FC2ブログ

【読者投稿】韓国ソープランド@ソウル

今日はタイの話しではなく、韓国風俗レポートをお届けします。

といってもLitchiが行ったわけではなく、読者様から文章をいただきました。
思わず行きたくなる文章なのでそのままパクリ投稿。
(改行と句読点を若干だけ修正させてもらいました)

韓国は守備範囲外だけど、これを見ると行きたくなること必至。

2泊とかで行ってみるかな・・・



【ソウル 江南地区 DONUTS体験レポ】

韓国の手頃な風俗と言えば置屋、オフィステル、キスバン等々であったが、
昨今の取り締まりの強化により日々店舗数が減っている。

588の壊滅は記憶に新しい所だろう。

そんな中、ソウルで手頃且つ満足出来る遊びを探していた所、訪れた方々が皆絶賛するお店を発見した。
カインとDONUTSである。
この2店舗は姉妹店であり基本的なシステムは変わらない。

今回はソンルンという立地のため、金曜日の夜であっても、
お客さんが少なく短い待ち時間で遊べると考えDONUTSを選択した。

因みに、カインは江南にある。


DONUTSへ入店した後は、先ずコースを選ぶことになる。
※今回は70分2発コースを選択した。

そして、その場でお金を支払う。
支払いは現金(韓国₩)払いのみである。

お金を支払うと、ロッカーの鍵を渡されシャワーを浴びて来いと言われる。
韓国人の客が、かなり念入りに洗っているので、念入り洗った方が良いと思われる。

シャワー後は、ガウンを着て待機室へ。
この時に、身長、胸の大きさ等、自分の好みを聞かれる。パネル等は無い。

後は、ノーマルコースかクラブコースかを選択する。
ノーマルコースは綺麗な人が選ばれる可能性が上がる代わりに日本のソープと同じ流れとなってしまう。
ノーマルコースでは、このお店に来た意味がなくなるので今回はクラブコースを選択した。

クラブコースの内容は以下の通りであった。

エレベーターの扉が開いた所で女の子とご対面となる。
エレベーター内では、Dキスと生フェラをされる。

エレベーターを降りた後、角を曲がってメインの通路に出ると壁ドンされ、
どこからか来た女の子2人と共に計3人に生フェラ、Dキス、チクビ舐めをされる。

この時に女の子に手マンを要求された。
また自分の隣では、複数の客が3P等やりたい放題していた。

少し落ち着いた所で、次はバックでの挿入を要求される
(いつゴムを着けられていたか分からないテクも同時に披露される)。

この時も他二人の女の子にDキスとチクビ舐めと言葉で責められた。

その後、自分のやり部屋へ移動をする。

やり部屋は扉がなく鏡張り。自分自身も通路も見えるし声もがんがん漏れてくる。
逆に言えば自分のプレイも丸見えである。

先ずはマットでボディtoボディ。
そして素股という流れであったが、今回の中でとなるとライトなプレイだと感じた。
ただ、スケベ椅子も有ったので、希望すれば激しいローションプレイも出来ると思われる。

その後は、ベットに移動してのプレイとなる。

Dキス、全身リップ、生フェラ、69。

挿入後は、女の子が出来る限り要求に応えてくれるので、自由度の高いプレイが出来る。
また、全てにおいて女の子のテクが半端なく高かった。

1回イッた後は他の人のプレイを見学をする。
男:1の女:3の4Pをしている所を複数の友達が見ているとか、おっさんが3Pとか三者三様に色々していた。

見学を終え部屋に戻ると、残りのもう1回戦が始まる。
(2発のコースを選択していた為)

2回目という事で1回目以上のテクで責めてくる。
あれは間違いなく本気のヌキテクだった。
中でも手コキは超絶技巧であり、必ずイケる!これでイケない人がいるのか!と思わせる程のものであった。

終了後はシャワーで体を流して貰いお見送りされて終わりとなる。

ロッカーに戻った所で、もう一度シャワーをしっかり浴びる事が出来る。


■総評
普通のソープと違って、非現実的な世界がそこにはあった。
ここに居たら何かおかしくなりそうな感覚であった。
GOGOバーの様なネオン、音楽の効果もあったかもしれない。
間違いなく70分、270,000₩(約26,000円)の価値はある。

女の子はスタイルが良いし肌はスベスベ。
アソコは通称:半島仕様と呼ばれる風俗嬢とは思えない朝鮮人独特の締りがある。
もちろんテクニックも過去最高レベルであった。

韓国顔が好きで、多少の整形顔が許せるのであれば、
もはや日本の風俗に行くのはバカバカしいレベルであった。

再訪間違いなし!過去最高の風俗だった!




いかがでしたでしょうか?

風俗の醍醐味の一つは非日常であると思っているから、
その非日常が満載の内容に興味津々。

韓国の風俗はすぐ潰されたりするらしいので、
行かれるならお早めにどうぞー。

それと当然だけど自分が行ったわけではないので、
質問等は一切お答えできませーん。

あしからずご了承下さい。






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス








ツイッターもやってます。
関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する