スワップとかフィンテックとか何が言いたいのかよく分からなくなったポスト

今回ははやりのフィンテック(金融とITの融合)の話しがメイン。
エロくもなく、セコくもない話しなので興味のない人以外はスルー推奨。

スワップ(交換する)といっても、パートナーを交換して、
生殖行為に励むあれでもないですw




聞きかじりだけど、金融におけるスワップの一つとしてこんなのがある。


Aさん
ニューヨークに在住してニューヨークで勤務。

Bさん
過去、アメリカに居住していたけど現在は日本在住。


Aさんは日本に住んでいる家族にニューヨークから「円建て」で送金したい。
Bさんはアメリカ在住時に開設した自分の銀行口座へ「ドル建て」で入金したい。

Aさんは家族へ送るドルをBさんの銀行口座へ入金、
Bさんは振込みする予定だった円をAさんの家族へ渡す。

これで金融機関へ余分な手数料を支払うことなく資金移動が完結。
(ついでに当事者以外、この資金移動の事実は分からない)

もちろんお互いの信頼関係が大前提だし、金額もマッチしないとこれは無理な話し。
でも通貨を両替する手数料や、銀行に支払う手数料がほぼ不要なのは魅力的。


昔たまに摘発されていた地下銀行なんて大げさな名前も仕組みはこれと一緒。


ちなみにこの例え話は橘玲氏の「マネーロンダリング入門」に載っていた話し。
そこで氏がこんなことを書いていた。


~引用ここから~

インターネットの普及によって、恋人探しなどさまざまなマッチングが簡単に行えるようになった。
いずれ通過スワップのマッチングビジネスが登場し、銀行システムを経由しない格安の
海外送金サービスを提供するようになるかもしれない。

~引用ここまで~



この前、そのサービスが始まっていたのを知った。

TransferWis(トランスファーワイズ)


仕組み的には上記のマッチングを行って格安で送金できるらしい。


海外へ送金したことある人なら、銀行への手数料の高さに閉口した経験があるかと。

もちろん銀行を経由しないで海外へ送金する仕組みは昔からあった。
PayPal、NETELLERあたりは、特定の趣味がある人にはかなり昔から馴染みがあると思うw
あとはヨーロッパ系なので馴染みが薄いけど、Moneybookers(現在はSkill)もあったりする。

いずれも数万から数十万の送金(決済)に向いているサービス。


Litchiも去年パタヤでコンドミニアムに宿泊する際に、
オーナーに前払いで支払う必要があったので、
銀行送金を嫌ってPayPalを使ってオーナーに送金したりした。


ただ、トランスファーワイズを知っていたらこっちにしたかな?
PayPalだと意外と手数料が高いらしく、オーナーに現地で追加料金を払ったから。

ちょっと記録を見返してみるとこんな感じ。

6,300バーツが部屋代で現地で289バーツを追加支払い。
20,000円ちょっとの送金で1,000円が手数料だから、銀行よりも圧倒的に良かった。

換算されたレートは以下の通り。

6,300THB=20,228JPY(1バーツは3.210円)
当時のクレジットカードの明細を見ると1バーツが3.153円だから、
両替レートはクレジットカードには劣る。

話しがどんどん細かい数字の話しになってきたので軌道修正。


海外への資金移動とか、国内での資金移動に関して最近ちょっと凝って調べているところ。

きっかけは中国の電子マネーの普及率の高さを知ってから。
アメリカでもVenmo(ベンモ)とかすごいみたいなので。

フィンテックと言われてもピンとこなかったけど、個人の少額決済に対して、
どんどん新しいサービス提供されているのは凄いなーっと。




で、今回のポストの趣旨。


海外へ何らかの事情で送金する必要がある人はいらっしゃるでしょう。


家族の病院代が必要、弟がバイクで事故った、部屋代が払えないから助けてとかww


ゴールデンウィークも明けて懇意にした嬢からそんなメッセージを受け取った方。

銀行でもウエスタンユニオンでもいいんですけど、
トランスファーワイズもあるよって紹介でした(・∀・)


おっとタイに住んでいる日本人の友人がいる方は、
最初に例であげたスワップの原理を上手く使って下さいw







ツイッターもやってます。
Twitterボタン




関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する