5月24日(水)その3 ~ パタヤで初ハンドジョブ

バスの中では普通に小説を読んでいたかスマホを触っていたと思う。

8時に出発してパタヤ着は9時40分ぐらい。
ホテルに着いたのは10時ぐらいだったけど、ラッキーなことにチェックイン可能と。

今回の宿泊ホテルはいつものごとくマーチホテル。
2017年5月パタヤホテル部屋


ブッカオのホテルと迷ったけど、部屋のキレイさを選択してこちらにした次第。

到着時はこのように快晴。
2017年5月パタヤ到着時の快晴

やっぱ空が広いのはいいっすなー。
バンコクも楽しいんだろうけど、パタヤのこういったところが好きだったり。

あっ、もちろんエロがあるからだけどww


荷ほどきをしてまず向かったのはマッサージ。


移動の疲れを癒すのと、この時間で可能なエロ選択肢が限られているため。

某ブロガーさんがマッサージ屋でいい思いをしているのを読んでいたので、
この時はちょっと自分も試してみようかの気持ち。


そうと決まれば近所のコンビニでソーセージとかぱくついた後、
まずはセカンドロードを北上してから左手に数軒固まっているあたり。

うーむ、午前中だからかなのかイマイチな感じ。

スルーしてからソイ3だかその辺りを左折してからビーチロードへ。


南へ向かうも何もないので、意味もなくソイ6経由してセカンドロード。
2017年5月パタヤ初日のソイ6


セカンドロードをセントラルパタヤロードまで南下した後、
右折してビーチロード方面に向かう右手にある店で客引きにあう。

結構、強引だったので普段は無視するけど、手を引くのはまあまあ若い女性。
後で年齢を聞いたら確か21歳とか22歳とか言っていたような(うろ覚え)

「今日はお客さんが一人もいないの」にほだされて入店。

1時間のオイルマッサージをお願いする。

まあ、手コキの誘いはくるだろうけど、今日はその先までいければなと。


奥のカーテンで仕切られている場所へ誘導されてスッポンポンに。
まずはうつ伏せからスタート。

マッサージ自体はまあまあ上手かった。

そして仰向けになってから「し~っ」のジェスチャーから予想通りのお誘い。
こちらの貧相なチ○コを指差しながらの手コキの仕草。

手コキ代を確認すると全部コミコミで1,000バーツ。
オイル300、チップ100で計算すると手コキッシュは600バーツ。

うーむ、日本で手コイてもらってもあんまり変わらないような気がする。

とりあえず手コキをお願いするもこれが下手くそ。

なので服の上から乳とか触りながら、生乳へと移行しようとすると、
「生乳は追加200バーツna」のタケノコ剝ぎw

生乳タッチに200バーツの価値を見いだせずに、
そのまま服の上からタッチしながらのフィニッシュ。

賢者になって1,000バーツ支払いながら、
これならソイハニーでも良かったかなの思い。


でも、周囲を気にしながらいけないことをするっての楽しい(・∀・)

ある意味お約束でお店も気にしないかもしれないけど、
こういうのもたまには悪くないっすなー。


テクテクとホテルまで歩いて戻ってから夜に備えて仮眠。









ツイッターもやってます。
Twitterボタン



関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する