2016年度のふるさと納税のススメ

ふるさと納税、する人はするししない人はしないでしょう。
詳しい内容はググれば分かるので乱暴なまとめ方を。

要は2,000円の負担で支払う見込みの税金の20%分を、
好きな自治体に納付することができますよって内容。
(厳密には寄付だとかはこの際は考慮しない)

対象となるのは所得税ではなく市町村県民税。

年間50万円支払っているなら、10万円まではふるさと納税が可能。


で、納税する自治体によっては米やら肉やらもらえる内容。

もちろん食材やタブレットをもらってもいいのだけど、
今年自分が選択したのはピーチポイント。

泉佐野市や鹿嶋市等、複数の自治体が取り扱っている。

泉佐野市だと5万円の納税で2万5千円分のピーチポイントがもらえる。
ピーチポイント自体は納税の手続きをして2週間ほどでメールにて受領。

2,000円の負担でこれってお得ですわなー。


しかし関西圏に居住しているならともかく、首都圏だとイマイチなのは承知の上。
ということで関西圏以外で居住しているならどのように使うか考えてみた。


■首都圏
成田~関空間しか使えないっすなー。
関空まで行ってから上海や香港、台湾とかに使うぐらいかなー。


■地方
今のLitchiがこれ。
地元の空港から関空へ飛んでから国外、または国内旅行かねぇ。

ただ自分の場合は無理矢理海外へ渡航するために使っているのは昨日書いた通り。

関空を経由せずに沖縄を経由する手法にて、
去年(2015年)は香港へ、今年(2016年)は台湾へと。

沖縄を経由するってのは自分の中ではあり。

日程に余裕があるなら沖縄も観光できるし。


福岡空港をいつまで使うか分からないけど(Litchiは転勤族)、
使える間はこの手法で年に1回は香港か台湾へ行くつもり。

関空を経由するなら上海もあるしねー。


とりあえず沖縄経由を書いた過去ポストも貼っておきます。


沖縄発香港行きのススメ





1クリックいただくだけで、管理人のモチベーション維持につながります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



Twitterボタン



関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する