1月13日(土)その1 ~ Tough negotiations

滞在8日目、パタヤ7日目。

いよいよ最終夜。

当初のプランではマドカちゃんと一緒にいるつもりだったけど、
あいにくと感染症がむごくて一緒にいられる状態ではない。
(書いてないけど色々とやり取りはしていた)

最終夜は意外とアタリを引く確率が高いので、
新規開拓がいいのだろうけどノープラン。

一応、ヒラメに連絡をして会う約束らしきものはしたけど、
こいつはブッキング破棄の常習者だから信用ならんw

意外とその場のノリで呼んだ方が来ることが多いかな?


タントラ嬢は起きてきたので寝起きのパツイチ。
面倒で正常位オンリーで終わらしたような記憶がある。

あっ、それ以外に玉裏舐めを覚えさせたんだった。

ここが気持ちいいから舐めろとご奉仕させたようなw


とりあえず彼女は仕事が終わったので帰り支度。

自分はどうせ断られると思って誘ったことはないけど、
ここで普通なら朝飯とか誘うのかなぁ?

ちょっと寝不足なので酒飲んでもうちょっと寝ようと、
自分も下まで嬢をお見送り。

モタサイ呼んで100バーツ握らせておいたけど、
もう会う気もないから100バーツは余計だったな。


久しぶりにロングでペイったので費用内訳でも。

【タントラ嬢ロング内訳】
飲み代500
ペイバー代1,000
食事1,100+店員へのチップ200
チャーターソンテウ代200
嬢へのチップ4,500
モタサイ代100

全部で7,600バーツか。
これでディスコとか行ったら10,000バーツ越えだもんなー。

しばらくロングでペイバーとかいいや。



嬢と別れてから、近所のファミマでビールを買って部屋で飲んだくれる。

ちょうと友人と電話で話していたけど、
飲んでいたから内容は覚えていないw


寝る前にヒラメと少しだけやり取り。

なんか13時に来て20時には帰りたいと。
友達と約束があるとか何とか。

面倒くさいので先に夕方までのヒラメとのやり取りを載せておくとこんな感じ。

「13時に行って20時には約束があるので帰りたい」
「ホテルチェンジするから時間を変えて」
「じゃあ15時から」
「今日って他のブッキングあるの?」
「何で?じゃあ(深夜)1時にする?」
「オッケー、一応友達に聞いてみる」
「はっ?友達は帰ったって言ったよね?」
「ウソついていたの?」

「いやいや、別の友達だし」
「どうせ女だろ?!」


なかなか面倒くさいぞw


「1時にディスコで会ったんでいいよ」
「分かった」
「今、女と一緒だから会えないんでしょ」



別に今から来てもいいしビデオコールもできると言ったけど、
どうもイマイチ理解していない様子。

自分はこの後はマドカちゃんと会う約束があったので、
1人で外に行くことがあるけど今からでも来いと伝える。

じゃあ1時間後に来るとなったのが、12時30分ぐらいでホテルチェンジした時。


そして今から行くと来たのが14時ぐらい。

「22時までいるけど、途中で私も外に行ってもいい?」


こっちは忙しいから何でもいいからさっさと来て欲しいw

もうこの時はヒラメとマドカちゃんに振り回されていた('A`)

※申し訳ないけどマドカちゃんとのやり取りは割愛


「やっぱり1時に行ったんでいい?」
「あなたは忙しそうだし」


もうこの期に及んで勘弁して下さい・・・orz


この後も結構なやり取りしていたけど、
そろそろLINEを見直しながら書くのが面倒になってきたw

とりあえず最終的には時計がてっぺん回った後の1時で約束となる。



これを朝から夕方17時まで断続的にやっていて本当に疲れた。

ヒラメとはいつもはちゃちゃっとブッキングできるのに、
この時は相手にどんな事情があったのか異様に長いやり取りだった。


というこで酒飲んでちょっと寝て、11時30分過ぎにチェックアウト。

アクアホテル、部屋が狭いのが最大の難点だけど、
後は非常に快適に過ごせるホテルだった。

ただ値段と部屋の広さ的に自分はリピートしないかなぁ?


チェックアウトを済ませてゴロゴロを引いてソイブッカオへ。

そこからソンテウに乗って北上し、セントラルロードを左折したので、
このソイの入口近くで降車。
2018年1月パタヤマーチホテルソイ入口

※2018年2月撮影

自分はタイ語が喋れないのでこうやってソイの入口を撮影しておく人。
モタサイに乗って運転手がこちらのホテルを理解しない時は、
取っておいたソイの入口の写真を見せるようにしている。


セントラルロードを渡ってからソイに入って5分もせずに、
最終日の宿泊先であるマーチホテルへイン。

時間は12時台だったけど、部屋は開いている様子だったのでチェックイン。
2018年1月パタヤマーチホテル部屋


マドカちゃんとヒラメ嬢と並行してやり取りしつつ、
タクシーを予約するためにいつものタクシースタンドへ。

レッドプラネットホテル前にあるタクシースタンド。

10回以上予約しているけど、約束の時間より数十分は早く来ていることが多い。
まあこれはたまたまかもしれないけど、帰国の時には安心できるしねー。

ちなみに一度だけホテルの場所が分からないとかで、
10分ほど遅れてやってきたことがあった。

時間になっても来ないので、緊急連絡先(?)に電話するとすぐ対応するとの返事。

帰国の時にそういった対応はありがたい。

タクシースタンドではデポジット300バーツを支払ってから、
残り600バーツは到着時に支払うスタイル。
(デポジットは200バーツの時もあり)

フライトの時間は8時30分なので、一応セーフティーにいくために、
4時30分にホテルへと来てもらうことにする。


マドカちゃんとちょろっと会う約束をしたのでその前に飯。


今から行くよってマドカちゃんに言ったのは15時前ぐらいのこと。
ちょうと食事をしているとのことで、自分も近所に食事に向かうことに。

行った先はこちら。
2018年1月パタヤパタヤカンブレックファースト看板


セントラルロードをスクンビット方面に向かうと左手にある店。
深夜食堂を越えてすぐのところにある。
2018年1月パタヤパタヤカンブレックファーストメニュー


屋外だとハエが気になるって方には屋内なのでお勧め。
2018年1月パタヤパタヤカンブレックファースト店内


味はまあ普通でした(・∀・)
2018年1月パタヤパタヤカンブレックファースト


食事の後にちょろっとだけマドカちゃん会ってから、別れた後にヒラメとやり取り再開。

ここでようやく1時のブッキングとなったので、
安心して一度ホテルまで戻ることにする。






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。
Twitterボタン


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する