3日目の夜(2104年5月バンコク)

※朝、書いた後に非公開にした内容を一部修正してお送りします。



昨日寝たのは3:16ぐらいで、今日も二日酔いで目覚めました。

6時10分に起床はキツすぎる。

二度寝は出来ないので、昨日のことを記憶の限り。

※今回は自分へのメモ代わりなので無駄に長文。
 スルーしていただいてけっこうです。



まわった順番は

シャーク⇒Crazy House(チラ見)⇒R2⇒マンダリン2⇒R1
⇒オブセッション(チラ見)⇒Crazy House


【シャーク】
意地汚くハッピーアワー狙い。
モタサイで行ったら40バーツ!

ハッピーアワーに間に合ったけど、得したのか損したのか?

70バーツでビアシン舐めつつ観察。

昨日と違い店内はけっこうな客入り。

33番と77番あたりに目を引かれたけど、時間も早くいったんホテルへ。

戻る途中でCrazy Houseを覗くとそれなりの客入り。


部屋でシャワーを浴びて着替えてからはナナプラザへ。

もちろんOne day passがあるのでBTSで移動だw


【レインボーグループ】
ゴールデンウィーク中なのでがんがんペイバーされている。

ゆらゆらダンスで置屋みたいなGOGOには興味はないけど、
バンコクGOGO界(?)で有名なキャピ軍団を見るために。

有名どころで分かったのはR2の35番のヤンママナーラックぐらい。

他の有名嬢はブッキング済みか、それとも太客が店に出勤させずにキープか?



【マンダリン2】
21時50分からマンダリン2(左の階段の方)へ。

狭い店内で客入りは7割ぐらい?
ダンサーは赤衣装8人、青衣装8人。

青衣装の娘が売り込みにきたけど、飲むだけど思ってスルー。

でも、踊っている姿を見たらやっぱ呼びたくなって声をかける。

テキーラごちして話しを聞くと、バンコク出身の19歳。
番号札をつけてなかったので確認すると95番だったかな?


笑顔が可愛くて気に入ったので、さらにドリンクごちして、
ママさんを味方につけるべくママさんにもゴチ。

全員に言えることだけど、ダンスは弾けて踊っているし、
休憩の間にもガンガンウィスキー飲んでるしかなり楽しい。

途中でお互いにキスしまくり、舌を絡めまくりで盛り上がったので、
ペイバー交渉に移るとなんとペイバー不可!

今、調べてはっきり分かったけどコヨーテもいるGOGOだった。


「赤い衣装の娘から選べるよ」

イヤイヤ、あなたがいいんですが・・・


今さら赤衣装呼ぶのも何なのでチェック、多分1200バーツぐらい?


この店はママさんもガツガツしていなくて、なかなかあたりの店でした。


マンダリンあたりからNKさんへLINEで連絡入れながら実況。



【オブセッション】
ソイカに戻ろうと思ったけど、YOYOちゃんに顔でも見せておこうとオブセッションに行くと、
なんと満席で立ち見客がいるぐらい大盛況!

自分が2月に来た時は、すっかすかの店内だったのに・・・


一周回るもYOYOちゃんは多分不在、チラ見で店を後にする。


しかし会える馴染みが男の娘だけとは寂しい限り。


歩きながら途中でモタサイ拾ってソイカ。



【Crazy House】
この店はドリンク攻撃が激しいし、勘定も怪しい時があるので、
あんまり酔ってはダメだけど今までほぼ全部ベロベロに酔ってますw

12番が非常に気になったけど激しくスレ臭がするw


しかしこの時間に残っている全裸隊は、ほぼ誰かにキープされている。

5番の娘も気になったけど、若そうな15番にターゲットを絞る。


あんまりアピールしてくれない、でも踊りはしっかり踊っているので、
ダンスへのチップとして100バーツチップする。

ワイとかしてくれてカワユス。


着衣組とダンス交代の後で隣に来るのでお話し。

年齢は18歳でイサーン出身。

胸は貧乳で自分好み。


さあ、やったるでー!と思いがんがんデキーラタイム!

2杯ぐらいでギブアップされて「コーラーでいい?」


優しい変態紳士なのでOKする。


キスとかしながらさあペイバー!と思うとまさかの拒否!


マジカヨ・・・・


明日も来てくれたらどうのこうのって言っていた記憶が・・・


ペイバー拒否の理由は心当たりあるので、旅行記で触れたいと思います。





関連記事

テーマ : タイ・バンコク - ジャンル : 海外情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する