FC2ブログ

1月11日(木)その2 ~ 休肝はできなかったけど休チ〇はできた夜

陳さんもマドカちゃんもいなくなったので一人。
この滞在で久々の何にも予定がない時間になった。

寝不足だし今日はこのまま飯を食って寝ることに決定。


ということでフライデイで晩飯を買って帰ってから、
部屋で食べてからそのまま寝ることにする。

徒歩で向かっていつものコイツを買ってバルコニーで晩餐。
2018年1月パタヤフライディソーセージ



150バーツの豪華な(?)晩餐。

4泊ぐらいならもったいなくて出来ないけど、
今滞在は余裕があるのでこういうのもありかなと。


時間は22時ぐらい。
今日は休肝日&休珍日にすべくベットへと潜り込む。


・・・・・


外のバービアがうるさくて寝れない('A`)

セカンドロードとソイ10の角にバービアがあるんだけど、
そこがうるさいってagodaの口コミがあった。

うん、確かにうるさいw

この時間に部屋にいることなかったので気がつかなったなー。

ページ10のサッシは二重になっているけど、
それも効果がないぐらい音が聞こえてくる。


休肝日は諦めて飲みに出かけることにする。


せこくソンテウで向かったのでウォーキングストリート到着は、
23時30分前と出遅れもいいところ。


まずは個人的に好きなエレクトリックブルーから。

前は全裸隊の中でも探せばカワユス嬢もいた記憶があったけど、
今夜はイマイチ自分の好みは見つからず。

その全裸隊に交じって一人着衣が踊っていてなかなかの好み。


と思ったら去年10月にペイバーした嬢だったw

当然、相手はショート一度きりの泡沫カスタマーとか覚えているわけもなく、
こちらへ一度も視線がくることはなかった('A`)


そろそろチェックするかなって時に思い出した。

慌てて出てきたので1,000バーツ札と500バーツ札の高額紙幣を忘れた・・・orz
(高額紙幣だけ別にしてマネークリップにはさんでいる)

100バーツ札が何枚かあったから支払いできたけど危なかったー。
ゴーゴーで無銭飲食とかネタにでもできないw

これをぼやいたら親切なフォロワーさんより、
「貸しましょうか?」とかありがたい申し出。


この時はたまたまセンタンで買い物するのでクレジットカードを持っていて、
そのまま次の訪タイ分も合わせてキャッシングした後。

でも本当にそのお申し出だけでもいただき嬉しかったです。

多分ブログはご覧になってないと思いますけど、
ご好意ありがとうございました。


気を取り直してバイパスへ。

来たことがあるようなないような曖昧な記憶。
嬢は少ない、そして客はもっと少ない。

なのでオブジェな自分にも嬢が営業をかけにきた。

コンだかノンだかソンだか名前はわすれたけど1人の嬢が隣に座る。
何にも盛り上がらなかったのでいつの間にか消えていたw


とにかく1,000バーツ札をがんがん砕くために次の店へ。
(ドラフトビアを飲んで1,000バーツ札で払う迷惑行為w)


なんとなくの気分でアナベルへ。
いつの間にやらマネージャーさんがお見えになってしばし歓談。

ちょうど時計はてっぺんを回ったぐらい。

ヒラメ嬢からLINEが飛んでくる。
たまには意訳したやり取りでも。

「今日は私は必要ないんでしょ」
「知っているから」
「でも大丈夫、理解している」
「また今度ね」


「今日は疲れているって昼間言っていたから」
「来れないよね?」


「どこにいるの?」

「A Go Go」

「Oh」
「ok ol」(原文ママ)


「友達がゴーゴーでマネージャーしているから」
「会いに来ただけだよ」
「もし今日来れるなら今からホテルに戻るけど」


「今じゃないけど行けるよ」
「多分2時ぐらいかなー」


「オッケー」

「友達と少し用事があるから」
「2時になったら行くね」



結局ブッチされたけどねwww



この後はファーレンの呼び込みに負けてちょこっと立ち寄る。

嬢の数はそれなりに揃っているとツイートしているから、
多分それなりにいたんでしょうね。

全く記憶にないけどw


その後は1人でインソムニアへ。

今滞在でディスコに行ったのは初日のスクラッチドックだけだったので、
ヒラメ嬢と会うまでの時間潰しのつもりで入った。

それが一人でもなんか楽しくなってきて、どんどんビール飲んでいたらいい感じ。


何かヒラメ嬢とのやり取りも怪しい感じになってきた。
インソムニアに来るかと思いきやその気配なし。

千鳥足でソンテウに乗ってホテルへと帰還。

ヒラメは今日は来ないなってのが何となく分かったので、
後日、交渉する時に優位に立つためにここぞとばかりヒラメ嬢を攻撃。
そしたらこんなすごいのが返ってきた。



「My friend have a big very hard problem」



なんか知らんが凄いことがあった様子ww


これ以降はグダグダなやり取りにて終了。

そのまま酔いに任せて就寝する。




訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。
Twitterボタン


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する