5月25日(木)その2 ~ 記憶にないぐらいの大外れ(前編)

17時30分ぐらいから寝落ちして起きたのは20時とかでまたしても出遅れw


慌てて外出、20時30分過ぎにソンテウで北上してからバービア群へ。
向かった先はシーシャもできて、まったりできるドリンキングストリート。

※ここはあちこちで書かれている通り今でもシーシャ可(500バーツだけどw)


ぐるーっとバービアを見て回ってから、好みとはちょっと違うけど、
なかなかの美形がいるバービアに腰を落ち着ける。
2017年5月パタヤバービアの看板


本日のプランとしてはバービア狙い。

昨日、BeeTalkでつながった嬢のところに行くもよし、
また腐るほどバービアはあるので他をあたるもよし。


そう思いながらシーシャをオーダーしてからビール。
最初は美形嬢以外からゲームやらないとか言われたけどお断り。

ポリポリとつまみを食べながらシーシャやってゆるーく飲酒。
2017年5月パタヤバービアのつまみ

【シーシャ(水タバコ)について】
わたしゃ住んでいるわけでもないから詳細は不明ですが、
2017年5月の時点、シーラチャ県でシーシャの提供は法的にアウトらしい。

過去はGOGOバーとかディスコでもシーシャはできましたが、
パタヤで現在もおおっぴらに提供しているのはここぐらい。

警察とのコネクションが強いとか何とか聞くけどその分お値段は日本並で、
フレーバーも3種類ぐらいしか選べなかったような記憶があり。

シーシャをしたい場合はバービア嬢に言えば、それ専門の業者がデリバリーするイメージ。
(代金もシーシャをセットするアンちゃんに渡す)


閑話休題。


やがて雨が降り出したので美形嬢の側に移動してからお話し。

年齢は30歳といっているがパタヤ自体は半年ほど(だったかな?)

まあ、それ以前も体売る商売だったとは思われるけど、
そこまで深くは聞いていないので不明。

名前はきっちりと忘れたw

美形な部類だけど体はちょっと太目な感じ。
それでもこの顔立ちならそれなりに客がつくのかな?


ただ、この嬢は今考えるとかなりの塩な接客。

・Litchiがドリンクを出してもドリンクが出ない客のところに行って話し込む
・ガウリーが来たらそちらと一緒にビリヤード
・友達を待っているとか何とか言ってペイバー出来るかもあやふや


さっさと放流して次に行けばいいのに、自分の短所(何かにこだわり実行する)が出てしまう。

この美形をヒイヒイ言わせたい(死語w)の思いでドリンクを追加。


友達が来るとか言っていたけど来ないので本格的にペイバー交渉。

ディスコ経由のロングで2,500バーツ。
ペイバー代金は400バーツ。

明確に拒否はされないし、話しもそれなりに付き合うから大丈夫かなと約定。

チェックすると会計はレディースドリンク3杯込みの960バーツなので、
1,000バーツで支払い残りはチップ。


このペイバーだけど、この時の自分を鈍器で殴ってやりたいぐらいの失敗でしたわww











ツイッターもやってます。
Twitterボタン


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する