12月8日(金)その6 ~ 異臭が漂うのは勘弁('A`)

【注意】
このポストはLB(レディボーイ)との性描写があります。
LBが嫌いな方はスルー推奨です。



バーの場所を特定してから向かってみると、灯りの落ちたバーで一人座っている嬢。
特にスマホをいじるわけでもなくポツンと座っている姿は、
寂しいものがあってかつ風情を感じさせるたたずまいだった。

声をかけてからとりあえずドリンクを頼んで乾杯。

まずは速攻で「Are you lady boy?」の確認からw
これ違っていたらぶっ飛ばされるかもだけど自信があったので聞いた次第。

「イエス」
「でも何で分かったの?」

「タイでキレイな女の人はレディボーイだからねー」
「555、ありがとう」


みたいな会話だったと思う。

後は定番のどこから来たや年齢、パタヤに住んでどれぐらいか等。
相手もいつまでパタヤにいるのか、パタヤは何度目かなど。

22時過ぎに来た時にいなかったことを聞いてみると、
他の客にペイバーされていたと正直な申告。

このあたりは女性なら嘘をついてくると思うけど、
男性だからかサバサバと言ってきたので好感が持てる。


そして「もう(チ〇コを)カットしたの?」と聞いたらまだとのこと。


ペイバーを決めた瞬間でしたw


せっかくLBと遊ぶならチ〇コついてないとねー。


ショートかロングかと聞かれたのでショートを希望。
金額は1,500ときたので反射的に「高っ!」というとすぐに1,000にディスカウント。

それで約定させてからチェックをすると、座って飲んだからかペイバー代が発生。

これを書いている今なら連絡先を知っているから、
いったん帰って後で合流でよかったかなと。

この時は酔いと眠気でそこまで頭が回らなかったけど。

ペイバー代500バーツとドリンク代を払ってから、
1台のモタサイに乗り込むホテルへと戻る。


フロントでIDを預ける際に「ない、ない」と焦りながら探すLBちゃん。
さっきまで他客がペイっていたなら持っているだろうと思っていたら、
案の定カバンの底にあったのでそれをフロントで差し出す。

「レディーボーイだけどいいのか?」


うん、知っているww


男性従業員、Litchi、LBちゃんと野郎3人でホテルの部屋へと向かう。

交代でシャワーを浴びることになり、まずは自分が先に浴びてさっぱりする。
ベットでLBちゃんを待っていると、バスタオルを中途半端に羽織っていたので逸物が見える。



フル勃起していやがったwww



女性なら会って小一時間しかいない男性相手に興奮するなんてほぼないけど、
見た目は女性でも中身は男性だからこういうこともあるんだなと思った。


ということで発情しているLBちゃんと一戦開始!


まずは相手のオフェンスから。
キスから始まり乳首舐めから徐々に下半身へ。

尺は男の割にはそれほど上手くはなかった。
まあ下手でもなかったけど。

そしてこちらのオフェンスのターン。
(アメフトみたいだねw)

キスから始まりカチカチのシリコンパイを舐めたおす。
あんまり高いシリコンじゃないのか、久しぶりのカッチカッチのパイオツでしたわ。

自分はシリコンパイだけはどうしてもダメで普段は避けているからなー。


そして徐々に下半身へと移動して、玉裏を舐めながら竿をしごくと、
こちらのオフェンスに対してなかなかいい声を出してくれる。

こんなブログ書いているなら、はっちゃけて竿まで咥えて射精させるとこまでいきたいけど、
一応私にも越えられない一線というものがございまして。

ちなみに玉裏ケアーは昔も普通にやっていたりしたんだな(・∀・)


いい頃合いになったのでゴムを装着してから、不測の事態に備えて相手にもゴムを装着。
ここで「ジェル持ってない?」とか聞かれたけど、そんなもの持ってないw

LBちゃんは新品のジェルを自分のバックから取り出して、
セルフでケツ穴に塗りたくって準備万端。

正常位でインサートすると入口はキュッ、中がスカスカの久々の感覚。
と言いたいところだけど、酔っていて感度が落ちているのかイマイチ分からず。

自分はやっぱ女性器の方がいいかな?

パンパンと腰を振ってみるも全くイケル気がしない。


それでも上に乗っけて相手に動いてもらいながら、
竿をしごくとかの倒錯プレイとかはしておいた。

正常位に戻って鬼ピストンを繰り返していると、
何やら異臭が漂ってくる。

どうもLBちゃんのアナルが緩くなって漏れてきた様子('A`)


こりゃダメだと引っこ抜いてから、表向きはフィニッシュしそうにないからと言って、
チップを払ってさっさと帰ってもらおうかと思ったら男の力で押し倒されるw

ゴムを外して竿にジェルを塗りたくるLBちゃん。

乳首舐めの高速手コキであっという間にイカされたw


腹のあたりまで放出したのでシャワーで落としに行ってから、
ベットに戻ると帰る気配がないので、
LBちゃんの頭を胸に抱えてそのまま眠りへと落ちる。







みなさんの1クリックが管理人もモチベーションにつながります。
よろしければポチっとお願いします。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






ツイッターもやってます。
Twitterボタン


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する