5月23日(月)その1 ~ Onyxからのー!

今日は月曜日なのでOnyxでレディースDJナイトがある日。
ということで何人かでガヤガヤと連れ立ってOnyxへ。
2016年5月バンコク鬼

いやー、久しぶりだからレベルがどうこうとか分からないけど、
酒が飲めて爆音が聞けるだけで幸せになれる。
2016年5月バンコク鬼ボトル



DJファーサイが登場したあたりが自分的にはピークな盛り上がり。
2016年5月バンコク鬼でファーサイ


実はディスコに行く前あたりから、バンコクで連絡が取れる数少ない女の子に連絡を取っていた。

その女の子とはFacebookで見つけて友達になったショートちゃん。
2015年の9月に会った時はナナプラザのゴーゴーで働いていて、
一度客として軽く一緒に飲んだだけのうすーい関係。

ニックネームの由来はショートで行ったら、20~30分で速攻で戻って来ていたからw

顔立ちは美人さんで嬢の中では上位クラス(主観)
自分の馴染み筆頭のマドカちゃんより何ランクか上。

その分、カスタマーをたくさん抱えているので、ブンブンもしていないLitchiは、
泡沫カスタマーにすらなれていない状態。

ペイバーしてからのショートはバリ早だけど、
自分とメッセージのやり取りを付き合ってくれるので、
性格がいいというか非常にありがたい存在。


9月にディスコに誘った時は残念ながら他のカスタマーにペイバーされて、
結局ディスコに一緒に行くことは叶わなかった。


嘘か本当かこの訪タイ時には昼職の申告だったけど、
まあ単に無職でヒマだったんだと思うw


Onyxにいることを伝えて合流可能か確認すると、行ったことないけど今から向かうと。
妹分も連れて行くと素晴らしいコメントをいただくw


そして表に着いたと連絡があったので迎えに行くと、ヒラヒラのスカートにヒールのあるサンダル、
久しぶりに会ったけどやっぱこの娘は美人さんだわ。

そして妹分もカワイイ感じだけど、残念ながら20歳未満につきOnyxへは入店不可。

「じゃあ、後で合流しようか?」となってから、特にタクシー代とか請求されることなく、
タクシーに乗ってからそのまま立ち去って行った。


DJファーサイも終了して、ツーショットの記念撮影とかしてから、
みんなでワイワイとそのままソイカへ。

ショートちゃんと連絡を取ると、スクラッチドックからソイカに移動したとくるので好都合。

合流場所となったのはソイカのアソーク側の入口にある、Penny Blackってクラブ(ディスコ?)
詳しくは知らないけど、嬢達が仕事上がりに来たりするらしい。


妹分が一人増えて相手が3人だから、自分は一人じゃキツイので、
一緒にいた方を誘ってみるもあまり興味はなそう。

お一人だけ店まで一緒に来てくれるとのことで向かってみるも、
入口が分かり辛くて最初は戸惑った。

それでも何とか入店すると天井が低くてドローカルな雰囲気。


すぐにショートちゃんは発見できて、妹分2人とタイ人のヤカラっぽい若い男性一人と合流。

こういう時の外国人は財布と心得ているので、ボトルを入れようと伝えると、
「いいよー、じゃあシェアしようね♪」はショートちゃんのお言葉。

その言葉に偽りはなくて、ボトル代の1,000バーツちょっとだけ負担で、
後の氷やらミキサー代は払おうとしたら、
「シェアするって言ったよね?」とLitchiが払うことはなかった。


あれ?
カスタマーも多いしスレスレ嬢かと思いきや、意外にいい女の子だったのかもしれない。


この時はOnyxでも結構飲んでて、それなりにヘベレケな状態。

そんな中、訳の分からない飲み会が開始!


ちょっと長くなってきたのでいったん切ります。





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterボタン








関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する