パタヤでの怠惰な日々

今回もパタヤではほとんどマドカちゃんと一緒。

1日の流れはこんな感じだった。


8時ぐらいに自分が先に起きてから起こさないように外出。
一人で食事をしたりブラブラと歩いてマッサージに行ったり。

11時までにはマドカちゃんから起きたと連絡が入って、
それから部屋に戻って彼女の身支度を待つ。

昼過ぎに一緒に外出して食事。
その後は買い物に付き合ったり、サロンに行ったりして部屋に戻る。

食事を作ってもらったりする時はウォーキングストリート近くの、
ローカルなマーケットで買い物をしたりもした。
2016年5月パタヤローカルマーケット1


肉は氷を下に敷いてるあるけど常温に近いようなw
2016年5月パタヤローカルマーケット2


見たこともない野菜でちょっと辛かった。
2016年5月パタヤローカルマーケット3


食材にハエがたかっていたりするけど、そこは中国人のように、
「美味いものにはハエがたかる」と考えてやり過ごす。

後、この市場で買い物した時に初めてサタン硬貨をお釣りでもらったり。
使うこともないサタン硬貨だから記念に持っているw


食事はタイ料理がほぼダメな自分に向けてこんな感じだった。
2016年5月パタヤマドカ飯


マドカちゃんが自分で食べる物はコテコテのイサーン料理だった。
(写真は撮り忘れ)



夜は用事があれば軽く外出してマドカちゃんは部屋で待機。
大体2時間ぐらいで戻るようにしていた。


マドカちゃんは部屋でバンコクの住居探しと職探しをネットで熱心にしていた。

「この部屋にしようと思う」
「仕事はここを考えている」

自分と話す内容はバンコクでの新生活での話しが多かったなー。

マドカちゃんは一度だけ用事があって自分の部屋に戻ったけど、
シスターとは険悪な状態なままだったので、
ぞれも有ってずーっと一緒に過ごしていた。


昼間、職場を探している時にはあちこちに電話をしていて、
その時はすごく丁寧な話し方をしているっぽかったので、
その気になれば丁寧な話し方もできるんだと感心したり。
(よそいきの声で語尾にカーをきちんとつけていた)

まあ、こういった過ごし方は自分の性には合ってる様子で特に不満もなかった。
とにかく日本での日常を忘れるってのは大事なので、その目的には合っていたし。

短い日数だったけどダラダラと怠惰に過ごす時間は貴重な時間。



ただ、帰国間際は何故かいつも揉めてしまうので、
最終日は少しだけ会った程度。

最終日には新たな出会いを求めてインソムニアにへ!





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterボタン







関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する