2011年6月旅行記 ~ 6日目(2011/6/7(火))

1:00過ぎに寝たので起床は8:00と健康時間。

朝食は北京街にあるバス停前の中国菜へ。
2011年6月マカオ中国菜

注文したのは$21の香草猪扒包とコーヒー。
これで〆て$31だからまあまあ。
2011年6月マカオ中国菜ポークチョップ


ホテルに戻る途中、セブンイレブンでいつものガーリックヌードルを買って戻る。


さて帰国は明日で金はなし。
よって今日は再び珠海に行くことに。

水を買ってからバスで国境へ。

今日は平日なのでマカオ出国は楽勝。

免税店では職場への義理土産とマイルドセブンインターナショナルを購入。

当時のタバコは1カートン$120としれたもの。


で、試してみたかったことに挑戦。

大した内容じゃないけど、当時は中国へ入国すると、
タバコを買ってくれるおばちゃんが多数いたので、
免税店のタバコをいくらで買ってくれるのか?を調べるため。
2011年6月マカオ珠海のタバコ買い


先ほど買ったタバコを見せると、それはいらないといった身振り。

どうもマルボロとか中華とか決まった銘柄しか買い取らない様子。

調査は次回へ持ち越しとする。

※2013年10月にはタバコ買う人がいなくなっていた記憶があります。
 先にネタバレすると免税店の価格に+$10ぐらいで買い取りしてくれました。
 珠海の居民で年輩の人は、タバコを売るためにずっと中国とマカオを行ったり来たり。
 1日何往復かすればちょっとした収入になるのでしょう。
 旅行者でタバコを売るのは時間の無駄でしたw


珠海では逢花路をうろついてカバンと靴下を購入。
カバンは40RMBの黒いやつですぐ壊れた。
ルイヴィトンとかアシックスとかのロゴが入った3足10RMBのパチものw
2011年6月マカオ珠海で買った靴下


12:30といい時間になったので拱北の地下街で食事。

ありていに言えばうな丼、これで23RMB。
2011年6月マカオ珠海のうな丼


珠海も飽きたのでマカオに戻ることに。

中国でたまにクシャクシャのお札が回ってきたら、
その辺の物乞いに放っているので今回も出国前に、
10RMBを放っておく。

しかし今回の物乞いは全く感謝の素振りもなし。

もう金輪際、物乞いに金を放るのは止めておこう。

免税店でラッキストライクを買ってマカオに戻る。
マカオに戻ってからは免費バスでグランドリスボアへ。

コンビニで水やらコーヒーを買って部屋でまどろみ、気がつくと時刻は15:30。

この旅行は異常なほどに貧乏だったらしく、しつこく手持ちを確認した記録が残っているw

2,020HKD、430MOP、257RMB。

明日帰国だからまあ問題ない。


サウナに行くにはまだ少し早いのでセナド広場へ行ってみる。

$7のエッグタルトを2つ買って頬張ったり、マクドで$11のコーヒー買ったり、
何度も見た観光地をふらついて時間潰し。

ようやくいい時間になったので北京街のサナドサウナへ。

19:30頃に入店するとシャワー前に小姐を選ばせてくれる。
選ぶと言ってもウェルカムフ○ラ要員4~5人の中から一人。

選んだ小姐はこちらの胸とポンチを軽く洗ってくれる。

そしてシャワーで泡を洗い流した後は、リステリンを口に含んでぱっくんちょ。
長くても30秒ほど尺られるだけなんだけど、
サナドでこれを受けれなかったら損した気分になったのは自分だけ?

ウェルカムを受けた後はサウナを楽しみ排房間へ。

ショータイムを待ったけど平日で客入りも少ないためなし。
耳かきとフットマッサージの小物はお願いした様子。

23:00過ぎ、小姐を選ぶことなく退店。

会計は$685としれたものだったけど、カードで決済しておく。




関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する