FC2ブログ

7月13日(土)その3 ~ パタヤ夜中の過ごし方

18時ぐらいに寝て起きたのは21時ぐらい。


「3泊4日なのに余裕やね」


ジジイだから仮眠しないと夜中にダウンするんですわw


そしてさらに余裕ぶっこいて向かった先はマッサージ。

早い時間から活動するスタイルの方が多いんだろうけど、
自分はインソムニアがメインだから0時スタートなんだよねー。

19時から飲んでいたら体がもたんww


ビーチロードまで歩いてソンテウに乗ってから、
ベイウォークレジデンス前で降りてからセカンドロードへ。

その途中でガっちゃんより「今日は店に来ないの?」と営業。

マッサージを受けるので後で行くことを伝えておくが、
「何で今すぐ来ないんだ?」とちょいオコ。

【2019年10月14日追記】
本当のやり取りは以下の通り。

ビデオコールきたけど取り損ねた。
「ごめんなさい」
「やっぱり忘れることとか無理」

はい、Litchiさんの勝ちー(・∀・)

ちなみに自分はちょろいので、相手が素直に折れたらこちらもすぐ折れる。

マッサージの後で店に行くことを伝えていったん終了。




そんなメッセージは軽く無視して店頭のマッサージ嬢を物色。


セカンドロードに入って左手にあるマッサージ屋の店頭に、
なかかなの好みがいたのでオイルマッサージ。

24歳でタイ人らしからぬ巨乳。


まずはうつ伏せから施術スタート。

なかなか力強くて極楽。
別にオプションなくてもいいかなと思うぐらい上手。

仰向けになる時もチ〇コ隠されるので、
オプションないかなと思いつつ巨乳を鑑賞。

間でちょこちょこと話していたけど、
パタヤには来て1年と半年とか何とか。

ウドンタニ出身で名前はVから始まる名前だったような。


すると終盤で「ここもマッサージする?」と貧相なライチ〇ポを指さし。
周囲に他のお客さんがいるシチュエーションなのでその気になってきたw

ということで手コキ代の交渉スタート。

提示は1,500なので当然拒否。
1,000まで下がるもオイル代は別とかなので拒否。

オイルマッサージの300バーツ込みで1,000バーツで交渉。
そのあたりが自分の中で適正価格でそれにて約定。

1,000の内訳はオイル300、手コキ600、チップ100の感覚。


ということでパイオツ眺めながらしごかれて無事フィニッシュ。

しかしメインとなる2泊目の22時に何やってんだろうねw


1,000バーツ払ってからマッサージ屋を後にする。

ガっちゃんのバーに向かうと、ガっちゃんは既にクソ酔っ払い。
こちらに断りも入れずにガンガンと自分のドリンクを持ってくる。

「昨日はどこに行った?」
「私には会わずに他の女と楽しんでいた」


等々、定番なセリをワーワーと言ってくる。


しかしこの人かなり酒癖悪いな・・・

そしてこちらも飲みながら適当に相手していたらイチャイチャモードへ突入。


やがてスマホを見せろ!今すぐに!と。

ん?と思いながらロックを解除すると、ハイパースピードでLINEとか、
Facebookのメッセンジャーのチェックされたw

嬢のやり取りとかほぼゼロだったけど、普通そこまでやるかね・・・


アラレちゃん以上の束縛キツイ嬢を引いた。

というかほのかに漂ってくるメンヘラ臭w



【2019年10月14日追記】
ワーワー言われたのは本当のこと。
スマホをチェックされたのも事実。

それ以外の追記としては以下の通り。

着くなりこちらを睨みつけながらの罵詈雑言の嵐。
とにかく初日の昨日、自分のところに来なかったのが気に食わなかった様子。

立て続けにテキーラ5杯ぐらい飲んでいたから、
アラレちゃんはエンジン全開フルスロットル。

もちろんテキーラの伝票は全部こちらについている(・∀・)


これなんの罰ゲームですかwww


この時、自分とアラレちゃんともに面識ある方がいたんですわ。
その方のところに行って話し込むアラレちゃん。

悪口言っているんだろうな程度に思っていたら、
その方がこちらにやってきてから自分に教えてくれた。

「アラレちゃん、今日はずっとLitchiさんのことばかり話してたよ」
「本当に来るのかなー?とか」
「んでさっきまで泣いていたよ」
「Litchiが本当に来てくれたって」

疑似恋愛の醍醐味はこのあたりですな(・∀・)

アラレちゃんは最近減ってきたであろう、客に心をちょいと入れてしまうタイプ。
このタイプの嬢はメンヘラ傾向にあるけど、それさえ乗り切れれば楽しい。

ただこのタイプの嬢はメンタルを消耗するんだろうなーとは思う。
そのうちタフになってきて、客に心を入れることはなくなるだろうけど。


甘々Litchiさんはアラレちゃんに好きなだけリンガベルさせておいた。

追記はここまで。




ここでは2時間ぐらい飲んでいたかな?
今日はペイバーしろ、これからPierへ行くぞと連行される。


ということで場面は変わって深夜1時ぐらいにPier。
最初は2階に行ったけど全然オーダーを取りに来ない。
2019年7月パタヤPier


なので1階へ移動してビールで乾杯。


そしてその内ガっちゃんの友達嬢とそのカスタマーとも合流。
シーシャも入れていい感じになってきた。

4時ぐらいまでいたような記憶がある。

お昼寝しておいて良かった。


ホテルに戻ってからは交代でシャワー浴びてブンブン。

まあ悪くないかなの内容だった。


そのまま泥のような眠りに落ちる。






訪タイ費用の小銭稼ぎに使っています(・∀・)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


ホテル予約は安心の総額表示Booking.comからどうぞー。





ツイッターもやってます。


関連記事

テーマ : タイ旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する