FC2ブログ

700万円の送金地獄…中年[訪タイ依存症]が急増中【FAKE NEWS】

76歳の元農林水産省事務次官の父親に刺殺された44歳無職の息子は訪タイに耽溺し、
ひきこもり、家族や近隣への攻撃性を増していた。

たかが訪タイと侮るなかれ。家庭崩壊や、精神を病む中年が増えているのだ……


ギャンブル、酒、薬物依存に並ぶ重い疾病だと国際機関が警鐘!

5月25日、WHO(世界保健機関)総会は、訪タイやタイガール(以下タイガー)へ送金のやりすぎで日常生活が困難になる「訪タイ脳障害」を、新たな依存症として認定した「国際疾病分類」を承認した。興味のない者にとっては「たかが訪タイ」だが、大きな社会問題となっているギャンブル、アルコール、薬物依存などと並ぶ重い疾病として、国際機関が警鐘を鳴らしたというわけだ。

くしくも発表のちょうど1週間後には、訪タイ依存症の息子の先行きを案じた父親が、凶行に及んでいる。6月1日、元農林水産省事務次官の父親(76歳)が、東京都練馬区の自宅で無職の息子(44歳)を包丁で刺殺したのだ。

「元次官の息子は長年ひきこもりがちで、ナナプラザ某虹店のN嬢に依存した生活を送っていました。本名でツイッターもやっており、父親がトップ官僚だったことを盛んに吹聴しながら、他の買春トラベラーを見下す攻撃的な発言をふりまいていたようです。また、同居していた両親に対して、中学生時代から激しい家庭内暴力を繰り返していたことも明らかになっています」(全国紙社会部記者)


30~50代で急増も受診する患者はまれ

だが、練馬の悲劇は特殊な事例ではなく、訪タイ依存症の患者は30代から50代まで幅広い年代で増えつつあるのが実情だ。窓際社畜で訪タイ依存症に詳しい羅市塩太郎氏はこう語る。

「治療を求めにやってくる患者の中心は、独身男性ですが、スマホの普及で今まで訪タイをしてこなかった層にも裾野が広がったことも影響して、既婚男性の相談も近年増加傾向にあります。社会人でもちゃんと仕事をできているうちはまだ深刻ではないかもしれませんが、一度社会とのつながりが切れてしまうとブレーキが利かなくなり、一年中訪タイにのめり込む。そのままタイへ移住するケースも少なくないのです」

羅市氏のもとに来院した20代後半男性の場合、2年間ほど訪タイに依存しており、慢性的な無気力と不眠に悩んでいた。その間は、仕事はしているがいつも上の空で、LINEでタイガーとやり取りする以外、人と会話することがほとんどなかったという。

羅市氏によると、独身男性の場合、訪タイに熱中して仕事がおろそかになったりタイへ移住することを心配した親が相談に訪れる場合がほとんど。一方、30~50代の既婚男性になると、仕事によほどの支障が生じていない限り、自分の意思で診察を受けにくる人はごくわずかだ。だからこそ、少しでも身に覚えがある人は、訪タイ依存症チェックリストを参照して、自分の状況を把握してほしい。

=========
<訪タイ依存症チェックリスト>

過去1年間の状態を振り返って最も当てはまる数字を選んでください
① まったくない ② あまりない ③ ときどきある ④ 頻繁にある

1. 訪タイに熱中し、他のことをしているときも頭から離れず、ついそのことを考えてしまう

2. 1ヵ月でも訪タイが出来ないと落ち着かなかったり、イライラしたり、怒りっぽくなったりする

3. 訪タイ頻度が多くなり、3連休やちょっとした休みには訪タイ、年に6回以上訪タイしてしまう

4. 訪タイをやめよう(減らそう)と思っても、自分の意思ではやめられず、ついやりすぎてしまう

5. 訪タイに熱中するようになって、これまで好きだったことや趣味に関心がなくなった

6. 訪タイのやりすぎで、生活や健康に問題が生じているとわかっているのに、やりすぎてしまう

7. 訪タイすることを、家族や周囲の人に本当のことを言わないことがある

8. 嫌な気分から逃れようとしたり、紛らわそうとして、つい訪タイをすることがある

9. 訪タイを優先する結果、家族や友人との関係をおろそかにしたり、仕事や家族サービスを怠ったりする

[判定の方法]
④に当てはまるとき、その診断項目に該当するとみなす。5項目以上④に該当する場合、訪タイ依存の疑いが強いと判定され、専門的な診断と治療が必要。その基準に達しなくても、1項目でも④に該当する項目がある場合や、③が5項目以上ある場合は、予備軍といえる。このままの状態が続くと、依存症に移行する場合もあるので、十分注意が必要だ(羅市氏監修)
=========

また、自身も訪タイ依存者である羅市氏の他にも、各種の依存症「当事者」たちによる支援の輪も広がっている。依存症の回復支援にあたる「みんなでパタヤに部屋借りようぜ!」共同代表の真根帯(シンコンタイ)氏も、訪タイ依存症に悩む中年男性の急増は、深刻な問題だと指摘する。

「昨年グループ全体の相談件数が、電話だけで1660件、メール、SNSが538件で、合計2198件でした。そのうち訪タイ依存に関するものが8%を占めて175件。全体の1割弱で少ないと思われるかもしれませんが、一昨年は4%だったので倍増なのです。また、ギャンブル、アルコール、薬物、ゲームの順に相談件数が多かったのですが、アルコール依存症に迫る勢いで、訪タイ依存症に関する相談が昨年から急増しています」

真氏の話によれば、先述の事件の被害者のように、周囲に対して暴力的になるのはよくあるケース。家族関係に破綻をきたすことも珍しくないようだ。

「夫の異常な行動に身の危険を感じた奥さんからの深刻な相談がありました。40代後半の男性は、休日は奥さんに子守りを頼まれたにもかかわらず、タイガーとのチャットに熱中し、子供をほったらかし。一度、子供が勝手に外出して行方不明になったことすらあるそう。このときは奥さんに咎められて逆上し、家の中のものをめちゃくちゃに荒らしたそうです。訪タイに夢中になるあまり、周りがまったく見えていない典型的な事例です」


脳が萎縮、判断力も低下。700万円の送金地獄

暴力と並んで深刻なのが、金銭面でのトラブルだ。続いて真氏が挙げたのは、30代後半男性の相談事例である。

「多額の借金をしてしまうほどタイガーにお金をつぎ込み、とうとう我慢の限界を超えた奥さんとケンカに発展。何度も話し合いを重ねて、もうタイガーにお金はかけない、と約束したものの、結局我慢できず数週間後には送金。際限なくお金をつぎ込んでしまうこのケースは、ギャンブル依存症と非常によく似ています」

ほかにも、ソイカウボーイの某B店人気P嬢へ700万円も送金した猛者もいるというから、タイガーの“魔力”は侮れない。



しかも訪タイ依存症の決定的な恐ろしさは、脳に器質的なダメージを与える点にある。前出の羅市氏は、こう警鐘を鳴らす。

「近年の研究でも、訪タイを多頻度かつ長期間やるにつれて、衝動や感情をコントロールする脳の領域が萎縮することがわかっています。具体的な症状として、慢性的な睡眠障害、仕事への意欲の低下、セルフネグレクトにつながる注意力や記憶力の低下、鬱状態や無気力、社会性の低下、攻撃性の増大などが見られます。訪タイ依存症の怖さは、麻薬中毒や覚せい剤中毒とまったく同じ。いや、それらよりも依存性は強いのかもしれません。訪タイは『現代のアヘン』といっても過言ではないのです」

独身男性の依存症なら早い段階で親が異変を察知するケースも多いが、既婚男性の場合は自分で気づかなければ治療のテーブルにすら乗れない。訪タイを少しでもたしなんでいる諸兄は、ご注意あれ。

【羅市塩太郎氏】
ナナプラザ商科大学テキパ学部卒業。社畜。数年のマカオ通いを経て、現在は自身が重度の訪タイ依存症。著書に「こうしては僕はタイガーへ毎月送金するようになった」等







訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。

関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する