FC2ブログ

4月30日(月)その1 ~ 幼児化が進行したカラオケ嬢

次に目覚ましで起きたのは3時40分とかだったかな?
多分、起き抜けにも一発しようと浅ましい考えだったんだど思うw

エアコンの温度下げたまま汗をひかせたのがちょっと失敗。

起きた瞬間、かなり寒気を感じた。


カラオケ嬢は全く起きる気配がないので、荷物をまとめてシャワーを浴びて。
それでも起きる様子がないので、こりゃマズイと呼びかける。

「〇〇、〇〇」
「もう日本に帰らないといけないんだけど」

「うーん(´ぅω-`)」
「後5分だけ」


おねーさんっぽいプロ接客だったのが、
むにゃむにゃ言っててカワユスでしたw


ただ置いては帰れないので、眠くても起きてもらわないといけない。

無理やり起こすと服を持ってきてと。
ご指示通り服を持っていくと、それは何とか自分で着ていた。

後はクツを履かせる段階でまたぐずりだしたw

しゃーないのでベットの端に腰掛けさせて、
ひざまずいて履かせてやりましたよw


片手に荷物、片手にカラオケ嬢を抱えてフロントへ。


ルームキーをフロントで渡してチェックアウト依頼。


自分はカラオケ嬢を抱えてモタサイ乗り場へと向かう。


ここでもホテル前の水たまりがあって飛び越えれないとw
どうも眠気と酒の影響で幼児化が進んだ様子。

しゃーないのでお姫様だっこしてから水たまりを飛び越える。

ドアマンは苦笑いしてましたわw


タクシーが来ていたからタクシーに同乗でもいいかもだけど、
運転手は大体バンコクの運転手なのでパタヤは不案内。

そして嬢はまともに自宅を案内できるとも思えない状態。

なのでモタサイ乗り場で乗っけてから100バーツ握らせる。
嬢は運転手にソイの場所を何とか言えた様子なのでここでお別れ。


チェックアウトは済んだので後はタクシーで空港へ。

ちなみに今回はカムリだったのでラッキー。
後、運転手も丁寧でかつそれなりに飛ばす運転手でアタリ。

0430パタヤ発
0600スワンナプーム着
0640イミグレ通過
0710朝食


まさに狙った通りの、余裕を持ったタイムスケジュールになって一安心。

後はほぼ蛇足になるけど一応旅行記なので最後まで。


食事はTMさんを真似して、バーキンにしようと思ったけど、
ちょっとハンバーガーって気分じゃなかったので、
同じ並びにあったこの店にしてみた。
2018年4月パタヤ帰りの食事の店


注文したのはこいつ。
2018年4月パタヤ帰りの食事


味は可もなく不可もなく。
しかし、この滞在でタイ飯はほぼ食べなかったなー。

大体、ブレックファースト食べたら後はほぼ屋台で適当にか、
日本から持参したペヤングとか柿ピー食べていただけw

食にこだわりがないと、ジジイになった時に楽しみが減るかな?
(今もジジイだけどw)

美味いものを食べると美味いと思えるのでそれは大丈夫か。


食事をしてから免税タバコを買ってから、
喫煙室で喫煙していたらもう搭乗時刻。

機材は行きと同じくA330で座席も同様に2-3-2の仕様。
なぜか機内食はほぼ撮影する人なので、BKK→香港の機内食をば。
2018年4月パタヤ復路香港までの機内食



機内では寝れるかと思いきやウトウトしただけ。
おかげで寝ぼけてて、乗り継ぎの香港空港でパスポートを機内に忘れると言う失態。

パスポート入れたポーチを機内に忘れるのはこれで3回目w

本当に学習能力がないんですわ。
従前の2回は比較的すんなり戻ってきたけど、
今回は現金が入っていたのか色々と聞かれた。

「日本円はいくら入っていた?」
「USドルでは?」
「タイバーツはいくらだった?」
「クレジットカードの枚数は?」
「今、公的な身分証明書は持ってないの?」

そんな細かいこと覚えてないし、公的な身分証明書はパスポートだけ。
ちょっとイラっときたけど、これ自分が悪いからなー。

会社のポリシーで質問しただけかもしれないし。

香港航空の職員さんに迷惑をかけたので、次から本当に気を付けよう。


香港空港の乗り継ぎは、wifiにつないでずっとネット徘徊。

というか経由便、行きはいいけど帰りは早く日本に帰りたいから、
次からはよっぽどじゃない限り回避しよう。

日本への機内でもあまり寝れずにぼーっとしいていたような。
ご飯は意地汚く食べれるものは全部食べたけどw
2018年4月パタヤ復路日本までの機内食


成田空港でこの看板がお出迎え。
2018年4月パタヤおかえりなさい看板


結局、自宅に帰宅したのは23時過ぎ。


これにて今回の旅行は無事に終了。

ということで、次回は恒例のまとめでーす(・∀・)





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。

関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する