FC2ブログ

9月16日(日)その1 ~ 起きてからのパツイチがないのは塩の法則

早いもので本日ラストナイトを迎える。
事前の予定通り今日もノープラン。

精々あったのは初日に手コキしてもらったマッサ嬢の連絡先を聞く程度。
これは店を変わって会えなくなるのが嫌だったから。



自分が起きたのは12時とかそんな時間。
隣ではがーすかヒラメが寝ていて起きる気配なし。

いつものホテルなら嬢を部屋に置いて飯にとか行けるけど、
このホテルは鍵がカードタイプじゃないので外出できない。

なので余ったビールを飲んでツイッターとかで時間潰し。


昨日の様子だと寝起きの一発とかなさそうなので、
とっとと帰って欲しいのが本音。

起こして帰らせれば?と思われるかもだけど、
わたしゃ自分が寝ている時に起こされるのは大嫌い。

なので人が寝ている時には起こせないんだよねぇ。


13時過ぎにようやく起床。

案の定さっさと着替えて、やらせる気配はゼロw
まあ、満足の一戦をこなしたのでいいとするか。

しかし6時30分に来てセックスして寝るだけ。


本人は疑似恋愛を売っているつもりの様子だけど、
こちらは全くその気になりませんわw

それでも数少ない残った馴染み嬢なので大切しよう。

たまに今回みたいに、アタリのブンブンに遭遇できるしw


ヒラメと一緒に外出してからモタサイ乗り場までお見送り。
自分ははその足で食事をするところを探しに行く。


ビーチロードを南下してセカントラルロードまで来た時に、
前にちょいちょい行っていた安いブレックファースとにしようかなと考え、
そのままセントラルロードに入って歩いている時のこと。

左手にステーキ299バーツの看板を掲げている店があったので、
何となくの気分で入ったら自分的にはアタリだった。
2018年9月パタヤパタヤカンステーキ屋


とりあえず外の席に陣取ってステーキとバナナスムージーを注文。
肉の焼き方も聞かれないような店だと理解して下さい。
2018年9月パタヤパタヤカンステーキ屋バナナスムージー


メニューはこんな感じだった。
2018年9月パタヤパタヤカンステーキ屋メニュー


朝食メニューもあり。
2018年9月パタヤパタヤカンステーキ屋ブレックファストメニュー


ほどなくしてやってきたステーキ。
2018年9月パタヤパタヤカンステーキ屋のステーキ


最初はソースも何もなしで一切れだけ食べてみる。


うーん、値段が値段だからちょっと固いしそんなもんか。
そう思ってソースをつけて食べると、このソースがかなり口に合う。

肉の固さとか気にならず、ポテトもこのソースを絡めて完食。


別にお勧めはしないけど、自分はリピート決定。
ソースに怪しい薬でも入っているのかと思うぐらい中毒になったw


気分よく会計418バーツを済ませて初日のマッサ嬢の店へ移動。
しかし客でもついているのかどうも不在の様子なので、
近くのコーヒースタンドでアイスコーヒー。

目当ての嬢は今日は休みかもしれないと思って、SINさんに連絡を入れてみる。

ちょうど2時間のマッサージ中だったけど、
終わったら合流いいですよーとご快諾。

待ち合わせ時間を決めてから、いつものタクシースタンドでタクシー予約。

ここのおばちゃんはLitchiの顔も覚えてくれていて、
「また来てくれたのかい!」の歓迎モード。


ゴーゴーのディックとかに顔馴染みはいないけど、
こことシーシャ屋は覚えてくれていてちょっと嬉しい。

後、覚えてくれているのはマーチホテルの従業員の人ぐらいかな?


フライトの時刻を伝えて10時30分のタクシー予約。

300バーツはこの場でデポジットとして支払い、
残り700バーツを運転手へのいつものスタイル。


ちょっと遅れ気味でホテルへ向かっていると、
SINさんから連絡があってもうホテルだと。

慌てて戻っていると連絡があって、セカンドロードまで迎えに来ていただく。





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する