7月29日(土)その2 ~ 展開が読めないので流されるまま

午前中、アスカちゃんを帰した後にバリューちゃんへ「今日時間ある?」と送信しておいた。
19時過ぎぐらいに起きたら、17時過ぎに返信があったのでちょっとだけやり取り。

「今、起きたよー」
「OK]
「ホテルいるけど」
と伝えて写真を送信。
「あっ、知っている」

ひょっとしたらゴーゴー嬢よりホテル詳しいかもw

「21時ぐらいなら会えるけど大丈夫?」

現在時刻は19時30分。

うーむ、微妙に時間がもったないなー。
まあ21時に会って小一時間でことを済ませば、十分飲みにいけるからいいか。

待ち合わせを21時にしておいてから、コンビニ行って軽く食べ物買ったり、
部屋で充電しつつツイッターしたりで時間潰し。

ついでにずっと会えてない猫目嬢のバーに飲みに行こうと思ってやり取り。
なんか今はパタヤにいないとかでこっちはすか振り。


21時ちょっと過ぎにバリューちゃんから「今からいくよー」と来るので、
外で待っておこうと「何分ぐらい?」と確認。

「10分ぐらいかな?」

この時点で21時30分前。
どんどん貴重な時間が削られていくけど、まあタイだから仕方なし。

とりあえずホテルの外でタバコとか吸いながら待ってみる。



やがて「ハロー、サワディーカップ」と声をかけられるので振り向くと、
そこには写真以上の美人さんがちょっと緊張した顔で立っている。



大当たりぃ~~~(・∀・)



出会い系の写真は盛る女の子が多い中で、
この嬢はアプリで加工してない写真をアップしていた。

そしてアプリだとレディーボーイがうじゃうじゃいるので、
その不安も実はあったりしたので女の子と確認できて一安心。

体形は服の上からも分かるぐらい華奢で、
本当にこんなお嬢さんとできるんかいなと思ったぐらい。

ただすぐにもう一人、女の子がいることに気がつく。

こちらはジャージみたいな服装でイモっぽい。


友達と一緒に来ましたw



えーっと、自分は日本で部屋に来れるか確認して金額も約束したよな。
これからどうするんだろ(´・ω・`)?

なんかちょっと飲みに行こうと言われるので、
セカンドロードまで3人で歩いて行く。


Litchiは出会い系で会うのは実は初めて。
過去にFacebookで勝手に友達申請を出して会ったりしたことはあるけど、
会う時にはゴーゴー勤務になっていたので最初は客として飲みに行ったしなぁ。

「素人と遊びたい!」なんて欲求もほぼゼロ。
そういうのはひたすら面倒くさいとしか思わないですわw


ソイニュープラザ辺りのバービアまで行って店を探すもいまいち。
結局、セントラルロード手前辺りのレストラン風のところに落ち着く。

店に入って自分はビール、バリューちゃんはカクテル、
友達は水を頼んでからの乾杯。
2017年7月パタヤどっかのレストラン


酒が入ってない状態で初対面の異国の女性と話すのは意外にキツイ。


ちょうど昼飯を一緒に食った友人から「頑張り中?」とLINEがくるので、
これ幸いと応援をお願いしてから位置情報を送信。

友人が来るまでは必死で下手糞な英語でお喋り。

「昼間もちゃんと仕事しているんだー(棒読み)」
「へー、パタヤに来て3年ね」




盛り上がらない・・・('A`)



ようやく友人が来てくれるので改めて自己紹介とか。

ふー、助かった。


何か友達嬢は21歳とか22歳でマッサージ店勤務。
会話は友人にお任せしておいて、私はひたすらバリューちゃんを視姦(・∀・)

後はこれ食べたりしていた。
2017年7月パタヤどっかのレストランでまあまあ美味い


何か友達と一緒に来たりしたけど本当に部屋まで来るんかいな?


23時過ぎにじゃあそろそろとなるのでお会計。
4人で1,155バーツだったのでチップ込みで1,200バーツお支払い。

友人と別れて3人でホテル向かって戻っていると、
コンビニに寄りたいとのことで立ち寄ってから、
酒を200バーツぐらい購入。

友達はいつ帰るのかな?と思っていたらフロントまで付いてきたw

そしてフロントにてID確認の儀式があるので、
黙って300バーツを払っておいた。

20歳未満を連れ込む可能性がある限り、もうここには泊まらん。


そして何故か友達も普通に部屋まで付いてくるので、
どう行動していいか分からないまま明日へ続くということで。









ツイッターもやってます。
Twitterボタン


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する