FC2ブログ

9月16日(日)その2 ~ 予定していた数少ないタスクを消化

そしてそのままお願いして連れて行っていただいたのはこちら。

セントラルロードにある金行(ゴールドショップ)


別にどこでも良かったので記憶にあるところに適当に入った。
2018年9月パタヤ金行展示品その1


後日、某氏3号から「ゴールドなら言ってくれたら、お店案内できたのに」と。
普段から買ったり売ったりしているとか。


そういうのは早く言って下さいw


全然、知らなかった(-_-;)



話しを戻すと英語が通じるのは分かっていたけど、
下手くそな英語で話したくなかったので、
全部SINさんにタイ語で欲しいものを伝えてもらったw


当初は5万バーツ程度の金額を予算にしていたけど、
ちょっと日和ってその半分にした。

候補はネックレス、指輪、ブレスレットあたり。


金額は1.5バーツの重量のネックレスでで29,000バーツぐらい。
2018年9月パタヤ金行展示品その2


結局買ったのは1バーツ(15.2g)のネックレスと0.25バーツ(3.8g)の指輪。
2018年9月パタヤ買ったゴールド


金額はネックレスが19,600バーツ、指輪が5,300バーツだった。


あれ?四分の一の重さなら4,900バーツじゃない?
と思った方はなかなか数字に細かい方。


自分が知っているうっすーい知識ではこんな感じ。
(間違っていたらごめんなさいということで)


【タイの金事情】
1バーツ(重量15.2グラム)の価格が大体店頭に表示。
売られているのは主にネックレス、指輪、ブレスレットなど。

重量で分かれて陳列されているイメージ。

昔、2,000バーツ程度の指輪も売っていたから、
最小単位はいくらぐらいなんだろ?

0.1バーツぐらい?


自分が今回、金を買った時に見せてもらったブツは、
0.25バーツ、0.5バーツ、1バーツ、1.5バーツだった。


冒頭の店頭表示の価格はあくまで加工料を含まない価格で、
買う時には加工料がのっかって販売されている。

なので自分が買ったリングは加工料がちょっとお高いブツだったので、
重量に比例した価格になっていなかったわけですな。


そして金自体のVAT(付加価値税、タイなら7%)は非課税。
ただし加工料には7%のVATがのっかる(らしい)


なので純金(いわゆるK24)のゴールドバーを買ってから、
日本で売却すれば消費税分の8%が儲かるわけですな。

※ゴールドバーは加工料が最安
※タイで主に流通しているのはK23(純度96.5%)
※日本で売却すると消費税8%も加味した価格になる


最近の金密輸の流行が、ご存知の通り8%の消費税が目当て。

本来なら税関で申告しなければいけない量を密輸してから、
日本で売却すれば売却時に消費税分8%が儲けになると。


ちなみに20万以下なら申告不要なので、自分が予算50,000バーツに設定したのも、
ブログに書くので適法性を意識してのこと。


海外買春ブログで適法性もあれだけどw


じゃあ20万以下でゴールドバーを購入してから、
日本で売却すれば小遣いぐらいになるんじゃね?


そんな美味しい話しはなくてですねw


まず24Kのゴールドバーを街中の金行では売っていない。
いや、探せばあるのかもだけど探す気にはならないw

仮にあったとしてもスプレッド(※)が存在しているからねぇ。

(※)買値と売値の差額、為替でもお馴染みかと。


20,000バーツの買ったものが、20,000バーツで売れるわけじゃない。
それだったら毎回タイで金買って日本で売りますわw


ということで、単にブログのポスト一つ分になるなって思惑と、
金を身に付ければタイでおねーちゃんに、
モテモテになるのかを実験するために買ってみた。

後は金価格が上がればいいなーって程度。



ちなみに今のところ身につけていても反応した嬢はゼロww


そしてネックレスは飲みに行ったら本気で失くしそうなので、
部屋のセーフティーボックスに入れておいた(・∀・)





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する