FC2ブログ

休み方改革(後編)

【事前のお断り】
今回のポストは管理人の働いている環境をもとに書いたポストです。

世の中にはサービス業に従事している方も多いし、
個人事業主の方も多数いらっしゃることは承知しています。

また祝日が減ると困る会社の方も多々いらっしゃるでしょう。

まあ「ぼくが考えた悪の秘密組織」を読むレベルでご覧くださいw




ということで前回の続き。

趣旨はこの二点。

・みんなが一斉に休む日を減らしたい
・有給休暇の消化率をほぼ100%にしたい

年末年始にゴールデンウィーク、後はお盆。

かなりの人が固まって休むからどこも混むし、
繁忙期と閑散期の差が大きくて非効率極まりない。

人員を繁忙期のピークに合わせると人員もだぶつくし。


1年で土日以外に休める日は年間40日ぐらいが限度なんだと思う。

前回は祝日は10日、これに銀行休業日が3日とすると、
土日以外のベースの休みは年間13日。

これに有給休暇100%消化で年間33日が休める日数となる。


有給を100%消化させるなら法で縛るのが一番早いと思う。
余った有給は持ち越せない&労働者が消化していなかったら企業に罰則とか。

ただ病気や入院の時に困る。


なので昔のアメリカにあったという病欠有給を導入すればいい。
(今もあるかどうかは知らんw)

■病欠有給とは?
通常の有給休暇とは別に年間5日間付与される有給。
その名の通り病気で急に休む時に使う有給で、もちろん診断書とか提出不要。

1時間単位で消化できるので通院にも使える。

優れものなのがこれは退職までずっと繰り越しできる有給。

20年勤続で一度も病欠有給を消化しなければ100日間病欠有給が残る計算。

そして病欠有給は退職時に買い取ってもらえるので、
休まなかった人には退職金の一種になるという制度。




年間20日間の通常の有給休暇と5日間の病欠有給休暇。

通常の有給休暇を100%消化させてくれるなら、
自分的には祝日が減ってもそちらの方がありがたい。


ただみんながみんなそういう制度は望まないよねー。

今年から5日間の有給休暇取得の義務化が始まったけど、
弊社はほぼそんなの関係ない。

いやみんな年間10日ぐらいは普通に消化しているんですわ。


ただ5日間でも消化するとなると大騒ぎしている会社もあるから、
本当休めない人も多いんだなーっと。

まあ今回も前編も単なる個人的な妄想です。


一杯休んでエロ旅行に一杯行きたい欲望を噴出させたポストでしたっとw






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する