FC2ブログ

7月14日(土)その3 ~ 今宵はヒラメ釣り

そんなさなかこんなツイートがタイムラインに流れてきた。





Oh....


パタヤでマラソン大会がある時は深夜3時とかスタート(多分)
なのでコースになるウォーキングストリートは0時でどの店も閉店。

確か去年(2017年5月)もこれに当たって、ゴーゴーが0時30分ぐらいに閉店していた。


今日のプランはCEEさんとディスコに行ってのフリーランサー狙いだったけど、
この情報にてプランを変更することを余儀なくされる。

「別にハリウッド行けばいーじゃん」と思われるかもだけど、
ハリウッドは言い値が高いのでパス。


CEEさんに連絡を入れて、今夜は別々に行動することを決定。


となれば乏しい手持ちのカードから選択しなければならない。
そういやこの時は新規にゴーゴーやバービアで開拓する発想がなかったな。
今思えばそれでも良かったような・・・


適当にメッセージをばらまくとヒラメがひっかかる。
客が少ないから今から店に来ない?って内容。

そうと決まれば今宵はヒラメ釣りにけってーい。


モタサイを捕まえるべく、ホテルの外へと向かった。



ところがホテル近くのモタサイ乗り場、いつも2~3台は待機しているのに、
タイミングが悪いことにこの時はは全く待機していない。

近くの警備員が「2~3分待てば大丈夫だよ」と言ってくれるので、
それを信じて待機しつつ、ヒラメに店の場所をLINEで送るように伝える。

ヒラメが前のマッサージ屋を辞めたのは聞いたけど、
現在の店は聞いてなかったもので。

そもそも店の名前聞いても場所とか分からないしねw


通りがかりのモタサイを親切な警備員が止めてくれたけど、
このモタサイがクセモノだった。

マーチホテル近くのモタサイ運転手は質がいい人が多く、
ここから乗ってプチボッタにあったことはない。

それがあって乗る前に特に金額の確認とかせずに乗車。


乗り込んだ流しのモタサイ運転手、目的地に着いて金額を聞くと100バーツだと。
精々50バーツの距離なのにやられた。

まあ自分が悪いので不満顔で100バーツお支払い。


前も書いたことがあるけど、金額云々じゃなくてこの行為を受けると、
結構な不快な気分になるのでイヤなんだよなー。

まあ、事前に確認しない自分がいけないということで。


嬢でもモタサイでも乗る前には金額確認、これ大事w


足早にヒラメが送ってくれた位置情報を頼りに店に向かうも、
ヒラメの姿は見当たらず。

なので店の看板を送るようにLINEを入れて、看板を探しながら歩いていると、
「アナターっ!」ってデッカイ声が聞こえてきたw

声がした方向へ向かって、ヒラメと3ヶ月ぶりにご対面。


こいつまた太りやがった・・・


マッサージ一本で生活しているわけじゃないから、
その体型は結構まずいだろうとw


もちろんそんなことを言えるわけもなく挨拶もそこそこに、
マッサージの種類を聞かれることなく強制的にオイル部屋へ連行。

普通のフットマッサージ受けながら、今晩部屋に来る話しをしたかったのですがw


オイル部屋でヒラメはこんな感じだった。

「私のことがキットゥンだったか?」
「昨日は他の女を部屋に連れ込んだのか?」



ヒラメはタイの女の子の中でもプライドがかなり高いタイプで、
自分じゃなくて他の嬢を選ぶのを嫌うタイプ。

Litchiのような泡沫カスタマーが連絡もせずにパタヤに来ると怒る怒る。


そういやここ3回の訪タイは、こいつに事前に知らせてなかったな。

いつも部屋に呼びつけてセックスするだけになったら、
向こうの客メンテもかなりぞんざいになってきたw


話しを戻して、めちゃめちゃキットゥンだ、
お前だけに会いに来たとか適当なことを言っていると、
じゃあ今すぐここでブンブンするぞの流れになる。


ちょっと躊躇したけどオイル部屋でのブンブンは未体験。
ちょうどいいやと了解してからブンブン開始!


普通に開始していざインサートの段階でゴムがないことに気がつくと、
私持っているよとの申し出があるので装着してイン!

正常位でパンパンと誰もいない部屋に音を響かせていたけど、
下が固いので膝はすぐに痛くなるし、
ヒラメは声を抑え気味だしでどうもイマイチ。

というか本日3回目のセックスだから厳しい。

膝が痛いのでヒラメをひっくり返してバックへ移行。
後ろから暴力的に腰を打ち付けて何とかフィニッシュ!


終わった後はゴムの処理をしてもらって、シャワーを浴びて終了。
約束の金額2,000バーツを払ったけど、オイル代は別だと徴収された('A`)

うーん、正規の料金込みで1,500バーツぐらいが理想だなー。

それだとソイハニーのマッサ屋とほぼ同額だから納得できる。

などどセコイことを考えながら店を退店。

ヒラメに「また明日ね(・∀・)」とか適当なことを言うと、
なかなかの笑顔で「本当にー?」だった。

結構かわいい笑顔だったので、次から事前に連絡しようと思った次第w



ヒラメとパツイチ済ますとさすがに賢者モード。
もうお腹いっぱいになったので、某氏1号に連絡してからいつもの場所にお邪魔する。

この日はワールドカップ3位決定戦、ベルギーvsイングランド戦の日。

サッカーを観戦しながらのビール。
嬢達が危ないシーンになると「まんぺんら~い」と叫ぶのを聞きつつ、
ビールをチビチビ飲んでいるといい感じになってくる。

多分だけど賭けて見ているからそりゃ興奮するよねー。

自分もベットできる手段があればベットするけど、
あいにくオンラインで登録とかしてないから仕方なし。


ベルギー勝利を見届けてホテルへとフラフラと帰還。

その途中で猛烈な尿意に襲われるので、〆のラーメンもかねてここにイン。
2018年7月パタヤ時代屋看板

※場所はセカンドロード沿い、セントラルロードを越えてしばらく歩いて右手。

〆のラーメンとしては自分的には合格!
2018年7月パタヤ時代屋ラーメン


がつがつと食してラーメン代212バーツを払ってホテルで爆睡する。






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。
関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する