5月26日(金)その1 ~ 反省会からの泥酔

パタヤ滞在3日目。

残すところ今日と明日の2日しかないのに、
連絡先を交換するような嬢には会えていない。

昨日の無駄打ちは本当に失敗。

ウォーキングストリートでは手をつないで歩いたりして、
ほんの少しだけ期待したけどそれは無駄になったしw
2017年5月パタヤバービア嬢連行


色々な女の子と遊ぶなら別にいいんだろうけど、
ある程度継続して遊ぶのが自分のスタイルだから、
連絡先交換はがないこの状態は由々しき状態。


でも先の予定がビッチリあるならいいけど次は7月のみ。

それもバンコク1泊、パタヤ2泊のほぼ弾丸に近い。
なら、あんまり継続する嬢を探すことにこだわらなくてもいいかなぁ。


そんな感じで向かえた朝は9時過ぎ。
頭は痛くないけど吐く息が酒臭くて二日酔いの感じ。

ceeさんに連絡をしてから二人でソンテウに乗ってタクシー予約。


ツイートしたけど、Litchiはいつもタクシーを決まったところで予約。

レッドプラネットというホテルの前にあるタクシースタンドで、
過去スマホをタクシーの中に忘れた時にお世話になったから。

その時にいくばくかのチップを渡そうとしたら全力で‎拒否され、
「次からも使ってくれたのでいいよ」の言葉を律儀に守っている次第。


ところが先客が何やら話しており、暑い中待つのもあれなので、
レッドプラネットホテルの1階にあるトムズカフェへ。

ここは喫煙室が中にあり、エアコンが効いた中で喫煙可能。


と思ったらバフェとか始めていて11時までは喫煙不可。
2017年5月パタヤトムズカフェ


騒がしい中国人4人組から少し離れていたところに陣取り、
昨夜のケツが汚かった嬢の話しでひとしきり盛り上がり。

ぼっち旅行が多いので普段はできないけど、誰かと一緒だとこの昨夜の報告が楽しい。

成功した話しやいい思いをした話しだと「ふーん( ´_ゝ`)」で終わるのに、
ズッコケ話しだと盛り上がるのは共通でしょう(・∀・)


その他、色々と2時間近くだべりながらそろそろと予約しに外へ。

また客がついているので終わらないかと思いきや、
中国人客がどこかへ電話しだした時に話しかける。


大体14時までは若いアンちゃんでそれ以降はオバちゃんが担当。

前は無愛想なアンちゃんだったけど、今日のアンちゃんは復唱や指差しで確認。
タイではあまり出会わないきちんと仕事をするタイプで好感が持てる。

値段は昨年はスワンナプーム空港まで900バーツだったけど、
昨今の物価上昇の影響か1,000バーツへと値上がり。

予約時に300バーツを支払い、残りは運転手に空港で支払うスタイル。

何度も予約しているけど、運転手がホテルに来なかったことは今のところ一度もなし。
(あくまで今のところ、そのうち運転手が来ないなんてこともありそう)

ピックアップの時間は6時でも間にあうだろうけど5時にお願いする。
(フライトは9時35分だけど、とにかく不測の事態に備えるため)

アンちゃんもそれがセーフティーだねと。


ホテルまで徒歩で戻って、午後から野暮用のceeさんと別れて自分は食事へ。


向かった先は久しぶりに行くソイハニーのmalee。
2017年5月パタヤmalee



ブッカオの入口まで歩いてそこからソンテウ。


本日のスペシャル。
2017年5月パタヤmalee看板


ポテトサラダが嫌いなのでポテトフライに変えてくれと言ったら、
前はオッケーだったけどダメだとの答え。
値段が違うから何たらかんたらと。

まあ、ダメなものはしょうがないですわね。
2017年5月パタヤmalee食事


ということでチキンだけ食べてポテサラは手もつけずw

ついでに飲み物はコーヒーにしたんだけどブラックにするのを忘れて、
こちらも二口飲んだところでギブアップ。


帰りはソンテウでセントラルロードへ向かって途中下車しての徒歩。

ソイの途中にある20バーツのコーヒーをブラックで買って口直しをしつつ、
一度ホテルへ戻ったのが14時過ぎ。

そして仮眠しようとするも全く寝れない。


やむなく近所のバービアで飲酒開始。
2017年5月パタヤバービア泥酔


1本60バーツのビアシンを1時間で3本も飲めば、酒に弱い自分は十分寝れる。
この時にトンビ嬢から「パタヤに来ているのになんで連絡してこない!」と、
タイでよくあるLINEがくるので色々とやり取り。

そのやり取りをしながらホテルへと戻り、酔っぱらって面倒くさい状態のまま夕方に意識を失う。








ツイッターもやってます。
Twitterボタン



関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する