5月28日(日)その1 ~ 感傷にひたることなく帰国する方法

隣で嬢は夢の中。

人間目覚まし時計かと思ったのに違ってましたわw
念のために4時に目覚ましをセットしておいて良かったー。


嬢にはしれっと2,500バーツを渡すと「モタサイ!」と言うので、
100バーツも別途進呈しておく。

疑似恋愛感情を抱くようなタイプではないけど、
グッドブンブンなのでLINEを交換しておく。


下まで見送ることもなく再度シャワーを浴びて最終のパッキング。

5時ちょっと前にはフロントでチェックアウト。

マーチホテルはフロントでIDを預かるホテルなので、
毎日違う女性を連れ込んだのがバレバレだけど気にしない(゚ε゚)


タクシーの運転手はもう来ているので、後は友人が来るのを待つのみ。

5時をちょっとまわったところで合流。
そのまま空港まで1時間30分ちょっとだったかな?

運転手には残金の700バーツを支払い。
(300バーツはデポジットで支払い済み)

自分は特に運転手にチップとか払わないタイプなので以上終了。


フライトの9時35分までちょいと時間があるので、
チェックインだけ済ませてからスタバでお茶。

1時間ぐらいウダウダと喋っていると7時50分ぐらいといい時間に。
ここでお別れしてから自分だけ出国手続き。
2017年5月パタヤ現実への道


しかしお見送りがヤロウってのは自分らしくていいねw


というかこうやって喋っていると感傷にひたることもないので、
次回からもお見送りをお願いしようかねぇ。


保安検査もイミグレもそれほどの混雑はなし。

免税タバコを仕入れてゲートへ向かう前に喫煙室で一服。


ボーディングタイム前にはゲートに向かってつつがなく搭乗。
2017年5月パタヤ帰国時のゲート


機内では寝て起きてちょこっと本を読んでとか。

機内食の写真は残っていたのでそれは食べた様子。
2017年5月パタヤ復路機内食


定刻より少し早い時間羽田空港に到着。

後は地元に戻っただけなので割愛。


これにて4ヶ月ぶりのパタヤ旅行は終了!









ツイッターもやってます。
Twitterボタン


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する