2011年7月旅行記 ~ 7日目(2011/7/19(火))その②

18:45過ぎにバスに乗って十八サウナへ。

過去、何度か店外デートをしてくれた小蝶がいないかと行ってみる。
19:00過ぎに入店してからショータイムを3回チェック。

目についたのは先月6月に指名した203番とか、ロリコン日本人に人気の221番、
全能式の793番が可愛いかなぁ?と思ったぐらい。(とメモには残っているw)

203番、書きながら思い出した。

19歳の小姐で倍倍(にんべんが王)ちゃん。
若くて明るいけど時短の小姐。
並んでいるときは仏頂面だったけど、単に仕事に慣れてないだけで、
ベットの上で飛び跳ねたりしたまだ子供っぽい小姐だった。


鑑賞サウナになってきた十八サウナ。
この頃から現在(2014年)に至るまで、1人でいったらほぼ指名する気がなくなってる。

22:00過ぎに会計、サウナのみで$428とまあこんなもんかな?の金額。

※今は$500オーバーの高い拝観料になってます。


歩いて新苗超級市場に行って日本で食べるスナック菓子を大人買い。
といっても$40程度だけどw

ホテルに戻って荷物をパッキン。


22:30過ぎ、そのまま徒歩2~3分のサナドサウナへ。

すっぽんぽんになって急いでシャワーブースに行くも、なんとウェルカム要員はゼロ!
ショータイムをやっている様子もない。


排房間に行くとまったりしている空気が流れている。

どうもお客が少ないとウェルカムサービスやショータイムはやらない様子。
なので小姐を指名したければ、並ばすしかないのでちょっと躊躇する。

他のお客さんが並ばしているのを見ると、双双がいるのが見えるので、
自分も経理を呼んで小姐を並べてもらう。

時刻は0:30過ぎ、並んだのは7名。


優しい目つきでこちらを見ている、今日は171の番号札の双双を指名。

こちらのことを覚えているので、ソファーでもいちゃいちゃ。
一緒にずっぽし部屋へ向かうときは腕を組んで向かう。

シャワー前にはけっこう本気のハグとか恋人プレイに拍車がかかっている。


一緒にシャワーを浴びたりする時も、何度もキスを繰り返し精神的に充足される。

肝心のプレイは前回と同じ。
違うところは自分でいじって気持ち良くなろうとする双双w

サウナ小姐にしては珍しい。

ただ、毎日放出しているのでピストン運動ではいける様子がない。
よって打飞机(だーふぇいぢー、手コキのこと)でフィニッシュ。

20分ほど時間が余ったけどその時間は疲れているのか添い寝。

本気でスヤスヤ寝ていてかわええ(;´Д`)


時間がきたので、最後にハグをしてお別れ。

2:15過ぎ、会計$1459はキャッシュで支払いホテルに戻って再度シャワーを浴びる。




関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

No title

しかし数年の間に料金も変わっていますしサウナの状況も変わってきているんですねー。

単なるインフレだけではなく、円安もありますしね。
うーん。

Re: No title

KIさん

マカオがコストパフォーマンスに優れていたのは、
2012年の安倍政権誕生まででしたね。

それまでもインフレは進んでましたけど、
円高の何とか相殺されてました。

あとはなくなっていく風俗もありますよねぇ。

回遊魚もいつまで泳いでいるか不明なので、
カジノで勝ったら久しぶりに回遊魚もありかな?
なーんて考えています。



> しかし数年の間に料金も変わっていますしサウナの状況も変わってきているんですねー。
>
> 単なるインフレだけではなく、円安もありますしね。
> うーん。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する