FC2ブログ

映画評 <バッド・ジーニアス -危険な天才たち->

実はというほどでもないけど、Litchiさんはライトな映画ファン。
熱心に新作を漁るほどじゃないけど、気が向けばちょいちょいと観に行っている。

DVDは一切借りることはないから、多分映画館で観るのが好きなんだと思う。

といっても映画を観に行くのは精々年に10回あるかどうか。


普段はそんな話しをポストにするつもりは一切ないけど、
今回は久々のタイ絡みの映画だからいいかなと。

その映画とはバッド・ジーニアスって映画。


【公式サイト】
バッド・ジーニアス -危険な天才たち-


以下、公式サイトより引用。

小学生の頃からずっと成績はオールA、さらに中学時代は首席と天才的な頭脳を持つ
女子高生リン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)。
裕福とは言えない父子家庭で育った彼女は、その明晰な頭脳を見込まれ、
晴れて進学校に特待奨学生として転入を果たす。
新しい学校で最初に友人となったグレース(イッサヤー・ホースワン)を、
リンはテストの最中に“ある方法”で救った。
その噂を聞きつけたグレースの彼氏・パット(ティーラドン・スパパンピンヨー)は、
リンに“ビジネス”をもちかけるのだった。

それは、より高度な方法でカンニングを行い、答えと引き換えに代金をもらう――というもの。
“リン先生”の元には、瞬く間に学生たちが殺到した。
リンが編み出したのは、“ピアノ・レッスン”方式。
指の動きを暗号化して多くの生徒を高得点に導いたリンは、
クラスメートから賞賛され、報酬も貯まっていく。

しかし、奨学金を得て大学進学を目指す生真面目な苦学生・バンク(チャーノン・サンティナトーンクン)はそれをよく思わず…。
そして、ビジネスの集大成として、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試<STIC>を舞台に、
最後の、最大のトリックを仕掛けようとするリンたちは、バンクを仲間に引き入れようとするが…。


~ 引用ここまで ~



この映画はたまたまツイッターで誰かが話題にしていて知った次第。

外国映画だとハリウッド制作を見るぐらい。
後は近年は下火だけど香港映画ぐらいかなー?

スペインとかフランスとかは観たことあるけどまあいいかなって。

タイ制作の映画だと、昔マカオのサウナでアクション映画を観た記憶がある程度。
内容は全く覚えてないので、それなりだったんだと思う。


ただ今作は評判を聞くとなかなか悪くない。
問題なのは最初に観に行った時は、ミニシアター系しかなかったところ。


いや自分ケチンボなんで、映画を観に行く時はエポスカードの優待使ってから、
500円割引して1,300円で観に行っているんですわw

ミニシアターだとそれが使えないから、久しぶりに1,800円払って観に行った。


映画自体は非常に楽しめた。

タイに何度も行っているからタイ人が日常でLINE使っているのも違和感ないし、
話しに聞いたりネットで観たりするだけだけど、
金持ちのボンボン息子でろくでなしが多いのも知識として知っている。

格差社会にコネ社会、賄賂がまかり通る国。

短期旅行者としてタイに行くだけでも聞く話しだからねー。


まあ、住んだことないから実際は知らないけどw


カンニングのテクニックとか自体は置いておいて、
エンターテインメントとして普通に面白かった。



で、これだけならポストにするつもりなかったんですよ。

それがですね、主演女優が来日することを知ってから、
舞台挨拶を見るために2回目に行ってきましたw


ちなみに自分は何でもリピート派だけど、映画館に同じ映画を観に行くこともやっちゃう人。
実はこの映画も2回目行こうか迷っていて、ちょうどいいので行ってみた(・∀・)

そして2回目観た感想。


やはり初回と違って話の展開を知っているから、
途中でダレた時があったけど、
シドニー編に入ったあたりからまたシャキっとできた。

それから主人公のリンがテレビ番組に出演した時、
優勝したら5,000バーツで
「終わったらサーモンの食べ放題行かない?」ってw

タイの女性、サーモン好きですな。


そして舞台挨拶だけど見に行って良かったと実感。
主人公役のチュティモンさんが来日していたけど、
噂にたがわぬ9頭身でスタイルスゲー。

実物は映画と違ってばっちりメイクで可愛かったです。
タイ女優チュティモンさん

プライベートでも何度か来日しているとか、ご本人さんはおっしゃってました。


後は質疑応答の時も色々な質問が。

「バンクの母親は顔が出なかったのはどういう意味か?」

とか、みなさん何度も観ているんだなと。


会場はほぼ満席で司会の女性が会場に質問すると、
半分ぐらいがリピーター。

質問していた日本人の映画監督さんは5回目とか!


単館上映から始まったけど、上映している映画館は大分増えて90館ほど。
時間があれば話しのネタになりますよ。

話しのネタってのはもちろんタイガーと話す時のですww


ということで映画評というか個人の感想文でした(・∀・)





訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する