5月27日(土)その5 ~ ヒヒ爺モードに突入

時刻は0時30分前。

閉店時間まで居座っていると、ダンサー達がキャッシャー近くにワラワラ。
何かと思えばこのバーは当日、ドリンクバックを支給するバーだった。


SINさん、嬢と一緒にバーを出てから「何か食べて帰りましょう」とのことで、
ド定番のKissで寄り道してから食事。
2017年5月パタヤKissの食事

嬢が頼んだのかSINさんが頼んだのか忘れたけどこれも。
2017年5月パタヤKissでの嬢の食事


今回は安全策を取ってタクシーが来る時間は5時にしている。
食事をしながら嬢には4時までいるように交渉。

別にさっさと帰せばいいじゃないかと思われるかもしれないが、
早帰りしたがる嬢だと叩き起こしてくれるからw

懇意にしている方は人間目覚まし時計と言っており、
塩というか早く帰りたがる嬢の有効な使い方。


「4時までなら3,000バーツna」

もう、若いのにしっかりしていて嬉しくなってくるw

「サービスが良ければ4時までいて3,000バーツだ!」
「サービスが悪ければ帰ってもいいけど2,500ね☆」

こういったつもりだったけど、多分通じていないと思う。


日本に帰国してからLINEを少しだけやり取りしているけど、
英語がかなりアレな嬢でトークの8割はスタンプのやり取りw

部屋でのことだけど、コンドームって単語も知らないぐらいだった。



部屋に戻ると時刻は1時30分過ぎ。

交互にシャワーを浴びてから少しだけまったり。
2017年5月パタヤでの偽マドカ



汚いオッサンの足はスルー推奨w


さあ、時間もないしソロソロと思うと携帯に着信。
誰かと思えばバカラで会った友人からで、明日空港まで行くタクシーに便乗いいかと。

早くいきり立ったチ○コを鎮めたいので、5時にホテルに来るように伝えて、
とっとと電話は終わらせるw


ここでタイ語でコンドームを連呼されたけど全く分からず。

「ベイビー」って単語でようやく何を言いたいか分かったので、
ゴムを見せると安心した様子でブンブン開始。


キスから始めるとバーで散々したこともあって、
ねっちょりと時間をかけて応えてくれる。

胸は小ぶりだけど何より肌のハリが全然違う。


ヒヒ爺モードに入って若い体をこれでもかと弄ぶ。

ホイもまだピッチリと締っておりオイニーもしない。
そして反応も良好でなかなかのアタリ。

攻守交替でブロージョブをお願いすると、貪る様な口撃でヤバイぐらいガチガチになる。


さすがにガマンできなくなってゴムを装着してインサート。

正上位で開始するといい声で反応。
お互いに酒が入っているので貪るようにブンブンを楽しむ。

すぐにはイキそうにないのでドギースタイルにしてから、
暴力的に腰を打ちつけると乱れること乱れること。

最後は上にしてから嬢の腰使いを充分に堪能してからフィニッシュ。


いやー、こんなに充実したブンブンは久しぶり。
一昨年、2105年に何度か会っていたナオちゃん以来だねー。

事後は一緒にシャワーを浴びてからベットへ。


かなり良かったのでここでコイツを飲んでもう1回戦!
2017年5月パタヤドーピング


とも思ったけどアニマル過ぎるので、そのままお互い酔いに任せて就寝する。









ツイッターもやってます。
Twitterボタン



関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する