3日目(2013年7月13日(土))その3

案内を受けたが部屋は掃除中でその辺で適当に待機。
どんだけ今日客来てんだ、土曜日の夕方にエロ紳士ばっか(オマエモナー)

ようやく部屋に通されたので部屋の様子をパチリ。
2013.7JYヤリ部屋



洗体台がない・・・・
まあ部屋代が安い部屋だろうからいっか。
(これが後で部屋代の請求を受けたらびっくり、420元だと)

小姐登場。


最初に日本人で中国語はほぼダメなことを伝えようとすると、
「日本人(ri4 ben3 ren2)」が彼女にかかると(zu4 ben3 ren2)になる。

ハイ、これでコミュニケーションは非常に困難となりました。


とにかく聞き取れないので携帯に表示させてもらうことしばし。


とりあえずシャワーでチ○コを重点的に洗われてベットへ。

操舞の後は小姐の攻撃!
フ○ラは普通、かと思いきやほんのちょびっと歯が当たる。

いつの間にかパンツを脱いでいた様子で、服を着たまま上に乗っかられる。
そしてそのまま怒涛のビーチク舐め舐め攻撃!
ハイ、3分ほどで撃墜されました。

「ドーピングしたけど、こりゃ2回目無理かな?」と思いつつ、
少し休憩をした後にシャワーへ。

ここで丁寧にア○ルも含めた全身洗浄。


お薬ってすごいですね、頭とは裏腹にギンギンに反応しちゃいました。



ベットで再び一戦開始!

うつ伏せマッサージからの全身リップにア○ル舐め!


んー、時間も短いしあんまり上手でもないかなぁ。


色々と小姐のサービス後に正上位体制。

攻めるのはやんわりと拒否されるのであきらめる。


というか全然イキマセン・・・・


しょーがないので打飛机(手コキ)!


これもガシガシされて痛いのでゆっくりお願いする。

シコられること10分、必死で妄想してようやくフィニッシュ。


その後は時間があったので質問タイム!


名前は何雪(ホーシュエ)、お歳は22歳で重慶出身。

変態「常平来てどれぐらい?」
何雪「4ヶ月」
変態「勤務時間は?」
何雪「14時から2時まで」

!!!

思わず「辛苦了」


いやー、12時間労働ですか・・・


時間が来たので服を着て終了。


そーいや値段聞いてなかったな、と確認すると400元とのこと。

400元をお支払してバイバイ。


その後は3階で部屋代の支払いだが、何と420元!!


全然リーズナブルじゃない・・・


マカオで1万円両替しておいて良かった。

小姐が600元とかだったら足りないとこでした。


部屋に戻ると18時過ぎ。
サウナの部屋代と合わせて820元は現在のレートでは14,000円弱。
正直この値段なら、時間とお金を使って常平へ来るのも微妙かな?

※部屋代の顛末は次のポストで書きます。


あっ、今回はコスプレお願いし損ねましたw






変態!もっと頑張れよっ!と思った方はポチリとお願いします。
関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する