2011年7月旅行記 ~ 6日目(2011/7/18(月))その②

お金を握り締めていそいそと向かう先とは?

小学生の頃なら駄菓子屋で、中学生ならゲーセン、
高校に入ったらパチンコ屋だったけど、
いい大人になって向かった先はサナドサウナw

わざわざカジノを切り上げて向かった理由も、
昨日受けれなかったウェルカムフ○ラを受けるためw

18:00過ぎに入店すると、狙い通り今日は軽く尺ってもらえてラッキー♪


本日のお目当ては、昨日指名した双双(シャンシャン)ちゃん。

19:30より1回目のショータイム。

サービスを受けつつLitchi eyeでチェックすると、本日の彼女はNo165となっている。
(東方系は小姐の番号が固定でなく日替わり)

それほど指名されていなかったので、余裕かましていたら他の客にさらわれる。


2回目のショータイムを待って指名しようと待機する。

正直、読む雑誌もなく厳しかったけどガマンしてその時がくるのを待つ!


2回目のショータイム。

指名しようとするも経理がなかなか来ない。

イライラしていたら、あろうことかまたしても速攻で他の客にさらわれる!

笑顔で愛嬌があるからショータイム後は指名されやすいか・・・
失敗したなぁ。

次を待たずに残っていた小姐で好みの顔立ちの小姐を指名。


佳佳(ジャージャー)ちゃん、21歳でギャルギャルな顔立ち。

右肩のイレズミを見て思い出した、去年の11月に指名した小姐だったw

その時のことはここに書きました。

サナドクラスの大きさなら、好みの顔立ちを指名したらこうなりますわな。


ズッポシ部屋に行くも、昨日の双双ちゃんと比べると、
キスもないし事務的でなんか盛り上がらない。

まあいっかとインサート体勢取るも萎えてしまう・・・orz


佳佳ちゃん、手でしごいて勃たせようとするも、それはLitchiにとって逆効果!





うっっ('A`)






あろうことか手コキで暴発・・・orz


佳佳ちゃんは優しさのカケラもない中華標準小姐につき、
こちらが半勃ち状態で放出したことに気がつくなり、


(゜Д゜) ハア??




人によってはご褒美かもしれなけど、今のLitchiにとっては傷つくリアクション。

さすがに辛いので時間は20分以上残っているけど、もう戻ることを伝えると、
佳佳ちゃんは内線で電話を入れて受話器をこちらに渡して話せと。

電話先は経理の一人。

「時間余っているけど、もう戻っていいのか?」の確認。


そう、当時のサナドは小姐が勝手に時短させないようなシステムを取ってました。


もうね、辛いだけだから早く戻りたいので「OK OK No problem」でさっさと話しを切り上げる。

会計の$1,459は動揺のあまり(?)いつものクセでカード決済。

逃げるようにサナドを後にして、向かいの小食屋さんで夜食を買って部屋で食す。


これとコーラーで$38、写真では不味そうだが実際はまあまあいける。

※写真掲載忘れました・・・明日にでもアップします


部屋で小説なぞ読んだ後、1:30過ぎに就寝。




関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する