4月24日(日)その1 ~ 労「道」の待つ国へ

タクシーでスワンナプーム空港へ到着したのは日付が変わる前ぐらい。
ジェットスターのチェックインカウンターで手続きを済ませる。

しかし帰国の時に物悲しいのはどこの国に行っても一緒だけど、
スワンナプーム空港はまた格別なのは訪タイリピーターに共通した思い。

そうして労道が待つ国へと帰る第一歩。
2016年4月バンコクイミグレ通過前


日本はストレス社会で働くにはたまったもんじゃないとか書いた記憶があるけど、
Litchi自身は会社に対する忠誠心はあんまりないと思う。

ただ働くことに対する忠誠心みたいなものはあるんだよなー。
これは本当に自分でも不思議。
何でも「道」にする日本だけど、何かで見かけた労「道」って言葉はちょっと入ってきた。

まあ、だからタイに行くと解放された気分とかになるのかな?


でも日本に生まれて良かったとも思う。
海外旅行に行くようになってから、それは結構強く思うようになったなー。

なんだかんだ言って比較的平等な国だと思うし、
出自で全てが決まる国でもなかいら。

自分みたいに普段はのほほーんと過ごしていても、
何とか生活できてこうやって年に何度かは遊びに行けるしねぇ。



なんてことをこの時は考えていたわけではない。
帰国の寂しさとマドカちゃんを怒らせて、やらかした感しかなかったと思うw

単にポストの行数を稼ぐために書いただけw




そうして向かった先はこちら。
2016年4月バンコクCIPラウンジ看板


ダイナースのカードを作った主目的はラウンジ利用。
LCCとか中国東方航空ばっかり使う自分がラウンジにしけこむために作った(・∀・)


帰国便はジェットスターなので機内食はなし。
とりあえず中で小腹を満たすために物色。
2016年4月バンコクCIPラウンジ食事


そして持ってきた料理。
2016年4月バンコクCIPラウンジ汚い盛り付け


絶望的なまでに盛り付けのセンスとかがないw


この時は結構疲れていたのでアルコールはなし。


意地汚くラウンジで腹を満たしてからは、免税タバコを買ってからゲート付近の喫煙室で一服。


フライトは定刻通り。

ラッキーなことに三列シート独占だったので、エコノミーフラットにしてから機内は過ごす。
普段、深夜便は寝ることが出来ないけどこの時は少しは寝れて帰国した後が楽だった。


空港についてからはCEEさんとツイッターでふざけていたらすぐに自宅。


こうして最初で最後になるかもしれないソンクラン参戦は終了!





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterボタン








関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

面白かったです

今回も堪能しましたよ😄

Re: 面白かったです

陳さん

あら?ご覧いただいていたんですね。
たまには連絡下さいねー。

> 今回も堪能しましたよ😄
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する