに乗ってからコンドに戻る。


そして見事にやらかす夜を迎えることになる。






1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterボタン







関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

キタキター!

平和な2人の生活。次のポストが気になるーー!!

Re: キタキター!

プロンポン-トンローさん

初めましてw
コメントありがとうございます。

この日までは平和でしたけど、
この晩はくだらないことでやらかしちゃいました・・・


> 平和な2人の生活。次のポストが気になるーー!!

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する