1月11日(木)その1 ~ ごきげんよう

滞在6日目、パタヤ5日目。

寝たのは4時とかだったのに、起きたのは7時とかのジジイ時間。

パタヤに来てからこの睡眠不足を何とかしたいけど、
夕方にビール飲んで寝るぐらいしか手段がないのは悩ましい。

とりあえずコーヒーを飲みながら陳さんに連絡を入れるも、
陳さんはいつでも長時間寝れる羨ましい体質の人。

なので頃合いを見計らって外出してから、一人でブラブラとブッカオ方面へ。

行ったことがない店で朝食をと思ってチョイスしたのはこちら。
2018年1月パタヤソイダイアナのブレックファースト外観

メニュー。
2018年1月パタヤソイダイアナのブレックファーストメニュー


アメリカンブレックファーストを選択してのんびり朝食。
カリカリベーコンとウィンナーが口に合った。
2018年1月パタヤソイダイアナのブレックファースト


食後はブラブラと歩きながらホテルへ帰還。

ちょうど部屋の清掃も終わってヒラメの痕跡も消えていたので、
マドカちゃんに連絡を入れてみる。

「体調どう?」
「あんまり良くない」
「でもLitchiに会いに行く」

「病院に一緒に行こうか?」
「ドクターは来週の火曜日って言っているんだよねー」
「分かった」
「ソイ10にあるホテルだけど分かる?」


前日のやり取りでホテル名を伝えたけど知らないと。
元々、マドカちゃんはホテル出張より駐在員相手が多かったのか、
そんなにホテルに詳しくないけどページ10すら知らなかったのは意外。

バリュー娘とかヒラメ嬢なら一発で分かったんだけどねー。

外で待っていると大荷物を抱えて到着。


前日に陳さんがマドカちゃんと会ってみたいと言っていたので、
マドカちゃんに断りを入れてから部屋に来てもらった。

マドカちゃんには事前に「会ったらちゃんとワイして挨拶するんだよ!」と伝えていた。
ちょっとムっとしながら「それぐらい分かっているよ!」


あなたそれすらしない礼儀知らずでしょw

マドカちゃんはLitchiの友人と初めて会った時、ろくに挨拶しなかった前科がある。
なので事前に言っておいたけど余計だったかな?

陳さんが部屋に来ると笑顔でワイをしながら「サワディーカー」


やれば出来るじゃんw



事前に聞いていた通り、彼女の右頬はさらに膨れ上がっている。
それにはさすがに陳さんも「これかなりヤバくない?」

こんな状態なのに一緒にいれるわけもないよなって感じ。

陳さんと食事してセンタンに行くことを伝えると、
帰りにコンビニでお粥を買ってこいと指令。

とりあえず陳さんと本日2回目の食事。
2018年1月パタヤセカンドロードのブレックファーストメニュー


センタンの近くにあったかと思いきや結構北上したところにある店。
2018年1月パタヤセカンドロードのブレックファースト


ここで2人してクソ甘いコーヒーに閉口したのは覚えている。
たまにアイスコーヒー頼むときに、ブラックにしてくれと言い忘れるんだよなー。


この時、たまたま闇のタバコ売りに遭遇。
話しのネタに一度買ってみることに。

マルボロとマルボロライトがあったのでライトを所望。
言い値は700バーツだったので、500バーツを提示すると550バーツと返ってくる。

500バーツが適正だったと思っていたのでまあいいかと約定。

後でtitoさんのツイート確認したら400バーツだったでござる。
まあ一見客の自分がその値段じゃ無理だと納得しておく。

ちなみに普段吸わない銘柄なので味はよく分からなかったw
2018年1月パタヤ闇たばこ


飲みに行ったらタバコの本数が増えるから、
飲みに行った時に吸うのにちょうどいいかなっと。


その後はセンタンに立ち寄り、コンビニ経由でホテルへ戻る。

陳さんはプールに行ってからマドカちゃんと2人っきり。
ここで彼女が大爆発した。

内容は全部カット。

いったん横にならせてから「ちょっと考えさせて」とプールへ。


陳さんにグチりながら、考えがまとまったところで部屋に戻る。


部屋でのことも割愛。
ここで某氏の協力もあってご機嫌になったマドカちゃん。


自分で感染症のことを色々と調べて、
10日ほどで回復しそうなのを知って安心していた。

後は食事とかで一緒の器をつついたりしたらダメとか、
キスでも移るのを確認していたり。

それをこちらに話した後はこんな感じ。

「Litchi」
「私に今すぐキスしろ」
「お前もこの痛みを味わってみろ!」


かなりご機嫌になったw


やがて陳さんのタクシーの時刻が近づいてくる。
陳さんはマドカちゃんがご機嫌になっているのを見ていたのかな?

このあたりのくだりは疲れたこともあって記憶が曖昧。


陳さんのタクシーが来る時に合わせてマドカちゃんを送り出す。

日本からマドカちゃんのためにクッキーやチョコレートを買ってきていて、
それ以外にも友人用にもいくつかを。

でも食べれないから要らないだろうなって思っていたら、
「Many many cookies!」と目をキラキラさせて言ってきた。

友人にあげる分も全部渡しておいたww


大量のクッキーと自分の荷物を抱えた彼女をお見送り。
この時に「今夜の部屋代が欲しい」とちゃっかりおねだり。

その時は手持ちなくて、しゃあないから陳さんに500バーツ借りましたわw

すいません、今度お会いした時に必ずお返しします。


陳さんのタクシーのピックアップ時間は20時だったけど、
19時30分には陳さんを迎えにやってくる。

ちょっと早いけどここで陳さんとはお別れ。

2泊とちょっとお付き合いいただき、ありがとうございました。
でも陳さんのパタヤ再訪がなさそうなのは自分の力不足だったなー。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。
Twitterボタン


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する