キャッシュレスな生活

日常における自分の行動範囲は非常に狭い。

平日は自宅と会社の往復で寄り道はほぼしないし、
帰りにちょっと一杯とかの習慣もない。

休日は自宅でダラダラして家族の買い物に付き合う程度で、
後はマンガ喫茶にマンガを読みに行くぐらい。

数か月に一度、旅行に行く時以外は大して行動パターンは変わらない。


話しは変わって日本は決済時に現金の比率が先進国にしては高い国だと思う。
レジに並んでいる時とか観察していても現金払いの人が多い。

聞きかじりで恐縮だけど、北欧の国とかは現金の決済比率が20%以下って国もあるらしい。

自分に馴染みがある国でもアメリカ、中国、韓国とかは現金以外が多いと聞く。
もちろんその国ごとの事情があってそうなったんだろうとは思う。

治安が悪い、偽札が多い、国がクレジットカードを奨励した等々。


ブログのタイトルにしているタイとかマカオは現金の比率が高いかなー。


Litchiはセコセコとマイルやポイントを貯めるのが好きなタイプなので、
決済は極力現金以外を使用するタイプ。

クレジットカードがメインだけどWAONやEdyも好んで使っている。
(ポイントでもらったクオカードもかなり使っている)


日常生活ではこんな感じ。

昼食、タバコ等はコンビニ。
ちょっとした買い物はカードが使える店かAmazonとかで購入。
マンガ喫茶はクレジットカードか電子マネーで決済。


そんな中、唯一コーヒー屋だけは現金で払っていた。
平日は1日2回のコーヒータイムを設けていて、その時間は結構大事にしている。

1日2回、1杯200円のコーヒーで平日が20日としたら月に8,000円ぐらい。

支出の中で現金で支払う費目が極一部残っていて、この金額は無視できない金額。


まあ、こればっかりは仕方ないかとあきらめていたけど、
数か月前にドトールのプリペイドカードをキャンペーンでもらった。

正式名称は「ドトールバリューカード」

1回2,000円以上チャージすると、チャージした金額の5%~(※)のポイントが付与される。

(※)会員ランクによって付与率は変化
9月16日~9月15日を1年間として、20,000円以上で7%、50,000円以上で10%となる。

詳しくは以下の公式サイトで。

ドトールバリューカード


このプリペイドカードへチャージする方法は以下の二つ。

・店頭にて現金でチャージ
・ネットでクレジットカードでチャージ

速攻でクレジットカードにてチャージしましたw

現在、30,000円チャージしているから年間50,000円とか楽勝。
これで平成29年9月16日からチャージする金額の10%のポイントが付与される。

ざっくりした計算になるけど来年10月1日以降は1割引きでドトールを利用できる感覚。
(正確には100円ごとに1ポイント付与されるので11%弱)

多分、どこに行ってもこの習慣は変わらないのでこれはありがたい。


そして何よりクレジットカードでチャージすることで、マイルやポイントの獲得に寄与できる。


ほぼ現金を使わない生活サイクルを確立したかったので、
これにてキャッシュレスな生活を送れることとなった。

まあ、記念で書いてみたポストでございました。










Twitterボタン




関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する